ネタ帳ラボ!一期一会

週末に『幸せの教室』を観ました。

ネタ帳ラボ!一期一会

 週末に『幸せの教室』という、トム・ハンクスと、ジュリア・ロバーツの映画を観ました。ラブ・ロマンスものでは大御所の2人。中高年向けの学園ムービーなのだけど(笑)身近なコミュニティの大切さと、幸せというものはお金じゃないとい
うわかりやすいストーリー。

 日本の映画にはないモノが満載なんですよ。趣味を楽しむ人生に幸せを探すというのは、なかなか受け入れれるようで素直には受け取り難いモノ。そこは、さすがトム・ハンクス脚本で、大学で教壇をとるジュリア・ロバーツとそれを受講するトム・ハンクスのやりとりで、実に痛快に能天気な心を溶かせてくれる。こういう映画を俺は待っていた・・みたいな気分にさせてくれました。(笑)

 そして加速するようにジュリア・ロバーツとリチャード・ギアのプリティウーマンを観たら・・・やはりあの映画を観ないとと・・トム・ハンクスとメグライアンの『めぐり逢えたら』を借りにGEOに走る、あったー!とときめきながら、1993年の作品なんだけど、NYに行った時も映画のシーンが重なり訪ねた神聖な場所なつかしかった。でもストーリーに無理があるなと(笑)今さら感じながら、恋人たちの予感とかユーガットメールへの再びの触手が伸びてくる。

 日本のドラマも、最近では「激流」、「ダブルトーン」などいいものが、あるけどストーリーが脚色が点数を稼ごうとしていているなと感じます。「初恋」とか「とんび」とかが好きだな・・。

 そして、もう一つ上の世代の為の映画を演じたジャック・ニコルソンを観なければと「恋愛小説家」「恋愛適齢期」を復習すべきと久しぶりに借りたのです。今週の小さな楽しみです。

 映画っていいですね。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!

 今週もなにかホットなスペシャルがありますように・・。

 今日はこんなところです。

 生涯青春 渡部雅泰

浅田真央「暗闇の中でのラストダンス」

ネタ帳ラボ!一期一会

 

━━━━━━━━━━━━━
マイコラム MAGSHOT
━━━━━━━━━━━━━

 四国中央市の蔵珈琲店で日刊スポーツの「真央悲しすぎる結末」という1面の記事を眺めながら、高校時代に松山の銀映で500円3本立てで観たアイスキャッスルという映画を思い出していた。

 それはオリンピック出場を目指していた少女が事故で殆ど目が見えなくなってしまい、それでも恋人と父親の温かい支援で再びリンクに戻るとこから始まる映画。そして大会で高得点を出すけどリンクに投げ入れられた花に彼女は躓いてしまい、目が見えないということがバレてしまうのだった・・・。

 その映画を、多感な高校生は3回も観に行った。なぜだ?そんなに観に行ったのか思い出せない・・・。アイススケート、白銀の世界に多感な心は吸い寄せられたのだろうか?

 そして、蔵珈琲店の絶品の煮込みカレーは酸味ばかりを僕の舌に送りこむ。

 SPが終わり、僕はFacebookにこんなことを投稿していた。

 真央ちゃんフリーですね。今日はほんま元気がでんかった。
 苦悩と葛藤の中で「暗闇からのジャンプ」その延長線上に晴れ間が出て、救済に変わっていくことを祈ります。

 そして、一夜明け日本中が彼女の演技を見守る夜がやってくる。

 テレビの画面に映る真央ちゃんのルージュの鮮やかな赤色が、女性としての決意を告げる。一つの恋物語が終わり、今日から新しい自分が始まる時のように。鏡の前で、彼女はどういった気持で紅を引いたのだろうか?

 あれから、彼女の演技が何度もTVで流れる。テレビをみるたびに感情過多になった僕がいた。

 人は、家族がいようと、恋人がいようと、所詮人間は死ぬときは一人である。

 そしてソチ・オリンピックというという世界が注目する最高の孤独な舞台氷の上で暗闇の中での孤独なラストダンスが演じられた。

 ルージュをひいた表現者としての浅田真央は官能的な世界をうみだす

 そして、僕の永遠になった。

 

今週もよろしくお願いします。今日はこんなところです。

生涯青春 渡部雅泰

ソチ五輪 銀メダル葛西選手は荒野に、狂気を求めて再び走りだす。

ネタ帳ラボ!一期一会

 

━━━━━━━━━━━━━

マイコラム MAGSHOT

━━━━━━━━━━━━━
おはようございます!2月ですね。バレンタインデーでした。

バレンタインデーのチョコがないと寂しいという時代は終わリかけてきて、そもそも義理チョコなどというものに、感動とかWOWが失われてきた。女子全員からまとめて男子全員へ・・なんて・・・何が嬉しいのか??

女性も苦痛で、男性も倍返しにうんざり。どうせなら、好きな人の食べ物を手作りで渡すみたいなイベントにしてほしい。(笑)ボクは餃子!!

キリストのクリスマスは祝うのに、天皇誕生日は祝わない。変な国なのだ。

会社で義理チョコ禁止というのに賛同。

 

さて、前置きはこれぐらいにして、やはりソチオリンピック!
ソチ五輪スキージャンプを高橋沙羅選手 惜しくも4位。

「勝ちたいが」、「勝たなければ」になればに変わって負けたかな・・。

17歳。マスコミというマジョリティに飲み込まれた感もあり残念。
マスコミの報道もそんな感じでしたが、「船木和喜のジャンプ解説」を読んでいるとオリンピックはこんなプロ視線の解説も欲しいなと思いました。

http://sochi.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201402120008-spnavi

出場全選手の中で、2番めに悪い風を受けていた。金メダルの選手と同じ風ならば105m以上を飛んでいたのでは?そしてテレマーク(着地の姿勢)を入れていれば・・・。こういう解説も大切です。

そして毎夜思うのは、オリンピックニュースのアンカーマンの存在。

これだけオタク的に見ていると(笑)まとめがほしくなります。

筑紫哲也さんの多事争論は面白かったな。マスコミも精神のデスマッチで、折り合いのつかない観戦オタクに・・今日のニュースの限界は「今日はこんなところです。」と語ってくれる・・。アンカーマンよ出てこい!

思うんですよね。なんで、オリンピックはこんなに面白いんだろう?って
繰り広げられるプレッシャーとの頂点の戦いは魔物の住む、狂気の世界。オリンピックを観ていて思いました。年齢とともに衰えてくる気力。肉体をいじめ抜かないと、人は気迫がみなぎらない。

最近めんどくさいと思うことがあるんですが、これは体力がないからだと。
おまえはクズだと、観戦しながら教えてくれます。(痛)

 

それを教えてくれたのは、銀メダルをとった葛西選手。

6度のオリンピックの挫折感、絶望感、焦燥感をまとい、着こなした完成されたフォームに宿る、鋼の肉体。どれだけ傷つき、そして戦ったきたことか。
葛西選手には「勝たなければ」はないのだろう。

プレッシャーという狂気までも飼い慣らせば「リスクをリスクを思わない。」

暗闇の中で闇を切り裂くような、カミソリジャンプ。狂気、絶望の反対側にある快楽は一瞬で終わり「金メダルという目標に向かってまた頑張っていきたい。」

金メダルを諦めない、金メダルをとってこそレジェンド。

 

葛西選手は荒野に、狂気を求めて再び走りだす。

 

今日は団体ジャンプですね。やはりLIVEでみなければならない。

ボクは観戦者として、ボクが寝ている間に起こることが許せないのだ。(笑)

 

今週もよろしくお願いします。今日はこんなところです。

 

生涯青春 渡部雅泰

 

愛媛マラソン&ソチ五輪開幕 

ネタ帳ラボ!一期一会

 

おはようございます。

昨日は愛媛マラソンが開催されました。

2013年、全国のマラソンを網羅するRUNNETランキングで1位なんです。TVでもそのことが何度も紹介されていましたが、その理由は語られません。足湯があったり、お接待があったりという総合的なものみたいな説明はあります。

私見ですが、知事・市長も走り、その他ゲスト、運営の骨組みもいいのですが、端的に言えば南海放送が素晴らしい。テレビで6時間、ラジオでも放送。予算のない中、この愛媛マラソンを中継し続けてきた魂みたいなのを感じます。

しかも地元密着で日頃からの取材活動など、裏方の努力が垣間見れますよ。カメラワーク、中継地点、注目選手ピックアップ、コースを熟知した基礎がスゴイ多分、日本一の地元密着中継じゃないですか?アナウンサーと土佐礼子さんの、素朴であり”だんだん”な空気も秀逸です。

 

さて、毎日仮睡眠みたいなことをしながら観るオリンピック。

モーグルの決勝。上村愛子さん4位。やはり点数をつけるゲームというのはむずかしい。審判に日本がいなくて、上位に入ったアメリカ、カナダの審判がいる。これはどうみても、理不尽なことです。

採点競技は大なり小なりヒューマンエラーは必ず起こる。銅の選手より、客観的に見てもタイム、ターン共に上だったのに。

インタビューで「攻めて行きたい」と語り、有言実行。決勝まで、どんどん攻めてくる。そのベストの走りに、グッとくる。今シーズンのランキングは10番代。そこからのオリンピック アタック。メダルとらせてあげたかった。

17歳から5大会オリンピック出場。あの愛くるしい顔の女性が、どうやって壊れそうな自分を立てなおして来たんでしょう。衰えていく体力維持するだけで、驚異的です。

インタビューで、「自分の最大の力を出して滑るのが、私の理想」というような内容を言って、「今日はたくさんそれができたので。 自分としてはすごく嬉しい」と語ってましたけど、NO1のタイムを叩き出し、本当に文句なしにNO1カッコいい。

 

そしてNHKの工藤三郎アナ。スタジオにカメラが戻ってきて、しばらく沈黙の後。

「日本でご覧の皆様はどのようにご覧になられましたでしょうか…」ベテランアナの一矢。TWITTERでも話題になってましたが、ジャッジに不満が残る中で、その言葉に救われた思いがしましたね。

そして「彼女の清々しいインタビューに、私達のほうが救われたような気がします」「彼女の心境はメダル争いのさらにその先にあるのかもしれません」歴史に残るようなコメント・・素晴らしい。
「泣いたり笑ったり大変だった」って・・

涙を潜ませながらの上村愛子選手の清々しいインタビュー。

そして、素敵な笑顔は、人を元気にしますね。

そして、こんなに美しい涙は 初めてみました。

 

2014年2月11日(火) 18時45分~27時45分
スノーボード・男子ハーフパイプ 予選・準決勝・決勝に青野令選手 登場
(あいテレビ1)

ガッツリ応援しないとね。それにしてもかなりタフな夜になりそうだ。
頑張りましょう!

 

「サムシング・グレート」STAP細胞を発表した、小保方晴子博士さん

ネタ帳ラボ!一期一会

━━━━━━━━━━━━━
マイコラム MAGSHOT
━━━━━━━━━━━━━

おはようございます!

STAP細胞を発表した、小保方晴子博士さん。※マジ萌ですね(笑)

リケジョ(理系女子)はカッコイイ

自分の研究室の壁はピンクや黄色で、花柄のソファを置き、実験器具などには、

「ムーミン」のキャラクターのシールなどが貼り付けてある。

STAP細胞体とは、いろいろな細胞を

1.37℃、弱酸性(PH5.7)の溶液に25分間置く

2.遠心分離器で上澄みを除く

3.得た細胞を3日間培養

4,STAP(Stimulus Triggered Acquisition of Pluripotency)細胞が完成

どのような細胞にも変異できる「赤ちゃん細胞」

※細胞は、細胞分裂という現象を繰り返して体の部位を作る。この細胞分裂という
現象は「不可逆」、つまり戻ることはできないと考えられてきた。

あまりにも、実験で簡単に出来てしまう・・。

ひょっとしたら、人間の体では、不治の病が治るときなど

何かの偶然が重なれば、その現象が体内にすでに起きているのかもしれませんね。

「サムシンググレート」の村上和雄先生は著書にて(先週に続き登場)

人は何歳になっても、その才能を開花させる力を持っている。

そして、その人間の可能性をそぐものは、だた唯一自分で「もうダメだ。」と思ってしまう気持ちだけといっても過言でない。

受精したあとの胎児は、魚のような形になったり、爬虫類のような形になったり

しながら、だんだん人のカタチになっていく。

人は受精してから、誕生までの10ヶ月の間に、人類の進化の歴史を再現する、

それは受精した最初の遺伝子の中にそれらの情報が入っているからだ。

過去数十億年の進化の過程における記憶や能力が行っている可能性がある。

遺伝子は人類すべての可能性を持ち、おまけに年をとらない。

果たして、この遺伝子の設計図をだれが書いたのだろうか?

誰もわらかない

まさに「サムシング・グレート」

STAP細胞を発表した、小保方晴子博士さん

「やめてやると思った日も、泣き明かした夜も数知れないですが、今日一日、

明日一日だけ頑張ろうと思ってやっていたら、5年が過ぎていました」

スゴイですね。

月曜日ですね、ストレスをかけましょう!

「サムシング・グレート」のために

生涯青春

渡部雅泰

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >