ネタ帳ラボ!一期一会

舞台は「永遠の都」ローマ、そして錦織圭!

ネタ帳ラボ!一期一会

 
NHKのクローズアップ現代で瀬戸内寂照さんが出演されていた。胆のうがんが見つかり一度は寝たきりとなった93歳の瀬戸内寂聴さんが語る、「10冊の本を読むより、1回の本気の恋をしなさい」「青春は恋と革命」だと。大阪では大阪都構想を掲げた橋本市長が敗れた。「NOと言える政治家」が、府民にNOをつきつけられた。人は現状維持という安定を求めた。環境が良くても、悪くても人は対応できる能力があり厄介だと思った。

 
さて、本日は錦織圭選手がイタリアにいるのでローマの話題から・・。

 
初めてアリタリア航空に乗った時に初めて食べたラザニア。幾重に重なった平らい生地の中に、チーズとトマトソース、かぼちゃとかほうれん草が登場。そのハーモニーとはじめの食感は、永遠の永遠の都ローマの思いに着火するに十分であった。

 
添乗員で旅をするのは私にとっては青春だった。

 
「永遠の都」ローマにつくのはいつも夜になる。夜のフィミチーノ空港から市内のホテルまで約30KM。

 
ドライバーにチップを余分に10ドル渡す。深夜のサンタンジェロ城、そしてコロッセオと寄り道コースを走ってもらうためだ。夜のローマの街はオレンジ色の街灯に映し出されるのが格別だ。幻想的にあらわれるサンタンジェロ城を見ながら「あーローマに来たんだな」とボクはいつも思う。遠回りになるけど、夜のコロッセオを車窓越しにみせると感動していただける。それは100年プリントなんだ。そうやって、お客様のヨーロッパの感動増幅スイッチをONにするのが好きだった。

 
あのオレンジ色の街灯をバスから見ながら、日本の街の夜景はなんと薄っぺらいもんだと考えてしまう。ホテルに到着。全身がけだるい。ポーターに荷物を運んでもらうのだけど時間がかかるのと、誤配ミスが多いので自分で部屋まで持って行ってもらうようにすすめるのがベテラン添乗員ならでは最初の仕事。ローマ市内にはいるまでに、これらのことをすべて説明。荷物が届いた時に渡す1ドルもあとから徴収しますと伝えておく。そして、重要なのはヨーロッパはホテルの部屋の大きさがまちまちで豪華な部屋もあるけど、4畳半の部屋もあると説明する。それが「ヨーロッパスタイルのホテルで、団体旅行の流儀なんですよ。もし4畳半にあたったら・・翌朝教えて下さい・・・。どこかで挽回します。」、と念を押す。

 

 ローマという街で感じるのは、古代からのインフラの凄さだ。街道、神殿、広場、競技場、公共浴場、上下水道。それが国の政治と直結している。

 

 
ローマのアッピア街道を見に行くと2000年前の道を歩くことができる。通常は土を固めた道でいいものをなんで?石畳にしたかという話題をローマの夜お酒を飲みながら話をするのが好きだった。そのためには、塩野七生先生の本をこっそり勉強しておかねばならない。(笑)この話はワインをすすめるには十分で、感動増幅ドリンクのワインが人と人を近づけるのが旅だ

 

 
ローマがヨーロッパの都であれた理由が舗装された道にある。「どうやって費用を捻出し、8万キロもの道をつくったのか?」

 

 
雨の日は泥に足が取られ荷車は進まない。晴れの日でも舗装されていれば荷車は重量のかかる荷も問題ない。そして、軍隊の敏速な移動を可能にした。制覇した地には占領軍を常駐しない、敗者と摩擦を生むからだ。何かあればこの道を使って行軍が可能。武田信玄が信州(長野県)を攻めるため(上杉謙信との戦いに備えて)に作った軍用道路の真っ直ぐな道棒道を思い出す。「戦わず勝つ」の真骨頂ここにありだ。

 

 

「すべての道はローマに通ず」インフラをつくるための「ハードとソフト」また塩野七生先生の本をまた読み返したくなってきた。

 

 
さて、そんなローマで錦織圭選手のイタリア国際男子テニス!

 

 
準々決勝でジョコビッチ選手との戦い。定点観測のような、深夜のテレビ観戦。一人だけの熱狂。セットを重ねるにつれ、ジョコビッチ選手が1m位後ろに下がるが、錦織圭選手は固くなに下がらず、応戦。負けはしたけど、いつも可能性を感じるのはなぜだろうか?

 

 
コートサイドのマイケル・チャンコーチ
17歳で全仏。準決勝でレンドルを倒し(最終セットのアンダーサーブは伝説)、決勝でエドバーグにフルセットで勝利し優勝。日曜日にYOU TUBEでその動画を追いかけていると、まるで錦織圭がプレーしているように見えた。彼は自分のすべてを伝授しているんだと思った。

 

 
「今までは、錦織選手は自分と戦っている。」と考えていた。その考えは間違えていると確信した。

 

 
錦織選手は「マイケル・チャンコーチに認められ、感動させるために戦っている」そんな気がしてきた。

 

 
役者は大衆を感動させるために演技をしているだろうか?そんな掴みようもないもの実感が無いものをターゲットにはできないはずだ。映画であれば目の前の黒沢監督を感動させるために、役者は演技する。1m前の人を考えさせれなくて、大衆を感動させれるわけがない。

 

 

全仏でマイケル・チャンコーチに17歳の青春を思い出させて、うならせてやれ。

 

 
今日はこんなところです。

錦織圭選手を見ながら、スペインを感じるGW

ネタ帳ラボ!一期一会

 

 

 
夜の長い冬をこなしたヨーロッパの人は、夏は意気込みが違う。

 
民は冬は農耕を行い、夏は海を航海する。拘束と自由が文化を育ててきた。

 
夜9時でもまだ明るい、マドリット。

 
風薫る5月の澄んだ空がテレビのモニターに映しだされた。センターコート マノノサンタナスタジアム準決勝。錦織圭 VS マリー
朝3時という、一人だけの熱狂には十分すぎる時間帯。

 
ヨーロッパに行くと、街の真ん中には教会と劇場が鎮座している。そして、もう一つ聖地と呼ばれるコロシアムが存在する。「コロッセオの立つ限りローマは立つ。コロッセオの倒れる時ローマは倒れん」対決というのは、この世の中で国を熱狂させ、治める事ができるほどのコンテンツ。

 
スペインは私にとっては因縁のある場所。スペインの天才画家ピカソのゲルニカを観れてないことは後悔の塊。ピカソは南スペインの太陽海岸(コスタ・デル・ソル)のマラガ生まれ。マラガという街は白壁の宝石箱のような街で・・地中海の歴史を背負っているような街。あそこは別格の場所だった。そしてアンダルシアの透き通る青い空の反対にあるような、あのゲルニカを観たいという執念は今も心にある。

 
マドリッドオープン期間中はBGMはフラメンコの巨匠、パコ・デ・ルシア。

 
このマドリードOPENのカメラワークは実に興味深い。ボールガールの脚線美の誘惑、とくに足の長い女性がしゃがんでとるボール姿が絵になる。赤いルージュはスペインを表し、水玉のショートパンツはアンダルシアの海辺の美しさを思い出させる。ハイソックスが多少の規律感をにじませる。

 
さて、センターコートに立つ錦織圭選手。

 
一人だけの熱狂。錦織圭追いかけ物語。注目しているのはただ一点。彼は他の選手より1m~2m前にいる。スピンがかかっているボールも、ライジングでボールを打ち返す。「錦織選手のベースライン上のプレーの先にあるものをみたい。」

 
決して下がらずひるまず、うしろに崖があるように戦う姿は、発展途上。

 
相手のマリー選手は、錦織選手の2ndサービスを狙い撃ちし。ダウンザラインの精度が素晴らしく、緩急巧みに攻めてくる。サービスエースが決まると、そのサービスボールがボールガールを渡り自分のところまで戻ってくるのを待つ。流れをたぐり寄せる・・勝負師。

 
錦織選手は意識的に深いボールを打っている、失敗はするが決してひるまない。もっと前に出て勝負に行ける場面もあるけれど、コーチの指示なのか前にそれほどはでない。ファーストサービスが入らず、セカンドサービスを狙われ、ライジングボールリターンはミスとなりこの試合を落とした。

 
マリー選手は錦織選手と戦っていたが、錦織選手は自分のスタイルへの執着と戦っていた。

 
次はローマ、全仏、ウィンブルドン!
今は上へ伸びずに、根っこ伸ばしているんだなと思う。

 

ファイト! 錦織圭!

 

なんでもノリは大事にしなければならない。

 
今日か明日は、パエリアをひとりで食べに行こう。

 
なんでもノリが人生を面白くするだろう。

 

愛媛FC4連勝!「動物園がとなりにあるスタジアムへ」

ネタ帳ラボ!一期一会

=

 

 

深夜のおひとりバルセロナ・オープンテニス決勝観戦。睡魔との戦いのミッドナイト。一人だけの熱狂。錦織選手優勝おめでとうございます。

 

 

序盤からミスの流れで苦戦の展開の中、天然うなぎを掴むけどぬるりと流れは逃げていく・・・前半戦。途中パブロ・アンドゥハール(スペイン)がなんとか返した、ふわり球。「グランドスマッシュを打ってください」という返球。ベースラインから猛ダッシュで鬼がやってくる。ほつれた糸を切るかのように鬼強打。

 

 

あの瞬間彼はモンスターになった。魔境の扉をぶち破る、突発的に潜在能力をあげる手段なのか、覚醒の瞬間。

 

 

スポーツは運をたぐり寄せる局面がたまらない。

 

 

***

 

 

さて、花見を台無しにした太陽の気まぐれも戻ったのか、ゆったりした週末。今年GWは最大12日の連休(4/29~5/12)天気は良さそうですね。

 

 

昨日愛媛FCは栃木に1-0で勝利。クラブ新記録となる4連勝を達成。一方ホーム観客動員数はJ2リーグで入場者数平均2,522人は最下位。順位はJ2で6位。(金沢3,203人(J22位)、北九州3,272人、讃岐3,366人の順)。コレはJ2にあがってから10年で最下位の結果。(JFLの時でも2004年2,259名、2005年2,844名)

 

 

GWのイベントの集客はどんなんやってるんか?愛媛FCホームページで見ると、物産展、キックターゲット、芝生広場でのイベントなどが展開されていますが、なんか商業的すぎて少し残念。

 

 

愛媛FCのスタジアムは、松山市内から約30分郊外にある。交通手段が悪く、試合後の渋滞がなんともバツが悪い。そのスタジアムの世界一はないのかと考えてみる。

 

 

ひとつある。「動物園がとなりにあるスタジム」

 

 

植民地時代に王族は、初めてみる動物を持ち帰り動物園をつくった。大衆はこの世ならざるものを観て熱狂する。上野のパンダへの熱狂を思い浮かべてください・・。

 

 

子供は動物を見ながらなにを思うのだろうか?パンダを観て最初はカワイイから始まるけど、次に何を食べて、どこで暮らし、家族はどうなっているのか?寿命は・・・など。そして、その一生に自分を投影して考えながら、一生懸命生きていくことを知るかもしれない。動物の命の誕生、一生にはカオスがある。

 

 

動物園は「生きること」を知る場所ではないだろうか。

 

 

愛媛FCの年間チケットには、動物園の入場券をつけたらどうだろうか。それは最初はおまけ的なものであっても、「動物園から、生きることを学ぼう」というメッセージ的なものにいつか変わる。

 

 

動物園とサッカーをどう結びつけるのか?

 

 

動物園にいって「かわいい」を連発するのは、大人たち。客寄せパンダにしてはならない。僕は生涯学習の場としての、精神性を高める魂の場所になってほしいと思うんですよね。
マッチシティで物産を売るだけでなく、愛媛県の学校遠足は「動物園とサッカー観戦」としてみればどうでしょう。心にどれだけの思い出ができるでしょう・・。「動物園がとなりにあるスタジム」いいな(^O^) 最初は辺境や島の子ども達を招待しましょう。スポンサーを探しましょう。

 

 

動物園で日中はのんびり暮らしている動物を観てなにかを感じ、時にふれあって感じる。そしておらが街のサッカーチームがあるという楽しさをしる。ワールドカップで日本が優勝するより、愛媛FCがJ1へ上がることの方が何倍嬉しいだろう。そういう精神性を高める勉強の場にしなければ・・。

 

 

縁起を担いで試合前はぞうに餌をあげる人も出没するかもしれません。4連勝もするとやめれませんよ、毎試合動物園に詣ます。(笑)一人だけの熱狂行動。

 

 

愛媛FCを観戦して、動物園へ行くデートコースは最高になるでしょう。毎試合そのコースをたどっても、あきないことを考えれば面白い。

 

 

愛媛が試合の時は、お礼にとべ動物園の動物たちには、サッカーボールのカタチしたお食事を用意してあげましょう。今日はサッカーの試合なんだと、動物も喜んでくれるはずです。

 

 

アウエーのサポータも動物園にいくでしょうね・・。そんなYOU TUBEを観て世界の片隅の人がやってくるかもしれません、夢はひろがります。

 

 

その夜の居酒屋でどんなナイトサイエンスが展開されるのか、子どもたちはどんな夢を見るのか?ワクワクします。

 

 

「動物園がとなりにあるスタジム」

 

 

最高じゃないですか。
今日はこんなところです。

 

 

百田尚樹「モンスター」を半分読んで、寝落ちした週末の風景

ネタ帳ラボ!一期一会

日曜日は朝の4時半起床。外はあいにく小雨。

 

 

部屋のテレビをブラインドタッチでつけて、NHKのBSをつける。ジョコビッチの正確なクレバーリターンにクレーコート勝率90%以上のナダルが苦戦している。テニスは左で日常生活は右利きという器用なナダルも打つ手なしという感じで、このままだと全仏もジョコビッチが本線単勝2.0倍位な感じと予想を打つ。

 

 

実は愛媛CATVを契約している私の部屋のアナログテレビは、4月から民放の地上波が見れなくなった。映るのはBS系のNHKとBS系の民放のみ。コンバーターは無料で貸し出しているそうだが、私はBSチャンネルしかテレビが見れない新生活を選択した。いつもと違う景色が何ともいえない、バラエティがない世界。人が人に媚びるというものがない、女性が営業的に放つ10種類の笑顔もない。偏屈者には妙に新鮮を呼び込んだ。しばらく続けてみるか・・・。

 

 

そして、ちょっとよれたスーツを着込んで、車を走らせ国道33号線沿いの松屋に到着したのが4時50分。朝食の食券は5時からとのことで、ごとごと煮込み「チキンカレー」を注文。朝から調子が出ないなと思いながら、まだ完全に開かない口に煮込み色のカレーを運ぶ。「しこたま美味い!」煮込んでとろけたルーはスパイスにキックバックを連れてくる。チキンもふんだんにはいつている。いい仕事してます。

 

 

近くのサークルKサンクスで、もう100円では買えない缶コーヒーのぬくもりを求め、高速で四国中央市へ。
朝から、予約販売できる旬の商品を発掘しようという研修の講師のお仕事だった。これから旬を迎えるのは、びわと梅くらいのことは調べたが、あとは自分のポテンシャルだけで勝負する予定。このくらいの決め方のほうがアイデアが沸くと信じている。残りの人生の砂時計はモノマネをやめろとひたすら告げる。研修の内容は社外秘。社員インタビューを30分こなして再び松山に戻った。

 

 

途中明屋書店で百田尚樹「モンスター」池井戸潤「下町ロケット」の栄養剤を補給。世界史上・下という本に触覚が反応したのだけど1冊1,440円するので、ポジティブホルモン回路と貧乏神自動制御装置が反応したが、貧乏神が勝った。

本屋にいる女性は誰もが知的に見えてしまう。なぜか、人間観察モードに入ってしまう。華奢で足の細いロングヘヤーの25歳位のOLが立ち読みしている本は、綿矢りさの「蹴りたい背中」だった。5分も読んでいた。ブルーのシャツと肩にきまったショルダーバック。次の本を選ぶのに手をだすところが絵になる。場所を移動して、彼女は宮部みゆきの本を選んだ・・。うーん女性心理は読みにくいけど、この子は守備範囲が広い気がする。

 

 

帰ってからKindleで、綿矢りさの「蹴りたい背中」を注文した。人間は運命的に生きているのだろうが、どれがチャンスはわからない。テレビやランキングを観るのもいいが、この本屋の偶然さえも味方にしてして無理やりドラマにするという変態的性格はかわらない。野球を見ていても、打たれた投手の顔よりも、双眼鏡でベンチを覗くのが楽しかった。あーあの女性が読んで棚に戻した手垢のついた、ぬくもりの本をかっさらうくらいの感性と変態性がないと世の中を貫けないのだろうか?

 

 

本屋のPOPを拾い読みしながら、店内パトロール調査完了し、貧乏人よひれ伏せと、言わんばかりに本を買っている人を横目にみながら、本屋を出た。

 

 

先週はイチローのホームへの忍者スライディングがエキサイティングだった。見事なスライディングで捕手のタッチをかいくぐるイチローの神業。広辞苑によりますと、「かいくぐる」とは「くぐる」を強調したもので、意味は「すきに乗じて事をする」

 

 

どこが神業か?5回YOU TUBEで観たのですが、ホームへ膨らみもせず通常のコースで突っ込んできて、タッチの前にラグビーのステップのように左足でキックして外に膨らみ、次の右足でホームへ反動し円を描くスライディング。想定以上に15cmくらいは外に膨らむ大技に、何度も観ても興奮。(^^)

 

 

百田尚樹「モンスター」を半分読んで、寝落ちしていた。寝ている自分が、夢のなかの自分が顔を洗ったように4時半に再び目が覚める。
単行本を読む時は、ついにメガネが離せなくなり、心の中になぜか、”ドリカムのメガネ越しの空”が流れる。

 

 

今日はこんなところです。

サザンオールスターズ「おいしい葡萄の旅」愛媛葡萄館の感想

ネタ帳ラボ!一期一会

 
サザンオールスターズ10年ぶりの全国ツアー「おいしい葡萄の旅」30年ぶりに観に行きました、席は2F北スタンドの上部。なぜ30年ぶりになったんだろう・・・。いろんな健康のこともあって、命とのせめぎあいの中でどんなものを奏でるのだろうか、実は興味津々でありました。アーティストの桑田さんより、歌手「桑田佳祐」に注目しながら・・・

 

 

新しいアルバムの「葡萄」を購入、なんで葡萄なのか???。松山がツアーの最初ということで初耳は会場でと決め、CD開封せず。
学生時代のバンドから解散しない。魂の叫びを続けてくれば限界がきてもよさそうなものだけど、歴史が長くなるとシフトチェンジできなくなって強烈な副作用があっても良さそうなものだけど、結成から38年・・・。(頭下)

 

 

ボクが30年前にサザンを見たころは富士山の麓からジョギング・パンツでともかくサザン・ロックの勢いで登っていく、自己発電で勢いがギンギンが半端ない頃。「勝手にシンドバット」を号砲に、「気分しだいで責めないで」でドガーンと疾走すれば・・3号目ではなんで「いとしのエリー」になれるのか??「思い過ごしも恋のうち」でパンツを履き替えた朝立ちのように立ち上がり、「C調言葉に御用心」で彼女ができたような空気。「チャコの海岸物語」「匂艶 THE NIGHT CLUB」と聴いたところで、ボクはサザンから離れていった・・。

 

 

あれから30年・・

 

 

「おーおー おっ おっ おー」雄叫びが会場にこだまする(東京VICTORY)
富士山麓を下山しているターザンの声が渋谷まで届いて、スマホをいじっている若者がどこか懐かしい声を聴いたような感じだろうか(笑)未知との遭遇の交信信号を聴いた思いがした。「下山の時代にも素敵な生き方をしろよ。」そんな兄貴の声に聞こえた。ボクは胸の前で、小さく拳を握りガッツポーズをとった。

 

 

桑田さんといえば、エロ下半身ソングという言論の自由を突きつけてくる。日本語で英語っぽく歌う、暗闇の創作の伝統芸。この伝統芸には妙にリアリティがない(笑)このエロチカ手裏剣は三発くらい受けると、媚薬が塗られているのだ。なにせ体にしみわたる。東南アジアでうけたマッサージのように下半身にオイルを塗られ、だんだん僕のネオ・ブラボーに近づきギンギンにする。そしてボクは「なりませぬ、なりませぬ」と叫んでいる。桑田さんは、パンティを綺麗にたためれる人だ。(脱帽)これはアーティスにはできない、桑田佳祐は歌手なのだ。

 

 

神曲「マンピーのG★SPOT」にどれだけのミュージシャンが助けられているだろう。富士山の裾野の太平洋クラブ御殿場コースで思いっきりドライバーを飛ばせてくれる開放感を世に残した。ヒリヒリするような青春のスパイスはなんともいえない。ボクはこの曲では奥様をみつめていた。原由子さんは何とサラリと歌い(笑)そして美しい。こりないご主人でも見守るように、ハモる。コレでは女性も納得してしまう。(^^)着けていたブラジャーが10M前に飛んで、戻って来てバーンと当たり、グラグラとなった気分だ。してないけど・・・。

 

 

サザンオールスターズは富士山麓の下り何合目にいるんだろう、下山の先は茅ヶ崎の海の夕焼けだろうか。そんなことを考えながら、小雨のなかを芯まで濡れて、浄化され帰る帰路でありました。茅ヶ崎の夕日の歌をいつか聴いてみたい。
アリーナ最前列ど真ん中で観てみたいというのを、夢に一行付け加えた。

 

 

ありがとう30年ぶりのサザンオールスターズ!
勝負 勝負 勝負 出ろ!

 

今日はこんなところです。

 

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >