RECENT POSTS

2015年3月30日

松山東高校甲子園出場に思ったこと

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

先週の話題といえば、やはり松山東高校の選抜甲子園。

8回裏に東海大四高校に逆転を許したが、

松山東高校の亀岡投手の投球にボクは胸を鷲掴みにされた。

亀岡投手の逃げない真っ向勝負は気持ちよかった。

 

インコースをせめる直球。

極めたい道がそこにあるんでしょうね。

”迷ったらストレート勝負”か・・・

青春であります。それでいいのだ。

「逃げたらあかん」

”当たって砕けろ”そうしないと人間は再生しない

 

そして何より全国を震撼させたのは、松山東高校の卒業生OB・OG応援団

アルプススタンドは早々に人で溢れ、内野、外野も緑のスクールカラーで染まる。

地鳴りのような応援。相手投手の背中の状態が知りたかった。

 

初戦、二松学舎大付(東京)の試合、データ班が活躍したとの記事を読んだ。

”ハイライトは4―4の7回1死一塁だ。データ班から「けん制は2球連続でこない」

と報告を受けた清水が果敢に走って二盗に成功。酒井の左前適時打で決勝のホームを踏んだ。”

松山東高校といえば、正岡子規も有名ですが、秋山真之だってそうですね(中退)。

うすい記憶だけど、坂の上の雲を読んでいると、江田島で伊予の後輩を集めて試験で

どこが出るか教えたというのを覚えてます。それからの海軍での活躍はご存知のとおり。

その原点は、松山中学にあった最新の洋書や古典があり、それを読んでいたとのこと。

うーん。歴史のDNAと言うのは引き継がれるんでしょうね。
孫子いわく 「算多きは勝つ」

 

松山東高校の選抜甲子園は

野球王国愛媛の歴史、文武両道、島国愛媛に熱狂をつきつけた。

マスコミは、このあと特集で松山東の番組をやるのであろうか?

新聞は再びこの熱狂をレポートするのであろうか?

それは、見たくないなと思うし、見るつもりもない。

熱狂とは、孤独でなければ面白く無い気がする。

何度も見せられたら、熱狂は薄れていき

胸の中に放たれた、魂の熱量は消えていく。

松山東高校のデーター班も、更にそこを極めるより

それを捨ててしまって、データーなしで

夏の県予選を戦ってほしいものですね。

出会いと別れの桜の季節

踏みしめる、スタートライン。

何度でも・・・。
今日はこんなことろです。

2015年3月23日

孫子いわく「勢いをいかに生み出すか?」

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。
石手川も桜のつぼみがみられ、いよいよお花見シーズンですね。

しかし、道後公園、石手川講演も火気厳禁でバーベキューはダメになりました。

一度夜桜で、弁当を仕出しで頼んでやったことがあるんですが、

巻きずしはカチカチ山で(笑)、刺し身もプリプリ感がない。
あまりに早く食べてしまって、かなり時間を持て余す。

弁当に向かい食べるので、会話が少ない。花見自体に、勢いがなくなる・・。
新しい花見スタイルを編み出さなくてはですね。

さて、五木寛之著『下山の思想』を読んだのは少し前のことです。

あれだけ絶好調だったった、薄型テレビのシャープが崖っぷちに。

平和な時代が続いて、経済が好調だとデフレになり、大衆にモノが行き渡ってしまう。

山登りは上りも下りも50:50。下りも楽しめる。夕焼けもある。

成熟期から、減速するときにブレーキの使い方次第でも、人生は変わりそうですね。
さて、月曜日に思うのは、1週間は登山のようではないかということ。

ちょうどその真中、山頂は水曜日。

21歳の夏、大阪の南港から2泊3日で沖縄まで行きました。

貧乏旅行で恩納村のムーンビーチという近くの民宿に泊まり、

夜は、ホテルのビーチにおじゃましたら野外で「BIG WEDNESDAY」の映画。

サーファーの連中の真似をして飲んだコロナビールが、灼熱の夏の夕暮れで火照った

ビーチにお似合い。コパトーンの甘い香りがなんともいえません。

夜なのに体に塗りつける青春。(笑)

「サーファーは波を見極める。」

結局はうまくなるまで、何本波に乗ってきたか!でしょうか。

水曜日にやって来るという世界最大の伝説の波“ビッグ・ウェンズデー”

みなさんの一週間の波のピークはいつでしょうか。

いつもピークだと波になりませんね。
いかに波にのるか?孫子いわく 「勢いを、いかに生み出すか。」

ここで質問です。
正面に相手の大群がいます。
あなたの後ろ後方には丘があります。右後方、真ん中、左後方

どこに陣を張りますか。

Thinking time! (笑)
孫子いわく、右後方の丘に陣をはれ。
なぜ??
丘から攻め降りると、勢いが出ます。

それを最大限の力にするには右後方の丘。

なぜか?
人は右利きが多いからです。右手側に相手がいると切り込みやすい。
なるほど、合点がいきます。
よく戦うものは 之を勢いに求めて 人に責めず(もとめず)

「なるほど」と言いながらNHKアーカイブを観た週末でした。

(余談)

このメルマガを山下達郎さんの「BIG WAVE」を聞きながら、書いているわけですが

発売曜日が気になり見てみると、

1984年6月20日 BIG WAVE
2014年7月23日 Big Wave (30th Anniversary Edition)
※調べたら・・発売日は水曜日でありました。
当たり前か・・そんなことを間違える人ではない。
そして孫子の兵法36計で最後に書いてあるのは
36計いろいろあるが、逃げるが勝ち
(兵力を温存し、撤退し、再起を計る)

はい、これとても良くわかりますが、なかなかできません。

スパッと潔く、退却か・・・

恋も、仕事もそうできれば、人間イキになれるんですけどね。(笑)

今日はこんなことろです。

2015年3月16日

「俺等は朋輩じゃ」と流星のワゴンで忠さんが吠える日曜の夜

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

「俺等は朋輩じゃ」と流星のワゴンで忠さんが日曜の夜吠える。

子供の頃から、隣の子供と比較される共同体の中で、朋輩はどこにいるのだろう?

やり直すことでどこまで未来を変えられるのか?

後悔だらけの人生をあぶり出すようなドラマ。

最初はメルヘンチックで「バック・トウ・ザ フューチュアー」っと

思ったけど後半は怒涛の感情移入の鳴門の渦状態に。

夫婦が必死に向かい合おうとしても相手は「否定」する、

人は「本根」というものの使い方が難しい。

「すべては誤解」から始まる。

悲惨な戦争も、ちょっとしたトラブルも・・・

激しく自分を責め苛んで眠れない時、悶々となる

生きることは、苦しみの連続踏み台昇降運動のようなものだ(笑)

作者 重松清さんのドラマ「とんび」も観たけど、いつも面白い。

理屈抜きに、肌で親子愛を感じる作品を書かれますね。
「人の過ちを許すことが出来るのか?」

許してほしい、認めてほしい・・そういうことは沢山ある。

流星のワゴンに今親父と乗ったらと考えてみたら・・・と考えた。
はじめは小学校3年の時参観日になるだろう。

余土小学校で前から3番目に座っていた僕は

石手川の土手のゴミ焼却場からでる煙突の煙を眺め

不均一に並んだ松林を、ボーッと見ながら

社会の時間に、鼻くそをほじっていた。

親父はそんなボクを見かねて

前から3番目の席まで来て、容赦なくげんこつで

ボクの頭を殴りとばした。

静まりかえった教室の凍った空気を今も覚えている。

最初で最後の親父の授業参観だった。
そして、高2になる息子と「流星のワゴン」に乗ったら

どこに行くのかな?と考えてみたが、わからない。悶々とする。

「俺等は朋輩じゃ」と言えるのだろうか?

大切なことに気づければ、

言いたかったことを言えれば、

次に進めるのだろうか。
すべてを判断するのは、脳みその中にある。

直木賞をとった西加奈子さんがインタビューで面白いことを言ってた。

辛い時でも「自分がワクワクしている」と思い込む(笑)

笑っていると脳が錯覚してくれる。
ウソでもいい!

「自分はツイてる」「次はもっと上手くできる」と言葉に出してみる

悲しかろうと、悲しくなかろうと

ストレスがあろうと、なかろうと

意識があろうと、なかろうと

上をみて、笑っていればドーパミンは発射する。

「脳って、どんだけ悲しくても口角をんーって上げとったら、

なんか笑ってるって勘違いするねんて。」西加奈子

ということで

愛媛FC×アビスパ福岡 地元での開幕初戦 2-1で勝利
https://www.youtube.com/watch?v=wkyzQMSRM0Y&feature=youtu.be
得点が入ると、乱舞する週末でした。
今日はこんなところです。

2015年3月10日

J2開幕!愛媛FCは女性をムードメーカーにしてほしい。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレスト渡部です。

2015年愛媛FC開幕戦 四国ダービー 徳島ボルティスと引き分け

僕が、愛媛FCをJ2へボランティアで手伝っていたのが2003年~2006年。あれから果たして愛媛FCは大きな夢を忘れているんじゃないかと想う日々。

遠くで、見守ってますけどね。

 

司馬先生が革命は3種類の人間によってなされると語っている。

 

初動期は詩人的予言者か思想家が現れる。これは維新で言えば吉田松陰。

 

中期に卓抜な行動家が、奇策縦横の行動を行う。高杉晋作,久坂玄瑞、坂本龍馬。
これも非業の死を遂げる。

市民軍といえる、奇兵隊を作る。
「鼻輪を通さぬ暴れ牛」が「面白きこともなき世を面白く」するのである。(笑)

 

最後は処理家が出て、大いに栄達する。伊藤博文や山県有朋がそうだ

 

大体どの物語も、初動期が一番おもしろく、足かせをはめられ面白いのではないか。

貧しく(笑)100年後のことだけを思わないとやってられない。(沈)

 

「坂の上の雲」の冒頭の渡辺 謙さんの語りを思い出す。

 

「のぼっていく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂を登っていくだろう。」

 

明治の女性は「つつましやか。」といわれ男性を支える姿が映し出される。

 

ひたすら夫、子供のために尽くす・・。

 

しかし、その先に夢や国家まで見ているような強さがある。

 

「貧乏」を「貧乏」と感じさせない。

 

正岡子規の母、正岡八重。秋山兄弟の母、秋山貞。

 

日本人としての気品がある。覚悟がある。

 

 

当時、楽天家というのは、才能を発揮し
国家のために生きている

 

つつましやかだが
青春を爆発させる、その素地がある。

 

長州征伐に参加、佐幕という重荷を背負う

 

鳥羽伏見でも負けた
15万両を奪われ、汽船を奪われ
困窮のわが郷土

 

秋山兄弟が軍人であったのに対し、
子規は 文学という世界を猛烈に生きる。

 

 

当時の若者は、猛烈に学び、まっすぐに駆け抜ける。この純度がたまらんのやがね。

どんな生き方をしても
田んぼを耕しているといえる そんな人生が見えるんよね。

 

 

さて、愛媛FC 復活へ

 私見ですが、女性がキーワードだと思います。

愛媛は姫(女性)をうまく使えていないのではないか?

愛媛では、女性の活躍している企業でユニ・チャームが有名ですが

新しい人事でも、女性を登用して欲しいと思います。

 

個性というのは多様性の中にあって、「育児」という大役をこなしてきた

愛情ややさしさ、こまやかさを力に変えなきゃ。

 

何より思うのは愛媛の女性は。気さくであり、ひとつ壁を越えれば(^O^)/失礼

コミュニケーション能力が高く、おおらかであります。

 

 それは、愛媛FCがJFLの時を思い出すんですよね。

 ボランティアスタッフは女性がいたからこそ・・・でした。

 

ほとんど休まず・・積極的に参加するのは女性。試合は見れませんでした。

大体へこたれて、休みだすのは男子。女性は芯がありました。

 

雨上がりに、座席のシートを拭いたり。ゲーム終わりの清掃も女性が大活躍。

まさにムードメーカー。結束力も強かった。(^^)

 

インターンシップも女子学生がリードをとり、男子はついてくる。(笑)

 

キャラクターのかぶりモノや、リフティングコンテストの金メダル

選手のイケメンコンテストなど・・・八面六臂の活躍でした。

 

 

上手くいかない先に、感動はあるといいますよね。

 

今はうまく行かなくても、孫の代では花開くために・・・。

 

 

がんばろう 愛媛FC

 

今日はこんなところです。

2015年3月2日

「2015年、日本人女性の2人に一人は50才以上」から展開

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

いよいよ出会いと別れの卒業シーズンとなりました。

故郷というのは、大地に足がすいつくような場所。

そこから春は運命を抱きしめながら、巣立ちの時ですね。

僕が旅行会社に就職した時に、会社の寮に入ったのですが

そこは埼玉の蕨市で人口密度日本一の市でありました。

「まわりに頼る人なし」の状態でスタート

よくよく考えれば、生き物としての勘が

人生の中で一番冴えた時だったように思います。

さて今日の話題は

「2015年、日本人女性の2人に一人は50才以上」から展開です。(^O^)
※現在の日本人女性の平均寿命は86.61才ですからね、少子化だしうなずけます。

http://goo.gl/kCIJVQ

そして8年後の2023年には人口の1/2が50歳以上になると予想されてます。

小生も10年先を見通しながら、あの新入社員の時のように

野生の生き物として、今こそ時代の未来の空気を嗅ぎわけねばと

気が引き締まってます。

女性はアラフィフで輝く時代であることは間違いない。

キーワードはなんでしょう?3つくらいあげると・・・

僕だったら

「年寄り扱いされたくない」

「子供に迷惑はかけたくない」

「元気キープ」

ライフスタイルも変わるでしょうね、シニア層が分厚くなれば

日本全国早起きになるでしょう。(笑)逆に、夜の商いはピンチです。(汗)

コメダ珈琲みたいなモデルがいいのかな?

「健康」「介護」「旅行」「孫のために」は誰でも考えるでしょうね。

「シニア&シルバー層は、スーツは着ない、節約も得意

そんな人達の居場所はどこになるのだろう?

会社を辞めて毎日行く所のなくなる大人の行動を先読みしなければなりません。

そんな人があふれまくる時代、第2の人生の居場所を探す時代。

それでいて「まわりに頼る人なし」の状態ともいえます。

1つ目のキーワード「年寄り扱いされたくない!」これは、すごく根底にあると思う
んですよね。

例えば、僕はもう1回、学校に行きたいと思うのではと考えます。

勉強、学びは人としての最大のテーマだと思います。

そうすると、毎日が暇なことは解消されます。ここが大きい。(笑)

受け皿はものづくり大学。コトづくり大学でもいいじゃないですか

60歳以上の人を束ねるのは、えらい大変そうですが(笑)

この力を、若者とダッグを組んでやれば面白くなるような気がします。

四国では四国八十八カ所というのが

人生の大学のみたいになるようなコンテンツを考えるのも面白い。

未来を見ても、これからは

50年後には、2.5人に1人が65歳以上という内閣府の統計があります。
http://goo.gl/pZDbI

もしいま日本で本を出すなら「シニアの品格」について語る本が面白そう・・。

そこには2つ目のキーワード「子供に迷惑はかけたくない」という謙虚な品格が。

どこかの国とは違い、親の面倒を子供が見るという宗教的な考えもない。

親は子供の幸せを願い、小遣いなんていらない。多少は期待する。(笑)

たった電話1本、はがき1枚にとても感動します。
うちの母親は、孫が入学したりする節目には必ず赤飯を今でも炊きます。

「とりにおいで」と1本の電話があります。
敗戦、震災という復興を成し遂げてきた歴史があるのが他国と違う。

調子こいて失敗したバブルも知ってます。

それをバックボーンにした知的なシニア世代が見守る世の中がきます。

さて、最後の3つ目のキーワード「元気キープ」

生老病死の人生で、やはり孤独というのが問題だと思います。

週末 伊集院静さんの「無頼のススメ」を読もうと思って手元にあるのですが、まだ読んでないのが残念。

孤独のグルメというテレビ番組が人気ですが。

今の僕達の世代から、孤独を飼いならす訓練が必要なんだと思います。

江戸時代3000もの藩主の中で、米沢藩上杉鷹山はナンバーワンと語る人が多い。

そのなかで興味深いのは介護休暇制度。(実家の父母・隣組や近所の者の看病であっても)
元気キープのためには、親孝行をするようなシステムを社会で廻す。

シニア層はなんで動くのだろうと思うと、きっかけは「親孝行」でいい。

くすぐりまくるんです・・・なりませぬなりませぬと思いながら(笑)

財布の紐もゆるくなります。(笑)ドラマが始まる予感がします。

瀬戸内海に小石を投げるようなものですが・・

「雨垂れ石を穿つ」の精神で・・。

今日はこんなところです。

2015年2月23日

”僕はラーメン一杯でもおいしく食べる方法を編み出しています”

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

久しぶり、週末に読書。

ややこしい本を読んだあと、なぜか本屋で目についた

松岡修造さんの本を読む。

日めくりカレンダーは買ってないけど(笑)

当たり前のシンプルな言葉なんだけど

とても、心が柔らかくなりました。

 

”僕はラーメン一杯でもおいしく食べる方法を編み出しています”

 

これって結構、参考になりました。

他人にとってはどうでもいいことかもしれません。(笑)

でも、おいしく食べてもらうと作り手には笑顔が生まれますよね。

果たして、受け手である私たちは何か工夫をしているのだろうか?

という疑問に突き当たります。(笑)

 

ここを磨いているのが、松岡修造さんなんでしょうね。
(くいしん坊! 万才でてますからね。)

 

食べるときのため息、うなずき、うまいと・・・鼻の穴も開くはず、目もまるく開く

特別なときは、体がブルッと震えてしまう。

解説者というのは、受け手の料理人

錦織圭の試合で「カモン ケイ」というヒトコトだけで

テレビの前が引き締まる

それと、なんだか笑えるものが満載なのが解説者として素養なのかな?
さて、その本の最後に修三さんが書いていたいたのは。

 

朝、鏡に向かって誓え!

鏡のなかのもう一人の自分に強い気持ちでしっかり伝えろ。

その呪文のワードは

「できる!できる!」

そして

「これでいいのか?」

忸怩たる思いで、やってみます。(笑)

 
 

最近、iphoneで音楽を聴くのが少し飽きてきました。

シャッフルしてきくのですが、所詮が自分のリストの曲。

やっぱり、ラジオというのは

突然いい曲が流れてきて、心を揺さぶる

すごい発電機だと思う朝です。

 

今日はこんなところです。

2015年2月16日

コンテンツこそが世の中を変える。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

シーナー&ロケッツの名曲

You may dream(1980年)
シーナさん(61)の訃報にふれ、久しぶりに聴きました。

You may dreamは大学の時に女の子バンドが演奏していました。

あの頃が思い浮かびます。

 

SONYのスカイセンサーという、青春発電機で僕の夜はつくられ
高校の頃、この曲が夜のRADIOからかかって来たのは真夜中だった
「それが私の夢・・」 というリフレインが今も叫んでいる

 

大学の頃、どこかの「めし」屋さんで食事をしながら食事をした時。この曲が流れてきた。目の前のテーブルの上にやかんが置いてあって、中に麦茶が入っていた。「なんか、この黄金のヤカンがロックやな・・・。」と誰かがいったのを何故か記憶している。(笑)

※道後温泉には、湯上がりにこのアルミの黄金のヤカンにお茶が入っていて、いつも昭和哀愁がしていたのだけど、大晦日に行ったらなくて残念からげた。

 

あの頃、ラジオから流れる曲が、ロックンロールが

一瞬に日本の片田舎の高校生の心臓をわしづかみにした時代。

シンディローパーもアーハーも、ラジオから飛んできた。
今は時代は夜はFACEBOOKやLINEかな。(笑)

そこには日本では形をかえた個人発信のロックンロールが内蔵されている。
特に投稿が食事の写真が日本ではやたらおおい。でもよく考えるとそれだけアレンジされた多様な個性のある料理が多いともいえる。日本人は感想を書くのが好きで、役に立つ情報をシェアして楽しむ。MIXIでディズニーランド大好きのトビが有名だったけど、ともかくマニアックだけど、それゆえ好きな人はハマってしまう。そこには、自慢にも似たものがあるのだけど、匿名性が安全を担保させ、ニックネーム制度が本音と建前を両立させ面白い世界や広場をつくった。
日本の片田舎の高校生の心臓をわしづかみにするのは、コンテンツだ

それが、文化をつくるようなものであってほしい。
田中角栄元総理が大多数の反対を押し切り民放34社に一斉免許を与え、テレビ産業の拡をもたらし、日本コンテンツの大本となる産業を成立させた。(中村 伊知哉 著)と本で読みました。これは、理想や理念を掲げる政治家にはできない、民衆が望んでいることを、即断即決で実施できる男のナセルことですね。あ・、実利主義もあるでしょう。(汗)しかし。これが世の中をどれだけ変えたかと思うと、いまコレと同じことができないかと考えます。
今まで受け身であった、個人が発信できる時代。政府は様々な補助金が出しているけどもっとダイナミックにコンテンツをつくる産業を支援してはどうかなと思います。

 

なにせ・・国民にはスマホという受信機があるんですよ。(笑)教育などのコンテンツを、無料でもっと提供すれば世の中が変わるのでは。ネットでは無料と安心がブームを生むテーマであります。
愛媛マラソンの南海放送の6時間中継を見ながら、手抜き感がない愛あふれたコンテンツだから20%以上の視聴率を生み出した。

サイクリングもロックンロールする、ドライブ感のあるコンテンツをスマホに流すべきだと思います。

スマホ時代になり、高齢者がスマホを見るための理由がいる。

それもコンテンツだと思います。

 

誰がつくるのか・・どうつくるのか?議論する場と、クリエーターを引っ張ってこい!です。

企業も社内に向けても、社外に向けてもコンテンツを発信。

 

それが、片田舎の高校生にロックンロールで届くものであってほしいと願います。

You may dream!
今日はこんなところです。

2015年2月9日

受験シーズン到来で考える事

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

 

悪天候の中行われた第53回愛媛マラソン。参加者の皆さんお疲れ様でした。

 

ボランティアの皆さんの献身的な参加には頭が下がります。

 

特に知事と市長が参加することで、大会運営が組織化される効果はでかいですね。全国のどこにもない6時間のテレビ中継というマスコミのとことんやる気合が、この熱気を下支えしていることは間違いありません。愛媛新聞のコメント取りと写真も秀逸です。電波は伝播でなければ。

 

さて、いつも歴史の話題に執着してきたのでたまには違う話題でメルマガを・・。

 

愛媛マラソンが行わる中、受験生にとってはまさに正念場。
(インフルエンザだけはご注意ください。)

 

思い起こせは、小生はセンター試験の前の、共通一次の2期生。

 

マークシートという見慣れないものが登場し、2Bの鉛筆で確実に塗りつぶすことを指導され(笑)、共通一次終了後はなれない自己採点とやらを課された。この自己採点が二次試験の大学選択に大きく左右されるわけだ。

 

どの点数で通るかは、大手の予備校などの商業的な見解が用いられ判断されてしまう。それは屈辱とも言える冒涜ともいえる。

 

昨年2020年にはセンター試験に替わる新たなテストの導入される答申が出された。

 

▽今の大学入試センター試験を廃止して、知識の活用力を問う新しいテスト「大学入学希望者学力評価テスト」を導入し、年複数回実施する。

▽高校在学中に学習の到達度をはかるため「高等学校基礎学力テスト」という新たなテストを設け、進学や就職の際の学力の証明として使えるようにする。

▽大学は、個別試験では、筆記だけでなく、小論文や面接、志望理由書など様々な物差しで学生を丁寧に多面的に評価するとともに、どんな学生が欲しいのか、そうした学生を選ぶためにどんな試験を行うのかを明らかにする。

功罪、悪罪両方とも含んでいるな・・・。

 

今の大学生は、奨学金という名の学費ローンに追われている。親の負担もでかい。

 

根本的な原因はマークシート試験になり、自己採点し、入れる大学が大体わかり、大学の序列化が明確になったこと。このランキングを変えることはできないのか、例えば地方大学でも成績上位で入学したら授業料無料、毎月5万円の生活費支給などとすれば優秀な生徒が集まるのでは・・・。海外の学生にも門戸を開いて・・。

 

将来の夢を学生に見させる力は、今の大学にはないかもしれない。

 

しかし大学4年間のなかで下克上的な(笑)養成はできないものか?

 

変革を求める教授は自信の大学の授業をWEBで公開できるようにしたらどうか。

 

マスコミも独自の大学ランキングを公表したりする工夫しても面白いのでは。

 

ネット販売で価格勝負になると勝てません、一番いいのは独占販売(笑)だけど、大事なのは価格をわからなくすること。小分けにしたり、アソートにしたり。手間がかかりすぎて、相手が真似できないなど・・・活路はたくさんある。

 

いままでのやり方を変える必要がある時代。

 

「嫌われる勇気」岸見一郎さんが面白いことを・・・

 

夫が浮気をしていたとし

「どこいっていたの?!」と怒鳴っているのに、ちっとも改善しない

それまでのやり方を変えてみるしかない

「お疲れさま」とお茶を出せる“勇気”を持てという(笑)

 

 

こんな授業をしてくれる大学は、行きたくなる。

今日はこんなところです。

 

2015年2月2日

イスラム国のニュースを見ながら、こんなことを考える朝です。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

 

イスラム国ニュースを見ながら、こんなことを考える朝です。

歴史上、宗教戦争はたちが悪い。聖地奪還、異教徒へ攻撃、理性がコントロールされ、無謀な戦いとりました。

 

十字軍遠征ではローマ教皇はエルサレムを奪還。すべてイスラム兵を殺し、略奪を行う。イスラムも再び聖地を奪還。そ歴史は繰り返されました。

 

20世紀にはユダヤ人が、パレスチナに移住し(ナチスユダヤ人迫害)。国連総会でパレスチナを、アラブ国家とユダヤ国家に別れることが採択。これが、アメリカ大統領意図が強く反映され(アメリカでは選挙があるでユダヤ票が必要)、移住してきたユダヤ国家(国土56%)に有利なもで、長年住んできたパレスチナ人は砂漠に近いところを与えられました。ユダヤ人が一方的にイスラエル建国を宣言すると再び中東戦争へ。

あと、アラブ諸国を巻き込みスエズ問題、第一次オイルショック、長年にわたってパレスティナ人諸勢力をまとめてきたアラファト議長が死去。イスラエルは過剰なまでに戦うことで国家を保ち、後ろ盾となっている米国が鍵を握っています。

 

思うんですよね、土着というか。慣れ親しんだ場所を侵略されるというは戦いになる。人は大地に足がしっかりついてないと、落ち着いて暮らせないんじゃないかと。

 

日本は大きな宗教戦争というを経験していない、鎖国で宗教を押し付けないオランダや清、朝鮮とだけ交易をした。1639年からペリーが来る1853年まで鎖国約200年という歴史がこ大きな土台なかもしれません。

 

島国で民族と言語が一致しているは、相当にすごいことです。

 

そして拝金主義的で海外に企業は拠点を移し、愛国心が失われそうな国家になりそうなところで、あ東北大震災が起きた。日本人は凍眠から目覚めた。東北大震災日本人振る舞いに、世界が振り向き、興味をもった。

 

日本がそろそろ輝き出すか?そんな小さな芽はあるか?

 

東北大震災でなくなった方ためにも、復興が壊れたもを直すだけでなく、家族や地域絆、大和魂をとりもどす契機とならなくてならない。

 

円安になり、企業は日本に拠点を戻し、旅行者は日本へ訪れる数が圧倒的に増える気配。日本ブーム到来予感を感じませんか?

 

2020年東京オリンピックに向けて、ドラえもんをキャラクターにでも使ったら爆発するではないかとかんがえる月曜日朝。(笑)

 

日本を僕を変えるは義理、人情、恩返し (^_^;)

 

今週も頑張りましょう。

2015年1月26日

「100分de日本人論」 九鬼周造『いき』の構造

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

 

1月も早くも最終週。時の流れを感じる前に、ため息が「ほーっ」と出る週初め。先週喫茶でお茶をしばきながら(笑)ある本を読んでいると、昭和の大スター美空ひばりさんとと小林旭さんが歌のやりとりした内容が掲載されていました。

「我が胸に人に知らざる泉ありつぶてを投げて流したる君」(ひばり)
「石を持ち投げてみつめん水の面音たかき波立つやたたずや」(旭)

なんと大和撫子なのか!!WOW

こんな恋文が来たら、想像力電流が体を24回転くらいしてスパークしそう。なんか読み返しますよね・・・こういういの。奥歯ガクガクしなかがら。

ITの仕事をしながらいつもながら思うのは、書くということがホンマ、少なくなったということ。何かの連絡がメールやFACEBOOK、LINEになり超便利。

もう連絡は「書く」というよりは、「打つ」というのが定番になってしまった。電文では、相手の顔が浮かびにくいのが残念からげる。(笑)

おまけにあまりしみじみ所作をかけて読み返すこともない。連絡ソレものが心に留まりにくい時代を認識して生きなければならない・・。

まあ、いつもの戯言はこの辺りで置いといて・・(^O^)
さて、今日のテーマは『いき』です。

お正月で1番面白かったのは「100分de日本人論」というNHKの番組。これはピカイチ!おもしろかったのです。自身の記録用にも、番組を少しだけ書き起こします。

番組では、九鬼周造「『いき』の構造」を紐解きます。

西洋の概念ではありえない、お江戸の「いき」

著者九鬼は芸者さんや遊女さんなどの異質な日々をおくっている人の中に『いき』を論じ、女性と男性の間にあるはかなさという、奥深い『いき』や、小唄や浄瑠璃、近松や西鶴が持っている心の交情、揺れ動く姿に『いき』の構造を感じます。

女性は、柳腰、細面、目は流し目

過去の憂いと、凛とした張り

口は緊張と緩み
薄化粧。(厚化粧は野暮)

つぶし島田の髪型、抜き衣紋

湯上がりのほつれ髪・・・。

暗示され、覆いの美学

間接的に見せてもらうと・・・蓄積されていく

 

変態か?このオヤジと思いながら・・うなずけます。(笑)
もともと「いきであるか、いきでないか」この判断はむずかしい。

 

100%かっこいいもダメ、どこははずさないとならない。

 

予定調和は好まない・・。
女の子とデートして1件目食事して、お酒が苦手な女子とは

 

2件目は「ケーキ」を食べに行くのがブームなのも理解できる(笑)
九鬼周造は「いき」を、3つの条件が揃ったときに成立すると哲学します。
「媚態」「意気地」「諦め」がキーワード

——————-
まず「媚態」、男女が相手を惹きつけようとみせる色気が大前提
——————-

『いき』の第一の微表は

異性に対する『媚態』である。

異性との関係が『いき』の

原本的存在を形成していることは、

『いきごと』が『いろごと』

を意味するのでもわかる。

しかし男女の中には緊張感が大事、いざ緊張感がなくなると媚態がなくなる・・。
媚態の要は、距離を出来得る限り接近せしめつつ、

 

距離の差が極限に達せざることである。

 

男の色気か・・と溜息が出る。

 

——————–
この微妙な距離感に必要なのが「意気地」
——————–

 

『いき』は媚態でありながらなお異性に対して一種の「反抗」を示す

強味をもった意である。

慣れ合って、くっつきすぎてしまうとダメ。意地の距離感・・か。

 

——————–
その根底には運命を受け入れる諦めの気持ち「諦め」
——————–

『思ふ事、叶はねばこそ浮世とは、よく諦めた無理なこと』なのである。

 

この世は無常、未練はすっぱり諦める
いきはこの三位一体が必要となるという。

 

九鬼周造は失って初めてわかるのが、『いき』だと解きます。
「失ってわかる高倉健」であります。
うーん。人生は未練の踏み台昇降運動・・・むずかしい(笑)
もっと深いのですが、長くてまとまりません。(すみません)

 

ともかく文学的で『いき』が深くとてもおもしろ番組でした。
番組中に、伊集院静さんが、いまの女子高生の『いき』を語っていたのが日常のワンシーンのようでおもしろかったので最後に紹介。
女子高校生がものすごい怒ったことを
そう!! ぶっ殺してやるくらい、怒ったことを
「激おこぷんぷん丸だよ」とメールしてきたという。
野暮でない、うまいずらしの塩梅がたまらない(^O^)/
「激おこ」かうまいな~。ネットの中にもイキがあるようで・・。

 

毎日、自分を1mmバージョンアップしていくことの先に
なんだちょっぴりクールで、ウィットもあって、儚いもの
そんな『いき』を探したいですね。
今日はこんなところです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 >