RECENT POSTS

2014年3月31日

消費税8%、個人間取引は活性化するのか?

ネタ帳ラボ!一期一会 ITラボ!オンリーワンへ

おはようございます。

年度末であり、消費税5%ラストという割れ目の日ですね。
消費税が3%になったのが1989年4月1日(平成元年)

消費税が5%になったのが1997年4月1日

消費税がアップすると、消費税がかからない個人間取引が活性化するだろうと前にメルマガに書きましたが、皆さんどう思いますか?

消費税が3%、5%になった時に、例えば車の個人間取引は活性化したでしょうか?活性化しませんでした。それは車の取引でも、名義変更や、車の査定という部分でその煩雑さや、不透明さがあったからです。

しかし当時と違うのは、インターネットというインフラの登場です。
頭の回転が、フェラーリーのエンジンぐらい回転する企業は、この間隙をついてビジネスを仕掛けるチャンス到来です。

ネットの不変なキーワードは”無料と安心”

車の名義変更を変更するために、行政書士などは個人でPRできる時代。低料金で発信すれば、その資格が安心につながり商売ができます。

車の不明瞭の査定と事故歴が気になる場合、カーコンビニ倶楽部では、カーコン査定というのがあって、査定と車の状態を担保してくれます。このサービスを利用して、ヤフオクで出品すれば安心が担保されます。

あとは、陸送などの部分の業者で3社が組めば、個人取引サポートサービスが完成です。

そう考えれば、家やマンション、高級ブランド品なども個人取引が盛んになると思います。そしてそれをサポートする窓口をつくることがビジネスチャンスを広げて、結局は業者に頼むこともあるかもしれませんし、その分岐点はやってみないとわからないところがあります。

そんなんで売れるんかい?と思う人がいるかもしれませんが

実際に車を見ないで、ネットが買う人がどれだけいるか・・。

”無料と安心”は永遠のテーマですね。

 

2014年3月31日

春分の日、おやじとおふくろを連れて墓参に3人で向かいました。

ネタ帳ラボ!一期一会

春分の日、おやじとおふくろを連れて墓参に3人で向かいました。

からだの弱い親父を車いすで押しながら、

「これが最後の墓参りかな」と親父がぽつんと。

うららかな陽気。

生まれ故郷に立つと、大地から足のうらを伝わって、

胸にこみ上げるものがあるんでしょうね。

それにしても墓参りに来ている人が少ない。

僕は、最近は(汗)墓参りにマメにいっています。

折にふれて大切な人を思い出す、感謝の心を通じ合えるような場所

なんか、見守ってくれてるような「気」が溢れています。

お墓も地震の影響なのか、背丈の低い洋風の横長の墓石が目につきます。

お墓のかたちも変わりました。

おふくろも手を合わせて、お供え物が、お線香をそなえて祈ります

そして、墓参りが終わると・・・

お供え物を持って帰ろうとするんです。

「えっ・・・置いとかないと」と言うと

「カラスが食べて食い散らかすから、持って帰るんよ。」

さすが、おふくろです。

墓参りも、変わりました・・。(笑)

春は運命を抱きしめながら

出会いと別れ、旅立ちの季節

踏みしめる スタートライン

何度でも・・・

2014年3月17日

週末にテレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル『宮本武蔵』をみました。

ネタ帳ラボ!一期一会

週末にテレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル『宮本武蔵』をみました。

 

佐々木小次郎との巌流島の戦いも実在の確かな記述は確かないんですよね。宮本武蔵が五輪書を残したことが、その人物がどんな人間ドラマと剣の研鑽を積んだのか?それに心をえぐられて表現者か作品へ転じ、つかみどころがないようにみえる宮本武蔵を舞台へ引きずり出す。

 

剣の求道者、生涯無敗の男を脚色しながら描いた吉川英治先生の傑作。最後に「巌流島対決」を演出するところが心にくい。「人は対決に熱狂する。」

 

ローマに市内観光に行くとコロッセオというところに必ず行きます。「コロッセオの立つ限りローマは立つ。コロッセオの倒れる時ローマは倒れん」映画ベン・ハーで猛獣との対決が描かれ、子供ながらそのシーンに圧倒されたのを思い出します。

 

大衆は「この世」にいて「この世ならざるもの」を観たい。

 

対決というのは、この世の中で国を熱狂させ、治める事ができるほどのコンテンツなんでしょうね。

 

「対決」といえば、テレ朝開局55周年なら戦いのワンダーランド「新日本プロレス」でしょう。闘魂アントニオ猪木、そして数々の名言を残した古舘伊知郎アナを語らずにはいられません。

 

アントニオ猪木は偉大なるプロデューサー。アンドレ、ホーガン、ハンセン、ベイダー…。新日本のリングから次々と世界を代表するトップレスラーを送り出し興奮の渦をつくった。(※全日本プロレスでは、吸血鬼フレッド・ブラッシー、鉄の爪フリッツ・フォン・エリック、アブドラ・ザ・ブッチャー、ボボ・ブラジルあーなつかし(笑))

 

「現代のガリバー旅行記」「人間山脈」「一人民族大移動」「動く大陸」「一人と呼ぶには大きすぎる。二人と呼ぶには人口の辻褄が合わない」悪役怪物アンドレ・ザ・ジャイアントを登場させ、男たちのアドレナリンをMAXにした。田舎のばあちゃんは「ゴング」を毎月買っていた。(笑) テレビのまえで、あれだけ身体が前のめりになったのはない。

 

今の世の中、この「対決」というのがなかなか盛り上がらない。政治も「対決」がない。それは乱立だと思うんですよね。プロレスも、ボクシングも政治も団体が乱立、解説するマスコミもたいへんで焦点を絞れず、つまんなさを助長しています。やはり2大巨頭にしないとね。

 

愛媛ではセブンイレブンができて、コンビニ乱立戦国時代。マクドナルドは、コンビニに美味しものがあるので、「アメリカンヴィンテージ」キャンペーンをしても売れない。マクドナルド VS コンビニ! 八面六臂のコンビニ剣客にいかに戦うんだろう?二刀流か?(笑)地元のロードサイドの飲食店も大変だと思う。

 

僕がマックが苦手なのは、○○セットいかがでしょうか?とドライブスルーでオススメされること、しかもこちらが注文を言う前にスピーカーから言われるあの瞬間。こちらを「小馬鹿にしてるんかい!うるさいな~」という気持ちになる。コーヒーもコンビニで提供されだして、マクドナルドにほとんど行かなくなった。変わらないと駄目なんじゃないかな。

 

マックが復活するにはどうすればいいんだろう?そんなのわかるわけないが、ランチパックみたいに中身がいろいろ変えられるものとか?ドーナツとかいろいろ考えてるんじゃないかな?

 

家族で食事に行こうと思わせてくれない限り、復活はないんじゃない気がするけど・・・。

 

『宮本武蔵』を有名にしたのは、大人気漫画「バガボンド」。そのなかで佐々木小次郎が生来のろう者と描かれている。役者に弱点を持たすのが、井上雄彦流の真骨頂。人間は弱点が大好きなのだから。晒して、乗り越えるストーリーが必要なんだと思います。

 

弱点を晒す・・。そこにドラマをつくる。

 

生涯無敗の男、宮本武蔵の弱点は、天涯孤独、求道的な性格

 

いや、勝てる試合しか勝負しなかった・・。

 

つかみどころが難しい(笑)

 

今日はこんなところです。

 

2014年3月10日

坊主頭と柔道一直線の中学生活も卒業へ

ネタ帳ラボ!一期一会

━━━━━━━━━━━━━
マイコラム MAGSHOT
━━━━━━━━━━━━━

季節は春を取り戻し、春キャベツと新ジャガが美味しい季節。つくし、菜の花、たけのこ、どれも苦味ですが、それが春の味で格別。最近思うんですよね、「季節感が日常にない。」と。

 

日本は島国で、気候も特有で土地柄で野菜の優越もあったり、それが生活に彩りを伝統的に与えてくれてたんだけど・・・。季節行事も激減、ひな祭りもやらない家庭が増加。花鳥風月、四季を楽しむというのは人間の生きていく愉しみなのにね。

 

明かりをつけましょ 爆弾に

お花をあげましょ毒の花

歌っている子供も少ない・・(笑)

 

替え歌を高らかに歌う陽気さも大切だと思うんですよ。

今だに覚えてるな・・・変な奴は

♪静かな湖畔
静かな 湖畔の 森の影から
男と女の 声がする
いやーん ばかーん そこはだめよ

♪サンタルチア
朝もぶらり、昼もぶらり
なんたルチーア なんたルチーア

うーん憂いのある世の中であります。(笑)

 

さて、めったに登場しない小生の息子(中3)ですが柔道をやるために、友達とは違う中学校に通って3年、いよいよ卒業。

 

毎朝、学校まで行きは送っていってたんですが、今週で終了です。何やってもダメおやじでも、子供のためだったら続くんですよね。不思議なものです。やればできるの秘密がありますね。

 

思い起こせば、柔道をやり始めたきっかけは、幼稚園の時にお菓子をあげるからと、道場に行ったのがきっかけ。

 

これは何気ないことだけどビジネスにおいても示唆深いことなんです。

ある会社のIT研修で「全員にFACEBOOKをやってもらうにはどうすればいいか?」がテーマになりブレインストーミングで考えた事があります。

■各店舗に担当者をおいて啓蒙する。
■ニュースレターを書いて、FACEBOOKの面白さを伝える
■誕生日にみんなでメッセージをおくる

など・・・いろいろアイデアが出て、やったのですがうまく行きません。

 

社員にもプライベートがあるとか、いろいろな理由が飛び交います。

 

結局うまく行ったのは、会社の創立記念日までにFACEBOOKに登録したら1000円をプレゼントという企画。

 

きっかけをつくるというのは、お菓子あげるみたいなモノがいい場合が多い。誰かがもらうと、私も私もが起きやすいんです。

 

話は戻りますが、息子は棟田道場(棟田康幸選手のお父さんに教えてもらっています。)に入門、全国大会にも連れて行ってもらったし、5回も骨折(足の小指、手首2回、鎖骨2回)して、涙の連続は、家族にいろんなドラマをもたらしました。

 

5歳から、ずっと坊主頭。

 

事あるごとに

「なんか悪い子としたら、坊主頭にするぞ!」と父が言うと

「俺。坊主やけん・・・もうそれあきた」

何度この会話を凝りもせずに繰り返したものか。

 

それは、親父としては「頑張ってるな・・」の照れ照れのメッセージでした。

 

たったひとつのお菓子がきっかけで始まった息子の柔道人生。

 

高校も推薦で柔道で入学、柔道一直線。

 

多感な青春時代を泣き笑い楽しんでほしいです。

 

 

2014年3月3日

週末に『幸せの教室』を観ました。

ネタ帳ラボ!一期一会

 週末に『幸せの教室』という、トム・ハンクスと、ジュリア・ロバーツの映画を観ました。ラブ・ロマンスものでは大御所の2人。中高年向けの学園ムービーなのだけど(笑)身近なコミュニティの大切さと、幸せというものはお金じゃないとい
うわかりやすいストーリー。

 日本の映画にはないモノが満載なんですよ。趣味を楽しむ人生に幸せを探すというのは、なかなか受け入れれるようで素直には受け取り難いモノ。そこは、さすがトム・ハンクス脚本で、大学で教壇をとるジュリア・ロバーツとそれを受講するトム・ハンクスのやりとりで、実に痛快に能天気な心を溶かせてくれる。こういう映画を俺は待っていた・・みたいな気分にさせてくれました。(笑)

 そして加速するようにジュリア・ロバーツとリチャード・ギアのプリティウーマンを観たら・・・やはりあの映画を観ないとと・・トム・ハンクスとメグライアンの『めぐり逢えたら』を借りにGEOに走る、あったー!とときめきながら、1993年の作品なんだけど、NYに行った時も映画のシーンが重なり訪ねた神聖な場所なつかしかった。でもストーリーに無理があるなと(笑)今さら感じながら、恋人たちの予感とかユーガットメールへの再びの触手が伸びてくる。

 日本のドラマも、最近では「激流」、「ダブルトーン」などいいものが、あるけどストーリーが脚色が点数を稼ごうとしていているなと感じます。「初恋」とか「とんび」とかが好きだな・・。

 そして、もう一つ上の世代の為の映画を演じたジャック・ニコルソンを観なければと「恋愛小説家」「恋愛適齢期」を復習すべきと久しぶりに借りたのです。今週の小さな楽しみです。

 映画っていいですね。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!

 今週もなにかホットなスペシャルがありますように・・。

 今日はこんなところです。

 生涯青春 渡部雅泰

2014年2月24日

浅田真央「暗闇の中でのラストダンス」

ネタ帳ラボ!一期一会

 

━━━━━━━━━━━━━
マイコラム MAGSHOT
━━━━━━━━━━━━━

 四国中央市の蔵珈琲店で日刊スポーツの「真央悲しすぎる結末」という1面の記事を眺めながら、高校時代に松山の銀映で500円3本立てで観たアイスキャッスルという映画を思い出していた。

 それはオリンピック出場を目指していた少女が事故で殆ど目が見えなくなってしまい、それでも恋人と父親の温かい支援で再びリンクに戻るとこから始まる映画。そして大会で高得点を出すけどリンクに投げ入れられた花に彼女は躓いてしまい、目が見えないということがバレてしまうのだった・・・。

 その映画を、多感な高校生は3回も観に行った。なぜだ?そんなに観に行ったのか思い出せない・・・。アイススケート、白銀の世界に多感な心は吸い寄せられたのだろうか?

 そして、蔵珈琲店の絶品の煮込みカレーは酸味ばかりを僕の舌に送りこむ。

 SPが終わり、僕はFacebookにこんなことを投稿していた。

 真央ちゃんフリーですね。今日はほんま元気がでんかった。
 苦悩と葛藤の中で「暗闇からのジャンプ」その延長線上に晴れ間が出て、救済に変わっていくことを祈ります。

 そして、一夜明け日本中が彼女の演技を見守る夜がやってくる。

 テレビの画面に映る真央ちゃんのルージュの鮮やかな赤色が、女性としての決意を告げる。一つの恋物語が終わり、今日から新しい自分が始まる時のように。鏡の前で、彼女はどういった気持で紅を引いたのだろうか?

 あれから、彼女の演技が何度もTVで流れる。テレビをみるたびに感情過多になった僕がいた。

 人は、家族がいようと、恋人がいようと、所詮人間は死ぬときは一人である。

 そしてソチ・オリンピックというという世界が注目する最高の孤独な舞台氷の上で暗闇の中での孤独なラストダンスが演じられた。

 ルージュをひいた表現者としての浅田真央は官能的な世界をうみだす

 そして、僕の永遠になった。

 

今週もよろしくお願いします。今日はこんなところです。

生涯青春 渡部雅泰

2014年2月17日

ソチ五輪 銀メダル葛西選手は荒野に、狂気を求めて再び走りだす。

ネタ帳ラボ!一期一会

 

━━━━━━━━━━━━━

マイコラム MAGSHOT

━━━━━━━━━━━━━
おはようございます!2月ですね。バレンタインデーでした。

バレンタインデーのチョコがないと寂しいという時代は終わリかけてきて、そもそも義理チョコなどというものに、感動とかWOWが失われてきた。女子全員からまとめて男子全員へ・・なんて・・・何が嬉しいのか??

女性も苦痛で、男性も倍返しにうんざり。どうせなら、好きな人の食べ物を手作りで渡すみたいなイベントにしてほしい。(笑)ボクは餃子!!

キリストのクリスマスは祝うのに、天皇誕生日は祝わない。変な国なのだ。

会社で義理チョコ禁止というのに賛同。

 

さて、前置きはこれぐらいにして、やはりソチオリンピック!
ソチ五輪スキージャンプを高橋沙羅選手 惜しくも4位。

「勝ちたいが」、「勝たなければ」になればに変わって負けたかな・・。

17歳。マスコミというマジョリティに飲み込まれた感もあり残念。
マスコミの報道もそんな感じでしたが、「船木和喜のジャンプ解説」を読んでいるとオリンピックはこんなプロ視線の解説も欲しいなと思いました。

http://sochi.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201402120008-spnavi

出場全選手の中で、2番めに悪い風を受けていた。金メダルの選手と同じ風ならば105m以上を飛んでいたのでは?そしてテレマーク(着地の姿勢)を入れていれば・・・。こういう解説も大切です。

そして毎夜思うのは、オリンピックニュースのアンカーマンの存在。

これだけオタク的に見ていると(笑)まとめがほしくなります。

筑紫哲也さんの多事争論は面白かったな。マスコミも精神のデスマッチで、折り合いのつかない観戦オタクに・・今日のニュースの限界は「今日はこんなところです。」と語ってくれる・・。アンカーマンよ出てこい!

思うんですよね。なんで、オリンピックはこんなに面白いんだろう?って
繰り広げられるプレッシャーとの頂点の戦いは魔物の住む、狂気の世界。オリンピックを観ていて思いました。年齢とともに衰えてくる気力。肉体をいじめ抜かないと、人は気迫がみなぎらない。

最近めんどくさいと思うことがあるんですが、これは体力がないからだと。
おまえはクズだと、観戦しながら教えてくれます。(痛)

 

それを教えてくれたのは、銀メダルをとった葛西選手。

6度のオリンピックの挫折感、絶望感、焦燥感をまとい、着こなした完成されたフォームに宿る、鋼の肉体。どれだけ傷つき、そして戦ったきたことか。
葛西選手には「勝たなければ」はないのだろう。

プレッシャーという狂気までも飼い慣らせば「リスクをリスクを思わない。」

暗闇の中で闇を切り裂くような、カミソリジャンプ。狂気、絶望の反対側にある快楽は一瞬で終わり「金メダルという目標に向かってまた頑張っていきたい。」

金メダルを諦めない、金メダルをとってこそレジェンド。

 

葛西選手は荒野に、狂気を求めて再び走りだす。

 

今日は団体ジャンプですね。やはりLIVEでみなければならない。

ボクは観戦者として、ボクが寝ている間に起こることが許せないのだ。(笑)

 

今週もよろしくお願いします。今日はこんなところです。

 

生涯青春 渡部雅泰

 

2014年2月10日

愛媛マラソン&ソチ五輪開幕 

ネタ帳ラボ!一期一会

 

おはようございます。

昨日は愛媛マラソンが開催されました。

2013年、全国のマラソンを網羅するRUNNETランキングで1位なんです。TVでもそのことが何度も紹介されていましたが、その理由は語られません。足湯があったり、お接待があったりという総合的なものみたいな説明はあります。

私見ですが、知事・市長も走り、その他ゲスト、運営の骨組みもいいのですが、端的に言えば南海放送が素晴らしい。テレビで6時間、ラジオでも放送。予算のない中、この愛媛マラソンを中継し続けてきた魂みたいなのを感じます。

しかも地元密着で日頃からの取材活動など、裏方の努力が垣間見れますよ。カメラワーク、中継地点、注目選手ピックアップ、コースを熟知した基礎がスゴイ多分、日本一の地元密着中継じゃないですか?アナウンサーと土佐礼子さんの、素朴であり”だんだん”な空気も秀逸です。

 

さて、毎日仮睡眠みたいなことをしながら観るオリンピック。

モーグルの決勝。上村愛子さん4位。やはり点数をつけるゲームというのはむずかしい。審判に日本がいなくて、上位に入ったアメリカ、カナダの審判がいる。これはどうみても、理不尽なことです。

採点競技は大なり小なりヒューマンエラーは必ず起こる。銅の選手より、客観的に見てもタイム、ターン共に上だったのに。

インタビューで「攻めて行きたい」と語り、有言実行。決勝まで、どんどん攻めてくる。そのベストの走りに、グッとくる。今シーズンのランキングは10番代。そこからのオリンピック アタック。メダルとらせてあげたかった。

17歳から5大会オリンピック出場。あの愛くるしい顔の女性が、どうやって壊れそうな自分を立てなおして来たんでしょう。衰えていく体力維持するだけで、驚異的です。

インタビューで、「自分の最大の力を出して滑るのが、私の理想」というような内容を言って、「今日はたくさんそれができたので。 自分としてはすごく嬉しい」と語ってましたけど、NO1のタイムを叩き出し、本当に文句なしにNO1カッコいい。

 

そしてNHKの工藤三郎アナ。スタジオにカメラが戻ってきて、しばらく沈黙の後。

「日本でご覧の皆様はどのようにご覧になられましたでしょうか…」ベテランアナの一矢。TWITTERでも話題になってましたが、ジャッジに不満が残る中で、その言葉に救われた思いがしましたね。

そして「彼女の清々しいインタビューに、私達のほうが救われたような気がします」「彼女の心境はメダル争いのさらにその先にあるのかもしれません」歴史に残るようなコメント・・素晴らしい。
「泣いたり笑ったり大変だった」って・・

涙を潜ませながらの上村愛子選手の清々しいインタビュー。

そして、素敵な笑顔は、人を元気にしますね。

そして、こんなに美しい涙は 初めてみました。

 

2014年2月11日(火) 18時45分~27時45分
スノーボード・男子ハーフパイプ 予選・準決勝・決勝に青野令選手 登場
(あいテレビ1)

ガッツリ応援しないとね。それにしてもかなりタフな夜になりそうだ。
頑張りましょう!

 

2014年2月5日

「サムシング・グレート」STAP細胞を発表した、小保方晴子博士さん

ネタ帳ラボ!一期一会

━━━━━━━━━━━━━
マイコラム MAGSHOT
━━━━━━━━━━━━━

おはようございます!

STAP細胞を発表した、小保方晴子博士さん。※マジ萌ですね(笑)

リケジョ(理系女子)はカッコイイ

自分の研究室の壁はピンクや黄色で、花柄のソファを置き、実験器具などには、

「ムーミン」のキャラクターのシールなどが貼り付けてある。

STAP細胞体とは、いろいろな細胞を

1.37℃、弱酸性(PH5.7)の溶液に25分間置く

2.遠心分離器で上澄みを除く

3.得た細胞を3日間培養

4,STAP(Stimulus Triggered Acquisition of Pluripotency)細胞が完成

どのような細胞にも変異できる「赤ちゃん細胞」

※細胞は、細胞分裂という現象を繰り返して体の部位を作る。この細胞分裂という
現象は「不可逆」、つまり戻ることはできないと考えられてきた。

あまりにも、実験で簡単に出来てしまう・・。

ひょっとしたら、人間の体では、不治の病が治るときなど

何かの偶然が重なれば、その現象が体内にすでに起きているのかもしれませんね。

「サムシンググレート」の村上和雄先生は著書にて(先週に続き登場)

人は何歳になっても、その才能を開花させる力を持っている。

そして、その人間の可能性をそぐものは、だた唯一自分で「もうダメだ。」と思ってしまう気持ちだけといっても過言でない。

受精したあとの胎児は、魚のような形になったり、爬虫類のような形になったり

しながら、だんだん人のカタチになっていく。

人は受精してから、誕生までの10ヶ月の間に、人類の進化の歴史を再現する、

それは受精した最初の遺伝子の中にそれらの情報が入っているからだ。

過去数十億年の進化の過程における記憶や能力が行っている可能性がある。

遺伝子は人類すべての可能性を持ち、おまけに年をとらない。

果たして、この遺伝子の設計図をだれが書いたのだろうか?

誰もわらかない

まさに「サムシング・グレート」

STAP細胞を発表した、小保方晴子博士さん

「やめてやると思った日も、泣き明かした夜も数知れないですが、今日一日、

明日一日だけ頑張ろうと思ってやっていたら、5年が過ぎていました」

スゴイですね。

月曜日ですね、ストレスをかけましょう!

「サムシング・グレート」のために

生涯青春

渡部雅泰

2014年1月27日

「サムシンググレート」Stay hungry,Stay foolish

ネタ帳ラボ!一期一会

━━━━━━━━━━━━━
マイコラム MAGSHOT
━━━━━━━━━━━━━

 

おはようございます。
サムシンググレートの村上和雄先生の本は何度読んでも面白い。

夜読みたくなる。ナイトサイエンスがあるから。

 

大腸菌というのは、ブドウ糖がお好きならしい。

餌に、乳酸を混ぜてもブドウ糖を好んで食べる。
その大腸菌様に乳酸だけをだけを与えた場合、暫くの間は食事を拒否するそうだ。

しかし、飢餓状態が近づくと諦めたように乳酸を食べ始め、乳酸だけで種を増やし
始める。
フランスのパスツール研究所では

大腸菌様が乳酸菌を消化する力をつけたのは、乳酸だけが与えられたからなのか?
それとも元々その能力があったのか?を研究した。

すると、大腸菌は潜在能力を持っている事が判明、飢餓状態が遺伝子ONに導き、
新たな能力を芽生えさせたという大発見をした。

 

もう少し詳しく村上先生が解説している。
ブドウ糖は「オペレーター」という情報を読み取る部分があり、ブドウ糖がある時
は、乳酸を分解する酵素をつくる遺伝子情報がブロックになっている。
抑制するタンパク質が遺伝子情報は「読めない」状態。つまり遺伝子のスイッチが
OFFの状態。これが生きるために食べないといけない状態になると、抑制タンパク
質が乳酸と結合して、抑制が効かなくなり、遺伝子がONになるそうだ。
人は何かにチャレンジするときに、抑制というタガが外れない。
木の桶を止める、タガはなかなか外れるもんじゃない。(笑)
少子化が問題だ、男子が女性に求愛できない。
変な理性に抑制されている、飢餓状態にすべきだ。

スマホを捨て、電話の使用もダメ。ネットでエロを見るのも、風俗もダメ。
アイドル禁止。一人エッチもダメ。飢餓状態にする。(笑)

そして、合コンに参加させ、ねるとん紅鯨団をやる。
飢餓状態だから、動物本来の雄が雌を求める力は潜在能力が高まっている。

攻撃力の細胞はONになっているはずだ。ココしかない!がそこにある。
「僕と付き合ってください」と全力で言って

女性が「私なんかで、いいんですか?」といってくれたら

鼻血が出て、どんなに幸せか・・・。

いかん・・朝からこちらの方が興奮しとる(笑)

 

あーさて。真面目に。

愛媛出身の岩村明憲選手の座右の銘は「何苦楚」魂、岩村選手の英訳は
「ノーペイン・ノーゲイン」とデビルレイズの入団会見で披露した。
人生は(何)ごとも(苦)しい時が自分の基礎(楚)を作る。
そして次に「日々新也」とつづく。
どんな事があっても、新しい日が来る。

 

村上和雄先生はこの「何苦楚」が大事だという

そして「サムシング・グレート」が働くには、3つの条件があると語る。

1つ目は、「こういうことをやりたい」というはっきりした目標があること。

2つ目は、その目的に向かって、ひたすら努力を続けていること。

3つ目は、努力を続けていても、何らかの傷害に阻まれ、行き詰まっていること。

 
月曜日ですね、毎日がスペシャルになるためには

挨拶がスペシャルでありたいですね。
「おはよう元気か!」「大変だけど頑張れ!」と肩をたたく

大きな声で!パワフルなリーダーに見える。
しかし、これはスペシャルだろうか。

気遣いが出来る人は

その後に「まあ、コーヒーでも飲めや!」と注いできて渡す。
言葉だけでない何かを添える。

行動として見せることが本当のスペシャルじゃないかな。

・・・と思うんです。

 

スティーブ・ジョブズの座右の銘

Stay hungry,Stay foolish
Stay foolish はそんなスペシャルを考えろといういう

意味だと、僕は理解しています。

 
生涯青春 渡部雅泰

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 >