ネタ帳ラボ!一期一会

おふくろの親戚一族は遠縁で結婚してきた

ネタ帳ラボ!一期一会

週末土曜日に久し振りに、街に出ておふくろと二人でカウンターで食事をした。

予約時間までひとときを、結婚式帰りほろ酔い若者が昔話に花が咲かせ、騒がしい人いきれ街中で大街道ベンチに二人座り、おふくろ青春時代話に耳を傾けた。僕は、たまにこうして街中でおふくろ昔話を聞くが趣味。

おふくろ郷は、東温市牛渕。祖先は庄屋をしていたそうだ。一族は婚姻に関しては、今と一風変わっていた。親戚端と端で結婚し、一族結束と、財産と、血を守ってきたよ、とおふくろは笑いながら語る。

一族勤め先は、教育関係がほとんど。いわゆる、”はとこ”同士あたりで、一族世話好きな叔母さんが、先生と呼ばれる職業結婚相手を見つけてくる。考えように関しては、一種異様なことだ。そういえば僕が、高校時に学級副担になった先生は母親”はとこ”だった。

親戚一同が羊たち群れように、おっとりとしていて、棘がないが不思議。血というは神秘に溢れていると思うだけど、どうだろう。たとえば僕叔父さん奥さんは、ご主人さんが怒ったを一度も観たことがないらしい。そしてそ息子もおとなしいが博士肌。ともかく昆虫、は虫類が好き。小学校ときには家外に彼専用大型冷蔵庫があり、蛇や幼虫などを保存し、見たことないような異様な世界感が立ち上がっていた。それを許した彼母親もたいしたもで、今は進化して愛媛県総合科学博物で変態1号研究員をしている。

おふくろは高校時代から、叔父さんが経営する大街道「西洋軒」というレストラン2Fで、夏休みなどは泊まり込みで子守をしながらアルバイトをした。叔父さんは、青島でおもちゃ屋を経営した後、終戦を経て松山にもどり、アイスクリーム屋で一財産をつくり、当時ではハイカラなレストラン「西洋軒」を松山に出した。

だれにでも人生を横切る出会いという縁糸。進駐軍コックさんと出会いが線に変わり、ライスグラタンや、カルボナーラーなど、小粋なメニューが松山女性に火をつけてこ店は大ヒットした。ちょうどコカコーラという一つ異端が登場し、カタカナメニューに憧れていた時期でもあった。シャリアピン・ステーキなんて、名前だけで売れていたらしい。(笑)

昭和35年当時(母21歳)、大街道「西洋軒」はレストランでありながら、夜12時を越えて営業。キャバレーがはねて、お客さんが食事にきたり、釣りはいらないという気っ風いい客もゴロゴロ。そして、今話題大街道ドーミンイン松山ところにあったラジウム温泉に深夜行っていたらしい。

そんな、一族やさしいムード中、「西洋軒」に一人男があらわれる。「高校時代に横河原線電車に乗っていたんだけど、覚えてますか」とインデアンみたいな野生人が親父だった。親父は毎日同じ客車に乗っていたそうだけど、まったく知らなかった(中略)しばし時が流れ、おふくろは親戚ではじめて、羊群れから飛び出して結婚した。

そうね、食事時にお茶がないといらいらしていたわよね、いらちな性格で、ある日台所さんに、「お茶」と書いてたよ、よく怒られたもよ、そう言って親父昔話をしながら笑い飛ばす。でもね、毎日毎日明けても暮れても「お茶」、「お茶」と言ってたくせに、私にお茶を入れてくれたは人生で一回もないよ(笑)。それって親父にいった?と訊くと、おふくろは「それは言わないよ」と気たかく答えた。

ひとしきり時間が流れ食事へ、二人真ん中には昔話ばかりがあって、それがただただ楽しくて、美味しい食事をしたでした。

「こ一瞬が、永遠であり。こ永遠は、一瞬」

そんなことを、頭上になんども吹き出しをつくりながら・・・。

今日はこんなところです。

村上PONTA秀一45周年記念公園「音楽境地」

ネタ帳ラボ!一期一会

 

先週、ドラムス村上PONTA秀一45周年記念公園「音楽境地」を観に東京

まで、初Jetstarで行ってまいりました。

機内は満員。外国方がちらほら。簡素なつくり素っ気ない成田第三ター

ミナルへ初到着。

成田着後、東京駅までもシャトルバスで1時間、1000円ポッキリ。

なん問題もない、便利さ。

新境地開拓・・・”しまむら”とおなじくらい侮れない。

さてさて、お江戸へ再び上陸。

僕達人生に確実に爪痕を落とした、さまざまなアーティスト達60代後半

エンディング景色を見届けにきた。

ボビー・コールドウェル、荒井由実、村上PONTA秀一とつづく、アーティス

ト人生終末コンサート景色旅。

下山景色は、入場料なか、もう、拝観料かわからないけど(笑)、観

る価値はどこかしらあると思っている。

なんやかんや偉そうに言ったって、もうこっちだって若い頃ようにダンスは

踊れないわけ・・。

もう泣きたくなるほど踊れなくなってくる。(笑)

だからどこかしら、これから老成した輝きために、人生下敷きにするべ

きエネルギーを探しに来たともいえる。

僕が村上PONTA秀一と血を通わしたは18歳春だ。大学に入学し18歳で

ドラムを始めていた。

「バンドやろうぜ」からはじまり、「ギターやりたい」とへぼギター実力で

はアピールもできず、結句、自分居場所をドラムにもとめた。

初めて買ったドラムスティツクはPearl106H、村上PONTAモ

デル。37年間こいつを愛用している。重量感ある、パワフルなスティクだ

。もう、これだけ年月が経っていると、自分と同化してしまっている。

社会人になった。バブル時代。旅行会社で働きだして、バンド活動より海外旅

行が楽しくなり楽器からはなれた。だれにも、ありがちなパターンをなぞった

わけだ。それでもたまに自室で、練習台にスティクをぶつけていたから、どう

しようもない俗物にならなくてすんだ。スッキリわかれない、未練たらたらも

人生では大事なようだ。

薫風がかけぬけた五月。25歳東京。心が乾ききっていた。

東京で浜田省吾 on the roadチケットが取れなかった。

そこで、ひとしきり考えめぐらし、代々木体育館まで行った。

はじめて段ボールでチケット下さいとボードをだしてみた。

結構ドキドキした。

出し方にやはり初心者マーク衒いがあった。

結局、薬局、安価ではチケットは入手にいらなかった。

番やむを得ず、火照った会館外壁に、僕は左耳をおしつけ、会場に入れなか

った孤独な子羊群れにまぎれて、コンサートを最後まで聴いていた。途中で

Gパンに、STAFFシールを貼り付けた、強面長髪男やってきて、怒られ

ると思ったら、親指をたてウィンクをして去って行った。

一夜限り壁越し音が、ジタバタしたもがきロンリネスが、人生にコ

ントラストを与えてくれた。

頃、尻穴にバットでもねじ込まれたように、音楽が人生を持ち上げてく

れていた。音楽がないと、人生に折り合いがつかなかった。

そうあと10年もすれば。

全身血が騒いでしょうがなかった、アーティストは引退しコンサートはもう

実現してないだろう。

夢から醒めたような世界を、はたしてどう生きればいいだろうか。

そんなことを考えると、青春時代に聴いた音楽という一群れ思い出墓標に

、僕は今前倒しで墓参りしているかもしれない。(笑)

今日はこんなところです。

 

「人生になにひとつ無駄なものはない」

ネタ帳ラボ!一期一会

 

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

「人生になにひとつ無駄なものはない」

この言葉を信じるか、信じないかはその人の才能。

日曜日、仕事で四国中央市へ。

ホッコリした天気模様、うとうとしそうな、うららかなお昼時、大王製紙の煙はまっすぐに空を目指していた。

ここまで来たのだから翠波高原、金砂湖まで何十年ぶりに桜を観にいってみるかとポジテイブを立ち上げる。だが如何せん、ピークをとっくに過ぎた六歳馬の身体は石化つつある(笑)。一方で、行ったことあるやろと悪魔の呟きが、僕をフリーズしたらしめる。

そんなときには脳裏に、学生のころ初めて乗った車、愛車セリカリフトバックがあらわれる。この鉄の塊のような重たい車は、冬場はキンキンにひえて、フロントガラスには霜がはる。さめたお湯をフロントガラスにかけるも、エンジンも一発ではかからず、「チョーク」という、ハンドルの下にあるレバーを引っ張ることで、やっとやっと車の始動にいたるわけであった。

実は、絶滅危惧種ヤンバルクイナとよべる「チョーク」という言葉は1970年代にあらわれた。

日本でプロレス選手のアントニオ猪木やジャンボ鶴田がつかったスリーパーホールドという必殺技をご存じだろうか?相手の背後に回り、腕をUの字にして太い腕でのどあたりをしめつけるプロレス技で、やりだしたら止まらないかっぱえびせんの
ような麻薬技でもある。それが試合中に喉元に食い込むと、やられた方はいてもたまらず、反則技だとアピールのため「チョーク、チョーク」を連発したものだ。

※猪木だけは、あれは本当に締めていた(笑)

この裸締めともいわれる喉締めの技は、悪意の元に進化し、レフェリーの死角で腕で喉仏あたりをたびたび締め付けるようになる。まさにそこには窒息状態一歩手前まで発展してしまう残虐性があった。その世界に観客は安売りの正義を立ち上げ、ヒートアップして、残虐性という生物の持つ本能に酔いしれていたのだ。

えらい長くなり脱線をしてごめんなさい。チョークレバーは、それを引くことで、エンジン内に酸素の空気の流入量を減らし、燃料が濃い状態をつくりあげ、燃焼しやすくなる役目があるのです。

そして、こんな風に僕は、とらえている。

「人生になにひとつ無駄なものはない」=「チョークレバーを引け」

肉体的にも自分で喉を締め上げ(笑)「行くのか」「行かないのか」などとやってみると、「チョーク、チョーク」と叫びながら、次ぎに「行きます」と僕は答えるのだ。自作自演と呼ばれようと、こんなバカなことをしているのは自分だけだと気がついていても、いちおう無駄をやってみる。

先日サンデーソングブック「25周年記念ライブ」招待券応募ハガキを、12時間かけて書いて見事に外れた。何度も書き直した、あの時間は何だったのだろう。

無駄だったという判断は、自分勝手な判断

人生を直線にすると、ありきたりなモノ、色あせたモノ、墓場みたいな無駄のない世界になるだろう。無駄がはいると、人生は立体になる。

東野圭吾さんが、面白いことを書いていた

日常生活の中で、おやっと驚いたこととか、こうだとは思わなかったといった、些細なこと。それが全部小説のネタになる・・と。些細なことを真剣に考えるか、馬鹿にするかどうかなんです。

「人生は無駄ばかりだ」という人より、「人生になにひとつ無駄なものはない」と言う人と食事したい(笑)

今日はこんなところです。

年齢を訊かないと、毎日が面白くなる!

ネタ帳ラボ!一期一会

 

 

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

僕は、コンビニの兄ちゃんと仲がいい。毎朝「お疲れさん」、と声をかけるからだろうか?(笑)

 

ファミマに行くと、Tポイントカードお持ちですかと必ず訊かれる。それは僕にとっては「あなた人間ですか」(笑)、と訊かれたような、ひどくうんざりした言葉だ。

 

そして、めんどくさいので、めんどくさい質問をコンビニの定員さんにする。「五割くらいはTポンイントカード使っているの」、と訊くと、手刀をふり紙ナプキンと箸をコンビニ袋に詰め込みながら「いえいえ7割~8割ですよ」、とコンビニの兄ちゃんは答えた。「そんなにか」と心の中で呟き、僕はこうした会話を通じて、世の中が制度に囲われている現実を、確認する。僕はTポイントカードは持たない。

 

日本人で一番ならぬのは「おとしいくつですか?」と会話の中に、白けたムードを差し込むことだ。そこで「いくつにみえます」と話しを膨らます奴に嫌気がさす。それに年齢が上か、下かわかると、序列がついたようで白けてしまう。歳をきかれたら「それは国家秘密です、level5の」、と答えてぜひ会話をきってほしい。(笑)

 

好きな歌手とか、高校の頃どんな曲を聴いていたかなどで盛り上がると、自然とそんな情報は手に入れられるではないか。明らかにしないこと、つつんでいくことは以外な面白さもあるような気がする。

 

人はなにかと心理的に歳のせいにしたがる。動物の中で人間だけが理性のパンツをはいているからだ。だから社会に制限をつくる。

 

制限を変えてみる、たとえば昼休みを2時間にしたらどうだろう。持て余す時間がどうなるのか、そういう変化を空想するだけでたのしい。

 

さて、もう8時半だ。まとまらない・・・汗

 

先日、「前にしていた黄色のネクタイいいですよね」とある女性に言われて、新鮮だった。たしかに「そのネクタイいいですよね」も悪くないんだけど。ただどこかしら使い回した手垢のついた言葉にすぎず、心が波立つまでにはいかない。

 

ところが「前にしていたネクタイ」を褒められる!とどうだ、どこかしら覚えてくれたということかしら・・、友情を結びたくなる気にさせてくれるではないか。

 

もし、燃え立つようないい女に言われたら、俺に興味があるのとだと、早速勘違いし、BGMに円広志の夢想花がながれ「とんで、とんで・・・」を9回繰り返してみてはどうだろう。

 

何歳になっても、僕はどうしようもない男だ。ひとをいい気持ちにするスイッチは、言葉の中にもありますね。

 

今日はこんなところです。

 

松山から、荒井由美デビュー45周年コンサートへ

ネタ帳ラボ!一期一会

 

 

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

吉祥寺東急REIホテル、時計は朝の04:29。

夜明け前です。

 

松山から、荒井由美デビュー45周年コンサートへ。

 

==

 

ファーストアルバム「ひこうき雲」(1973年)の世界観が再現された演奏はティン・パン・アレー(細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆)

※コンサートコンセプトとかはこちらから
一夜限りのプレミアムコンサート荒井由実「ひこうき雲」コンサート
http://www.wowow.co.jp/music/songsfriends/

 

コンサートの場所は中央フリーウェイの舞台。

 

武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ(東京・調布市)

 

 

==

 

コンサート会場は中央フリーウェイの舞台、調布

右にみえる競馬場、左はビール工場

この道は、まるで滑走路

夜空につづく

(中央フリーウェイ )

==

 

音楽の神が、天空から流した涙が、一人の音女神を産み落とした。

 

ユーミンは当時八王子に住んでいた。

松任谷正隆(夫)さんは

車好きで、この道を送り迎えし

このあたりでプロポーズしたんだろうか(^^)

そんなありきたりのことに、思いをはせる。

 

中央フリーウェイなかで

彼女はこの場所を「滑走路、夜空に続く」と歌にした。

 

ユーミンが都会でなくて、八王子に住んでいたというのに興味がある。

彼女の歌は「助手席」で生まれた香りがするからだ。

もしユーミンが車を運転していたら(笑)、イカツすぎて、

強い女過ぎて、世の女性は同調できなかっただろう。

女性は「助手席」が大好きなのだ。間違いない。

 

 

==

町の灯が、やがてまたきだす

二人して流星になったみたい

(中央フリーウェイ )

==

 

こう「助手席」で歌われたら、誰しも心はざわめく。

ユーミン・・・すごい。天才。

 

どこかしら、いまでも新しい。

そういう「助手席」世界感に、何かしら、「私も、私も」が、世の中に

溢れた・・「助手席」争奪戦が起きる、時代背景もあった。

 

そして、この場所でこの曲を聴けた幸せを感じながら

中央フリーウェイを聴きながら

なぜか僕は、バックバンドの夫、松任谷正隆さんをみていた。

男の顔してた、カッコイイ。

 

デビューアルバム「ひこうき雲」は、ユーミンが14歳から16歳に書いた曲がほとんどらしい。「ひこうき雲」の中に、手垢のつかないありのまま
の荒井由実がいて、その熱量にほだされるように、彼女を世に解き放ったティン・パン・アレーがいた。

 

彼女は、年上の男達の用意したヴィークルに素直にのった。

 

松任谷正隆さんがツアーパンフの中で、アルバムづくりでは「彼女はなんでもOK」スタイルと書いていた。ちょっと意外だった。

 

我を通すとか、自分なりのこだわりを貫くスタイルではないそうだ。

 

しかしながら、ユーミンの曲はそうではない。(笑)

 

そこが面白い。

 

女は、決していいなりにはならない。

 

主導権は、どこかしら手放さない。

 

好きな男に陶酔しない。

 

私のすべてをささげますみたいな感もない。

 

ソーダー水のように、はじけて、泡だったところを切り取って恋を音楽に

 

かえていった。

 

一生懸命とか、ドロドロとか、未練とか、涙は禁物。御法度。

 

だが、卒業写真のように、暫く時間をおいて、数年たってからを

 

見事に描く。然るべきときが流れ、ちゃんと恋をふりかえる(ここ大事)

 

悲しいことがあると開く革の表紙

卒業写真のあの人は、やさしい目をしてる

・・

人ごみに流されて

変わってゆく私を

あなたはときどき 遠くでしかって

・・

あなたは私の青春そのもの

(卒業写真)

 

はい男も、脱帽です。

憧れの「助手席」、それは

時に「幸福感」でもあり、

時に「憧れ」は「涙」に変わりもした。

人生を切り取ってくれた、数々のユーミンソングは

遠い記憶をよびおこす。

 

堤防を越えて、涙腺崩壊しながら

コンサートは、至福の時間だった。

これから原点回帰とか、名曲特集コンサートが増えそうだ。

 

音楽のレジェンド達が、自分の持ち時間が少なくなってきて

最後をどのように表現していくんだろうか、

なぜかそれを見届けたいと思ってきた。

そこに、自分の背中を押してくれる何かがある気もしてる。

人生の最後にきかせてくれる音楽

 

それは大衆をひきつけるんだろうか?

今、そういう「初めて」が音楽の世界にある。

今日はこんなところです。

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >