旅ラボ!世界を旅する

禍福は糾える縄の如し

ネタ帳ラボ!一期一会 旅ラボ!世界を旅する

それは1986年ニューヨークの冬。

 

NEWYORK & NEWYORKという新しいツアーが誕生。記念すべき第1回目の添乗員としてアサインされ、15名ばかりをつれて、自身初のNYCに向かう。

 
UAの機内でフロム・ザ・コクピットというチャンネルに合わせると、機長の交信が聞こえる。無線にのっかる、機長の交信の声はなんともいえない。会話ごとにドアが閉まる。そのほんのわずかなブレークがたまらない。子供の頃やりましたよね。電話ごっこ(笑)・・楽しいんです。途中で音が聞こえなくなっなった時、繋がりにくい時、自然現象であったり、自然の摂理があり、まさに交信はロマンポルノのようだ。(笑)

 

当時はバブルの景気でアパートの価格が上昇し不動産ブーム。SOHOという場所には時代の波に革新的な場所が点点としていた。「ライムライト」という教会を改装したディスコや、地下鉄の駅をクラブにした「トンネル」なども訪れ、ダスティンホフマンがアルバイトしたコーヒーショップや、マドンナが決断したリバーサイドのレストランで食事をとった。考えられないくらい治安の悪い、落書きされたションベンくさい地下鉄にも乗車できるプログラムが用意されていた。

 
時差で眠れない夜。用心のため、ホテル前のイエローキャブで、一番いかつい運転手を探して、ハーレムのバーに行ってくれと頼んだ。何か興奮したかったのだ。

 
第一次世界大戦の時に、ドイツはイギリスの周りを潜水艦で囲むという作戦にでて、アメリカはそれが発端となり参戦した。黒人部隊も投入され、帰還した彼らはNYCハーレムに移り住んだ。元々は白人の街だったが、大戦中NYCの労働力が不足し、各地から黒人が流れ込んだそうだ。そこで、一杯だけ飲んだジントニックの味も覚えてないが、あの黒人ばかりの薄気味悪さと、それでも陽気に語りかけてくる笑顔は今も忘れられない。

 

そのNYCのツアーのガイドは中国人のMRコウさんといった70歳くらいのひとだった。マンハッタンのバーで2人でドライマティーニを飲んで、ベイブルースとジャックデンプシー(はじめの一歩のデンプシーロール)の話を聞かされて、ラブソディインブルーの出足のクラリネットのすごさを聴いたような気分になった。

 
あれから30年もたっちゃった。

 
週末、関西大学で旅行業務総合管理者の試験を受験

 
ちょっと準備不足で、海外だけ点数が足りなかったようだ。

 
約款76、旅行業78、国内78、海外54
※60点以上で合格

 
まあ、今年の結果で国内まで合格していれば、来年は海外だけ受ければいいので最低限度の所までは目標は達成した2ヶ月の勉強期間でありました。

 

もちろん結果は悔しいのだけど、ラグビーJAPANを深夜見ていると、そんなことはどうでもいい、次に繋がっていることが大事なことだと納得されられる。同点ゴールは狙わない、逆転トライを狙わないと革命は起きないんだとも・・・。

 
人生ホップ、ステップ、バックで半返し縫いで、一歩前進

 
ヨーロッパ華やかな頃のパリジェンヌは肘の所までカモシカの手袋をしていた。片手の手袋には32個のボタンが有り、64回の想像を絶するような(笑)手続きを踏み、宝石・アクセサリーを一つ一つ外し、帽子の留ピン レースの花のペチコートを探検し山に登る・・・その山の深遠なる旅の世界が、殿方を狂わせた。それが人生の面白さかもしれない(笑)

 
『禍福は糾える縄の如し』

 
何事も甘くないよね。久々に試験なるものを経験し思ったことがありまする。判定の白黒を突きつけられること、ラグビーの試合のように結果がはっきりしていた方が、物事は次の着火剤に確実になる。

 
さあ、それでも立ち止まれない

 
いよいよ、四国88カ所巡礼を初めてまわってみる、最初は車ですが(汗)

 
四国八十八ヶ所霊場開創1200年ですしね

 

【第3話:最高の旅はなんだろう・・・。】

ネタ帳ラボ!一期一会 旅ラボ!世界を旅する

 メリークリスマス。おはようございます。
 昨日の山下達郎さんのサンソンはクリスマス特集。夫婦放談でとても楽しかった。今年の1年はどうかなという事を考える時、「クリスマス・イブ」を聴きながらいろんなことを考える朝です。

 旅の話を3回で書きながら、景気を良くするには「旅」というようなことを書かせていただきましたが、じゃーその最後は「最高の旅はなんだろう」にたどり着きます。

 ワンワードで言うなら「親孝行旅」じゃないかと思います。

 なかなか、親孝行ってできてないんですよね。

 一人旅もいいし、家族旅、友達・恋人と行く旅もいいけど。

 「ありがとう」がある旅。

 名シェフがつくる行列の幻のハンバーグもいいけど、死ぬ前に食べたいかという基準で突き詰めるとNOとなります。

 こだわりハンバーグ、肉汁あふれる最高牛のハンバーグ・・・いろいろウマそうなのはありだけど、人が食べたい最高のハンバーグがあるとすれば「おふくろのハンバーグ」であると思います。

 親孝行は、時間がない、お金が無いという理由もありますが

 そのタイミングがなかったり、案外照れくさいというのも有ると思います。
 
 旅行会社で添乗をしていた時に、親と一緒に家族で旅をされている方がいました。大体のパターンは親が子供を連れてきている旅行です。

 子供が親を連れている方の旅行はすぐにわかります。「ありがとうな・・連れてきてくれて」という言葉が、必ず飛び交っています。

 たった1度の人生・・を与えてくれた両親への感謝の旅!
 そんな旅を見かけると、添乗員の心はやけるほど熱くなります。

 「親孝行」古ぼけた言葉にならないように

 小さな勇気の船を出したいものです。

 だんだん(*^_^*) マグ渡部

【第2話:関西汽船船旅&中国への洋上研修】

ネタ帳ラボ!一期一会 旅ラボ!世界を旅する

 船旅ってなぜいいんだろう?
 ふるさと松山から大阪まで行くのは、いつも関西汽船だった。今は瀬戸大橋ができ、バス便がめぐらされてその航路も廃止となった。

 混み混みになると、2等客室に与えられる権利は寝返りの打てないような、畳の半畳もない、ぺしゃんこのシートの上。それに毛布1枚をたしか50円くらいで借りる。50人くらいの人が客室にいただろうか・・。昭和の旅の醍醐味だ。

 お決まりで風呂に入りに行く。水の節約か?安全性か?めちゃ浅い風呂で・・落ち着かない。しかし、なにか陳腐な風呂も心のビートをたたくのが不思議だった。
 小生の息子も・・一緒に船の風呂に入ったことをたまに口にする、子供心にも何か心に残るんだろうな・・2回目の時は風呂にはいるのを楽しみにしていた。

 ささやくエンジン音を子守唄代わりに聞きながら、母なる海の鼓動に合わせるように大男も眠る・・耳元のウオークマンの音がしみる。

 疲れてない時は眠れん。甲板に出て潮風をあびるしか手立てがない。(笑)

 寝たんか、寝てないのか・・・中途半端な記憶に笑いながら、三宮で降りて阪神カラーに染まった商店街を歩きながら・・・JRに乗ったことがなつかしい。

 東京から松山に戻るのに、竹芝桟橋から、船で2泊して高知経由で戻ったこともある。(この航路も廃止。)船中2泊という長旅なんです。夏だったので、竹芝は南の島へ向かうギラギラした若者で一体だったな・・。
 那智勝浦に早朝停泊するのですが・・・ともかく海岸線の景色が最高でした。

 旅行会社に就職して、一番最初の海外添乗は「新さくら丸」東京都青少年洋上セミナーで高校生500人を乗せて、東京~天津==北京を往復する洋上研修。

 船の中ではいろいろなテーマの分科会が行われ、スクールスタイルの会議室や映画館、和室もあって、そこで武道やお茶などの文化活動、船の点呼や掃除、マナ等いろいろなテーマで学ぶ、洗濯機もありました。わくわくな研修でめちゃわくわくで面白い。翌朝には船内新聞を自分たちでつくって、発表するんだけど、ユニーク極まりない。

 そして商船三井の名物船長弓場船長の話は今でも心に残ります。母親が息子を戦争に行かせないように寝ている弓場船長の目を針で突こうとしたときの母の話や、戦争中、乗っていた輸送船が魚雷を受けて洋上を漂流した話。どんな荒れた海でも、かならず穏やかな海がおとずれる・・・。涙が止まらなかった。

 夜明けとともに通った関門海峡、巌流島、天津の熱烈歓迎の出迎え、途中台風にあって・・・船長がコースを綿密に計算している姿。人民中国人民会堂での夕食。冷蔵庫のない中国、氷を入れただけの冷蔵庫、タライに氷を入れて冷やしたた中国賓館の庭で飲んだ別格の青島ビール、友誼賓館のおみあげは、月餅とシルクのハンカチと水虫の薬くらいしかなかった。万里の長城のトイレは50人くらいが向い合ってするトイレだった・・・出るものも出ないトイレ(笑)

 極めつけは、船の食事は本当に美味しい、格別だ。
 美味しくなければ船旅ではない・ 

 そして、そして最後の船上サヨナラパーティは、白いTシャツにマジックを持って書きあう、みんながいろいろな思いを書き綴った白いTシャツは宝物になった。高校生の抱擁や涙・・まさに青春の1ページ。

 船という空間は仲間をつくる箱!だと今でも思う。

 日本の経済復興・・スペシャルチームを乗っけて太平洋でも横断しろと叫びたい、いいアイデアでまくりますよ。きっと。

 翌年は東京都勤労青年洋上セミナーで上海に、エーゲ海クルーズ、北欧クルーズ、いろいろ船旅を経験できたのは宝物でありました。

 学生の時に松山~(1泊)~大阪南港~(2泊)~沖縄~(1泊)~石垣島
 というダイナミックな旅を2回ほどやった。

 神様は縁というのを与えてくれるのだろうか。

 いそいでいいこともあるけど、船もいいもんだ。

 次の目標は東京へ船で行くこと

 四国からは徳島から唯一東京へフェリーが出てます。(曜日限定)
 徳島=東京 2等で10,050円(片道) 自動車4m未満24,600円(片道)
 徳島金曜日11:30発 ⇒ 東京翌朝5:40
 東京日曜19:00発 ⇒ 徳島翌日13:20
 

 これ松山からでも、あると思います。(笑)

【第1話:社員旅行が海外旅行だったバブル時代・・・】

ネタ帳ラボ!一期一会 旅ラボ!世界を旅する

時計の針は1980年代、愛媛から青春18切符を使って松山から夜行列車で就職活動を行なっていた私は、旅行会社を目指していました。

 一度不合格になった旅行会社の最終面接が英語面接。「聞いてないよー英語面接なんて。社長もう一度チャンスを!」という手紙を書き。再び欠員ができたということで日本旅行という旅行会社に入社。
 その英語も話せぬ田舎者を日比谷海外旅行支店という海外旅行専門の支店に配属してくれたのは、夜行列車できた若者を面接してくれ往復の旅費まで配慮してくれた人事課長さん。そんな出会いをドラマにしてくれるHOTな時代を今は懐かしく思い出します。※1ドルが250円くらいの時代。
 昨日の新聞「2013年JTBが来年の海外旅行者、過去最高」の記事が載っていました。団塊世代の旅行需要、格安航空会社(LCC)の路線拡大なども追い風になり海外旅行が面白くなりそうです。
 銀座G8ビルという夜の不夜城 リクルート本社。年末はGIVといわれるインセンティブ旅行で社員が目標の達成具合により、国内や海外旅行に飛び出します。
 旅行の打合せに行くと、社内放送で「○○さんA社プロジェクト受注」という放送が入り、それが天井からの垂れ幕になり社内は活況を呈してました。
 250名くらいを連れてハワイに行ったのですが。当時のホノルルはホテルがなくてツアーの1週間前にホノルル4日間が、マウイ2泊ホノルル2泊に変更。(笑)※当時は頻繁にありました。
 おまけにホノルルからマウイの乗り換えに3時間くらいかかり・・・先輩社員が「コーヒーショップでなんでも注文してください!」と一声かけると、コーヒーショップの全商品がなくなり(笑)青ざめた先輩の顔が忘れられません。マウイは通常のホテルがなくて、コンドミニアムを借り上げての苦肉の策の旅行でした。それでも・・・すべてを帳消しにしてくれるマウイの青い空がありました。
 「大統領のように働き、王様のように遊ぶ。」ではないですけど。1年おもいっきり働いて、社員みんなでハワイで年末をすごす。胸の高鳴りや、エネルギーが炸裂し・・みんなの焼けた肌と、笑顔が記憶に残っています。
 そして新年は浅黒い顔で、焼けた水着のあとをニヤニヤ鏡で見ながら仕事につく。これでいいのだ(笑)
 思えば「なんとかなるさ」が通じた時代でした。今は東北大震災で「なんとかなるさ」の言葉が通じない空気が蔓延しています。
 日本の景気をどうやって良くするのかが論じられます。
 いろいろな手当が政府から提案されますがうまくいかない・・夢のエキスが少々足りない気がします。旅にはあるんじゃない。
 新婚旅行でハネムーンに行ったら、減税されるとか(笑)子供増えます。(^O^)
 若者には旅させろ!でいろいろなプログラムをつくって海外を魅せたりとか。
 留学を支援したり、学校の修学旅行は格安航空会社(LCC)で海外にいったりとか(国内予算で行けるやろ・・。)、ワーホリをもっと拡大したりとか。
 旅行前夜・・ガイドブックを広げ・・・。
 「ここ、絶対いかなきゃ!」
 そんなワクワクがとても大好きです。
 2013年はITと旅行で人生を面白くやってみたいな・・・。
 つづく!

1