ネタ帳ラボ!一期一会

同友会での学び『穴熊社長になるな!』

ネタ帳ラボ!一期一会

昨日の同友会での学び『穴熊社長になるな!』
巷の本では、「部下に現場を任せろ。」と力説しますが、報告者のげんこつ飴の世紀の今村社長は社長自らが、最前線にでて営業をしています。
同友会に出ていて思うのは、社長がスピード感と決定力で自ら営業の最前線で会社を引っ張っている企業は元気が違う!

真田幸村を最近研究しています。三途の川の渡し賃の六文銭を旗印に赤備えという決死の鎧兜を身にまとい、大阪冬の陣で、真田丸を大阪城外に築いて徳川軍と戦った武将。大阪の陣でも家康から50万石で寝返りを誘われようが、信濃一国と誘われようが、義に活きた武将。

池波正太郎作の歴史小説、真田太平記を読み進めながら
戦場で、決死の赤備え。目立つ赤。「この賞金首をとってみよ。」最前線でこれだけの覚悟の気迫を見せた武将はいるだろうか。
真田幸村にあこがれています。
周りに霧隠才蔵、猿飛佐助という草の者と呼ばれる忍者がいるんだよな・・・企業に忍者も必要か(笑)

写真の経営計画書の小冊子、思いがあふれていました。
(株)世紀 今村社長

IMG_00021

本田圭佑選手の”ド真ん中”PKしびれました。

ネタ帳ラボ!一期一会

おめでとうございます。サムライブルー日本代表。
本田圭佑選手のPKしびれました。執念の狂気の同席したような本田選手の表情が、画面を通して終始ビンビン感じられゲームでした。。

”ド真ん中”にぶちこむ。(^^)
しかも、本田選手のPKはど真ん中が多いというのが、僕の中でも定説となるくらい、相手も折込済みの中で・・迷いなく決めるとは。そういえば・・試合は覚えてないけど、なんかのゲームで「真ん中に蹴る勇気は、僕にはなかった」と答えてたはず。悩みの向こう側の今日ですね。

まさかりフォークの村田兆治選手が200勝を達成した時の翌日の新聞でなぜ200勝を達成できたかというインタビューに”僕はピンチの時に迷ったら、ど真ん中に思いっきりストレートを投げてきた”というのを思い出した。

今日の空は、すこし高く見えますね。(^O^)/

日本ではありえない職場環境を作る!

ネタ帳ラボ!一期一会

サイボウズ 青野社長のパワーポイントで感動したのが
日本ではありえない職場環境を作る!というポリシー

NHKスペシャル メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ

ネタ帳ラボ!一期一会

逆襲のシャーでなく、NHKスペシャル メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ 3回目になるけど面白い。5月11日(土)放送。MADE IN JAPAN物に信頼性がある。

マツダが紹介された。コスモスポーツ!が登場したけど・・あれはDNAをスパークさせる車ですね。ハイブリット車が注目されているけど、クリーンディーゼルエンジンも魅力がありますね。軽油はガソリンに比べてCO2排出量が半分程度、ガソリンや軽油は原油から一定の割合で取れるけれど日本はガソリン依存度が高いため、石油を輸入する一方で、余った軽油を輸出している。ディーゼルでパワーを出し、静音を実現、燃費もGOOD・・ヨーロッパで爆発的人気・・WOW!

今日の日経新聞スポーツ面のJ2ファジアーノ岡山の記事が興味深い。

ネタ帳ラボ!一期一会

今日の日経新聞スポーツ面のJ2ファジアーノ岡山の記事が興味深い。
12年の平均観客数7985人、総収入は約8億2000万円。スポンサー500社超。
2005年愛媛FCがJ2を目指したJFL時代に桃太郎スタジアムに三菱水島との対戦で行ったことを思い出しました。当日は豪雨。僕は2号車の添乗員(^O^)/としてバスに乗り込む。点呼開始、豪雨にもかかわらず欠席者なし、みんなの気合がちがう。みんなで応援旗にJ魂を残しサイン。気持ちの張りがあった。愛媛FCが生活の一部という人たちの空気は熱があった。愛媛からの参加者は約150名。
あの頃、桃太郎スタジアムは国体を控えて岡山県が建設を完了し、選手の顔写真がビジョンに映りだされていた。スタジアムというのはとても大事なバックボーン。

JFL時代でスカパーの中継もない、アウエーにでかけ、時にはアウエーに行った人と電話で話しながら・・毎試合速報メールを打ってました。会場に出かけた時は、リアルタイム試合テキスト速報打つという指が痙攣する技を駆使していました。J2へ執念のサポート活動でありました。(笑)

あのゲームに行った人に、あの頃をもう一度。いいスタートメンバーだな・・もう一度このメンバーを観てみたい。

2005年7月3日(日)
15:00
vs 三菱水島FC
@岡山県桃太郎スタジアム

雨の中150名以上のサポーターが魂を届けにきた。
国体を控えすぱらしいスタジアム。
ピッチも思ったより悪くない。
集中だ!

▼STARTING
FW 19永富 11FW友近
MF 8濱岡 10金子 23井上 16赤井
DF 3八柄 2加藤 27金守 13関根
GK 31羽田

▼SUB
FW 32猿田
MF 20広庭
DF 5星野 6川井
GK 21川本
前半
愛媛FC 1-0 三菱水島FC

MF10金子のシュートを相手GKがはじいたところをMF16赤井がねじ込む。
スピード感にかける前半、動きが悪い。
後方へのパスミスも気になる。
前がかりに攻めたところで、つなぎのミスでピンチになる。
小雨のコンディション。
しっかりつないでいこう。
後半選手交代が鍵になるか。

後半
愛媛FC 2-0 三菱水島FC
FW11友近のシュートが相手DFに跳ね返ったところをMF8濱岡が地をはうシュートでゴール。
雨の中全体的に動きが悪かった。
相手もミスが多く大味な展開。金守の堅守が光る。
きっちり勝ち点3。
スタンドのアランチーノの声援に気合が感じられた。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >