ネタ帳ラボ!一期一会

親父のダンディズムと「分不相応」

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

 全米テニス2014奥歯をカミカミしながら錦織選手を見た週末いよいよ決勝。

 錦織圭(にしこりけい)1989年12月29日生まれ。ということは、現在24歳。島根県松江出身。高校は青森山田高校なんですね。小学生の頃から全国優勝、そのあとは活動の場をアメリカへ。

 「にしきおり」と呼びそうですが、島根では「にしこり」が多いそうです。私も東京では渡部(わたべ)と呼ばれることが多かった、愛媛では100%わたなべと呼んでくれます。(^O^)/

 試合を見ながら、ビンビン師弟愛が伝わってきます。圭が決めると、帽子を深めにかぶり、気合の入った表情で気合を込め奥歯に力の入ったマイケル拍手。コーチは緊張感も一緒に保持してコートを見つめます。YOU TUBEでマイケルちゃんのプレーをみると、錦織圭のバックハンドとそっくり、そしてオープンスタンスでフォアからのクラスも似ている。神業を伝授したんだと思います。ネットのいろいろな記事を読んでいると、「真上に上げていたサーブトスをすこし右前に」「オープンスタンスのクロスは左足を若干まえに出す」そんなマイケルチャンのアドバイスが血となり、孫氏の兵法を取り入れるかのように戦っているんだと思います。

 決勝は仕事で見れないのが残念。

 さて、小生はゼロハリバートンの銀色のアタッシュケースを使っています。今やこれはボクのトレードマーク。月の石を運んだことでも有名ですが、今年で使って30年目にあたります。外側はぶつけて凹み、持ち手のゴムも摩耗、それでも朽ちることなく今も密閉性は保たれ、エジプトにも連れて行った小生のこの愛用機は今や体の一部なんです。長年使っているものはこれしかない魂の逸品。

 良い道具は使うほど馴染みますね、逆に軽量の肩掛けバックなどは最初から馴染むけど、1年位したらあきます。

 このアタッシュは親父が東京に出張に来て夕方「銀座に行くぞ」から始まり、ゼロハリバートンの店へ。ボクの初任給より高いこのアタッシュケースをこれを使えと指南。有楽町のガード下で親子談義をして、そのあと銀巴里に連れて行ってもらい初めてのシャンソンを体験。親父は大好きな梓みちよさんが当日のゲストで「二人でお酒を」に酔いしれてました。(笑)ボクは「100万本の薔薇」の歌に引き込まれました。それから、上野で電気ブランを飲まされました。長い夜でした。

 もう30年も前にもなるこの一夜が、親父がボクに教えた、たった一度の「ダンディズム」。新入社員に銀のアタッシュケース、今もハードボイルドという風を感じさせてくれる。分不相応というゾーン、そこは人を魅了してやまない魔界。背伸びしたり、見栄はったりが大好きなのが人間。一方分をわきまえ、それに応じた生活をおくる「分相応」は基本。しかし、せめて1年に1回位は背伸びして、とびきりに美味しいものを食べたいものだ。

 「ダンディズム」には美学が必要だと、人生で1回だけ親父が教えてくれた。

 下世話な話だが街を歩いていると「分不相応」な彼女を連れている光景を見ることがある(笑)、凡人をつき動かす野望、身の程をわきまえない野心。「分不相応」は羨望を望む毒。生物の生命活動にとって不都合を起こす物。しかし、この世に毒無きものなど存在しない。甘いものも毒だ。(笑)

 しからば、「毒を持って毒を制する。」そんなふうに「分不相応」を利用したいものです。

 今日はこんなところです。

科学で思考停止回避

ネタ帳ラボ!一期一会

 おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

お決まりで起きぬけに、竹内まりや SEPTEMBER(1979)からスタート。♪ダダダ ダッダッダ ダ ♪キュルル~ン!のイントロのギターが神。キュルル~ン!フレーズ考えたの達郎さんかな秋のゴングなんですよね。

 さて、夏の読書で考えさせられた話題を、夏の締めくくりとして

 それは東北大震災の「津波という名称はいかがなものか?という疑問から・・。

 どうも津波というと、ビッグウエンズディのようなチューブができサーファーが乗る波を思い出します。これは風によってできる波で、5mあっても海岸に打ち寄せる過程できえてしまう。台風の波も防波堤にあたって飛沫をあげる程度でおしまい。

 東北大震災の「津波」はそういう波ではない。地震によって沖合で海面が持ち上がる。その時は数十センチ。しかし、持ち上がる範囲が数十キロとなると、その水量というのは莫大な堆積になる。5mの波は防波堤にあたっても、とめどなく押しその運動エネルギーは果てしなくとまらない。

 言葉は同じでも、現実が違うなら「津波」という名前を変えるべき。
 「科学的にはどういう意味か」の筆者森博嗣は「超高潮」と言葉を選ぶ。

 ニュースでも初めて体験する地震の5mの津波がどういうものか、どれだけ危険なのか被害状況の客観性などが伝えきれてなかった気がする。そう考えると「言葉」の持つ意味をもっと真剣に考えるべきであり、自分なりの分析能力がどれほど大切か考えさせられます。

 ネットでいろいろな感想が流れる世の中。それがどういうふうに科学的に流れているか、そんなことに変態としては興味津々になる。FACEBOOKに流れる、こだわりのシェフのハンバーグ!という言葉はエアーコピーにすぎず、個人的感想、個人的印象の世界が今は蔓延している。おみくじひとつで気分も変わる。言葉も「科学」的な視野からみなければ・・。

 インドを廻った時に、ガンジス川のほとりで木で組まれた祭壇に、ひとりの年老いた老婆が火葬されていた。その炎が5mくらい上がり、人はこんなに燃えるのかとボクはため息をついた。その灰はガンジス川に流されお墓はないのだ。日本は高い戒名代金をはらい、お墓、仏壇と多額の出費をしいられる。それは文化であり、安心を産むのだからとやかくこれ以上言うつもりはないけど・・。「ことば」とか「習慣」とか「プロセス」を科学的に客観的にかみくだくことも思考停止にならないことへの道標だと考えさせられます。

 筆者が「科学とは、誰でもが再現できること」と定義していましたが、なるほどです。その言葉で、何か吹っ切れます。科学的にを取り入れることは。ひとつの「方法」ですね。

 ミラノに行くことがあれば、レオナルドダビンチの博物館を訪ねることをおすすめします、通常の観光コースにはありません。そこでダビンチが人は飛べるのかをテーマにメモを残し、動物の解剖をし筋肉を調べ、人体図、ヘリコプター、戦車などのスケッチなどを書いた「ダビンチメモ」があります。それとすごいのは、レオナルドは鏡文字(鏡に映してはじめて読める文字)で書いてるんですよね・・。なぜなのか??凡人にはわかりません。(笑)

 最後にダビンチの言葉で無理やり(笑)締めくくります。

「絵画とは、やがては滅んでしまう存在の美しさを留めておくことができる素晴らしい科学である」

シンプルさは究極の洗練である。

経験は決して間違えない。間違えるのは人間の判断だ。自分で実験してもいない結果を予測して、判断を間違えるのだ。

この宇宙には様々な形があり、様々な色があり、様々な性質を持った物が溢れている。だが、その全ては、ある一点に集約される。それは驚くべき一点だ。驚いたことに全ては必然なのだ。全ては自然の法則が働いた結果、必然として生まれた。一切、無駄はない。まさに奇跡だ

今日はこんなところです。

追伸
「人どうやったら飛べるのか」
 9月3日(水)夜7時に鳥人間コンテスト2014がありますが、最高に面白い。

 あとSeptember アース・ウィンド・アンド・ファイアもお忘れなく。

モンシロチョウの完全変態を考える。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。
メルマガ夏休み。2週間脳内プチバカンスでお休みいただいていました。

バレーボールを観ていて、ハイブリット6が連呼される。なんのことかわからんそんな気持ちだが、ハイブリットという言葉が革新的な空気を醸し出すもんだ。ちょっと面白かったのが、2セット連取された第3セット。ロシアのスパイクを止められず、ブロックしてもブロックアウトになるんで、ブロックしに行って、ブロックせずに手を下げたプレイ。監督からのサインなんでしょうね。そのスパイクは決まったのだけど、そこで流れが変わった。相手の頭に何をインプットさせるのか・・。スポーツは勉強になります。

さーぁ。アムロ行きます。再始動!!

フランス屈指の世界遺産モンサンミッシェルという島。潮が満ちていると島までの道は海中に沈み、潮が引くとその島までの道が現れる。島の中心には大聖堂や修道院があり、島は城壁に囲まれ要塞のように見える。

元添乗員が案内されたのは屋根裏部屋。窓を開けて屋根の上に出れるという、極上の部屋。燃えたぎるような夏の夕焼け、対岸に目を向けると無数の焚き火とテントのランタンの明かり。『ヨーロッパの人はバカンスの意気込みが違う。』あの光景は瞳のスクリーンに100年プリントされた。

人は孤独だ。家族がいても、恋人がいても死ぬときはひとり。

自由と孤独はセット。

そんな孤独を飼い慣らす良薬は、やはり旅ではないだろうか。箸休めのような瞬間は旅がにあう。

さて、2週間ほどネット活動をスローダウンして。養老孟司先生の本を読んでいました。ふとした疑問をえぐってくれるので好きです。

ヤゴがトンボに変わる際、ヤゴのパーツはそのままトンボに生きている。ヤゴの羽はそのままトンボに使われる。モンシロチョウは幼虫から、蝶になる時に完全変態で細胞を一度スクラップ。そこで、分化されていなかった細胞を徹底的に増やしていって新しく蝶の体をつくる。別人28号(笑)になる。

この現象をどう説明すればいいのか???

養老先生の仮説は、幼虫はキャベツの上をウロウロ、蝶は花の上をヒラヒラ。ある日幼虫の中に、蝶が住み着いて「仲良くやろうや」と話をつけた。片一方は地面で一生懸命太り、もう片方はヒラヒラ飛んで生殖活動に励む。こう役割分担を決めた。なるほど・・乗っ取りです。先祖は猫だった・・という場合も適用されるか(笑)

ダーウインの進化論がくつがえる・・。(笑)

そうだ、人はヒトではないものを体内に持っている。得体のしれないものが、体内にうようよいる。その細胞が覚醒せずに分化せずに眠っているだけ。仮死状態から目覚めさすには、自分の力だけではダメなのかも違いない。体内に、人と違う食べ物を挿入するのも面白い。変化はあるかも(笑)ボクは・・単純すぎる。(汗)

いやいや、癌で残り半年の命と言われたら、その夜人は生まれ変わるかもしれない。体が生まれ変わらなくても、精神は生まれ変わる。人を死ぬことを覚悟することで、安全地帯を放棄してモンシロチョウを受け入れるのだ。

ステイブ・ジョブズがipodを世に送り出した時に、その機体にはボタンがひとつしかなかった。(iphoneにある、おへそのボタン)バッテリー交換ができない。余分なスペースはスリム化の妨げになり、バッテリーカバーはデザイン性を台無しにしてしまうからだ。

「得たいなら、捨てろ。」ステイブ・ジョブズ

今日はこんなところです。

愛媛県大会 小松高校優勝 知将宇佐美監督の投手5人を使い20名全員起用で戦う一丸野球に感動!

ネタ帳ラボ!一期一会

 夏の高校野球 愛媛県大会の決勝!小松高校優勝
 一夜明けて、待ちに待った気持ちで(笑)愛媛新聞を読む。1行の記事がとても気になった。名将宇佐美監督が20名の選手全員を全員使いきったという客観的な記事だった。
 そこでふと思い出したのがJFL時代当時愛媛FCの監督だった石橋監督のことだった。当時石橋監督はシーズンで全選手をどこかの試合で必ず使っていた。2004年(2005年JFL優勝)のシーズンはJ2を目指していた。その中で唯一出場してなかったのが田村選手。そしてJ2を目指す最終戦でベンチに入れ、最後の最後に石橋監督は使ってきた。大丈夫か?と思う心配は無用だった、彼は渾身の気合のパフォーマンスを見せた。すごくよかった。
 その采配がいいとか、悪いとかはわからない。それでも監督が目の前の試合で、シーズンで選手全員を使いきるというのは”これは何かあるな!”と勉強になった。
 昨日の小松高校のベンチの空気はどうだっただろう?と想像する。控えの選手も俺の出番がきたら「やってやる」と自分の出番をイメージしながら準備万端だったに違いない。この空気感は地熱を高める。
 W杯オランダのファン・ハール監督も登録メンバー23名を使い切った。全員攻撃!ぜひ甲子園でもその魂を、戦い方を見せてほしい。1試合で投手5人を起用してくるチームは前例がないだろうね。ますます甲子園が楽しみです。

「静かな伝説」ワンダフルライフ 長渕剛

ネタ帳ラボ!一期一会

 おはようございます。 クレスト渡部です。

 日曜日の14時、達郎さんのサンソンにチューニングを合わせ、1曲目に竹内まりあ新曲「静かな伝説(レジェンド)」に心震える。この曲はソチ・オリンピック後、浅田真央さんをたたえたい気持ちから始まったそうです。コーラスが山下達郎、桑田佳祐、原由子というのがこの勇ましい曲にさらに力強さを与えて、骨にガツンと響きます。史上最強でしょ!どう考えても(^O^)/神コーラスです。

 この曲はフジTVの「ワンダフルライフ」のテーマ曲なんですよ。昨日の泉ピン子さんも、赤裸々でなんともいえませんでした。リリーフランキーさんって、リスペクトを常に持ってインタビューする。やっぱり言葉に力があって相手を引きずり出しますね。そのエンディングでこの曲が流れます。

 先々週はこの番組のゲストが長渕剛さん

 出会いは「オールナイトニッポン」南こうせつ氏のオールナイト・ニッポン(確か2部の頃)の「裸一貫ギターで勝負コーナー」だった。ひとりで弾いとんか?(笑)とうなりまくり、高校生はラジオを聞くことが多感な青春のエネルギーとなっていた。淋しさを背負ってくれるような、兄貴ソングがしみた。愛機ソニースカセンサーが僕の夜に彩りを添えた。ファーストアルバム「風は南から」の巡恋歌の歌い出しの「好きです、好きです心から、愛していますよと・・。」Em Am G B7を必死で練習した。(笑)

 番組で桜島のオールナイト7万5千人9時間コンサートのことを話してましたが、長渕剛を復活させた「STAY DREAM」をやはり思い出す。「尽きせぬ自由は、がんじがらめの不自由さのなかにある」という歌詞が好きや。

 長渕節が炸裂。「俺達は社会に投石をしなければならない」という、怒りみたいなものが本質にあるのが長渕魂。東北震災後すぐにラジオを再開し、自衛隊へ向けた激励ライブ”を行う。考える前にまず動け。難しいということ分かった上で・・・。

 「からだの中に染みこんでいくこれが歌だ。」

 SONGSでも見たけど・・泣けました。
 長渕剛 – 航空自衛隊松島基地 隊員激励ライブ_乾杯 聴いてみてください。
 

 コンサートが終わり

 「以上を持ちまして本日の公演は全て終了しました・・・・。」

 この影アナに長渕剛は激怒する、「冷たいんだよ・・。」なにか
 どういうふうにお客さまを気持よく帰してあげるか、もう少し考えようよ。

 たしかにその違和感は・・・いつもあった。

 誰かを最後に見送る・・。映画ならラストシーンになる・・。

 見えなくなるまで見送ってくれる・・日本の文化はすばらしい。

 玄関出ると、すぐにガチャンと鍵のかかる音の違和感もあれば・・。

 エレベーターで見送られるときに、ボタンを押してくれるやさしさもある。

 「静かな伝説」とはそんな気配りの中に潜んでいる気がします。

 今日はこんなところです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 >