ネタ帳ラボ!一期一会

NHK「父と子 市川猿翁・香川照之」をみました。

ネタ帳ラボ!一期一会

いよいよお正月も終り、本格的に心のバーをあげてお仕事ですね。昨夜はNHKで再放送「父と子 市川猿翁・香川照之」を見ながら考えさせられるものがたくさんありました。

母と自分を捨てた父。40年後に復縁。孤独と屈折の中「龍馬伝」や「坂の上の雲」の孤高の演技は迫真に迫るもので、鬼気的な凄みを見たものでした。

そして、血の業なのでしょうか、復縁され脳卒中の中オーケストラの指揮者のように演技指導する父の姿には、最後の身体のエネルギーを絞りだすようなさらなる凄みを見た思いです。

それにしても人間のDNAというのは脈々と流れているんですね、歌舞伎のことは知らないのでいささか消化不良気味ですが、運命の糸を感じるとともに、お孫さんのあっけらかんとした姿に一服の清涼剤を感じ、家系の未来を感じました。

お正月、着物をきている姿をあまり見かけません・・歌舞伎を見に行く方は着物で行く方も多いんでしょうね・・そんな場を提供するような文化を残していくべきですね。
さあ、2013年仕事も開幕ですね・・がんばろう(^O^)/

1月12日(土)「スマートフォン活用法! 第1回写真講座」大阪府堺市のご案内

ネタ帳ラボ!一期一会 ITラボ!オンリーワンへ

こんにちはクレストデジタルズ渡部です。
大阪での予定のご案内です。

「スマートフォン活用法! 第1回写真講座」
~スマホで写真をキレイに撮って写真生活始めよう!~

1月12日(土)午前10時~12時 約300名
ところ:堺市立女性センター 3階大ホール
〒590-0955 堺市堺区宿院町東4-1-27
http://goo.gl/maps/RXgJ5

次回は
2月3日(日)午後1時30分 約300名
「スマートフォン活用法! 第2回人生を記録しよう」
食べたもの、家族の出来頃、アイデアなどスマホに記録すると毎日ワクワクします。

日体大 箱根駅伝優勝 「心で走る」教育。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。朝一ラジオでクロノスを聴いていると、大学駅伝のコメンテーターとして瀬古さんが出ていて心のドアを叩き、久しぶりにスポーツ紙を全紙買い!
駅伝優勝したのは、昨年19位から予選を勝って上がってきた日体大。前年度の敗退から、別府監督は下級生の3年の下級生服部選手を異例の主将へ。反発する4年生。そして特別強化委員長として迎えたのは高校駅伝を8回制した西脇高校の元監督。渡部浩二(74)。練習場の草むしりをさせ、寮の消灯を22:30へ。毎朝5:30の清掃から喝をいれる。2週間のつもりが5ヶ月泊まりこみで、ふてくされた若者にはカミナリを落とす。 日々の生活態度を改める、あいさつを徹底する。「心で走る」教育。
瀬古監督が用意ドンで走ったら、東洋大か駒大が強い。日体大は予想だにしなかったと朝一語る。ケニアの選手が強いのは、電気がない、コンビニがないからだと言ってたのに、笑いが込みあげた。
日体大は服部主将(山の神3代目)を含む3年生以下で往路V、下級生の主将にツイテコイと言われた練習。反骨精神と心の成長を得た4年制が復路を守りきった。監督の采配もあっぱれですね。
しかしそんな学生駅伝を瀬古さんはラジオで・・「僕は1ヶ月前に福岡マラソンを走っていた、駅伝は眼中になかった。」とバッサリ。燃え尽き症候群の学生たちに強烈なパンチで締めくくった。(笑)
久しぶりに全紙買い・・勉強になりました。すみませんたくさん引用して。(ペコリ、御礼)

Happy new year 2013!僕は照明係で・・・。

ネタ帳ラボ!一期一会

Happy new year 2013!

1年の内で一番気合が入る、特別な日元旦。今年はWOWが連発するような年にしたいですね。FACEBOOKでもよろしくお願いします。

今年は紅白を録画で見ることにして、すこし寝て朝までテレビを見てましたが

なかなか興味深いものでした。見ながら思ったのは、日本人は批判するのが大好きだなということ。アカンですね・・。人の欠点ばかり責め立てれば、結果は地獄に向かいますよ。政治もそうですが、いくら責め立てても・・政権交代しても・・・結局は今まで何か変わったのか?日本はよくなったのか?同じ事の上塗り。

昨年からやっているのは、同窓会や、一緒に何かやってきた人たちとの関係の再構築であります・・・物語はそんなところから起きるのではないかなと思います。

友達というのは、掛け値なしの話ができる。同じ飯を食べてきた戦友のようなものであります。そして、それを見つけることができるFACEBOOKはとても面白い、楽しい。小・中・高・大学の友達とどれだけ出会えたか・・。そしてFBでたくさんいる友だちの皆さんも・・。

優しさだとか、寂しさとかでは割り切れないことがある世の中で「面白きことなき世を、めちゃ面白く」2013年青春映画のような1年にしたいな、友情や涙や旅立ちがあるベタな奴がいい(笑)

FACEBOOKでもよろしくお願いしますね!

僕は照明係で・・・。いいライト、照らしたらドラマが輝くような・・。

マグ渡部 生涯青春!

【第3話:最高の旅はなんだろう・・・。】

ネタ帳ラボ!一期一会 旅ラボ!世界を旅する

 メリークリスマス。おはようございます。
 昨日の山下達郎さんのサンソンはクリスマス特集。夫婦放談でとても楽しかった。今年の1年はどうかなという事を考える時、「クリスマス・イブ」を聴きながらいろんなことを考える朝です。

 旅の話を3回で書きながら、景気を良くするには「旅」というようなことを書かせていただきましたが、じゃーその最後は「最高の旅はなんだろう」にたどり着きます。

 ワンワードで言うなら「親孝行旅」じゃないかと思います。

 なかなか、親孝行ってできてないんですよね。

 一人旅もいいし、家族旅、友達・恋人と行く旅もいいけど。

 「ありがとう」がある旅。

 名シェフがつくる行列の幻のハンバーグもいいけど、死ぬ前に食べたいかという基準で突き詰めるとNOとなります。

 こだわりハンバーグ、肉汁あふれる最高牛のハンバーグ・・・いろいろウマそうなのはありだけど、人が食べたい最高のハンバーグがあるとすれば「おふくろのハンバーグ」であると思います。

 親孝行は、時間がない、お金が無いという理由もありますが

 そのタイミングがなかったり、案外照れくさいというのも有ると思います。
 
 旅行会社で添乗をしていた時に、親と一緒に家族で旅をされている方がいました。大体のパターンは親が子供を連れてきている旅行です。

 子供が親を連れている方の旅行はすぐにわかります。「ありがとうな・・連れてきてくれて」という言葉が、必ず飛び交っています。

 たった1度の人生・・を与えてくれた両親への感謝の旅!
 そんな旅を見かけると、添乗員の心はやけるほど熱くなります。

 「親孝行」古ぼけた言葉にならないように

 小さな勇気の船を出したいものです。

 だんだん(*^_^*) マグ渡部

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >