ネタ帳ラボ!一期一会

高倉健さんの映画って最高すぎる。(^O^)

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

昭和のスーパースターといえば、長嶋茂雄さんと高倉健さん。

高倉健さんがなくなり「鉄道員」「駅」「幸福の黄色いハンカチ」と映画をむさぼるように観ている。高倉健さんの魂。この世にその残り香を確認するように。

映画を観ながらいつも思うのは、「真似できない」と感じること。到底無理。自分に応用できるなんて保障なんて全くない。でも一つだけいいことがある、その考え方や、思考、そして何よりその考えや感情を言葉でなく行為で見せるところ。

それは、こんな感じ・・・。

「幸福の黄色いハンカチ」で健さんが刑務所を出てビールを飲むシーン。駅前のラーメン屋。「ビールください。」店員に注がれたサッポロビール。グラスを握る左手が少しためらい、少しコップを回転させ何かを0.5秒で確認し。コップを両手で大事に包み込むように持つ。そして染み入るように一気に注ぎこむ。そして、一呼吸何かをもう一度飲み込み噛みしめる。吹き出された、小さな「は~っ」がシャバに出た実感をつたえる。

「幸福の黄色いハンカチ」高倉健さんが出所して初めて飲むビールのシーン

 

この映画には、このワンシーンがなくてはならない。さあ、これからどうなるんだろうと思わせる・・。その重みのあるシーンをかくまで演じきる健さんはすごい。
ウィキペディアを読んでいたら

1テイクで山田洋次監督からOKが出た。あまりにも見事だったので、山田が問い尋ねると「この撮影の為に2日間何も食べませんでした」と言葉少なに語り、唖然とさせた。

高倉健さんは、インタビューもほとんど受けず、テレビにも出演しない。映画俳優は普段の生活を見せてはいけないのだと思う。
人間には他者に見られたい「自分」というものが少なからず登場する。しかし、本来の「自分」とのギャップは、人が悩むテーマである。他者は「自分を」存在以上に大きく評価するだろうが、「自分」はそのギャップを誤魔化したりする。年をとると、誤魔化しがきかない。(笑)
人は群れをなす。自分一人が楽しくなってもダメ、その楽しさを誰かに知ってほしい。人が泣いていると、自分も泣きたくなる。誰かとの関係性の中で、他者との関わりの中で小学校から育っている。

ネット時代になりFACEBOOKで、自分のリア充を発信する行為を否定するわけではない。発信することによって、ドライブ感や勢いが生まれてくる。ただ、あれを見過ぎるとダメだと最近思う。(笑)ネット空間から得るものが最近多すぎて、自分の変化や成長に鈍感になってしまう。
高倉健さんの映画を観ながら、すこし「現実の自分」に帰化しているのではないか、そんな気がする。
映画ってすばらしい。
今日はこんなところです。

錦織圭の活躍が、テニスブームを呼びこむ!

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

錦織圭選手のテニスが、テレビ朝日で生中継され日本はテニスブーム復活の兆しが見える週初めであります。思い起こせばテニスに興味を持ったのは「エースをねらえ!」というスポコンであり、コーチとの恋物語という源氏物語的漫画でした。大学時代は砥部の運動公園でよくテニスをしたものです。

日本人というのは、こういうブームには世界一敏感でございます。世界のネットの書込みの内70%が日本語という数字が裏付けるようにレスポンスは世界最速。言い換えれば変わり身も速い。(笑)

日本人は光源氏を筆頭にした、源氏の血をひいた部族が、戦いと共に島国という日本に散乱しています。平氏が落ち武者となった時代、その近くには必ず源氏が派遣されその勢力の復活をSTOPさせるように国が伸びてきたのではないでしょうか?もう少し本を読んでみなければわからないのですが、そこが文化をつくったような気がしています。

日露戦争が終わり、明治になった時に富国強兵、殖産興業と外国のものを、アジアで唯一欧米を取り入れたお国柄は、脈々といまも流れています。猿真似と言われようが、何が何でも負けてなるものか・・貧困の中で国家を思った、日本人の気品あるれる強さが、この国の誇りです。

思えば、日本は中流階級が非常に多い。お隣さんと比べられてしまう、だから負けないように自然競争が起きるのではないでしょうか(笑)それも大事です。

バブルの前辺りから、テニスというのはブームでありました。デカラケというのが流行りましたが、あれはテニスが旨くなった気分になるのですが、なりません。見栄っ張りは、使いません!(キッパリ)必ずテニスラケットを持つ手に、リストバンドをして、あまり痛くもないのにテーピングしたり、忙しいのです。
見栄というのは、日本独特のすばらしい文化かもしれません。
特にテニスというのは、男女でできるスポーツ。カッコイイところを見せられる格好の舞台を演出します。「テニスコートの出会い」は憧れです。

錦織圭という、すばらしい格闘家が今日本にブームを呼び込んでますね。

さあ、週初め。ファーストサーブ!

見栄っ張りは、コートから溢れ出るようなサーブは打ってはいけません。正体がバレてしまいます。ファーストサーブはネットにぶつけるような気持ちで、叩きつけて打ちます。

「チッ!」と舌打ち。「今日は調子が悪い」と見栄をはる。

それも、いとをかし。  であります。

今日はこんなところです。

錦織圭マレー選手を破る!ガッツポーズのコントラスト

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

深夜にワールドツアー・ファイナルにて錦織圭選手のテニスをBS朝日で観ながら(なぜ地上波でやらないのかという疑問を抱きつつ)、そのプレーに興奮でしばらく寝れない夜を過ごしました。

錦織圭選手はマレーのバックハンドをつく、クロス対クロスでいつもなら途中でストレートに持って行くのに、自分のコンディションと会場の独特の空気とプレッシャーを身体になじませるまでは、正攻法を貫く。動かない・・。野球で内角を意識させて、外角で打ち取るような事はせず、内角勝負を貫く、得意のドロップショットも封印していた。そのストイックがたまらなかった。

一方、ファーストサーブが入らない錦織選手に対して、四天王マレー選手もセカンドサービスに対しては、常に前に出て相手の心理陽動作戦にでる。流れはどちらに転ぶのかわからなかった。

スローペースのマリー流のラリーに持ち込まれそうな展開で、相手が打ち込むバックハンドを回りこんで叩く強烈なフォアが流れを変えた。廻りこんでの逆クロス!脳細胞をノックした戦いでありました。

そんな戦いを観ながら。「プレッシャーは飼いならさなければならない」、狂気までも飼い慣らせば「リスクをリスクを思わない。」と思いました。
ちょっと話はそれますが、解説の松岡修造さんが圭のガッツポーズが出てきたと

きに、それを褒めてました。※修造さんはガッツポーズが好きですが(笑)

果たしてガッツポーズについて、みなさんはどう思いますか。

このガッツポーズとやらは柔道、剣道、相撲などの武道は、礼節としてじられている。王さんもホームランを打った時は記録更新の時にだけしていたらしい。落合さんも控えめだった。メジャーリーグには「過度にガッツポーズをしてはいけない。」というUnwritten Rulesがある。田中投手のガッツポーズも議論がおきた。

様々な意見があるでしょうが、勝負事にはコントラストがあってほしいもの。そのコントラストの有り様が一般大衆の面白みのひとつなのではないか。

松岡修造さんが圭のガッツポーズを褒めたタイミングは、秀逸でした。解き放たれた緊張感を感じた瞬間がそこにあったからです。それを天性のカンで救い上げた瞬間でした。

派手なガッツポーズに善し悪しがあるのはもちろんですが、そのコントラストを大衆が見る画面の中でいかに解説者が思い、取り上げるかそんなことを思いながらまた次も楽しみに錦織圭選手のガッツポーズを観たいと思います。

軍師寛兵衛みて本当に秀吉は気が狂って朝鮮出兵したのか?

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

日曜日の夜は、黒田官兵衛を見るのが楽しみ。

 

日本のドラマでは、秀吉が気が狂って韓国を攻めたように描かれているけれど、どうも滑稽です。諸説ありますが、少しだけ本を読んで個人的な持論としては、しっくりきません。

 

 

当時のヨーロッパは植民地を求めて世界に航路を開き、コロンブスのアメリカ大陸発見から、スペインは地球儀を塗りつぶせば世界の80%を植民地化。宣教師を世界に派遣し、軍を送り込みました。

 

 

それでは日本はなぜ植民地化されなかったのだろう?

 

 

応仁の乱以降、武士が力を持ち。戦国時代であった。気持ち高い武士がそこにいるのを見た外国は、「あなどれない」と思ったのか。

 

 

これが平安時代だったらやばかったかもしれない。そして面白いのは、その平安時代という平和な時代が、文字という文化を高めた(これは江戸幕府にもいえる)。文字が読めるというのは最大の武器である。

 

 

そして、律令制の時代から中国の科挙を取り入れなかった。中国や韓国はドラマでみますが、科挙に合格したもの(選ばれたもの)が宮中に入り、いわゆる選ばれた文系が国をおさめる。日本は、なぜ取り入れなかったのだろう。この判断を下した人は天才かもしれない。いや・・取り入れよいうと思ってもできなかった深い歴史背景があるに違いない。(笑)※思えば今の日本の憂鬱がここにある。

 

刀狩りを行い、百姓から立身出世した秀吉がいる日本。かくして、そこに気高い武士がいる。文字が読めて、楽市楽座で物が動き、人口も多いし密度も高い島国(愛国心も高い)を異国の人はどうみたのか?もっと調べてみたいものだ。

 

 

おまけに、鉄砲が伝来すれば、分解してそれをつくりあげてしまう器用さとスピード感は外国を驚嘆させた。日本は当時鉄砲の数は世界有数であったらしい。

 

 

当時スペインは外国航路を開きアジアに交易を求めていた。日本という国に目をつけたが一筋縄でいかなさそうだ。そうなると中国を攻め元寇のように大群を送り込もうと考えた、日本にしてもスペインだけの侵略は怖くないが、それが実現すると大群が押し寄せてくる危機となる。

 

 

そこで秀吉は危惧し先に16万もの大群を朝鮮出兵に踏み切った。イギリスも後に香港という拠点をつくった。思えば坂の上の雲でロシアの南下攻撃を防ぐために、旅順がその舞台となった。大きな地球という碁盤の中で、陣地を侵略されないためには、相手に切り込んで布石を打つ。そんな大局観を戦国時代の中で当時の大名はからだの中に染み込ませていたはずだ。

 

そうなれば、この国のかたちを思う心こそが、朝鮮出兵に動いた理由ではないか。そんなことを想像してしまう。

 

この連休に坂の上の雲をもう一度ビデオで見ました。

 

正岡子規は、背中に穴が空き、包帯を変えてもらうとき死ぬほど痛い。そんな時にアメリカに向かう秋山真之が訪ねてきたシーンが印象に残りました。メルマガネタにそのシーンを書き起こしました。(笑)

 

(子規)じゅんさん、日本人は猿まねの民族と言われとるが、外国に行っても卑屈になってはいかんぞな。西洋とて模倣を繰り返してようやく猿マネが終わったとこやイギリスもフランスもドイツもロシアもまねし盗み合い文明を作り上げた。西洋はそれを15世紀にやって 日本は19世紀にやったという違いじゃ

 

(真之)アメリカはそういう連中の吹き溜まりじゃ

(子規)そうやって飲んでかかればいい、日本人がどれだけの吸収力があり、消化力があるか誇ってやればいいんじゃ。日本には大きくて深い皿がある、そこにのっかるもんがいろいろあるんが日本の面白さよ。そういう国を滅ぼしてはならん。国が滅びることは文化滅びることじゃ

(子規)じゅんさん、わしゃあとどんぐらい生きられるかわからん。じゃが、ワシが死ぬまでにやり遂げようとすることを無駄にならんようにしておくれ

(真之)「よし引き受けた」

そしてあの名句が産まれる。

君をおくりて、思ふことあり、蚊帳に泣く

 

このシーンは泣けます。心が痛み、胸をつかまれる。そして坂の上の雲の冒頭のナレーションに戻ります。

 

まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。

 

「小さな」といえば、明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。

 

産業といえば農業しかなく、人材といえば三百年のあいだ読書階級であった旧士族しかなかった。明治維新によって日本人は初めて近代的な「国家」というものを持った。

 

誰もが「国民」になった。不慣れながら「国民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者として、その新鮮さに昂揚した。

 

この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。社会のどういう階層の、どういう家の子でも、ある一定の資格をとるために必要な記憶力と根気さえあれば、博士にも、官吏にも、軍人にも、教師にも成り得た。

 

この時代の明るさは、こういう楽天主義から来ている。

 

今から思えば、実に滑稽なことに、コメと絹の他に主要産業のない国家の連中は、ヨーロッパ先進国と同じ海軍を持とうとした、陸軍も同様である。

 

財政の成り立つはずがない。が、ともかくも近代国家を作り上げようというのは、元々維新成立の大目的であったし、維新後の新国民の少年のような希望であった。

 

 

この物語は、その小さな国がヨーロッパにおける最も古い大国の一つロシアと対決し、どのように振舞ったかという物語である。

 

主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれないが、ともかく我々は3人の人物の跡を追わねばならない。四国は、伊予松山に3人の男がいた。

 

この古い城下町に生まれた秋山真之は、日露戦争が起こるにあたって、勝利は不可能に近いと言われたバルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、それを実施した。

 

その兄の秋山好古は、日本の騎兵を育成し、史上最強の騎兵といわれるコルサック師団を破るという奇跡を遂げた。

 

もう一人は、俳句短歌といった日本の古い短詩形に新風を入れて、その中興の祖となった俳人・正岡子規である。

 

彼らは明治という時代人の体質で、前をのみを見つめながら歩く。上って行く坂の上の青い天に、もし一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。

 

彼らは明治という時代人の体質で,前をのみを見つめながら歩く。

 

上って行く坂の上の青い天に,もし一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば,それのみを見つめて,坂を上っていくであろう。

 

今日はこんなところです。

生涯青春 渡部雅泰

「顧客満足は忘れられる時代」から持論を展開

ネタ帳ラボ!一期一会

今日の話題は「顧客満足は忘れられる時代」から持論を展開(笑)

 

コンビニではお弁当など500円から無料配達してくれる(翌日配達ですが)、スイーツはコンビニで買っても満足できるレベル。AMAZONではなんでも安く買え、すぐ手元に届く。お客さまの評価までが売上を左右し「便利があたりまえ」の時代。中古も有り。通販では、安全・安心の担保率が高い。

 

我らが住む日本では「価格」「時間」などの分野ではすでに充実したサービスが、成熟を迎えている。飲食店でひざつき接客でメニューをとって頂いても、お店の前で見送ってもらえても、昔のような感動の度合いは下がっている。言い換えれば、インパクトが薄れている。もっと言えば、人間は忘れる動物なのだ。「記憶に残るかどうか」が勝負の分かれ目かもしれない。

 

成熟した時代をどう生きるのか?

 

これからは心理学的なモノを勉強しないといけないのかもと考える。「いいものではないかと思う。」その心理。何かひとつ、個性があれば売れるのではという妄想からくる、非効率なオリジルというような胸の高鳴りのようなもの。

 

ドイツでは増え続けるゴミの量に、量り売りという分野が新しく出てきたと朝のNHKのニュースザッピングでやってた。珈琲や油など必要な分だけが量り売りされている。ちょっと斬新的。(^O^)

 

今日はこんなところです。

 

PS 日本シリーズ面白いですね。

ご贔屓のチームが日本シリーズに出るというのは楽しい。
オイラは根っからのホークスフアン。

テレビを見ていたら「緑色の南海ホークスのユニを着ているおっさん」を発見。
大阪球場の頃からコテコテの難波の臭がするファンだった。
なんか急に元気が出た。(笑)

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >