ブログ

本日パCS最終戦「迷ったらど真ん中にストレート」

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

週末の楽しみは、パ・リーグのCSシリーズ。

ともかく、観ていて手に汗を握る展開が続いています。

 

特に後半で緊迫した場面、先頭打者をファーボールで出すと50%近い確率で得点につながる傾向があります。昨日のソフトバンクの敗戦もそうでした。悔しい・・!!

 

なんにでも流れというものはあると思います。特に流れを悪くするのが四球であります。「なぜなんだろう?」とかんがえるとそもそも四球の方が悪循環で、妙に『嫌な予感』というのが頭に残ります。この予感というやつは、厄介で緊迫すればするほど、プレッシャーになるのがわかります。自分にとって都合の悪い方向へ考える悪い癖、まとわりつく呪縛。

 
パ・リーグのCSシリーズを面白くしているのが日ハム中田翔

 

ともかく、相手の投手の心理を手にとるように、ここぞのときにホームラン

彼は天才の素質を開花させようとしています。

 

初戦 7回スライダーを同点ホームラン(SB大隣)
2回戦 6回スライダーの高めを勝ち越し2ランホームラン(SB武田)
3回戦 6回ストレートを試合を決める3ランホームラン(SB摂津)
5回戦 8回カーブを起死回生の同点ホームラン(SB五十嵐)

 

一番球速の遅い、摂津がストレートをホームランされ

球の速い投手は、全て流れを変えようとした変化球を狙い打たれている。

 

変化球は明らかにボールにして

全て速球の出し入れで、勝負したれ!とおもいます。(笑)

それでもCSシリーズ、敬遠せず中田真っ向勝負なのがCSシリーズを素晴らしくしている。

 

さあ、いよいよ本日CS最終戦

 

開き直るしかありません。微妙な修正というのはダメ。

人間決めたら180度転換はできてしまう。(不思議・・)

それはいわゆる体当たり攻撃的なものかもしれない。

 
200勝投手 マサカリ投法の村田兆治選手。

200勝を達成できたのはなぜかというインタビューに

迷ったら「ど真ん中にストレートを投げてきた。」

この言葉が突き刺さります・・。

 
渾身のストレート勝負!

渾身とは悔いを残さない、だからすばらしい。

最後にみせてほしい。

 

今日はこんなところです。

 

投稿者プロフィール

ワタナベ マサヤス
ワタナベ マサヤスライター & IT会社経営
 人生の楽しみに旅を選択したことに、1mmの後悔もない。旅先で飲む珈琲はなんでうまいんだろう、孤独と自由が握手する。飛蚊症でブログを休んでました。再開します(^o^) 2021年4月後半~

《プロフィール》
 海外旅行150回くらい、国内旅行は何回か忘れました。(笑)お遍路四国八十八カ所結願。片足はIT会社経営、もう片足は旅行を楽しむこと!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワタナベ マサヤスをフォローする
Delivering Wow! Life is a carnival.