ネタ帳ラボ!一期一会

銀座ルノアールの思い出

ネタ帳ラボ!一期一会

 

 台風が通り過ぎた後、洗濯機に中途半端に洗われたような、白と灰色の雲の後ろに、鎮座するようなブルーがなんとも言えない夏空。はなみずき通にできたスタバにお決まりのホットコーヒー グランデ ブラックを充填にイクのであるが、なんだか落ち着かない。満ちるものがない・・。まあ、その理由なんてどうでもイイ。

 

 

 大学をでて、東京に出た昭和の終わり。バブルの芽が地面から頭を出した頃。旅行会社の営業マンとして、ピンポンノックのように旅行のパンフレットを持って大企業の受付を訪ねていた。目的は受付にリカちゃん人形のように座っている美人の受付嬢でもあった(笑)「お茶の時間にでも、ぜひ読んで下さい。」 築地の電通の受付はモーターショーの出てくるモデルクラス、リクルートの受付は100万ドルの笑顔だった。

 

 

 夏の夕方には、背中にはビッチリと汗が染み込んだシャツが張り付いていた。先輩が教えてくれた、サラリーマンの墓場のような喫茶店がルノワールという喫茶店だった。新橋の地下の隠れ家のようなその場所は、入ると3人位はサラリーマンが死んだように寝ている。(笑)会社の目が届かない、治外法権のような時間無制限な暗い場所で、不動産屋は地図を広げ、デイスコに繰り出す出陣前のハイレグ女のルージュに楽しまされる。おしぼりが目に染みる、多少顔をふこうが、脇汗まで拭いてしまおうが、この店はサラリーマンの味方のような店だった。

 

 

 ドアがあくたびに、サングラスのいかつい男や、銀座帰りの品のあるご夫婦、紳士が読書をたしなみ、うだつが上がってそうにないサラリーマンは決まってFRIDAYを読んでいる。新橋というひとつの街の風景がそこに滾っていた気がする。

 

 

 旅行会社の営業マンの楽しさを教えてくれた先輩が何人かいたが、そのすべてが同行営業の後のルノワールだった気がする。受付の美人に旅行のパンフレットと名刺を置いてくるのは、陸の漁業でオキアミ戦法と教えてくれた。「あの美人の受付から、個人的に旅行を頼まれたら一人前」と力説された。「お茶の時間にでも、ぜひ読んで下さい。」「旅行に行くときは、お友達価格にしますからよろしくお願いします。」この2つの受け売りセリフがどんだけドラマを産んだか・・・。

 

 

 経費削減で、受付嬢が削減されたけれども・・・なりませんね。(笑)ビジネスはお客様に幸せを生み出さなくてはならないはず。無人で電話番号の内戦を押して下さいというスタイルはいかがなものか。せめて、ちゃんと受付があって、ボタンだけ押したら、そよ風のように現れて笑顔で応対してほしいものです。内線を回せなど、フィルターにかけられるようで、エゴの塊の気がする。受付というのは、手書きのはがきでいうと、最初の季節のあいさつであり、その会社の情緒がなければならぬのだ。(^^) その会社を出る時に、受付嬢も見送ってくれるというのはとっ
てもイイんです!!(笑)好感度抜群なんよね。

 

 

 親父が放送局にいて、大学生の頃アルバイトでいくと「おはようございます。」と美人の受付嬢に挨拶して、かえってくる言葉が好きだった。「お疲れ様でした」ひとつで癒やされることもある。友人の家にイクと一番最初に迎えてくれるのが、ペットのワンちゃんだ。最初は吠えるのだが。首のあたりを揉んであげると、ぺろぺろとオレを舐めかえす。3回も行けば、友達になった気がする。玄関が出迎えてくれない企業は寂しい。先日愛媛新聞に行ったら、受付に2人も美人な女性がいて・・その笑顔の対応に癒やされた。受付こそが「お客様に幸せをもたらす」入口ですよね。

 

 

 さて、最後もう一度ルノワールへ(笑)

 

 

 小生は旅行の説明などをするときも大概が「ルノワール」を利用した。旅行のパンフレットを広げればテブルの上が目いっぱいになるのだけど、相手の背もたれに身を委ねることを許さず、密接な距離でトークが繰り広げられる。時に「戦いの場」として廻りが見通せるステージとなり、パスポートの申請書を書くにも互いの共同作業が必要とされた(笑)喫茶はテーブルが小さいほうがいいと思う。

 

 

 あーオレはなんでルノワールに惹かれていたんだろう。松山にはそんな場所が存在しない。地方にも進出してほしいものだ。

 

 

 バッテリー活動が停止に向かう頃「ルノアール」へ行った夏の夕方。

 

 昆布茶をすすったあと、沼地の緑のような椅子に背中は吸い込まれていった。

 

 人は「特別な場所」がお好きなようであります。

 

 今日はこんなところです。

「マイナス思考」の利点の一番イイところ

ネタ帳ラボ!一期一会

 

 おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

 
 朝地震で目が覚め、会社のサーバーは無事か出社。3時半から出社しています。地震が来る10秒前くらいに、YAHOO!の地震警報が到着。この10秒はとても大事です。エレベーターにのっていたら、すぐ外に出ましょう。(^^)

 

 

 週末のこと。名刺を交換して以来、変態な「僕のメルマガのフアン」といつも語ってくれる、就労継続支援A型事業所のM社長を訪問。(中小企業家同友会で社員さんが発表されるとのことで、オブザーバー的応援)

 

 

 小生福祉を論じるのは元来苦手。平和な国の経済を背景に、法律だけは先行し制度はでき、福祉工場のように稼働しているけど、一度稼働すると後は先細る有様は課題が満載。特に人間関係の複雑さの限界は、どこまで寛容になれるのか果てがない。商売としては、どうやれば黒字になるのか皆目検討もつかない。

 

 

 イスラム教ではバザールで働く人が、今日1万円儲けたら、そのうちの約10%の1000円位を現金で寄付するということを、25年前にイギリスのバー「シャーロック・ホームズ」でドライマティーニに酔いながらバグダットの人に聞いた。衝撃だった。貧しい人のためにバザールの中にある寺院のような場所にほぼ毎日納めるとは。「コーランには商売を頑張って、儲けたら寄付せよ」と書いてあるらしい、その寄付は主に病院に使われわれる・・と。宗教はいつも奥深く、社会のシステムの根源になっているのを世界で目の当たりにしてきた。来世ではその善行は・・・と説かれるだけで、続ける理由に確定のランプが付く。そして、そのおびただしい数の領収書をビニール袋に入れて子供に親父は何を語るのだろうか・・。アメリカではビル・ゲイツが自身の財産の1/2を寄付しようと大富豪に声がけし、何十兆円が集まっているそうだけど、寄付先が国家でなく、ビル・ゲイツ財団というのが興味深い。

 

 

 このようにどちらかというと,バクダットの父親のように少しでも金を「稼ぐ」ことで、何かに使って下さいと思うのが自分ぽい福祉の考え方に近い。福祉をボランティアでやっても、継続性と効率化という点では自信がないからでもある。長野の善光寺に行った時に賽銭箱の隣に「喜捨」と書いてあった。意味が知りたくて、社務所に行くと。「喜んで自分の持てる力を捨てる、見返りは求めない。」という意味だと教えてくれた。それから、神社仏閣では「健康に有りますように」と頼み、どうぞ何かにお役立てくださいとお賽銭を納めるようになった。しかし1万円を入れるかというとそうではない、「凡人友の会」なのだる。(笑)

 

*

 

 さて、事業所の奥に宿ったテーブルを囲み車座に座り、いろんなことを論議した。人間というのは。自分のできないことでも、考えることができる。自由な発想は、テーブル一個と一杯の酒から生まれる(笑)その事業所に通う若者とも、事業所のスタッフさんとも話をした。基本そういう時に話すことは「一番熱狂していることはなにか」の話題、たまに「女子」の話。他愛もない会話の中で「平和ぼけしすぎやろ」と何回か突っ込んでしまうのはなぜか、iphoneが誰にでも行き渡ったからか・・・(笑)。元来動物は「平和的」であり、闘うのは好きでない。自己犠牲は美しい。これに反対するつもりはない。「人を助ける仕事がしたい」「社会に貢献できる人間になりたい」いろいろアドバイスを求められても、あまりに綺麗すぎて、僕は答えは清い志をみつけられない。

 

 

 「就労継続支援A型事業所」は障害者が世にでる前の、中間的就労の場所とでもいえばいいだろうか。そこから育ち一般企業への就職の道行を応援している。A型事業所では障害者と労働契約を結んで就労の機会を提供している。そこでデータ入力や、WEB制作など、スキルに適した業務につく。運営は税金が投入されている。詳
 

 

しい数字などはきいてないけど、内職的な仕事が大部分ななかで、どこからどんだけ仕事を引っ張ってきて、この事業は収益が出ているのか?事業自体は大赤字?税金での運営となることに、ソクラテスはどう弁明するだろう。そこで働く名も知れぬ若者達の、黙々と捧げられる日々の営みと愛。自分の運命も、喜びも、悲しみも引き受けて闘う姿は胸を打ちます。だからその努力が無駄にならないように、どんな仕組みがあるのか?今度の同友会の報告できいてみたいです。

 

 

 さて、小生は最近はどうやら完全に「マイナス思考」なのです。(笑)

 

 
夢はありますか?あるんです。ただ、夢を軽々しく言葉として語ることはあまりにも安易・・。圧倒的な努力をしていつか小さな夢でもかなったら、海にでも「長年の夢がかなった」っと語りかけようと思います。(笑)だいたい夢を語るやからは、夢が叶いません。人生の砂時計が落ちるのが早いので、「自分」や「自分の楽しみ」の中に「他者」をあまり入れません。たまに、心は萎えてしまう時もあるのですが。思い出すのは暗闇の中でのできごとが多いです。会社の資金繰りが悪化した時に、友達が5万円貸してくれた義理人情に「地獄で仏」を感じ、人生捨てたもんじゃない・・と思った月末のシーンが何度も出てきます(笑)義理人情恩返しには、こだわります。(^^)

 

 
 「マイナス思考」の利点の一番イイところは、人に気に入られようと思わないことです。なにか誘われて断れない方は、一度断ってみると快感です。他者と自分を比較しないので楽です。本音の言葉で斬りかかります(笑)相手を思いやる気持ちは大切にします。感想というものには刺激的でありたいと常に思います。

 

 マイナス思考を否定する人生から、マイナス思考を肯定する人生へ

 生老病死、100%確実に死んでいく

 孤独とのデスマッチで、自分がやりたいことをやる

 いろいろ捨ててまいります。

 

 
 10月22日 障害者問題全国交流会が愛媛で開かれます。

 メルマガでも継続的に追いかけます。

 

 
今日はこんなところです。

 

 

ワールドカップ決勝 なでしこJAPAN VS アメリカを目前にメルマガ

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。

ワールドカップ決勝 なでしこJAPAN VS アメリカを目前にメルマガを書いてます。

「なでしこのベースは全員攻撃、全員守備」

佐々木監督は最初の一次リーグで、メンバー23人を一度はピッチに上げ出場させ

た。全員攻撃。和の日本にはこういう策が心に響くものだ。ベンチには一次リーグ

で骨折した、安藤選手が座り23名が揃った。

*

FACEBBOKに掲載した記事。

なでしこJAPAN いよいよアメリカと決勝ですね。

2011年のWCでは澤選手の同点ゴールが100年プリント。もう1回宮間選手⇒澤選手の

あのCKを見たいもんです。今回のWCでもエクアドル戦で宮間選手のFKから澤選手が

タイミングよくHDシュート打ちましたが。息はあってるんですよね。

決勝で後半澤選手(36)が出てきて、アメリカのワンバック選手(35)(※もと米

国で同じチームメイト)とのレジェンド対決はしびれます。延長前半でワンバック

選手にHDでゴールを決められ、延長後半、澤選手の歴史的同点ゴール。実はワンバ

ック選手の肩に当たって入ったという、因縁もありますから。大衆としては、やは

りこの世ならざるものをもう一度見たい!どうしても・・・(笑)

長くなり余談ですが、日本の女子の4人並ぶCK(マンツーマンでディフンスが難し

い)にはいろいろなパターンがあるそうです。だいたいが大儀見、坂口、熊谷、

岩清水と並び、大儀見選手がニアへ、岩清水選手がファーサイド。坂口選手の代わ

りに、澤選手が入るとどうなるのか?オタクはそれが楽しみです。澤ニア、大儀見

ニア後ろ・・宮間選手がどこに蹴るか?など・・。

オーストラリア戦では4列コーナキックの連発、しかし最後岩渕選手が決めた時は

、これやらなかったんですよね。監督の指示なんでしょうか・・・。誰が考えたの

か知りたいです。温存していたのか・・・ならばまさに奇策。今日のイングランド

戦も最初の一発目は4列並ばなかったんですよね・・・うーん。この点も非常に興

味津々です。

今メンバー発表があって、澤選手(36)は控えにまわるとのこと。

同時に、アメリカもワンバック(35)も先発せず控えに。

両国ともキラーカードを温存させた。

勝負はやはりエースストライカーが決めるかどうか?

大儀見選手のブログ

====
ファイナル
====

4年前
とにかく
“変わりたい”と強く思った

どうなりたいとか
どう変わりたいとか
そんなのなかった

だけど
ただ がむしゃらな
そんな想いが

いろんな人と出会いと
未知なる経験を
私に与えてくれた

変わるきっかけを
作ってくれた

自分が信じて歩んできた道に
正解、不正解なんてないと思うけど

何一つ後悔がないということだけは
自信を持って 言える

その時 その時
できることを
自分なりにやってきた
つもり

トライして
エラーが起きて
またトライして
その繰り返し

新たなトライは
新たな糧となる

信じて
変わらず
準備し続けること

それが
私にできること

立ち上がりの10分でどれだけ勢いをつけれるか?

先制点をもぎ取れるか・・・。

さあ・・キックオフ。続きは来週のメルマガで。

今日はこんなところです。

なでしこJAPAN「スッピン女子」の顔つきがなんと美しいことか

ネタ帳ラボ!一期一会

 

なでしこJAPAN いよいよベスト4

サッカーの選手はなんといっても女性のスッピンが美しい。

 

画家は絵の具で1mm塗れば美人を描いてしまうわけで、化粧がうまくなれば少なく

とも30%くらいは自分をバージョンアップできてしまうのが化粧ではないだろう

か。(失礼)しかし、スッピンに今僕は萌えています。(笑)

 

朝のコンビニで「少年チャンピオン」を定点観測のように読んでいる。その表紙は

いつも胸元の谷間を見せるグラビア少女。男の雑誌は女性のフェロンビームの写真

が定番である。一方女性の雑誌の表紙は男ではない、女性なのだ。この相違は何な

のか?実に面白い。「人を惹きつけるHOW TO」ファッション雑誌は女性の頭のなか

をどう支配しているのか。(笑)ひとつ言えるのは女性のファッションの対象は男

性でなく、大半は女性だといえる。※この話は、もう少し研究してまたメルマガに

描いてみたい。

 

化粧やファッションという女性の美しさを遥かに超えるのが、女性の真剣勝負の「

顔つき」普段見れないような女性の顔をテレビで見れます。つくり笑いに飽きた、

おじさまはボールを追うより、その顔つきにドキドキを感じるのです。いま、2足

歩行動物として、美醜を考えながらワールドカップを観るのがたまらない・・。

 

2011年の女子ワールドカップ ドイツ大会 日本は優勝

 

予選リーグ 日本 0-2 イングランド  2位で決勝リーグへ

開催国ドイツとの戦いの準々決勝、このゲームの最初の10分が忘れられない。

まるで試合に1点負けていて、必死で残り10分を闘うように、試合開始後全力で

最前線からチェイシングをなでしこは勝負に出た。特にすごかったのがこのワール

ドカップためドイツのチームに移籍していたFWの安藤選手、永里(大儀見)選手

の「100%女」の気迫。そして、澤選手の出したパスを丸山選手が決めた時。テ

レビの前で人に見せられないほどのゴリラガッツポーズをとってしまった。(笑)

その後、スエーデン、決勝は米国戦。延長となり、延長前半14分ワンバック選手に

ヘッドでリードされる。後半12分に宮間選手ー澤選手の100年プリントの同点ゴール

、終了前にはゴール前絶体絶命のピンチを、私の今大会イチオシの岩清水選手がレ

ッドカードとなるもファールで止めた。そしてPKを勝ちきり優勝。

 

翌日スポーツ新聞を全紙買いした。宮間選手の親父さんもサッカーやってたんだと

知ったり、シンデレラ・ガールの川澄選手の父は「世界一のおやじになったぞ!」

と叫んでいた。コレが歴史だ。今、その新聞を読み返している。

 

帰国後のインタビューで選手は、「日本女子サッカーのために勝ててよかった」と

連発した。苦節30年日本代表でもアルバイトという不遇の時代に道を切り開いて

くれた、先輩への敬意だった。

 

スポーツ新聞で日本代表女子は大切な試合まえに。この苦節30年の歴史のビデオ

を必ず観るということを知った。企業で動画撮りませんかなどと提案しても、そん

なの必要ないという経営者が多すぎる。映像のポテンシャルを見誤っている、写真

ではダメなのだ。澤選手はここで勝てば国際大会で初めての勝利の時にPKの1番手で

登場それを止められてしまった。試合に負けて、歩けないほどだった。それから澤

選手はPKが大嫌いになった。2011年ワールドカップ決勝のPKで最初に宮間選手が蹴

るときに、澤選手は中央で隣の選手と手をつなぎ、そのつないだ手を自分の顔の前

に拝むように合わせて、誰よりもゴールを祈っていた。そんなシーンを後世の選手

が映像で観たらどう思うだろう・・。

 

さて、今大会の所感を最後にえらそうに(汗)書いて終わります。

なでしこJAPANは連携で動くチームになって美しくなってきたと思うんです。特に前

線からチャージして勢いをつける。孫子いわく「戦いは勢いが大事」がわかってい

る。

 

注目すべきは、相手のサイド攻撃を封じるためにサイドの攻撃には、必ず2人でチ

ェイシング。なんでだろうなと思ってたんです。やっと少しヒントがわかったので

すが、そのサイドを殺して中に入ってくるボールを狙っているんですよ。MFボラン

チの宇津木選手、坂口選手が。そして、プラスして大儀見選手までも、戻りながら

それをしとめにくる。この連動のなんと心地いいこと。またサイド攻撃を封じるた

めに、鮫島選手、川澄選手が相手をえぐるときに鼻息が荒くなります。(笑)コレ

を練習し、日本刀を研磨してきたんだ・・。凄いぞ「連動」。

 
いよいよベスト4。大儀見選手が狙うロングシュートに注目しています。

そしてイチオシ岩清水選手と、熊谷選手がサイドクロスにどんだけマークを

はずさないか、途中から二人の位置を確認し必ず観ています。

がんばれ!なでしこJAPAN

 

最後に「なでしこ」らしさとは

ひたむき、芯が強い、明るい、礼儀正しい

だそうです!

 

今日はいい天気ですね!

なでしこの選手のように「顔つき」に気合入れて頑張りましょう!

今日はこんなところです。

 

「ロックン・ロールの疾走感があればいいいんです。」山下達郎。

ネタ帳ラボ!一期一会

 
おはようございます。

 
今日は早起きは十六文キックで5時半に出社して、メルマガ書いてます。
錦織圭選手はゲリー・ウェバー・オープンで準決勝棄権。フェデラー選手との決勝が実現可能性大だけであっただけに・・残念。

 

 
日曜日の孤独な午後(笑)『日曜日の午後のひと時、最高の選曲を最高の音質で』達郎さんの「サンデーソング・ブック」ソニーのハイレゾ音源に興味津々だったのですが・・・・こんなことが。

 

 
【サンデーソング・ブック リスナーからのハガキ】

 
達郎さんはハイレゾ音源を配信する予定はあるのでしょうか。

 
【達郎さん】

 
ハイレゾ・・申し上げると、すごく長くなるので、今日はアレですが。一言で言って興味ありません!DSD SACD いわゆるハイサンプリングのものに興味ありません。ロックン・ロールは48K,24bitで十分だと思います。なんか、解像度がいいとかですね、オケの音が聴こえるとか、なんか生っぽいとか、そんなのいいんです!

 
ロックン・ロールの疾走感があればいいんです。でもハイサンプリングは、そういう疾走感が失われますので。

 
僕は、あんまり・・・・

さぁ、じゃあ、配信どうするんだ。

今から考えますがですね。

アナログにも戻れません。

アナログ、ブームだっていいますけど、アナログのプレス工場はひとつしかございませんのでですね。あんまり、いい質じゃありません。

どうするんでしょうね・・・判りませんが。

今日は、それが本旨ではございませんのでですね。

一瞬に僕のハイレゾへの思いは消え去った。(笑)

 
さて愛する「サンデーソング・ブック」はペンネーム禁止。リスナーからのリクエスト、質問等は本名で書かれたハガキでのみ受け付けている。達郎さんいわく、毎週「うん百枚のハガキ」。それにすべて目を通すという。

 
6月はスペシャルウィーク(聴取率週間)ということで、デビュー40周年企画、「Your Favorite あなたの好きな山下達郎」という企画が展開。ハガキが通常の3倍、4倍。それにとんでもない数のメールがきて、史上最高見るだに恐ろしものになったという。

 
「全然こんなの無理です!やんなきゃ良かったとかは、言いませんけども。メールというのが、こんなに凄くなってるとは、夢にも思いませんでした。」

 
これ全部、読ませて頂いて、3日かかりました。

1日6時間くらい、ずっと見てました。

頭痛くなってきました。

それでも頑張って全部読みました!

特にメールは皆様のコメントが、凄く濃くて長い!

ほんとに。

この状態を大変だ、無理だと言いながら。楽しんでいる達郎さんの放送を聴きながら。「音楽で人を助けることはできなくても寄り添うことはできる。」という言葉を思い出しながら、目の前のたった一人のファンを大切にすることが、どんなに大切かをいつもこの番組で感じててしまうのはなぜか。

 
サンソンは、達郎コレクションと呼ばれる趣味で揃えた6万枚のレコード、CD音源から最高の音楽をセレクトして届けられる。レコードから事前にご自宅でラジオに適した音質にした音源にリマスタリングして。

 
達郎さんの「FOR YOU」スパークルを、リマスタリングした「OPUS」スパークルで聴くと、雑音が消され、音が太く時に繊細になって、一層アナログになっているのが誰でもわかる程だ。この雑音を消すという作業に徹底的に拘る(スクラッチの中に隠れて聴こえないようなノイズ)。このバグを取り去って、ハイハットのキレも生まれてくる。やりすぎてもダメのギリギリの世界を探求している。

 
達郎さんが東北大震災の時に、夜になるとスタジオで音を録音しなかったと言っていた。あきらかに電圧の関係かなにかで音が変わるという。

 
レコードのリマスタリング作業は月~金スタジオで12時間位本人が行う、あくまで内省的に根気のいる作業。その作業の御蔭で、聴いた人々を青春時代に一気に飛ばしてくれる。聴いた瞬間にスイッチが入る。

 
感動というのは、こういう1mm先を追求する先にしか存在しない。

 
音楽というのは毎日食べている、栄養素。言い換えれば、永遠の青春やそう思えるためのフォースを与えてくれる、もんだ。どんだけ、目の前のお客様に向かい合っているか、向かい合える仕組みがあるが大事。

 
ハガキ1枚の真剣リクエスト、名前も住所も書いてないものは不採用。メールだと簡単すぎて、長くなり時に攻撃性も含んでしまう。攻撃する人は、文章を書くほどの持続力がない人が多いだろう。

 
ハガキリクエストには、文化をつくる力がある。送られるリクエストにすべて目を通す、寄り添うということは大切。

 
「ロックン・ロールの疾走感があればいいんです。」、か。

 
俺の日々は、疾走しているだろうか?

 
なぜか、「棚ツカ」で浜田省吾ホームバンドの「終わりなき疾走」を聴いてみる朝でした。

週末に久しぶりに、東京で過ごした20代の頃の友人が松山を訪ねてくれました。2019年のラグビーワールドカップのために、全国のラグビー協会をひとつひとつ回っているという。

 
出会った頃は、新日鉄釜石の松尾選手から始まり、同志社の平尾、大八木。大学ラクビーも花盛りの時代。

 
ラグビー日本代表の選手をご存知でしょうか?唯一忍者みたいな構えから、ゴールをねらう五郎丸選手くらいしか僕もわからない。

 
ネットで観たら、「松山もキャンプ地誘致に興味を示している」くらいな記事で、具体的に進んでいる実感はない。

 
親友に「頼む。ラグビー盛り上げてよ。」といわれた。

 
また、2019年までラグビーワールドカップにむけ一人だけの熱狂が始まった。(笑)

 
今日はこんなところです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 >