暗愁にみちた人生をはげましてくれるものは、毎日の小さな喜び

ネタ帳ラボ!一期一会

2018年6月4日

ノートパソコンキーボードキーが剥がれてしまし、虫くい歯ような感じになってしまった。

たった1個パーツ、いつも触るDキーボード。いらいらが募る。こんな時に平気平佐で、仕事はできない。修理に送って1週間かかる。しかもキーボードユニットごと交換・・。僕は、どうも溜息橋を渡ることが増えてきている。こ屁たれが、しっかりしろ。

となりで、「唐川びわが美味しいけん、たべとおみ」と母がしれっとした顔をふりまいてから、びわをむきなきながら差し出す。「こないだ食うたけん」と言葉を渡しながら、パクつく、熟成具合がすばらしく、いきなり少女平手打ちをくらったような衝撃。「渡部さん、ファイト」とキラキラした少女笑顔に会った気分になる。流石、名産品は違う。

続いて、はいどうぞと夏みかん、愛媛でいえば「だいだい」、をむいてくれた。だいだいに、ヨークルトがかかっていて、ほんりと蜂蜜がまぶしてあり、これもしこたまうまいでござる。やはり果物は日本は世界一だと、実感させられる。

さて、6月となり、9日に誕生日を迎える。

生まれたは松山日赤だ。親父が南海放送で技術者だったため、万一事故にそなえて、会社近く平和通りに住んでいたそうだ。玉ねぎ一番外、薄皮ような記憶しかない。それでも、前に銭湯があったと、よく病院に連れていかれた記憶だけは、残っている。

風邪をひくと、病院でお腹を辛子ついた腹帯でまかれた。僕は大好きだったお菓子虎巻きような恰好となり、ヒリヒリするそ痛みを、えらいね、えらいねといわれ我慢したを覚えている。ただ次がなりませぬ、なりませぬだ。おしりに、水鉄砲ような筒馬鹿でかい注射を打たれる番だ。それを僕があまりに嫌がるため、大人4人くらいでむりやり抑えつけられた。そして拷問ように、注射器をねじ込まれた。あんなでかい注射器は、あれ以来お目にかかったことはない。あれ以来、僕は注射が大苦手だ。

さあ、人生4コーナ入り口にさしかかってきたか、屁たれにならないように走らんとね。

実家庭には、額あじさいが綺麗にさいている、こいつは白色から七変化でいまは青からピンクに変わってきた、お馴染みあじさいはまだ、つぼみだ。手まりあじさいは、山口百恵薄紅ような色をたたえている。青色ペチニァや、ピンクゼラニューム、どこかしら金属名前ような花達もルンルンとしている。そして、玄関入り口には紫都わすれが、凛としてひっそりと咲いていた。

母は、お花が好きだ。母日にカーネーションを贈ると、一日気分がよさげだ。

お花というは、どこか見ていて愛らしい、そして愛らしいもを見ながら、宵越しまでそ気分を持ち越せる術を持っているようだ。

暗愁にみちた人生をはげましてくれるもは、毎日小さな喜びかも知れませんね。

らっきょ季節。らっきょにも負けたくない。(笑)

頑張りましょう!

今日はこんなところです。


« »