ネタ帳ラボ!一期一会

生涯青春

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。
「花散らしの雨」のタイミングが悪すぎる週末・・。

桜の花はスケールが違う、なんという爽やか彩り、青空との重なりはなんともいえない。入学式は晴れますように(^O^) さて、今週は水曜日に松山倫理法人会で「生涯青春」について語らせて頂きます。

 

  僕の人生の座右の銘は「生涯青春」、親父から引き継ぎました。

 

親戚の甥っ子の結婚式でメッセージの色紙が廻ってきた時のことです。僕は何を書くのか興味津々でした、放送局で技術屋の親父が何を書くのか?「努力」とか「根性」みたいなモノを想像していました。親父からその色紙が僕に回って来た時に、その色紙に「生涯青春」と書いていたのを見て、熱いものがこみ上げてきて涙しましました。

 

堅物の親父への長い間の重りを降ろしたような気分でありました。小学校3年の父親参観日で鼻くそをほじっていて、殴られて以来、親父と心のなかで距離をおいていたのかもしれません。今考えると、親父から買っもらったものが、僕の青春を爆発的に盛り上げてくれました。

 

最初の青春発電機は中学生の時。SONYのスカセンサーというラジオです。よく聞こえるように、20mのアンテナを親父が張ってくれました。

 

地元の中学生が南海放送の節度を守った夜をきいている時に、谷村新司のセイヤングでエロを知り(笑)、オールナイトで1対1に向かい合う夜を過ごしました。谷村さんは、ビニ本コレクターで5000冊位持っていたそうで、その話になるとなぜか、鼻息が荒くなり・・・この世ならざる話に吸い込まれてました。恋も、心を剥がされる夜もラジオで学びました。

 

もう一つは、親父が旅行会社に入った時に買ってくれた分不相応のゼロハリバートンの銀のアタッシュケースです。
持っているだけで、輝きを放ち。人を魅了する魔力を持っていました。旅行営業マンの渡部=銀のアタッシュというイメージはいろいろな場面であった人の記憶に自然に残っていくのです。

 

下世話な話ですが街を歩いていると「分不相応」な彼女を連れている光景にたまに出会います。

 

そこにはあるのは、凡人をつき動かす野望、身の程をわきまえない野心(笑)必然的に「分不相応」に突っ込んでいく人生となりました。

 

旅の話や、愛媛FCボランティア、選挙の応援、起業のはなし「青春とは」孤独がセット。たった一人の熱狂体験を語りたいと思います。
踏みしめる スタートライン
何度でも・・・

松山東高校甲子園出場に思ったこと

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

先週の話題といえば、やはり松山東高校の選抜甲子園。

8回裏に東海大四高校に逆転を許したが、

松山東高校の亀岡投手の投球にボクは胸を鷲掴みにされた。

亀岡投手の逃げない真っ向勝負は気持ちよかった。

 

インコースをせめる直球。

極めたい道がそこにあるんでしょうね。

”迷ったらストレート勝負”か・・・

青春であります。それでいいのだ。

「逃げたらあかん」

”当たって砕けろ”そうしないと人間は再生しない

 

そして何より全国を震撼させたのは、松山東高校の卒業生OB・OG応援団

アルプススタンドは早々に人で溢れ、内野、外野も緑のスクールカラーで染まる。

地鳴りのような応援。相手投手の背中の状態が知りたかった。

 

初戦、二松学舎大付(東京)の試合、データ班が活躍したとの記事を読んだ。

”ハイライトは4―4の7回1死一塁だ。データ班から「けん制は2球連続でこない」

と報告を受けた清水が果敢に走って二盗に成功。酒井の左前適時打で決勝のホームを踏んだ。”

松山東高校といえば、正岡子規も有名ですが、秋山真之だってそうですね(中退)。

うすい記憶だけど、坂の上の雲を読んでいると、江田島で伊予の後輩を集めて試験で

どこが出るか教えたというのを覚えてます。それからの海軍での活躍はご存知のとおり。

その原点は、松山中学にあった最新の洋書や古典があり、それを読んでいたとのこと。

うーん。歴史のDNAと言うのは引き継がれるんでしょうね。
孫子いわく 「算多きは勝つ」

 

松山東高校の選抜甲子園は

野球王国愛媛の歴史、文武両道、島国愛媛に熱狂をつきつけた。

マスコミは、このあと特集で松山東の番組をやるのであろうか?

新聞は再びこの熱狂をレポートするのであろうか?

それは、見たくないなと思うし、見るつもりもない。

熱狂とは、孤独でなければ面白く無い気がする。

何度も見せられたら、熱狂は薄れていき

胸の中に放たれた、魂の熱量は消えていく。

松山東高校のデーター班も、更にそこを極めるより

それを捨ててしまって、データーなしで

夏の県予選を戦ってほしいものですね。

出会いと別れの桜の季節

踏みしめる、スタートライン。

何度でも・・・。
今日はこんなことろです。

孫子いわく「勢いをいかに生み出すか?」

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。
石手川も桜のつぼみがみられ、いよいよお花見シーズンですね。

しかし、道後公園、石手川講演も火気厳禁でバーベキューはダメになりました。

一度夜桜で、弁当を仕出しで頼んでやったことがあるんですが、

巻きずしはカチカチ山で(笑)、刺し身もプリプリ感がない。
あまりに早く食べてしまって、かなり時間を持て余す。

弁当に向かい食べるので、会話が少ない。花見自体に、勢いがなくなる・・。
新しい花見スタイルを編み出さなくてはですね。

さて、五木寛之著『下山の思想』を読んだのは少し前のことです。

あれだけ絶好調だったった、薄型テレビのシャープが崖っぷちに。

平和な時代が続いて、経済が好調だとデフレになり、大衆にモノが行き渡ってしまう。

山登りは上りも下りも50:50。下りも楽しめる。夕焼けもある。

成熟期から、減速するときにブレーキの使い方次第でも、人生は変わりそうですね。
さて、月曜日に思うのは、1週間は登山のようではないかということ。

ちょうどその真中、山頂は水曜日。

21歳の夏、大阪の南港から2泊3日で沖縄まで行きました。

貧乏旅行で恩納村のムーンビーチという近くの民宿に泊まり、

夜は、ホテルのビーチにおじゃましたら野外で「BIG WEDNESDAY」の映画。

サーファーの連中の真似をして飲んだコロナビールが、灼熱の夏の夕暮れで火照った

ビーチにお似合い。コパトーンの甘い香りがなんともいえません。

夜なのに体に塗りつける青春。(笑)

「サーファーは波を見極める。」

結局はうまくなるまで、何本波に乗ってきたか!でしょうか。

水曜日にやって来るという世界最大の伝説の波“ビッグ・ウェンズデー”

みなさんの一週間の波のピークはいつでしょうか。

いつもピークだと波になりませんね。
いかに波にのるか?孫子いわく 「勢いを、いかに生み出すか。」

ここで質問です。
正面に相手の大群がいます。
あなたの後ろ後方には丘があります。右後方、真ん中、左後方

どこに陣を張りますか。

Thinking time! (笑)
孫子いわく、右後方の丘に陣をはれ。
なぜ??
丘から攻め降りると、勢いが出ます。

それを最大限の力にするには右後方の丘。

なぜか?
人は右利きが多いからです。右手側に相手がいると切り込みやすい。
なるほど、合点がいきます。
よく戦うものは 之を勢いに求めて 人に責めず(もとめず)

「なるほど」と言いながらNHKアーカイブを観た週末でした。

(余談)

このメルマガを山下達郎さんの「BIG WAVE」を聞きながら、書いているわけですが

発売曜日が気になり見てみると、

1984年6月20日 BIG WAVE
2014年7月23日 Big Wave (30th Anniversary Edition)
※調べたら・・発売日は水曜日でありました。
当たり前か・・そんなことを間違える人ではない。
そして孫子の兵法36計で最後に書いてあるのは
36計いろいろあるが、逃げるが勝ち
(兵力を温存し、撤退し、再起を計る)

はい、これとても良くわかりますが、なかなかできません。

スパッと潔く、退却か・・・

恋も、仕事もそうできれば、人間イキになれるんですけどね。(笑)

今日はこんなことろです。

「俺等は朋輩じゃ」と流星のワゴンで忠さんが吠える日曜の夜

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

「俺等は朋輩じゃ」と流星のワゴンで忠さんが日曜の夜吠える。

子供の頃から、隣の子供と比較される共同体の中で、朋輩はどこにいるのだろう?

やり直すことでどこまで未来を変えられるのか?

後悔だらけの人生をあぶり出すようなドラマ。

最初はメルヘンチックで「バック・トウ・ザ フューチュアー」っと

思ったけど後半は怒涛の感情移入の鳴門の渦状態に。

夫婦が必死に向かい合おうとしても相手は「否定」する、

人は「本根」というものの使い方が難しい。

「すべては誤解」から始まる。

悲惨な戦争も、ちょっとしたトラブルも・・・

激しく自分を責め苛んで眠れない時、悶々となる

生きることは、苦しみの連続踏み台昇降運動のようなものだ(笑)

作者 重松清さんのドラマ「とんび」も観たけど、いつも面白い。

理屈抜きに、肌で親子愛を感じる作品を書かれますね。
「人の過ちを許すことが出来るのか?」

許してほしい、認めてほしい・・そういうことは沢山ある。

流星のワゴンに今親父と乗ったらと考えてみたら・・・と考えた。
はじめは小学校3年の時参観日になるだろう。

余土小学校で前から3番目に座っていた僕は

石手川の土手のゴミ焼却場からでる煙突の煙を眺め

不均一に並んだ松林を、ボーッと見ながら

社会の時間に、鼻くそをほじっていた。

親父はそんなボクを見かねて

前から3番目の席まで来て、容赦なくげんこつで

ボクの頭を殴りとばした。

静まりかえった教室の凍った空気を今も覚えている。

最初で最後の親父の授業参観だった。
そして、高2になる息子と「流星のワゴン」に乗ったら

どこに行くのかな?と考えてみたが、わからない。悶々とする。

「俺等は朋輩じゃ」と言えるのだろうか?

大切なことに気づければ、

言いたかったことを言えれば、

次に進めるのだろうか。
すべてを判断するのは、脳みその中にある。

直木賞をとった西加奈子さんがインタビューで面白いことを言ってた。

辛い時でも「自分がワクワクしている」と思い込む(笑)

笑っていると脳が錯覚してくれる。
ウソでもいい!

「自分はツイてる」「次はもっと上手くできる」と言葉に出してみる

悲しかろうと、悲しくなかろうと

ストレスがあろうと、なかろうと

意識があろうと、なかろうと

上をみて、笑っていればドーパミンは発射する。

「脳って、どんだけ悲しくても口角をんーって上げとったら、

なんか笑ってるって勘違いするねんて。」西加奈子

ということで

愛媛FC×アビスパ福岡 地元での開幕初戦 2-1で勝利
https://www.youtube.com/watch?v=wkyzQMSRM0Y&feature=youtu.be
得点が入ると、乱舞する週末でした。
今日はこんなところです。

J2開幕!愛媛FCは女性をムードメーカーにしてほしい。

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレスト渡部です。

2015年愛媛FC開幕戦 四国ダービー 徳島ボルティスと引き分け

僕が、愛媛FCをJ2へボランティアで手伝っていたのが2003年~2006年。あれから果たして愛媛FCは大きな夢を忘れているんじゃないかと想う日々。

遠くで、見守ってますけどね。

 

司馬先生が革命は3種類の人間によってなされると語っている。

 

初動期は詩人的予言者か思想家が現れる。これは維新で言えば吉田松陰。

 

中期に卓抜な行動家が、奇策縦横の行動を行う。高杉晋作,久坂玄瑞、坂本龍馬。
これも非業の死を遂げる。

市民軍といえる、奇兵隊を作る。
「鼻輪を通さぬ暴れ牛」が「面白きこともなき世を面白く」するのである。(笑)

 

最後は処理家が出て、大いに栄達する。伊藤博文や山県有朋がそうだ

 

大体どの物語も、初動期が一番おもしろく、足かせをはめられ面白いのではないか。

貧しく(笑)100年後のことだけを思わないとやってられない。(沈)

 

「坂の上の雲」の冒頭の渡辺 謙さんの語りを思い出す。

 

「のぼっていく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂を登っていくだろう。」

 

明治の女性は「つつましやか。」といわれ男性を支える姿が映し出される。

 

ひたすら夫、子供のために尽くす・・。

 

しかし、その先に夢や国家まで見ているような強さがある。

 

「貧乏」を「貧乏」と感じさせない。

 

正岡子規の母、正岡八重。秋山兄弟の母、秋山貞。

 

日本人としての気品がある。覚悟がある。

 

 

当時、楽天家というのは、才能を発揮し
国家のために生きている

 

つつましやかだが
青春を爆発させる、その素地がある。

 

長州征伐に参加、佐幕という重荷を背負う

 

鳥羽伏見でも負けた
15万両を奪われ、汽船を奪われ
困窮のわが郷土

 

秋山兄弟が軍人であったのに対し、
子規は 文学という世界を猛烈に生きる。

 

 

当時の若者は、猛烈に学び、まっすぐに駆け抜ける。この純度がたまらんのやがね。

どんな生き方をしても
田んぼを耕しているといえる そんな人生が見えるんよね。

 

 

さて、愛媛FC 復活へ

 私見ですが、女性がキーワードだと思います。

愛媛は姫(女性)をうまく使えていないのではないか?

愛媛では、女性の活躍している企業でユニ・チャームが有名ですが

新しい人事でも、女性を登用して欲しいと思います。

 

個性というのは多様性の中にあって、「育児」という大役をこなしてきた

愛情ややさしさ、こまやかさを力に変えなきゃ。

 

何より思うのは愛媛の女性は。気さくであり、ひとつ壁を越えれば(^O^)/失礼

コミュニケーション能力が高く、おおらかであります。

 

 それは、愛媛FCがJFLの時を思い出すんですよね。

 ボランティアスタッフは女性がいたからこそ・・・でした。

 

ほとんど休まず・・積極的に参加するのは女性。試合は見れませんでした。

大体へこたれて、休みだすのは男子。女性は芯がありました。

 

雨上がりに、座席のシートを拭いたり。ゲーム終わりの清掃も女性が大活躍。

まさにムードメーカー。結束力も強かった。(^^)

 

インターンシップも女子学生がリードをとり、男子はついてくる。(笑)

 

キャラクターのかぶりモノや、リフティングコンテストの金メダル

選手のイケメンコンテストなど・・・八面六臂の活躍でした。

 

 

上手くいかない先に、感動はあるといいますよね。

 

今はうまく行かなくても、孫の代では花開くために・・・。

 

 

がんばろう 愛媛FC

 

今日はこんなところです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >