自民党!最善の策とは、「闘わずして勝つ」

ネタ帳ラボ!一期一会

2017年10月23日

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

野党が、あまりにもふがいない選挙。

選挙は戦だ、大将には器と先見の明がなければならない

「彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず」

「負ければ、国が滅ぶ」負けたら死ぬのだ。

孫子の兵法曰く

最善の策とは、「闘わずして勝つ」

まさに、「彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず」

一騎打ちだったら、自民党は過半数は危なかった。

安倍首相は、織田信長が桶狭間の戦いのあとは

徹底した守りの戦をしたのを熟知していた。

それを、研究したような闘いに見えた。

自民党は「攻めるより、守り」孫子の兵法だった。

やはり、政権交代を2回実現した、小沢一郎ブルトーザーくらいの破壊力と、

知勇と大胆さ、カリスマがないとダメなのだろう。

小選挙区制は、一騎打ちを仕掛ける、野党同士の闘いがスタート地点。

それを、つくった小沢さんは、その意味を一番知っている。

小池百合子氏が排除したのは、人だけでなかったようだ。まとめる力の失速。

老兵や、一癖ある武将を切り捨てる姿は、高齢化社会を移す鏡のようだ。

まるで、ひとりよがり。

前原誠司氏も、小池氏とのお膳立てをまとめきれずに、

求心力のなさを国民に露呈してしまった。

これでは、政党政治とはいえない。

小沢氏はかつて、細川氏の日本新党と、武村氏の新党さきがけを束ねた。

そうもう忘れてしまったけど、なんで第3番手の小沢新生党が束ねれたのだろうか。

調べようとも思わないけど・・、手腕があるのは間違いない。

更に自社さ政権や、新進党分裂などを起こしながらも、自由党を立ち上げ、

自民党が衆議院選挙大勝し、参議院では過半数を失うと、このねじれに大連立を

ぶち上げ、これは民主党の反対でこれは頓挫したが・・

ともかくこれくらいの手腕と破壊力がなければ政権はとれないというのは歴史が

証明している気がする。

このままでは、この先は何も変わらない気がしますね。

東京オリンピックまでは、たぶん日本の景気は強引に続くんでしょうね、

それが終わったらどうなるんでしょうね。

おそろしい・・。

今日はこんなところです


« »