ネタ帳ラボ!一期一会

俳句甲子園!高校生の「ひと夏の青春」

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

俳句甲子園!高校生の「ひと夏の青春」見応えがありました。

旅行会社時代の同期が、松山に応援観戦にやって来て、忠孝さんで一杯。

息子は昨年は俳句甲子園2年生チームで優勝。連覇を狙う開成高校の主将。

開成高校がいなければ俳句甲子園は盛り上がらない。
(灘高校や進学校は俳句から手をひいてしまったのか?)

正岡子規は松山東から開成高校に遊学し卒業した。この縁というのは、一度切り結ぶと、後世まで縁糸が繋がるというのが面白い。 ※子規庵は開成高校と同じ西日暮里駅の近くですよ

俳句は素人、鑑賞するは人一倍好き。十七文字の世界感のふくらみ。

高校生の頃は、木の股をみても興奮できたのですが、今は足りてないことだらけ。

結句、開成高校が優勝

個人の部最優秀賞

「旅いつも雲に抜かれて大花野」

開成高3年岩田奎さん(18)

そして個人的には松山西高校(わたくしの母校)の句がよかった。

松山西高校

「白桃や肘までぬらす蜜温(ぬる)し」

兼題「桃」

灼熱の日差しの夏の午後。女子高生は・・

指貫ならない暑さの中、涼を求めて、

みずみずしい冷たい桃を元気よくかじる

おいしい!甘いなー!ふっとため息をつく。

ため息と同時に、部活動で焼けた肌を

桃汁が肘まで、垂れてくる

烈しい太陽光線の怒ったような、夏たけなわ

母が用意してくれた白桃は、人肌の優しさがあった

僕がディビエートしたら、こんな鑑賞を考えながら話すだろうか・・

僕が鑑賞すると、どうも意図的に大人のずるがしこさで、誘導しそう。

高校生は気ままに自由に高校生らしく自分の世界観をつたえる。

そこが、俳句甲子園の面白いところですね。

青春のカオスの真っ只中、体に力が漲って、一点の曇りもない青春。

負けたチームは、青春を肯定する唯一無二の一物 である、本とか、音楽を頼ったのだろうか?

あま酸っぱいな・・おつかれさま。

25年ぶりの再会

ネタ帳ラボ!一期一会

「ああ、日曜だな」

空をふりあおぎ、酔いの混じる赤い目で

太陽にむけて、背伸びをする

高校の時の友達が帰郷

25年ぶりという時間の空白を

たった一夜で、語るのは難しい

上灘から、三津浜まで通学

瀬戸内を眺む青春列車は青色だった

実家は農家。みかんをつくり緑だった

校舎の屋上で、ボクシング対決、それは赤色だった

そんな、三原色を集めた男は

女に不器用で、しゃべる言葉は原始人的で

言葉を覚えて、言葉に入り浸り

いつも学校の図書館に寄生していた

武骨で、荒々しく、不躾で、粗放で

孤独?いや、周りの目はどうでもいい感じ

それでも、ゴリラがバナナを食べている姿のように

愛嬌があった。

同じ大学を半年遅れで卒業し

彼は、警視庁に入る

最後に東京で飲んでから25年

連絡無し、放置。(笑)

得意の英語を虎視眈々と磨き

今は警視庁で通訳をしていた

東京で先に就職した俺が、

なぜ彼の連絡先を知ったんだろう

自分も覚えてなかったけど

「おかんに、電話してきて連絡先きいたやろ」

と、いわれ、そんな気がしてきた。(笑)

過去の点と、今の点がつながり線となる

俺は、それこそが人生の醍醐味だと思う

過去の線の切れ端は

たくさん荒野に捨ててある

朽ちている奴もあるけど

状態がいい奴もあるだろう

住所も知らない、電話番号だけがあった

俺は、彼と再会したのは25年ぶりだが

「あいつどうしているかな?」と

年に数回は思っていた。

案外、そういうことが大事なのかも知れない。

今回住所はきいた、lineは禁止らしい。

さあて、これから俺達はなにかしら、

面白いドラマが始まるだろう、漠然とした予感がただよっている

面白い話しは、番やむをえず書けなくて・・・

ごめんなさい。(笑)

今日はこんなとこです。

駄目人間をブランディングせよ

ネタ帳ラボ!一期一会

Instagramがでてきて

流れるタイムラインは、どうも炎上気味で、毎日の出来事の

石の投げ合いみたいに思えてしまう。

たまに、気分が悪くなる。

自己承認要求、小さな名誉がほしいという香りが、

56号線の豚太郎の餃子のニンニクの香りのような、とんがりをみせている。

間違えないでほしい、豚太郎の餃子は安くてうまい。

金のにおいがチラチラ、プンプンする。言葉で隠せない。

その人の枕を嗅いだら、鼻が気絶するかもしれない。

駄目な自分をブランディングした方が面白い

おすすめする。

そういうポジションをとっている奴がいると、友達になりたい。

金も、名誉いもいらない、誰かの投稿に常に

「それ、いいですね。また、いろいろネタお願いします」

くらいの、コメンテーターも悪くない気がする。

そういう人がネットに良いバランスを生み出す。

バランサーという、ソーシャルな任務だ。

これは、リアルで得意なのに、ネットで別人28号になるのはやめてほしい。

こういうソーシャルは、日々の小さな楽しみであってほしい。

ソーシャルGOOD!な世界

あると思うんだけど・・・。

全英ゴルフを見ていて、ジョーダン・スピースのパットがすごい。

パットに意志があるんだ。

そんなことを思っていたら、松山英樹が17番で

ジョーダン・スピースのパットと同じ香りのパットをはなった

構えたときから、入ると思った。

パットしたときに、入ったと思った。

うーん深夜勉強になった。

そして、メルマガが遅れた、僕は駄目人間です

すみません(笑)

「隠す」と価値は必ず上がる

ネタ帳ラボ!一期一会

炎天下が続く。そろそろ梅雨あけだろうに、郵便屋は何しているんだ。

と書いていたら、空の天気が梅雨空に変わった。

実家に行くと、キュウリが生姜でしめてある。夏の味だ。

蟻のようだった鈴虫が、茄子に食らいつき、5倍くらいに巨大化してる。

映画スターシップ・トゥルーパーズが頭をよぎる・・。

これから、この巣箱は鈴虫で満員になり・・・共食いが始まり、

やがて、闘いは終了する。

夏のシンフォニーを奏でるのは、そのあとオスだ。

メスへの夏の求愛ソングだ。だからいい音なのだ。

オスは交尾が終わると、つかれて喰われてしまう。

男は、いつも消耗品だ。あー夢がない文だ。(笑)

子供の頃から観てりゃ平気だが、心根の優しい子供がみれば、

ちと、残酷に映るかもしれない。

親が子供に、事実を隠すと、

物の見かた、考え方が変容してしまう。

物事は見かけとは違い、残酷なものだ。

今日のメルマガのテーマは「隠す」で行ってみる。(^O^)

さて、全英オープンの女子決勝を観ていた。

女子シングルス決勝で第14シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)が優勝。

クレバーな試合展開。一方的な試合だった。

ウイリアムスの勝者をたたえる、眼差しが何とも言えなかった。

インタビューで、どうしても。乳首が強調されていることに目が行く。

なんと、俺は不埒なんだろう。

勝利の雄叫びを上げているようにしか見えない。

ヨーロッパは、セクシーな芸術がある。

パリコレはスタイリッシュだ。

ウインブルドンの決勝でこれをやられると

「こういうのが美しい!世界基準」、と、

世界基準調査委員会、松山支部の私でも、一票を投じてしまう。

さて、世界の人口の1/3がイスラム教になる日が近づいている。

イスラムの女性はヒジャブで肌を「隠す」、

夫以外の男に顔を見せてはいけない。

夫に見せるネグリジェ、下着は凄いらしい。わかる気がする。

イスラム教における倫理は「人間は弱いものだ」という前提がある。

男の理性は性欲、女性の誘惑に負けてしまう、という前提から、

男の理性崩壊を防ぐために、女は肌を隠すそうだ。

イスラム教には婚前の性交渉はダメ。相手の顔も見ないで婚約。

結婚してからの浮気は、死刑又はそれに近いもの、終身禁固とか。

日本は仏教で、仏教は何も規制していないのはなぜなんだろう?

大奥、側室、光源氏。開国してからまともになった気もする。

ちょっと脱線するけど、灼熱の夏。

家では、裸族で過ごす人が多いと思っている。

僕も、パンツいっちょでいるのが落ち着く。

いつから、人間は服を着だしたのだろう・・。

「隠す」

ここだけの話だけど、なんていわれると身を乗り出す。

誰かの秘密を知っても、吹聴しない。

ほんのチラッと、ウィンク程度それを見せる。(笑)

なんでも隠しながら、ちょっとだけ見せる。

週刊現代が好きだ。なかなか読み応えが最近出てきた。

巻末の袋とじ、大事です。

日常にも、隠れたオシャレや、隠れた秘密。

「隠す」と価値は必ず上がると思うのだけど、どうだろう。

今日はこんなところです。

カクテルっていう本は狂っているが本物だ

ネタ帳ラボ!一期一会

夜明け前4時半、朝焼けの、ピンクオレンジの色がなんともいえない。

高校生のほっぺたに貼り付けたくなるほどだ。

昼間の熱気のせいで、熱中症気味の毎日だ

夜クーラーをつけて眠ってないせいかもしれない

それにしても、九州の里山の光景が、あまりにも痛々しい

あそこまで根こそぎ持って行くのかい、自然とは・・

SONYがレコードの生産をはじめたという。

何年か前に、プロジェクトは始まっていたんだろう。

しどけなく音楽が好きな人達は

余白的な部分で、こういうことをやり始める

僕たちは知っている、針を落としたとき

ほんの1秒シャリといいながら

一瞬おとずれる森の静寂を

あの一秒の幸福感を・・・

日曜日のサンデーソングブックで達郎さんが

『COME ALONG 3』 8月2日発売と告知する。

33年ぶり

小林克也さんのDJも健在とのこと

勿論ジャケットは鈴木英人の最強コンビ!!

達郎さんと大滝さんが、ラジオでよく言ってたけど

「古びない音楽、時代を映さない音楽が自分にとっての目標」

番やむを得ず、音楽はデジタルに向かったけど

先祖返りもOK、OK!

もう一回ウオークマンにもどる覚悟ぐらいあるぜ

若いときの伴侶は、友達と、本と、音楽

共通点としては、夜に力が漲っていることか・・

俺達の青春を肯定してくれる唯一無二の一物

こうやって、山下達郎というミュージシャンに惚れて

いや己惚(うぬぼ)れて、俺は幻想を楽しんでいる訳で
それは、生きるための幻想で、それが好きなのであります。

きのうある会合が終わりバーへ

オーガズムというカクテルを久しぶりに頼む

夏の真夜中の読書で「カクテル」をよんでいる。作者ヘイウッド・グールド

名著でありながら、絶版本だ、作者は不埒で、下品で、男らしい・・本物だ

映画「カクテル」、トムクルーズが主演した原作。ともかく分厚い

DVD映画カクテルを借りてきた。

バーのシーンで、客が頼んだカクテルの名前をメモしてた。

いま、これをバーで頼むのが、夏の俺の楽しみだ。

つくれないバーテンが多い・・・知らないのだ。

モヒートなんてないよ・・(笑)

ウオッカ、ローズ
ハーベイ・ウォルバンガー
ベルベット・ハンマー
モルソン
キューバ・リブレ
オーガスム
エンジェル・ティップ
ピンク・スクワレル
ピンク・レディ
ディンガソン
ダーティ・マザー
セックス・オン・ザ・ビーチ
ピーチ・シュナップス
ベルベットハンマー

この作者はラリっている、が本物だ!
世界のバーテンダーが読んでる本だろう・・・。

メモるだけでも大変だ・・・

===

”どうでもいいような話に割って入り
堕落な女にはちょっとまともらしさを、
黙り告った客には僅かばかりの軽口を売る”

”ビールは朝食だ”

”世の中がどんなに進もうと
酒の飲めない男は男じゃない”

”つきつめれば
一文無しとセックスしたい奴なんていない”

”ただよいたいなら、ストレートを”

”コニャックほど、男の野心を根こそぎにしてしまうものはない”

”もう幻を追うのはあきらめてしまったのか
君は掛け値なしのハスラーが、街の水を飲んだアーティストだぜ”

”黒板に百回かけ、柄じゃないことはやりません”

”それでもこの仕事はやめられなかった。夕方の早い時間の酒場には、なにかがある。
たとえば、窓をぬけて差し込んでくる光の矢が酒壜を射抜く。
角氷を二、三個ロックグラスに落とし、それを掲げてみる。
するとどうだ、グラスはプリズムになるで はないか。
マティーニの縁どりは水銀のようにゆらめく。
マンハッタンは幼年時代の恋人の髪のように、たそがれのなかで鳶色にゆれる。
ニュージャージーのむこうに太陽がおおいそぎで沈むと、
カクテルは夕方よりもきりりと冷え、さっきより早足で脳髄にとどく。
娘たちはきれいになる。
今夜、もしかすると生涯の恋人に出会えるかもしれない。
そんな期待の気配を、彼女たちは身にまとうのだ。
くちびるがまんなかで分かれ、身をのりだして人の話に耳をかたむけ、
いつもより大きな声で長く笑うようになる。
男たちはめいっぱい優雅にふるまおうとする。
「プリーズ」と「サンキュー」と「エクスキューズ・ミー」とが店にあふれる。
こうしたカクテル・アワーに喧嘩を見かけることはめったにない。
客を力ずくで店から追い出さなければならない事態も、まずないといってよい。
もめごとが生じるのはもっとあと、闇の色が濃くなってからのことだ。
なにもかもが有刺鉄線のようにささくれだち、娘たちの髪は乱れ、
男たちはふさぎこみ……そう、 希望がすべて死に絶えてしまってからのことだ。”

==

”夏の一杯はレッドアイだ”

今日はこんなところです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 >