ブログ

『4月3日(月)親父の一周忌 』

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜色シーズンはずなに、まだ春便りがやってこないんだ。どうしたんだい、郵便屋さん(笑)

千年時が悠々とながれても、花は季節をほとんど間違えることはない。人は1週間くらいが、待てぬモノは待てぬと文句を言っている。桜も咲いてないに街中でお花見会を開催している。もうすこし自然とたわむれればいいもを、せっかちな人間は常にナルシストで自分本位ようだ。自然だって機嫌が悪いときがあるだよ・・・。

ちょうど1年前今日は桜が満開だった。そして、満開なか4月3日に百花繚乱人生を歩んだ親父が永眠した。

親父座右銘、生涯青春!今日という日は僕に、抜き差しならないことを問いかけてくるに違いない。青春井戸水は枯渇してないか?青春が薄められていないか?放つパンチが緩慢になってないか?・・なぞと・・・。

足下に転がる茫漠な時間を、男は消耗品ように生きていく、そして失っていくモノに絶望をかんじながらも、何かを勝ち取っていかないと青春灯火は消えていく。思考停止、人生最大敵は退屈。そんな戯言をこメールを書きながら僕は紡いでいる。

親父命日、早朝ふやけた脳みそに、何か信号ようなモノがきれぎれに届いてきている気がする。あまた浮かぶ親父と思い出、22歳時に買ってもらったゼロハリバートンアタッシュは、もはや僕付属品であり、自分自身ようだ。

さあ、今日という一日はどんな一日になるんだろう。
花をみつけて、空をみあげて、くんくんと犬ように鼻をならし、風に吹かれるだろうか。

さて、桜シーズン、日本で一番感動した場所は高遠城。きっぱり!桜花は赤みがかっていて、大地から諏訪歴史血を吸ったような色なんですよね。「天下第一桜」といわれるだけあって、スケールは圧巻。

今週も頑張りましょう。

投稿者プロフィール

ワタナベ マサヤス
ワタナベ マサヤスライター & IT会社経営
 人生の楽しみに旅を選択したことに、1mmの後悔もない。旅先で飲む珈琲はなんでうまいんだろう、孤独と自由が握手する。飛蚊症でブログを休んでました。再開します(^o^) 2021年4月後半~

《プロフィール》
 海外旅行150回くらい、国内旅行は何回か忘れました。(笑)お遍路四国八十八カ所結願。片足はIT会社経営、もう片足は旅行を楽しむこと!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワタナベ マサヤスをフォローする
Delivering Wow! Life is a carnival.