RECENT POSTS

2015年11月16日

四国八十八カ所お遍路、南国土佐編第2話

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

 
お遍路第2回目です。逆内で秋時雨のなか6ヶ寺を巡りました。バスに到着して、お杖を忘れてもう一度山頂まで坂道ダッシュして(笑)1kgはやせたでしょう、B型はダメです。

 
====
高知お遍路 市内から南国の方へ

33雪蹊寺(せっけいじ)
32禅師峰寺(ぜんじぶじ)
31竹林寺(ちくりんじ)
30善楽寺(ぜんらくじ)
29国分寺(こくぶんじ)
28大日寺(だいにちじ)
====

 

土佐と言えば、「歴女」から抜群の人気を誇る戦国武将、長宗我部元親今年4月全国から、銅像を造るのに約1500万円の寄付が集まったそうな・・。

 
土佐の高知でもわずかな勢力でしかなかった長宗我部氏は四国を統一し、滅亡していった。そんな長宗我部元親の菩提寺であった33雪渓寺(せっけいじ)が最初のお寺。

 
母が斉藤氏なので、織田信長と同盟を結び四国に勢力を拡大。逆にそれが信長に嫌われて、四国攻めが準備されたが本能寺の変があり中止になる運ももつ武将。

 
阿波を攻め1583年賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を支援、1584年小牧・長久手の戦いで徳川勢に協力(傍観的)、讃岐を攻め、伊予も平定し1584年47歳で四国全土をほぼ統一、しかし秀吉の四国進出により降伏。土佐は安堵された・・・等々。(1599没)

 
雪蹊というのは、若いときに臨済宗の僧侶につけてもらった戒名のようで、それがそのままお寺の名前であり、このお寺は臨済宗でした。真言宗でないお寺もあるんですね。天台宗、時宗もあるとガイドさんが行ってました。

 
お遍路を廻っていて、お寺の歴史を見ていると聖武天皇(707-760)の勅令で行基菩薩が開基したお寺の多さを感じます。今回の竹林寺、国分寺、大日寺もそうです。空海誕生の前の時代です。(空海774-831)

 
この東大寺を任せられた行基菩薩ですが、お寺や、橋や、池をつくるブルトーザー僧侶でともかく、お寺もつくりまくってます。まさに田中角栄的存在。民にも超人気で、「橋をかけてほしい」とたのまれれば、橋をつくってしまう。空海も讃岐の満濃池を民の力で整備したわけで、そこに何かあるのは間違いのないようです。

 
古代史ドラマスペシャル 大仏開眼(かいげん)をアーカイブで見ていたのですが都造りを頼まれたときに、行基は「人は己のためには働く。人は理屈だけでは動かない」と断ります。そこで聖武天皇が仏門に入るため修行をし、現場では工事をしている優婆塞(うばそく)750名に僧侶の身分を与えるのですが・・鎮護国家を目指す日本の国づくりの歴史も面白いものです。

 
東大寺発願の詔をだし慈善事業をたのみ(造立に160万人、完成に10年)、同時に墾田永年指示法を発布し開拓を促す、そこに人望のある行基菩薩を登用している。聖武天応は正体が知れない・・。(※結局は肥大化した奈良仏教は平安遷都を迎えるわけですが・・。一方、遷都し東大寺の見え方を変えぼやかした桓武天皇がいたから今があるのかも・・なんて・・違うか??)

 
こうやって四国遍路を廻っているときに、山門の仁王像をみて、お寺の本像に祈り、たくさんの地蔵を見つめる、1200年もの間、病に苦しみ、飢えに耐えている民も手を合わせて時に懺悔し、幸せを祈ってきた場所がある。四国遍路は東大寺的流れからも来ているのだと思う。(国分寺もございます。)

お遍路で25歳くらいの女性が一人で、般若心経を唱えている姿を遠くに見たのですが、やはり何を祈っているんだろうと想像していまいます。バスの参加の中にもいろいろなドラマがあるんでしょう、それが渦巻いているのも、身体の産毛が立つような感じで伝わります。

 
このツアーは1月から始り、12月で終わるプログラムにはなっていて次回結願(けちがん)する方がたくさんいらっしゃいます。私は来年の9月まで残り14回です。八十八ヶ所結願(けちがん)の霊場「大窪寺」はかなり人が多いでしょうね、いまお遍路は香川が賑わっています、そういうシーズナリティも面白いです。

 
 
お遍路の写真ですご覧ください
https://instagram.com/jpntravelguide/

 
 
PS

ツアーの途中で愛媛FCがJ1プレーオフ進出のニュースに、握り拳を一人握り閉める

11月23日(月・祝)14:00キックオフの愛媛FC vs 徳島ヴォルティス戦

みんなで応援へ行こう!!

2015年11月9日

「松山や 秋より高き 天守閣」子規

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

 

「松山や 秋より高き 天守閣」子規

 
松山ボランティアガイド養成講座を松山大学で学んでます。週末は現場研修で、萬翠荘、坂の上の雲ミュージアム、松山城とベテランのボランティアガイドのご案内のもと、巡りました。それにしてもアジア圏の旅行者の姿が目立ちます。

 
松山城の天守閣から見渡すてっぺんの景色は十五万石の景色で別格、インスパイヤされます。伊予人にとっては自画自賛になりますが132mという山が見上げられる高さとしては絶妙のアングルが、のんびりした空気を醸し出してます。姫路城は平ったい所に立っているでしょ、ちがうんですよ。(笑)

 
松山城の天守閣はもともと五層だったのですが三代目の藩主松平定行は天守を三層に改築しそれを惜しむ声が多いのですが、僕は城の持つ威圧感みたいなモノが消え三層にした殿は芸術家だと畏敬の念があります。まるで女性の乳房のように17歳の香りがします、五層だったら乳頭ばかりが目立ってピンピンしてダメダメ・・。

 
(笑)愛を確かめあえません。

 
賤ヶ岳七本槍の初代城主加藤嘉明は、働きモノだったんでしょうね。坂の上の雲で殿が民と一緒ににぎりめしを食べながら城造をした下りがあったように思いますが、聖武天皇が行基菩薩に命じて東大寺をつくって鎮護国家を目指したように、松山の殿は松山の殿で後世の誇りを残したんでしょうね。2つの山をくっつけ、山に広場をつくった訳と発想の源、あの石垣の石はどこから持ってきたんだ・・・次の宿題が残りました。

 
坂の上の雲ミュージアムは何度来ても、必ず見たいのが司馬遼太郎先生の坂の上の雲の書き出しの原稿です。「まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。」四国伊予松山でのびやかに暮しながらも、青年が「国家」というモノを真剣に考えていた。「のぼっていく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂を登っていくだろう。」松山城を誰もが思い出します。プラトンの「国家」という本を買っても、最初の50ページで挫折してしまっている
僕はダメ男です。

 
いつもこういう場所を訪ね思うことは、松山の女性は「つつましやか」といわれるが、男性を支える姿が映し出されることです。ひたすら夫、子供のために尽くす・・。しかし、その先にともに夢や国家まで見ているような強さがある。松山をつくったのは、女性ではないかと・・・。それを坂の上の雲で司馬遼太郎先生は、子規の妹正岡律を通じて、教えてくれた気がします。

 
突然ですが、まっことすみません、今日はここでペンを置きます。

 
藪用で、倉敷まで行きますので・・・。夜は達郎さんのコンサートを観てきます。

週末は、またお遍路に行ってきます。

 

2015年11月2日

『四国を舞台装置にした、四国八十八箇所巡り』第一話

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

 
土曜日にお遍路バスツアー行って参りました。ただの旅ではなさそうです。(笑)行き着くのはどこなんだ、自分と向き合うと言うことは負けず嫌いを育成してくれそう。お遍路から毎日が繋がっている。親父の介護部屋に、BS3で演歌番組が見れるようにテレビをプレゼントし、アンテナを這わして作業した。親父の今は、壊滅的に暗い、それでも「小さな光」を描く作業は楽しかった。お遍路さんをプラスのバネにしむけ、こざかしいことをやっている。(笑)

 
27番札所神峯寺の不動明王像がなんともいえなかった。右手に剣を構え、口の牙は唇の両端で上下を向いている、背後に炎をたぎらせ、岩のうえの像は、何かあればそこから剣を振りかざして切りつけるような空気だ。若者はモンスターストライクで不動明王は降臨し「穢土に轟く忿怒の業拳」の超絶キャラだ。(笑)なるほど、それが頷ける。

 
書くことは山ほどありましたが、ほどほどにしました。(汗)

 
 
『四国を舞台装置にした、四国八十八箇所巡り』第一話

 
 
 松山から高知の室戸岬まで休憩を挟んで約3時間。弘法大師様そしてお弟子達がつくり上げただろう四国を舞台装置にした四国八十八箇所巡りテーマパークにオンステージしました。ちょっと言葉が過ぎましたが、元旅行マンとしては、なぜこれほど人を引きつけるのかに、何故なのか?なんとなればこれほど魅了されるのかに興味がございました。そのためにいろいろ本なども読んでネタを探しています(^o^)久しぶりの太平洋の海は母のごとく静けさを抱き、その凪のように札所はひっそ
り閑として清空間。逆打ちのように廻りました。

 
 最初に訪れたのは27番札所神峯寺。仁王門を通り不動明王像(右手に剣を持ち、光鋭く牙が唇の両側で上下になり、まさにお寺の守護神)に出迎えられます。

 
いつも旅行マンとして世界を訪れたときに、この最初の門をじっくり見ることを学びました。パリには凱旋門があり、洛陽を訪れたときにも、ここからが洛陽の街という場所に門があったのを思います。我々は神社に行ったときにも何気なく鳥居を通りますが、お遍路さんではここで一礼をいたします。

 
 今年の俳句甲子園で旭川東が強豪開成高校を破った一句がございました。

 
「朝霧や麓の鳥居朽ちてをり」柳元佑太

 
ディビエートが素晴らしかったんです。記憶は定かではないのですが、開成高校がその風景を朝霧と鳥居という組み合わせでなんか納得しないみたいなことをディビエートしてきたのですが、旭川東高校の説明が秀逸でした。朝霧が麓の生活の営みがある場所まで降りてきて、そこに鳥居がある。営みがある暮らしと、神聖な場所との境に鳥居があり、その鳥居が朽ちているんです・・・という説明をしたのですが、ボクにはこどもの頃朝一神輿の宮出しをした風景が頭に広がりました。

 
第二十六番 金剛頂寺(西寺)の山門では、「何じゃこれは?」大草鞋が仁王さまの代わりに安置されていて、「???」、健脚祈願や安全祈願なんでしょうね。そして、その後ろには金剛力士像(仁王さん)が迎えてくれています。ほれぼれする筋肉質と目線がなんともいえません。「阿吽の呼吸」で右に口を開けた阿形、左に口を閉じた吽形が左右でセット。狛犬とにています。このシステムどちらが先なのでしょうか?興味が出てきます。(笑)※ちなみに我が愛媛の石手寺の仁王門とでかい草鞋がございます。

 
あー仁王さんが草鞋を履いていたかも(笑)「過ぎたるは及ばざるがごとし」次のお遍路で確認してみます。

 
大師堂の横に「一粒万倍の釜」があり、弘法大師が3合3勺のお米を入れて炊いたところ、万倍にも増えたという伝説があります。同じく大師堂前には「がん封じの椿」があり、「病気平癒」と「がんにならないように」と人々が願った椿の跡がありました、枯れてしまっていまは新しく植えられたのか定かではありませんが、椿の木が植えられています。

 
こうして観光しているだけで、いろいろな弟子が盛っただろう伝説も楽しくも有りなん。お大師様の真言密教というのはどうやらバラエティに富んでいるようにも思えます・・つづく

 

2015年10月26日

愛媛FC観戦&お遍路バスツアーに申し込んだの巻

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

 
愛媛FCがJ1プレーオフ圏内への戦いを進めてます。

 
つい先日、キスケパーキングの支払機のルーレットで見事777を揃えた、私の御利益(笑)をほしいのか、事務局のJANが、ザスパクサツ群馬戦を見に来いという。そのエネルギーの発意にノッカって、試合開始1時間前には到着。19時キックオフ。シャツにジャケットでは底冷え、震える軟弱体がなさけない。

 
このゲーム勝ったと思ったのは、後半ベンチ裏での選手のウオームアップランニング。いつでもエバンゲリオン発進準備に手抜かりはなかった。

 
結果3-0で勝利。個人的意見ですが、相手が15位の群馬ではありましたが、愛媛FCは非常にチームの戒律がとれていて特にバイタルエリアでは余計なファールはしないし、ボールの進め方が縦にはやく、球際を強く当るなど、監督のゲームプランがしっかり伝わっているようで・・・久しぶりに見たナイスゲーム!

 
奈良時代の宗教には戒律というものがございませんでした。聖徳太子が亡くなると、仏教寺院は堕落し政治に対して口を出す僧兵になり、本文を忘れるありさま。中国で戒律という僧のあるべき姿を説く鑑真にたどりつきました。戒律の戒とは自分への約束事、律は集団での約束事、それを誓うときは、偉いお坊さんが見てないといけないルールーがそこにあります。木山監督は「戒」を執り行うことのできるすべをもっているのではないかと、思います。

さて、話は変わりますが10月31日(土)から1年間にわたり日帰りお遍路バスツアー

(16回)に参加します。こんな”すかたん”な男が、安易なバスツアーで廻る姿は、人によっては滑稽に映るでしょうか?それとも痛々しさを感じるでしょうか?(笑)しかし、いつもiphoneの曲ばかり聴いていると、それは所詮は自分のリストで有り、BBCラジオから流れてくる音楽をBCLで聴いて感動できていた、高校生の頃の自分にすべて負けているわけで、清まってみたいのです。世界遺産になる前に、四国に住んでいるんだから・・・参りましょう。でもバスだけど・・(笑)歩き遍路は時間と、お金と気力がないとできないんですから・・。

 
お大師様様はこの四国88カ所という永遠につづく舞台装置を想定していたのでしょうか?それは弟子達の発案なのでしょうか?先週、お遍路道具を購入しにマツチカタウンに新規オープンしたお店に行きました。頭に入る菅笠がまずない。(笑)昔、遠足で「バスから、頭を出さないように」と先生が注意を促したら「先生、渡部君は窓から頭が出ません」といった奴がいたのを思い出した。当然白衣(びゃくえ)という白装束もサイズがない(3,000円程度)、なりませぬなりませぬ、「スーツは営業マンの戦闘服」だと3KMの中川先生が言った言葉を思い出し、ネットならあるかもと調べたらない、お大師様様の第一関門か?いろいろ電話をかけていると、オーダーメイドでつくれますというお店があった。「あー地獄に仏」努力は無駄にならない・・・「おいくらでしょうか?」「特注なので13,000円になります。いかがされますか?」一瞬の沈黙。内心「イカでもたこでも持って来い」と思いながらつつましやかに「おねがいします。」と答えるしかなかった。

 
白衣という死装束で歩く自分を俯瞰することさえできないが、これで歩くとワインが人と人が近づくように、お遍路さん同士で会話もできやすくなるのではないか、地元の人も何か声をかけてくれるだろうか?いや、それとも何か自分の中で不埒な自分を捨てるきっかけを得ることができるのか?お接待とはいかがなものなのか?・・あんなこと、こんなことが駆け巡る。

 
そして全16回の旅で、毎回一人のアーティストを曲を聴こうと決めた。初回は吉田拓郎さんを選んだ。いったい何曲あるんか?久しぶりに聴いてみよう。

 
「唇をかみしめ」「落葉」「旅の宿」「流星」「よろしく哀愁」「人生を語らず」「イメージの歌」「元気です」「永遠の嘘をついてくれ」「外は白い雪の夜」「今日までそして明日から」「まにあうかもしれない」「ガンバラないけどいいでしょう」「どうしてこんなに悲しいんだろう」「風になりたい」「言葉」「僕の人生の今は何章目ぐらいだろう」「マーク II 」「人間なんて」「水無し川 」「冷たい雨が降っている」「あゝ青春 」「たどり着いたらいつも雨降り 」「春だったね」「結婚しようよ」「明日に向って走れ 」「ペニーレインでバーボン」「我が良き友よ」「おやじの唄」
その他いい曲あったら、題名教えてくださいませ。

 
この旅は、パズルのようなつなぎ旅になり順不同で結願していく、初回は高知道24 番 最御崎寺、御厨人窟、25 番 津照寺 26 番 金剛頂寺 27 神峯寺

 
いきなりクライマックスのような場所、御厨人窟。「空」と「海」しかない、お大師様が「空海」と名乗ったという場所。ここで「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」という虚空蔵菩薩の真言「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ」を100万回の数を唱えると、記憶力が高まり、あらゆる経典を、記憶できるようになるとの説明だ。そして行の最中に、天空から口に、明星が飛び込み、悟りを得た。・・と調べた。なぜ19歳でここに来たのか、室戸岬までいける道はなかっただろうに、なぜここなのだ。肝心なことはネットでもわからない。わかるはずもない。

 
四国八十八箇所を巡るが、お大師様様は1,000年以上前の人物で有り。到底、理解はすることができないだろう。なにせあったことがないのだから(笑)果たして好きになれるものだろうか?まあ・・・ゆっくり感じていこうではないか。

 

愛媛FCは今目の前に血濃く現在する。

残りホーム2試合はしっかり見届けます。

 

2015年10月19日

男の米作りのロマン!「無農薬無肥料自然栽培」

ネタ帳ラボ!一期一会

 
おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 
週末に、お遍路さんの旅日記なる本を2冊読んだ。そして長閑な秋の日曜日。自然栽培でできた米の稲刈りをお手伝い。ゆっくりと流れる時間を、心地よい日差しが確約してくれている。「当たり前のことを、当たり前に」凡に徹することをくりかえす。

 
時間というものは、いつも同じ早さで流れる決して遅すぎず、早すぎず

 

平成23年2月5日(土)ひめぎんホール

 
奇跡のリンゴの木村秋則さんの講演を聴いて無農薬のお米をつくろうと決意した、中小企業家同友会の河上社長。お弁当屋さんを生業としている

 

あれから4年、「見よう見まね」とはこのことを言うのであろう「無農薬無肥料自然栽培」にチャレンジ。もちろん農家の方に教えてもらってもいない、教えられないのかもしれない。

 

4年前の講演会の木村秋則さんの語った「自然の力」を信じて物語はスタート

 
田植えをすると、なれていないので苗のラインがカーブしてしまう。

そこから3週間は植えた苗の隙間に雑草除去車をはしらせるのだが

曲がった苗のラインをなぞるのはひと苦労だった。

 
そうして育ってくる稲を水没させた状態(稲が水につかっている)で育て害虫や、雑草を防いだそうだ。(無農薬、除草剤は一切使わない)

 
現場ではお弁当の仕事をしながら23歳の(西条農業高校卒)純朴な青年の稲刈りの笑顔がなんともいえない

 
人はよく「機が熟する」のを待って勝負をかける

たいていは「機が熟するのを待っだけで終わる」(笑)

 

本当にやりたいことと言うのは、面倒くさい

これは人生の原理のようだ

 

高いつもりで低いのは教養

低いつもりで高いのは気位

 

人はいいわけ100万回辞書を何度目繰るのであろうか?

これでは、身も蓋もない

 
稲穂が頭を垂れて、黄金の輝きを放っている

一人の男の孤独とロマンからはじまった物語

 
俺は、何をおめおめと生きているのだと

自分で自分を笑う

 
突き抜ける、100%の青空が

おまえも頑張れよと教えてくれる、素敵な日曜

 
女性で歩き遍路で通し打ち(八十八箇所を一度に巡礼)したお遍路日記は読んでいて、共感の嵐だった。 ※「私のお遍路日記」

 
 
「おごるべからず!足るを知れ!」

彼女が四国遍路でつかんだ、一生の金言が素晴らしい。

 

2015年10月13日

禍福は糾える縄の如し

ネタ帳ラボ!一期一会 旅ラボ!世界を旅する

それは1986年ニューヨークの冬。

 

NEWYORK & NEWYORKという新しいツアーが誕生。記念すべき第1回目の添乗員としてアサインされ、15名ばかりをつれて、自身初のNYCに向かう。

 
UAの機内でフロム・ザ・コクピットというチャンネルに合わせると、機長の交信が聞こえる。無線にのっかる、機長の交信の声はなんともいえない。会話ごとにドアが閉まる。そのほんのわずかなブレークがたまらない。子供の頃やりましたよね。電話ごっこ(笑)・・楽しいんです。途中で音が聞こえなくなっなった時、繋がりにくい時、自然現象であったり、自然の摂理があり、まさに交信はロマンポルノのようだ。(笑)

 

当時はバブルの景気でアパートの価格が上昇し不動産ブーム。SOHOという場所には時代の波に革新的な場所が点点としていた。「ライムライト」という教会を改装したディスコや、地下鉄の駅をクラブにした「トンネル」なども訪れ、ダスティンホフマンがアルバイトしたコーヒーショップや、マドンナが決断したリバーサイドのレストランで食事をとった。考えられないくらい治安の悪い、落書きされたションベンくさい地下鉄にも乗車できるプログラムが用意されていた。

 
時差で眠れない夜。用心のため、ホテル前のイエローキャブで、一番いかつい運転手を探して、ハーレムのバーに行ってくれと頼んだ。何か興奮したかったのだ。

 
第一次世界大戦の時に、ドイツはイギリスの周りを潜水艦で囲むという作戦にでて、アメリカはそれが発端となり参戦した。黒人部隊も投入され、帰還した彼らはNYCハーレムに移り住んだ。元々は白人の街だったが、大戦中NYCの労働力が不足し、各地から黒人が流れ込んだそうだ。そこで、一杯だけ飲んだジントニックの味も覚えてないが、あの黒人ばかりの薄気味悪さと、それでも陽気に語りかけてくる笑顔は今も忘れられない。

 

そのNYCのツアーのガイドは中国人のMRコウさんといった70歳くらいのひとだった。マンハッタンのバーで2人でドライマティーニを飲んで、ベイブルースとジャックデンプシー(はじめの一歩のデンプシーロール)の話を聞かされて、ラブソディインブルーの出足のクラリネットのすごさを聴いたような気分になった。

 
あれから30年もたっちゃった。

 
週末、関西大学で旅行業務総合管理者の試験を受験

 
ちょっと準備不足で、海外だけ点数が足りなかったようだ。

 
約款76、旅行業78、国内78、海外54
※60点以上で合格

 
まあ、今年の結果で国内まで合格していれば、来年は海外だけ受ければいいので最低限度の所までは目標は達成した2ヶ月の勉強期間でありました。

 

もちろん結果は悔しいのだけど、ラグビーJAPANを深夜見ていると、そんなことはどうでもいい、次に繋がっていることが大事なことだと納得されられる。同点ゴールは狙わない、逆転トライを狙わないと革命は起きないんだとも・・・。

 
人生ホップ、ステップ、バックで半返し縫いで、一歩前進

 
ヨーロッパ華やかな頃のパリジェンヌは肘の所までカモシカの手袋をしていた。片手の手袋には32個のボタンが有り、64回の想像を絶するような(笑)手続きを踏み、宝石・アクセサリーを一つ一つ外し、帽子の留ピン レースの花のペチコートを探検し山に登る・・・その山の深遠なる旅の世界が、殿方を狂わせた。それが人生の面白さかもしれない(笑)

 
『禍福は糾える縄の如し』

 
何事も甘くないよね。久々に試験なるものを経験し思ったことがありまする。判定の白黒を突きつけられること、ラグビーの試合のように結果がはっきりしていた方が、物事は次の着火剤に確実になる。

 
さあ、それでも立ち止まれない

 
いよいよ、四国88カ所巡礼を初めてまわってみる、最初は車ですが(汗)

 
四国八十八ヶ所霊場開創1200年ですしね

 

2015年10月5日

男気!黒田博樹投手

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

 
 オフコースの「秋の気配」が似合う秋深まる日曜。

 

 

 弟がメガネを買付けに行ったベルギーで買ってきたPierre Marcoliniのチョコレートに体が紅葉(高揚)していきます。それはとても控えめな味。「コンビニでお弁当を買ったことがない」という吹石一恵さんのような控えめには、ポテンシャルの内服を予感させます。このチョコはチョコでないような魅力と「はじめて」を生み出している。お控えなすった甘さのところを、カカオというシンプルが見事に守備。それはユニクロのブラトップCMの吹石さんの胸元の、美しさまでをも連想させ、口元が溶けていく。とびっきりの想像力が僕を襲う。僕はプラトップになりたい。(笑)・・あーどうも、月曜日はクラッシュから恥まる。『こんなことは今までなかった』とBGMまでがユニゾンでハモっている朝もいいもんだ。

 

 
今日は先週は選手の山本昌投手つながりで、黒田博樹投手

 

 
 日曜日クライマックス・シリーズ(CS)をかけた広島 vs 阪神との大一番。その男気黒田博樹が登場した。8回1/3まで0封で勝利。これで最終戦となる7日の中日戦(マツダ)に勝てば、3位が確定(CS進出)というお膳立てが整った。お膳立てというよりはゼロでこのゲームをもぎ取ったことは、ピアノの調律が終わったような空気感さえも感じてしまうのはなぜか・・・?

 

 
 日本のプロ野球でツーシームというカミソリ魔球を黒田選手は投げます。野球のボールには縫い目があるのですが、打者から見ると野球のボールが一回転すると、縫い目が2回見えることになります。(縫い目の関係で)、4シームというのは縫い目が4回見えます。2シーだと、ツルツルした面の出現率が高いため、その軌道が読めないところが、魔球の由縁です。

 

 
 基本的にはシュート。左打者は内角に来ると食い込んできて、体に当りそうになるのだけど、そこから外角に向かいストライクになる。ボールかなと思うと、ホームベース上に戻ってきてドアを開けるので、フロントドアと呼ばれてます。昨日もツーシームが炸裂して、凡打に討ち取っていました。凡打こそ、投手の真骨頂。打たれた後のリカバリー力こそが「求道心」。力で押さえるのではなく、不良品を出さないような工場の力強さがなんともいえません。

 

 
 黒田博樹投手にとって、広島という大地は、地べたに足がつくんだと思うんですよね。誰にでも故郷の大地は、歩いているときにそんな感覚がありますよね。「カープ復帰の決断は球団の熱意もありましたが、最後にはファンの人達でした。年齢的な部分を考えても残りの野球人生は長くない・・・」と、入団の会見で語っていましたが、ベテランの残り火を、いかに滾らして、なにを突きつけてきて、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、しっかり見届けたいと思います。(パリーグはホークス、セリーグは広島ファンですから)

 

 
 先週末は、ラグビー日本も素晴らしいゲーム。

 

 
 「人間は恋と革命のために生きているのだ。」 太宰治

 

 
 今週も頑張りましょう!!

 

 
 今日はこんなところです。

 

 

2015年9月28日

山本昌引退発表。「まだ終わってない」師匠の言葉

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

 
ラグビーワールドカップ 今世紀最大のジャイアントキリング!南アフリカ戦のダイジェストをもう10回は観たでしょうか(笑)ともかく飽きが来ない・・・

 

 

さて、今日はちょっとくどいかもしれません。(笑)
土曜日の朝、YAHOO!ニュース

 

 

球界最年長の山本昌 今季限りでの引退発表「とってもすっきりしています」
「ファンのみなさんのご声援がなければ一歩たりとも進めなかった32年間でした。感謝、という言葉しか、思いつきません。こんな幸せな野球人生は、生まれ変わっても二度と送れないでしょう」という中日ドラゴンズ山本昌選手引退の記事で、ちょっと研究してみたくなりネットサーフィンへ流れる。
いろいろ読んでいるうちに、「出会いのドラマ」の熱に浮かされていく自分がいた。

 

 

========
山本昌(やまもと・まさ)略歴
プロ野球選手(投手)。左投左打。身長186cm。中日ドラゴンズに所属。1965年8月11日生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。日大藤沢高校卒業。1983年 ドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。タイトル:最多勝:3回 (1993年、1994年、1997年)。最優秀防御率:1回 (1993年)。最多奪三振:1回 (1997年)。表彰:沢村賞:1回(1994年)。最優秀投手:2回 (1994年、1997年)
========

 

 
プロ野球最年長の中日・山本昌投手(50)が野球を始めたのは、小学3年。日大藤沢高校時代に甲子園出場経験はなく 県大会準々決勝敗退。まつたくの無名の選手をスカウトしたのは高木時夫(中日ドラゴンズ時代は木俣捕手の控え)。ドラフト5位、背番号は34。当時のエース、小松辰雄から引き継いだ。しかし入団4年目まで鳴かず飛ばず。中日は業務提携していたロサンゼルス・ドジャース傘下のマイナーリーグ(1A)へ。いわゆるメジャーの4軍あたりに肩たたきのように左遷された。

 

 

出会いのドラマ:「まだ終わってない」アイク生原(昭宏)さん」
「アイク、彼はダメだよ。サイドスローにフォームを変えるか、トラックの運転手になったほうがいいよ…」とメジャーのコーチは山本選手評を語る。

 

 

「そうそ…。ヒドイよねぇ。けど昌はね、何か一つ武器を覚えれば大きくはばたける可能性を感じたんだよ」
ドジャース傘下のマイナーチームの用具係からたたき上げでドジャースの職員となり、日本のプロ球団から送られてくる野球留学生の面倒を見ていたアイク生原 さん

 

 

「基本を大切にしろ」、と毎日言われ、試合のあとは徹夜で一球一球を徹夜で二人で振り返ったこともあった。上から投げろ、前で離せ、初球はストライク低めに投げろ。繰り返してやることで、変化が生まれていく。

 

 
生原に連れられてロサンゼルス・ドジャースのフェルナンド・バレンズエラのピッチング練習を見に行った。シンカーをおしえてもらったが、「レベルが違って、わからない」、そんなときにメキシコ人外野が外野でやっていた、工場のキャッチボールに参加。面白半分で投げていたそのシンカーを教えてもらって投げると、なんと!!!、「めちゃ使える」よく曲がるので早速夕方の試合で試すと、花が咲くように自分が開花した。以後それを使うと1Aのオールスターゲームまで呼ばれるようになり、メジャーから打診まであった。
そのビデオをみた嗅覚の鋭い闘将星野監督。草木に隠れられてしまって見つけることが出来なくなった獲物の残臭を検知し、山本選手を日本へ呼び戻す。戦力外の男が、突如秘密兵器に抜擢された。その後シーズン途中の加入ながら、5勝負けなしという成績を収める。

 

 
山本昌選手のストレートは130キロ前半だが、ボールの回転数が1秒間に52回転。(松坂大輔が41回転、藤川球児が45回転 )
猛烈なバックスピンのかかったストレートは上向きに変化を加え、他の投手とは違った軌道を描く。しかも187cmという体格は、普通の選手より30cm位は前で投げていることになる。

 

 
YOU TUBEで山本昌投手のスーパースローをみたのですが、投球フォームから八の字を大きく描きながら、途中で一度ためて可能な限りリリースポイントを遅らせて投げ込んでいるように見える。打者からすれば150キロを投げそうなフォームで、130キロのストレートが来るべきタイミングに来ないで、遅れてやってくるわけだ。当時の中日には150キロを超える剛速球を持つ投手、郭源治、今中慎二、野口茂樹、川上憲伸がいたのも大きかったでしょうね。
クビ寸前、敗戦処理の選手に、野球への愛情と情熱の楔を打ち込み、再生させて行った。アイク生原さんは、野球に対する接し方には特に厳しかった。

 

 
二人でブルペンで何千球も投げ込み、内蔵と内蔵をこすれあわすように、この傑出した魔球を完成させた。
地獄であった師匠は、なんと慈悲にあふれていたのでしょう。師匠は弟子を正しくしつけ、マインドを教え、技術を教え、再生させる。時にドジャースのいるときは身元保証人であり、一人前になってもその役は変わらない。
アイク生原さんは出会いから、数年後になくなったけれども、山本選手はいつも写真に手をあわせ、登板の日はその部屋の明かりをつけていたそうです。

 

 
ある試合で無死満塁となり、もうだめだとあきらめそうになったときに
アイクさんは「まだ終わってない」と昌に声をかけた。
その言葉を何度唱えただろう。

 

 
愛だけが奇跡を起こす。
 

 
そんな物語をネットで拾いながら、人生の出会いのドラマに熱くなった週末でし
た。
 

 

2015年9月14日

秋の気配、車にポピー。なぜ?

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。
朝夕が過ごしやすくなってきたのですが、秋音が聞こえて来ない。
「これじゃ、だめだ」

 

こうなりゃやけくそで(笑)秋の気配を買いに行こうと思い立ち、「車にポピー金木犀グリーンボトル」が脳天唐竹割りで飛んでくる。覚えているかな友達よ(^O^)。
あの魔法の瓶を・・・。

 

学生時代の相棒、セリカリフトバックには「金木犀グリーンボトル」がコンソールに鎮座していた。あのエンジン音、オモステハンドルの加重、シフトチェンジの感覚まで、こいつがすべてもってくる。(笑)

 

実家の庭に9月になると、前宣伝もなく、金木犀君はやってきた。
「俺の香りは、好きか嫌いか」を突きつけるような、君の様に、君の甘さを煮詰めたようなフレグランスに、トイレを思い出させる君に、今日は助けられた。もうすぐ生木で死ぬほど嗅いで堪能するからよ・・。
今メルマガ書きながら、セリカリフトバックで、18の頃、擦り切れるほど聞いた浜田省吾「HOME BAND」を君と聴いている。フジツボが化石になったようなしつこい付着物が溶けているのを感じるんだ。秋の気配がピン暈けしてたんだけど、もう完全に秋にロックオンしたよ、ありがとう。

週末は今度は旅行の海外旅行の免許をお勉強。
チュニジアのカルタゴの「ハンニバル」将軍に興味津々丸になった。

 

ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンズ)ではございません、あしからず。
チュニジアから、アフリカを進み、イベリア半島を渡り、スペインを征服し。アルプスをこえてローマ帝国に一戦を望んだ男。戦像を36頭、歩兵 90,000人というスケールは圧巻すぎる。どうやって、統率したのか?
江戸時代、法華津峠(635m)を越えて、宇和島に行くだけでも大変だろうにアルプスを越えるというのは、想像を絶する。

 

アルプス越えといえば「ゼンメリング鉄道」(150年前)
高架橋はローマの水道をモデルにし、2万の人員(千人の犠牲者)と6年の歳月でアルプスの山際をくりぬいて鉄路を切り開いた。
「カルタゴ」と「ゼンメリング鉄道」を人生のエンディングノートの行き先に追加。

うーーーん。
秋の気配が確実に出てきたぞ。

 

まあ、調子こかないように頑張りましょう。

金木犀の花言葉は「謙虚」ですから。(笑)

 

2015年9月7日

鳴門金時物語な僕の日曜日

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

日曜の早朝、夏の音を失ったような静けさがたなびく朝6時。松山市駅前の高島屋のロータリーで娘の友達2人を連れて、大阪へ車を走らす。

 

「September rain rain 9月の雨は冷たくて・・・」

 

淡路島SAまで約3時間。いつものお決まりの流儀で「鳴門金時コーヒーセット」400円を頼んだ。この本場鳴門のお金時様は、皮が薄いのがうまさの秘訣なのか、この薄皮の紅無双が、唾液の潤滑を促すのかレンジでほのかに温められた、1コ190円に顎が落ちる。(笑)

 

娘たち3名は、松山南校砥部分校(芸術系)の同級生。彼女たちの目的地は海遊館隣にある場所で開催される「NARUTO展」(笑)かなり、引っ張ったナルトつながりではあるけど、女子旅三重奏の思い出に元添乗員のエスコートはいかがだっただろうか?
彼女たちを送り届けた後、本来の目的を果たす為、千里にある関西大学へ向かう。1000名は優に超える人が、ごった返していた。試験会場は、残りわずかな時間を捨てがたいように、最後の時間をあらがっている若者たち。

 

青春もどきおじさんは、孫悟空の元気玉を放つがごとく愛着をこめて運気をため、座禅の瞑想にはいる。(笑)
どうせ、最後は鉛筆を転がすようになるんだから、一線の境を運だけで飛び越えてやる(笑)

 

現在53歳、人生の最後の直線(だいぶ先ですが)で仲間たちと世界を旅してみようと考えたのが、初夏の7月6日だった。偶然にも、その日が国内旅行業務取扱管理者試験の受付の終了日だった。(笑)隣のキラムラで写真カプセルにはしり、受験票を書いて、15時すぎてネットから費用を振り込み、その日の消印で送る。
その偶然の赤い糸をたぐり寄せたのは、その日が受付締め切り日だったことにすぎない。遊び心的スタート。

 

自己採点で旅行業法は88点、約款は80点、IT創業時に明日のパンを食べるために2足のわらじを履いて学習塾をやっていた。名を「暗記塾」という(笑)。瞬間記憶法というものを、自分で開発していたので(笑)記憶ものは得意なのだ。
そして最後の国内旅行実務(すべて60点以上とれば合格)は範囲が広すぎて、鉛筆をころがす。

 

例えばこんな具合、
同じ都道府県でないものはどれか
(ア)オシンコシンの滝 ー 羊蹄山 ー 那智滝
(イ)戦場ヶ原 ー 吾妻渓谷 ー 鬼押出し
(ウ)帝釈峡 ー 耕三寺 ー 厳島神社
(エ)志賀島 ー 太宰府天満宮 ー門司港レトロ地区

答えは (イ)

 

同じ都道府県であるものはどれか
(ア)熱川温泉 ー 伊東温泉 ー 寸又峡温泉
(イ)石和温泉 ー 下部温泉 ー 別所温泉
(ウ)宇奈月温泉 ー 田代温泉 ー  映伐浩?
(エ)男鹿温泉 ー 玉川温泉 ー 天童温泉

答えは (ア)

 

石川県の郷土料理は?
(ア)のっぺい汁
(イ)朴葉味噌
(ウ)じぶ煮
(エ)ます寿司

答えは (ウ)

 

前半25問 × 2点 で小生はカンが爆発し40点獲得/50点

まさに、これを「運をたぐり寄せる」という。(笑)

 

ところが後半のJRの運賃とか、バスの運賃計算とか・・・勉強してないセクションばかりが出題され、おまけに時間がなくなる(笑)

 

なんと自己採点で20点獲得/50点 トータル60点!

 

合格ライン60点すれすれ!!!!!(ケアレス塗り間違いがないことを祈る)

 

10月は旅行業法、約款、国内旅行実務にさらに海外旅行実務が加わる、旅行業務取扱管理者の試験にチャレンジ。たとえ落ちていても、この旅行業務取扱管理者の試験に合格できれば、すべての旅行を取り扱えるので、復活できる。
人生の計画という中で、仕事を勤め上げた友達と世界をエスコトーしてまわるというのが夢の1ページになった。

 

雨が上がった、神戸の元町で中華を食べて、女性三人Perfumeは帰りのお土産を品定めするが見つからない。そして、再び淡路SAに立ち寄り、元添乗員目利きの「鳴門金時」1080円をみんなが選ぶとき、

 

「してやったり」とほくそ笑む、日曜の夜でありました。(^O^)

 

あー朝から、背筋がアントニオ猪木の卍固めをくらったようだが、なぜかこころはMorning Gloryな朝であります。

 

今週も、笑顔100%な男でがんばります。

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 >