ネタ帳ラボ!一期一会

「2015年、日本人女性の2人に一人は50才以上」から展開

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

いよいよ出会いと別れの卒業シーズンとなりました。

故郷というのは、大地に足がすいつくような場所。

そこから春は運命を抱きしめながら、巣立ちの時ですね。

僕が旅行会社に就職した時に、会社の寮に入ったのですが

そこは埼玉の蕨市で人口密度日本一の市でありました。

「まわりに頼る人なし」の状態でスタート

よくよく考えれば、生き物としての勘が

人生の中で一番冴えた時だったように思います。

さて今日の話題は

「2015年、日本人女性の2人に一人は50才以上」から展開です。(^O^)
※現在の日本人女性の平均寿命は86.61才ですからね、少子化だしうなずけます。

http://goo.gl/kCIJVQ

そして8年後の2023年には人口の1/2が50歳以上になると予想されてます。

小生も10年先を見通しながら、あの新入社員の時のように

野生の生き物として、今こそ時代の未来の空気を嗅ぎわけねばと

気が引き締まってます。

女性はアラフィフで輝く時代であることは間違いない。

キーワードはなんでしょう?3つくらいあげると・・・

僕だったら

「年寄り扱いされたくない」

「子供に迷惑はかけたくない」

「元気キープ」

ライフスタイルも変わるでしょうね、シニア層が分厚くなれば

日本全国早起きになるでしょう。(笑)逆に、夜の商いはピンチです。(汗)

コメダ珈琲みたいなモデルがいいのかな?

「健康」「介護」「旅行」「孫のために」は誰でも考えるでしょうね。

「シニア&シルバー層は、スーツは着ない、節約も得意

そんな人達の居場所はどこになるのだろう?

会社を辞めて毎日行く所のなくなる大人の行動を先読みしなければなりません。

そんな人があふれまくる時代、第2の人生の居場所を探す時代。

それでいて「まわりに頼る人なし」の状態ともいえます。

1つ目のキーワード「年寄り扱いされたくない!」これは、すごく根底にあると思う
んですよね。

例えば、僕はもう1回、学校に行きたいと思うのではと考えます。

勉強、学びは人としての最大のテーマだと思います。

そうすると、毎日が暇なことは解消されます。ここが大きい。(笑)

受け皿はものづくり大学。コトづくり大学でもいいじゃないですか

60歳以上の人を束ねるのは、えらい大変そうですが(笑)

この力を、若者とダッグを組んでやれば面白くなるような気がします。

四国では四国八十八カ所というのが

人生の大学のみたいになるようなコンテンツを考えるのも面白い。

未来を見ても、これからは

50年後には、2.5人に1人が65歳以上という内閣府の統計があります。
http://goo.gl/pZDbI

もしいま日本で本を出すなら「シニアの品格」について語る本が面白そう・・。

そこには2つ目のキーワード「子供に迷惑はかけたくない」という謙虚な品格が。

どこかの国とは違い、親の面倒を子供が見るという宗教的な考えもない。

親は子供の幸せを願い、小遣いなんていらない。多少は期待する。(笑)

たった電話1本、はがき1枚にとても感動します。
うちの母親は、孫が入学したりする節目には必ず赤飯を今でも炊きます。

「とりにおいで」と1本の電話があります。
敗戦、震災という復興を成し遂げてきた歴史があるのが他国と違う。

調子こいて失敗したバブルも知ってます。

それをバックボーンにした知的なシニア世代が見守る世の中がきます。

さて、最後の3つ目のキーワード「元気キープ」

生老病死の人生で、やはり孤独というのが問題だと思います。

週末 伊集院静さんの「無頼のススメ」を読もうと思って手元にあるのですが、まだ読んでないのが残念。

孤独のグルメというテレビ番組が人気ですが。

今の僕達の世代から、孤独を飼いならす訓練が必要なんだと思います。

江戸時代3000もの藩主の中で、米沢藩上杉鷹山はナンバーワンと語る人が多い。

そのなかで興味深いのは介護休暇制度。(実家の父母・隣組や近所の者の看病であっても)
元気キープのためには、親孝行をするようなシステムを社会で廻す。

シニア層はなんで動くのだろうと思うと、きっかけは「親孝行」でいい。

くすぐりまくるんです・・・なりませぬなりませぬと思いながら(笑)

財布の紐もゆるくなります。(笑)ドラマが始まる予感がします。

瀬戸内海に小石を投げるようなものですが・・

「雨垂れ石を穿つ」の精神で・・。

今日はこんなところです。

”僕はラーメン一杯でもおいしく食べる方法を編み出しています”

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。

久しぶり、週末に読書。

ややこしい本を読んだあと、なぜか本屋で目についた

松岡修造さんの本を読む。

日めくりカレンダーは買ってないけど(笑)

当たり前のシンプルな言葉なんだけど

とても、心が柔らかくなりました。

 

”僕はラーメン一杯でもおいしく食べる方法を編み出しています”

 

これって結構、参考になりました。

他人にとってはどうでもいいことかもしれません。(笑)

でも、おいしく食べてもらうと作り手には笑顔が生まれますよね。

果たして、受け手である私たちは何か工夫をしているのだろうか?

という疑問に突き当たります。(笑)

 

ここを磨いているのが、松岡修造さんなんでしょうね。
(くいしん坊! 万才でてますからね。)

 

食べるときのため息、うなずき、うまいと・・・鼻の穴も開くはず、目もまるく開く

特別なときは、体がブルッと震えてしまう。

解説者というのは、受け手の料理人

錦織圭の試合で「カモン ケイ」というヒトコトだけで

テレビの前が引き締まる

それと、なんだか笑えるものが満載なのが解説者として素養なのかな?
さて、その本の最後に修三さんが書いていたいたのは。

 

朝、鏡に向かって誓え!

鏡のなかのもう一人の自分に強い気持ちでしっかり伝えろ。

その呪文のワードは

「できる!できる!」

そして

「これでいいのか?」

忸怩たる思いで、やってみます。(笑)

 
 

最近、iphoneで音楽を聴くのが少し飽きてきました。

シャッフルしてきくのですが、所詮が自分のリストの曲。

やっぱり、ラジオというのは

突然いい曲が流れてきて、心を揺さぶる

すごい発電機だと思う朝です。

 

今日はこんなところです。

コンテンツこそが世の中を変える。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

シーナー&ロケッツの名曲

You may dream(1980年)
シーナさん(61)の訃報にふれ、久しぶりに聴きました。

You may dreamは大学の時に女の子バンドが演奏していました。

あの頃が思い浮かびます。

 

SONYのスカイセンサーという、青春発電機で僕の夜はつくられ
高校の頃、この曲が夜のRADIOからかかって来たのは真夜中だった
「それが私の夢・・」 というリフレインが今も叫んでいる

 

大学の頃、どこかの「めし」屋さんで食事をしながら食事をした時。この曲が流れてきた。目の前のテーブルの上にやかんが置いてあって、中に麦茶が入っていた。「なんか、この黄金のヤカンがロックやな・・・。」と誰かがいったのを何故か記憶している。(笑)

※道後温泉には、湯上がりにこのアルミの黄金のヤカンにお茶が入っていて、いつも昭和哀愁がしていたのだけど、大晦日に行ったらなくて残念からげた。

 

あの頃、ラジオから流れる曲が、ロックンロールが

一瞬に日本の片田舎の高校生の心臓をわしづかみにした時代。

シンディローパーもアーハーも、ラジオから飛んできた。
今は時代は夜はFACEBOOKやLINEかな。(笑)

そこには日本では形をかえた個人発信のロックンロールが内蔵されている。
特に投稿が食事の写真が日本ではやたらおおい。でもよく考えるとそれだけアレンジされた多様な個性のある料理が多いともいえる。日本人は感想を書くのが好きで、役に立つ情報をシェアして楽しむ。MIXIでディズニーランド大好きのトビが有名だったけど、ともかくマニアックだけど、それゆえ好きな人はハマってしまう。そこには、自慢にも似たものがあるのだけど、匿名性が安全を担保させ、ニックネーム制度が本音と建前を両立させ面白い世界や広場をつくった。
日本の片田舎の高校生の心臓をわしづかみにするのは、コンテンツだ

それが、文化をつくるようなものであってほしい。
田中角栄元総理が大多数の反対を押し切り民放34社に一斉免許を与え、テレビ産業の拡をもたらし、日本コンテンツの大本となる産業を成立させた。(中村 伊知哉 著)と本で読みました。これは、理想や理念を掲げる政治家にはできない、民衆が望んでいることを、即断即決で実施できる男のナセルことですね。あ・、実利主義もあるでしょう。(汗)しかし。これが世の中をどれだけ変えたかと思うと、いまコレと同じことができないかと考えます。
今まで受け身であった、個人が発信できる時代。政府は様々な補助金が出しているけどもっとダイナミックにコンテンツをつくる産業を支援してはどうかなと思います。

 

なにせ・・国民にはスマホという受信機があるんですよ。(笑)教育などのコンテンツを、無料でもっと提供すれば世の中が変わるのでは。ネットでは無料と安心がブームを生むテーマであります。
愛媛マラソンの南海放送の6時間中継を見ながら、手抜き感がない愛あふれたコンテンツだから20%以上の視聴率を生み出した。

サイクリングもロックンロールする、ドライブ感のあるコンテンツをスマホに流すべきだと思います。

スマホ時代になり、高齢者がスマホを見るための理由がいる。

それもコンテンツだと思います。

 

誰がつくるのか・・どうつくるのか?議論する場と、クリエーターを引っ張ってこい!です。

企業も社内に向けても、社外に向けてもコンテンツを発信。

 

それが、片田舎の高校生にロックンロールで届くものであってほしいと願います。

You may dream!
今日はこんなところです。

受験シーズン到来で考える事

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

 

悪天候の中行われた第53回愛媛マラソン。参加者の皆さんお疲れ様でした。

 

ボランティアの皆さんの献身的な参加には頭が下がります。

 

特に知事と市長が参加することで、大会運営が組織化される効果はでかいですね。全国のどこにもない6時間のテレビ中継というマスコミのとことんやる気合が、この熱気を下支えしていることは間違いありません。愛媛新聞のコメント取りと写真も秀逸です。電波は伝播でなければ。

 

さて、いつも歴史の話題に執着してきたのでたまには違う話題でメルマガを・・。

 

愛媛マラソンが行わる中、受験生にとってはまさに正念場。
(インフルエンザだけはご注意ください。)

 

思い起こせは、小生はセンター試験の前の、共通一次の2期生。

 

マークシートという見慣れないものが登場し、2Bの鉛筆で確実に塗りつぶすことを指導され(笑)、共通一次終了後はなれない自己採点とやらを課された。この自己採点が二次試験の大学選択に大きく左右されるわけだ。

 

どの点数で通るかは、大手の予備校などの商業的な見解が用いられ判断されてしまう。それは屈辱とも言える冒涜ともいえる。

 

昨年2020年にはセンター試験に替わる新たなテストの導入される答申が出された。

 

▽今の大学入試センター試験を廃止して、知識の活用力を問う新しいテスト「大学入学希望者学力評価テスト」を導入し、年複数回実施する。

▽高校在学中に学習の到達度をはかるため「高等学校基礎学力テスト」という新たなテストを設け、進学や就職の際の学力の証明として使えるようにする。

▽大学は、個別試験では、筆記だけでなく、小論文や面接、志望理由書など様々な物差しで学生を丁寧に多面的に評価するとともに、どんな学生が欲しいのか、そうした学生を選ぶためにどんな試験を行うのかを明らかにする。

功罪、悪罪両方とも含んでいるな・・・。

 

今の大学生は、奨学金という名の学費ローンに追われている。親の負担もでかい。

 

根本的な原因はマークシート試験になり、自己採点し、入れる大学が大体わかり、大学の序列化が明確になったこと。このランキングを変えることはできないのか、例えば地方大学でも成績上位で入学したら授業料無料、毎月5万円の生活費支給などとすれば優秀な生徒が集まるのでは・・・。海外の学生にも門戸を開いて・・。

 

将来の夢を学生に見させる力は、今の大学にはないかもしれない。

 

しかし大学4年間のなかで下克上的な(笑)養成はできないものか?

 

変革を求める教授は自信の大学の授業をWEBで公開できるようにしたらどうか。

 

マスコミも独自の大学ランキングを公表したりする工夫しても面白いのでは。

 

ネット販売で価格勝負になると勝てません、一番いいのは独占販売(笑)だけど、大事なのは価格をわからなくすること。小分けにしたり、アソートにしたり。手間がかかりすぎて、相手が真似できないなど・・・活路はたくさんある。

 

いままでのやり方を変える必要がある時代。

 

「嫌われる勇気」岸見一郎さんが面白いことを・・・

 

夫が浮気をしていたとし

「どこいっていたの?!」と怒鳴っているのに、ちっとも改善しない

それまでのやり方を変えてみるしかない

「お疲れさま」とお茶を出せる“勇気”を持てという(笑)

 

 

こんな授業をしてくれる大学は、行きたくなる。

今日はこんなところです。

 

イスラム国のニュースを見ながら、こんなことを考える朝です。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレスト渡部です。

 

イスラム国ニュースを見ながら、こんなことを考える朝です。

歴史上、宗教戦争はたちが悪い。聖地奪還、異教徒へ攻撃、理性がコントロールされ、無謀な戦いとりました。

 

十字軍遠征ではローマ教皇はエルサレムを奪還。すべてイスラム兵を殺し、略奪を行う。イスラムも再び聖地を奪還。そ歴史は繰り返されました。

 

20世紀にはユダヤ人が、パレスチナに移住し(ナチスユダヤ人迫害)。国連総会でパレスチナを、アラブ国家とユダヤ国家に別れることが採択。これが、アメリカ大統領意図が強く反映され(アメリカでは選挙があるでユダヤ票が必要)、移住してきたユダヤ国家(国土56%)に有利なもで、長年住んできたパレスチナ人は砂漠に近いところを与えられました。ユダヤ人が一方的にイスラエル建国を宣言すると再び中東戦争へ。

あと、アラブ諸国を巻き込みスエズ問題、第一次オイルショック、長年にわたってパレスティナ人諸勢力をまとめてきたアラファト議長が死去。イスラエルは過剰なまでに戦うことで国家を保ち、後ろ盾となっている米国が鍵を握っています。

 

思うんですよね、土着というか。慣れ親しんだ場所を侵略されるというは戦いになる。人は大地に足がしっかりついてないと、落ち着いて暮らせないんじゃないかと。

 

日本は大きな宗教戦争というを経験していない、鎖国で宗教を押し付けないオランダや清、朝鮮とだけ交易をした。1639年からペリーが来る1853年まで鎖国約200年という歴史がこ大きな土台なかもしれません。

 

島国で民族と言語が一致しているは、相当にすごいことです。

 

そして拝金主義的で海外に企業は拠点を移し、愛国心が失われそうな国家になりそうなところで、あ東北大震災が起きた。日本人は凍眠から目覚めた。東北大震災日本人振る舞いに、世界が振り向き、興味をもった。

 

日本がそろそろ輝き出すか?そんな小さな芽はあるか?

 

東北大震災でなくなった方ためにも、復興が壊れたもを直すだけでなく、家族や地域絆、大和魂をとりもどす契機とならなくてならない。

 

円安になり、企業は日本に拠点を戻し、旅行者は日本へ訪れる数が圧倒的に増える気配。日本ブーム到来予感を感じませんか?

 

2020年東京オリンピックに向けて、ドラえもんをキャラクターにでも使ったら爆発するではないかとかんがえる月曜日朝。(笑)

 

日本を僕を変えるは義理、人情、恩返し (^_^;)

 

今週も頑張りましょう。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >