ブログ

いかにスイッチをONにするか

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムシンググレートの筑波大学名誉教授の村上和雄先生の本はめちゃくちゃ面白い。目からウロコとはこのこと。科学的に人間を分析しノーベル賞の最有力候補とも言われている。

人間には何十兆の細胞があり、その一つ一つの遺伝子に同じ情報が書いているそうだ、顕微鏡で1000万倍にしても見えない世界。誰がプログラミングした?

人間の細胞はすべて同じ情報を持っていて、髪の細胞も、つめの細胞も、脳も、心臓も同じ。しかしその遺伝子は髪には髪に必要な、心臓には心臓に必要な遺伝子スイッチしかONになってないらしい。つまり残りはOFFの状態。

最初に出来たクローン羊
雌の乳腺細胞というミルクを出す細胞を取ってきた。この細胞には当然 生命体の全情報が入っている。ところがミルク関係のスイッチしか・・ONになっていない。
他のスイッチ、脳や、心臓関連のスイッチはOFFのまま。これをONするのに30年かかったそうだ。

どんな状態でONになったのか

栄養状態をストップ。細胞は餓死状態、酸素不足に陥り、死ぬ寸前まで追い詰められる。そしてなんとその細胞は死ぬ寸前に全ての遺伝子のスイッチがONになったそうだ。

深い。

あなたの情熱の遺伝子ONになってますか?
ON OFFを決めるのは心の持ち方 そして愛情のようですね。

投稿者プロフィール

ワタナベ マサヤス
ワタナベ マサヤスライター & IT会社経営
 人生の楽しみに旅を選択したことに、1mmの後悔もない。旅先で飲む珈琲はなんでうまいんだろう、孤独と自由が握手する。飛蚊症でブログを休んでました。再開します(^o^) 2021年4月後半~

《プロフィール》
 海外旅行150回くらい、国内旅行は何回か忘れました。(笑)お遍路四国八十八カ所結願。片足はIT会社経営、もう片足は旅行を楽しむこと!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワタナベ マサヤスをフォローする
Delivering Wow! Life is a carnival.