ネタ帳ラボ!一期一会

定番の『あの頃はよかった編』飲み会

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

週末土曜日は、愛大フォーク、商大フォークの合同同窓会(商愛戦)でした。
※どちらを前にするかで、もめます(笑)

 

定番の『あの頃はよかった編』飲み会かと思ったが、なかなか燃えるもんです。

定番というのは、「あまりにオーソドックスすぎてだめだ」という人が、夜はい

つも定番だったりすることを言います。(笑)

 

あの頃、世の中はフォークギターの世界からエレキギターに突入。

耳コピでつかんだあの曲のカセットは、すり減って伸びきるほどだが、そんな宝物

のアナログはたまらない。あの伸びきった感は、なぜか、「おまえ、頑張ったな」

と声をかけてくれる。どうしてもフェンダーのベースが買いたくて「18万のクレジ

ット組んだよなーあの頃」「あの時のGibsonのギターが宝物、大事にしたよ。見る

だけで飽きなかった」学生でも、いい音出すために家賃は滞納しても、楽器には拘

わった。

 

古いものと、新しいものの変革期であり、高揚感は半端なもんじゃなかった。

バンド予備軍の押し上げもすごく、女の子バンドが登場。100%女な歌を届けて

くれる。音楽が充ち満ちていた。一番いい時代を生きられたことに感謝!感謝!

高揚とは、このように女子が絡むことで化学反応を起こし、手に汗を握る展開が期

待されますが、期待外れに終わると、虚無、孤立をおこし沈没すると浮上に時間が

かかります。

 

学生があこがれた高級楽器は、人生の打ち上げ花火だと思うんです。

夏の夜空に消えていく花火。それは何千万のお金が一夜で消えるが、それだけに美

しい。札束に火をつけるくらいのことしないと人生面白くない。

花火の2尺玉だと直径500mになるらしい。お値段は60万円。人生の最後に購入

し、夏の夜空に散りゆくのも、いとよろし。

 

こうして夏の終わりの、残り香をかぐように酒くみかわしながら、時は流れた。

時折、人生の残り時間を、かみしめているようにも見える。(笑)

ふと思ったのは、みな昔の曲ばかりで新曲というものがない。(笑)あってもやら

ない。18歳の頃の歌を30年以上歌い続けている。

 

新曲、というのは何かを向こうに回し、抵抗し逆らって、凡庸すぎる人生に抵抗Ω

を与え、人生に一戦を交える覚悟のレジスタンスではないだろうか。これを読んで

いる、昔の友達よ来年の4年に一度の愛大フォークのOB会には新曲制作という道草

を踏みながら、ねちねちと創作活動をお願いしたい。

 

 

さて、週末、百田尚樹さんの「大方言」をよみました。

冗談が冗談で通じない、息苦しい世の中。

 

”方言は、常識に対するアンチテーゼであり、現状における問題提起であり、過激

な提言であった。またしばらく毒舌的であり、ユーモラスで知的な面もあった。”

なるほど、そうであります。本音と建前があるけど、本音で語ると、人間関係にひ

び割れができるようなことが多い「言葉狩り」時代へと変貌したものです。

 

松山市の市内電車には「ことばの力」というキャンペーンでいろいろな人の作品が

電車などに書かれています。

◎「しあわせもリンゴのように分ける母」

◎「退職し 帰りました松山に 還暦すぎてマドンナと」

この間見たのはよかった、電車に書かれているんですが
◎「どうぞ」と8歳、「ありがとう」と80歳

 

僕が一番好きなのは

「ピカソはピカソ、私は私」

僕が僕であるために、今週も頑張りましょう。

偏差値40あげて慶応大学に合格したビリギャルちゃん

ネタ帳ラボ!一期一会

 

 
 夕方に24時間テレビを見て、スタバのコーヒーを飲みながら、矢沢永吉の「夏の終わり」「YES MY LOVE」を聴いていると、夏のほてった体に染みてきます。そして夏が閉じられてゆきます。

 

 
 さて先日、愛媛新聞を読んでいると、とある記事に目がとまりました。

 

 
 学年ビリのギャルが偏差値40あげて慶応大学に合格。日本史の合格方法は、『学習まんが少年少女日本の歴史』を、ひたすら読んだとのこと。こういう、サクセスストーリーをなぜかこよなく愛してしまうのは、なぜなんでしょ?(笑)

 

 

002

 

 
 本屋で早速立ち読みで、小学館の「日本の歴史」を読んでみたんです。なるほど、これは素晴らしい文献であります。AMAZONで23冊セットで20,466円いたしますが、悩みます。(笑)

 

 
 漫画というのは吸引力があります。「万有引力」この世のすべてのものは。互いにすべての物体は、引き合う。それが宇宙のルール。ただ、質量がばかでかくないと、なかなか現象としては理解できないので、意識はできない。

 

 
 氷の上でスケート靴を履いて力を与えないと静止したままですが、後ろから押されると慣性的に動きだし、摩擦がなければ止まりません。漫画って、背中を押してくれる力なんでしょうね・・・。そして、読みやすく抵抗が少ないので長く続けられる。勉強できるようになるには、この摩擦を少ないところに、漫画宇宙ステーションに、自分を置くというのが大切なんでしょうね。

 

 
 そして「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を本屋で買って読んだんですが。なんか、説明が長すぎて、つまずいて、くどくて、僕には拾い読みでしか読めなかったのだけど(笑)ひとつ勉強になったのが、このビリギャルちゃん、「日記を書きなさい」といわれて、それを書き続けたんですよね。あるページには、「なんか、さびしい、なんか、せつない、なんか、つらい、なんか、くるしい、なんか、たのしい・・・。」とそれだけの羅列。でもこうして、自分の体内の毒素を見事に吐きだしている。時には、1ページ余白なく、自分の素直なきもちを吐露している。「もう、わたし女捨てるから」の言葉は、歩く道にワックスをぬったような、歌詞。周りの奴らの雑音という遠心力に、剥がされていく力に負けない、100%女の気迫という石臼のような重りなんでしょうね。

 

 
 夏はたそがれて、24時間もクライマックスを迎える夕方。テレビ観戦に参加。心臓病の13歳・山田倫太郎くんが好きな曲として、槇原敬之が「どんなときも」を「これが名曲なんですよ。」そして「障害は個性」と語る。言葉の重みが命とともに大地に足に根を張っている。黒田官兵衛V6の岡田准一君が登場。高倉健さんが「最近、気骨のある俳優が出てきて嬉しい」と言葉を残した。いろいろなロケ地の足跡をたどり旅に出て、その言葉を抱きしめ男の「強さ」と「やさしさ」をあれからいつも自問自答していると語る。

 

 
 マラソンのゴールまでみると、おなかがセンチメンタルで一杯になりそうなので。女子バレーにチャンネルを切り替えると、これが面白い。女のアドレナリン手裏剣が体に食い込んで、最後まで見てしまった。(笑)100%アマゾネスの戦いは見応え満載。やはり、男は女が好きなのだ。男子バレーだったら、こんなに興奮しないんだろうな・・。サンマさんが27時間で美人の「ハニートラップは絶対に破れない絶対無理」(笑)と語っていたけど、よくわかります。

 

 
*

 

 
 今日のメルマガから、日本語入力をATOKに変えました。有料なんですがwindows、MAC、iphone、ipad、アンドロイドで同時に僕のキータッチの蓄積で予想入力までして同期してくれます。変換が賢いんですよね。友達よ、俺のつたないメルマガに、力を与えたまえ・・・。昔使いにくくて、君を捨ててしまった僕を許しておくれ。

 

 
 君が好きになった「なんとか変換」。たとえば「なんとかひるず」と入力すると、虎ノ門ヒルズ、六本木ヒルズ、ビバリーヒルズ、表参道ヒルズなどの候補を出してくれる。下世話な僕は「なんとかおんな」と入力すると、砂の女、好色一代女、都市伝説の女、マルサの女、百万円と苦虫女・・・などと200以上の候補を出してれる。

 

 
 そして矢沢永吉「I love you OK」を選曲して、君をかみしめる夏の朝。

 

 

 そして「なんとかオーケー」と入力してみると「基本OK」と変換してくれた、君に笑顔をもらった。(笑)サンキュー!! 止まらないHA~HA!!だよ。

 

 

お盆明け徒然なるままに

ネタ帳ラボ!一期一会

 おはようございます。クレスト渡部です。

 

 
 滾るような、松山の夏。いかがお過ごしでしょうか?

 

 
 中学の夏のあの頃、蜃気楼のあがるグラウンドで、ピンポンダッシュをしながらバスケットボールを追いかけていた。大学生の頃は、大阪南港から2泊3日で南へ向かう。あの頃の方が100%を人生を謳歌しながら生きていたのは間違いない。

 

 

 読書ばっかりしているのですが(笑)五木寛之先生の「好運の条件」を読みながら、親鸞は90歳、法然は80歳、蓮如は85歳、こうしてみると念仏系の人のほうが長く生きる気がすると、面白いことを書いているのを見ながら、なるほどと、なにかビクンと感じたお盆でした。同じことを唱えなければ(笑)

 

 
 お盆の実家で、日曜日の夜の親父の楽しみ「BS日本のうた」を一緒に視聴。赤のキャップのデザインがイカス、食卓塩を、小ぶりのスイカにふりかけながら、昔ながらの手法で味の変化を楽しむ。介護の必要になった親父の足は難病で真っ黒になっている。血が通わないので、足の小指が内側に折れ曲がりくすり指の上に完全にのっかかって折れ曲がり、あまりにもむごたらしく、悲しい気持ちになる。

 

 
 「わーらにまみれてよ~」と「達者でナ」が始まると、親父の胸にその曲が食い込んで行くのがわかる。介護に大変なおふくろは、「馬鹿な出会いが 利口に化けて よせばいいのに一目惚れ なにわ節だよ人生は」とくちずさむ・・。(笑)

 

 
 最近よく実家に行く。親父の放送局人生がどんな人生であったかを確認するという作業にいそしむ。

 

 

 1970年 瀬戸内シージャック事件(ウィキペディア参照)
 https://goo.gl/ST6I09

 瀬戸内シージャック事件(せとうちシージャックじけん)は、1970年5月12日から5月13日にかけて広島県と愛媛県間の瀬戸内海で発生した旅客船乗っ取り事件。
乗っ取られた船の名称から「ぷりんす号シージャック事件」とも呼ばれる。警察官が犯人を狙撃することによって人質を救出し、解決した事件として知られる。

 犯人はライフル銃など3丁と弾丸80発、散弾250発を強奪し、ぷりんす号は瀬戸内海の向う側にある松山港に向かった。広島県警に在籍する警察官3,715人中1,256人が事件に動員。地元の中国新聞と中国放送がチャーターしたセスナ機を銃撃し、燃料タンクを貫通し燃料が漏れ出し、同機をあやうく墜落させかけた。一連の追跡劇で動員された船舶は、広島県警警備艇5隻、チャーター船1隻、海上保安庁の15隻に上ったほか、海上自衛隊も県警の要請により掃海艇と支援艇を派遣し協力し、4号魚雷艇には警察官が乗船して追尾した。ぷりんす号は愛媛県の松山観光港に午後
9時40分に入港した

 

 
 親父は、報道合戦が繰り広げられる現場の船の中で、犯人の乗船する船を照明で照らすという役目で最前線の取材チームにいた。弾丸が照明に向けて飛んできて、「照らすな!」という怒号が飛び、まさに命がけの仕事だったらしい。

 

 
 1966年の松山沖の全日空機の墜落事故も、最初に現場に駆けつけた報道チーム数名の中にいた。

 

 
 これらの痛ましい事件を、僕が多感な時期だったこともあるのだろう、親父の口からほとんど語られたことはない。だが、実家にちょいちょい行く度に、今、ヒアリングをしている。

 

 
 僕は、大学生の頃は、親父に頼んで放送局でアルバイトをした。ベスト10の中継や、ミュージックナイター、高校野球、デパート前でのラジオ中継、歌のない音楽会、愛媛各所でローカル番組、コンサートの中継など。結婚式などのピンスポットは楽しかった。1冊の本にできるくらいのドラマはあったのではないだろうか。

 

 
 親父は新しいモノ、コトが大好きだった。我が家は、カシオの電卓が出たり、テープレコーダーが登場したりすると。いつもいの一番に親父が買ってきた。実家の増築した座敷には、スポットライトが取り付けられ、そうめんを冷やすためのボウルを改造し、内側にアルミホイルを貼り、ストロボマシンを親父が作ってくれたリもした。

 

 
 放送局マンとして血沸き肉踊る日々の連続もあったが。今苦しんでいる。難病の足は、歩行を困難にし、ゆるやかな老後を与えてはくれない。生きることは悲鳴の連続のようだ。

 

 
 最近、幻覚が見えたり、意識が5分位なくなることが多い。その度に、オフクロは神経をすり減らしている。救急車を呼ぶでもなく回復を待つ時間はつらい。先日もディサービスの途中で、意識が薄れ。小生が車で迎えに行き、県病院に連れて行った。お盆の前だったが、いつもの先生がたまたま電話に出てくれて、診察の日でなかったので、オフクロの話をじっくり話をきいてくれた。幻覚とか、意識がなくなるというのは副作用かもしれないとのことで、皮膚科、内科、泌尿器科から出ている薬を点検してくれて、ある薬をやめた。「何とかうまく行ってほしいね」とオフクロと溜息をついた。

 

 
 「もう手を尽くすことはない。」といわれても、「何かいい方法はないのか?」と家族は考えるだろう。しかし、医療の現場では医師とじっくり話せる時間はない家族としては「なるようになるしかない」と果たして考えていいのだろうか?

 

 
 「何かいい方法はないのか?」最後までそう考えるのはなぜだろう?たくさんの家族は「もう手を尽くすことはない。」といわれても、丸山ワクチンの注射をしたり、いろいろと世話をやく。

 

 
 自分事となり、介護を手伝いながら、命の大切さを身にしみて感じる。何かをつきつけられたように考えさせられるコトが、なんと多いことか。そして、この営みの中に、夫婦や家族の愛を再確認していることもわかった。

 

 
 さあ、お盆明けですね。

 

  親鸞は9歳の時に出家、出家の際に「明日ありと思う心の あだ桜、夜半に嵐の吹かぬものかは」と一首の歌を記されました。

 

 
「今を盛りと咲く花も、一陣の嵐で散ってしまいます。人の命は桜の花よりもはかなきものと聞いております。明日といわず、どうか今日、得度していただけないでしょうか」という意味です。

 

 
 私も「今こうして生きていることがありがたい」と念仏を唱え(笑)

 

 
 お世辞の手裏剣を飛ばしながら、人を3倍喜ばし、頑張ります。

 

 

生存競争を生き残った強者が奏でる実家の鈴虫のメロディ

ネタ帳ラボ!一期一会

 

 
 おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

 
 朝のNHKのニュースで、「長崎、広島に原爆が投下された日を知ってますか?」というアンケートで、かなりの人が知らないという結果を伝えてました。

 

 

========

広島 1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分
※当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万~16万6千人が被爆から2~4カ月以内に死亡したとされる(ウィキペディア参照)

長崎 1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分
※この一発の兵器により当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊した(ウィキペディア参照)

========

 

 

 たまたま、今日の朝は実家に泊まっていたんですよ。おふくろのドラえもんのポケットである冷蔵庫からは、生協の共同購入で指さし買いした、旨さ16ビートの干し葡萄のパン。そしてルビーの指環ぐらいしぶいコーヒーを飲みながら親子対談がはじまりました。

 

 
 おふくろ(当時8歳)が、8月15日の玉音放送を正座してきいたことを思い出しながら、ふと語るんです。

 

 
 一番覚えてるのは「欲しがりません、勝つまでは」という言葉だと。 ※「国民決意の標語」らしい

 

 
 シラミ退治のDDTを小学校で頭からかけられたのも忘れられない記憶。

 

 
 「道端にばあちゃんが植えたというさつまいもを食べて、茎と葉を干したのを食べていたんよ」

 

 
「平和を感じたんはいつごろなん?」

 

 
「そうやね、ラジオ体操をみんなでやりだしたころかな」

 

 
 そんな、時代を綴ったような記憶の話を聞きながら、朝蝉の鳴き声をBGMに親子
の夏の朝が流れてた。

 

 
 まずい!そろそろこのメルマガ書かないといけんと思い、そそくさと玄関へ。 今年も虫かごには鈴虫が、夏ナスが3本串刺しされ(笑)炭もいれられてそれは見事に夏のアートがそこにあった。

 

 
 子供の頃から覚えている。我が家のこの鈴虫は精力絶倫の強者なのだと・・。おふくろの友達には鈴虫を100匹いつでも提供してくれる、秘密組織のような女友達がいるらしい。(笑)10匹でいいと思うでしょう・・みなさん。なんで100匹なのか?
 

 
 しばらく、この100匹を虫かごにいれるんですよ。するとどうなるか・・共食いするんですよね。そして2/3くらいになったところでそれを近所の人に配るんです。そして残った10匹の精鋭が我が家の玄関でお客様をむかえるわけです。

 

 
 雄雌の生存競争と子孫繁栄のバトルが、夏の実家の玄関に人生教訓のように示唆されながら存在していた。

 

 
 一瞬残酷のようだが、人生のドラマをみるようだ。オスは常にセックスのチャンスを伺うも、体の大きいメスは受精するとそのオスまでを、栄養源として食べていく。こうした性淘汰の結果生き残ったのが、自分でもあるんだな・・・と考えさせられる。そして、朝から♂の求愛は始まっていた。

 

 
 残ったオスがどれなのかは分からない。性欲絶倫も入れば、子育て上手なものもいるはずだ。それが自然界の黄金率のように存在しなければ、子孫繁栄には結びつかないだろう。

 

 
 少し話は変わりるけど、鳥はおしどり夫婦といわれ人間と同じように一夫一妻でつがいをつくる。オスは巣を見事に完成させ、子育てをサポート。有名な実験で、そのオスをパイプカットするとはたしてどうなるか?子供は生まれるのか?

 

 

 答えは「なんと、卵からひなが生まれるんですよ。」

 科学的には考えられません。

 パイプカットしたオスが、トカゲのしっぽのように、能力で再び蘇るわけでもありません。

 

 
 実はメスは、子供が生まれないことを知ると、どこかで浮気をして、性欲の強い雄とその場限りのセックスをするのです。その性欲の強者はボロ雑巾のように捨てられ・・メスは何食わぬ顔でおしどり夫婦を演じてるんですよ、、、たぶん。

 

 
子育て上手な夫が気に入っているんでしょう。(もし、自分の浮気がバレたら、オ
スに捨てられてしまうことも本能でわかっているはず。)

 

 
 もっと話を展開できるのですが・・・ドロドロになりそうなのでイントロで止めときますね、今日は。(笑)是非続きはナイトサイエンスで。

 

 
 人は脳が発達し、理性は浮気を攻める。正当化し、時に戦う。制度という枠をつくり、ガンジガラメになる。それでもその環境に対応できてしまう人も多い。

 

 
 いくらかっこ良くても、片思いをして一途な思いや、君しかいないみたいな思いは、なかなか届かない。ままならないのが人生。一発目から「つきあってほしい」が通じるのは、青春の特権。燃える夏の青春の告白は、人生に衝撃を与えるように甘美でギラギラしている。心臓が破裂しそうになる。

 

 
 男は結果を求め、女はプロセスを楽しむ。はじめは、そんなこともわからない。 しかしいつかわかる。恋も、手をつなぎ、腕を組み、あらかじめ下見した場所でファーストキスをくりださねばならない。・・・周到な準備が大切だと。キスも1,000回自己連をしておく必要がある。何を書きだしたのか・・あの玄関の鈴虫のおかげで(笑)DNAのどこかにスイッチがはいったようだ・・・・。

 

 
 おふくろの教えというのは実に、素晴らしいもんだ。(笑)

 

 
NHKのもう一つのニュース。

”中咽頭(いんとう)がんのため療養していた音楽家の坂本龍一(63)が、女優・吉永小百合(70)主演で山田洋次監督(83)がメガホンを取った映画「母と暮せば」(12月12日公開)の劇中音楽を手がけ、仕事復帰することが2日、分かった。坂本と親交のあった吉永が橋渡し役となり、山田監督との初タッグが実現。山田監督の「男はつらいよ」シリーズの大ファンという坂本は「この2人に何かを頼まれて断れる日本人がいるでしょうか」とユーモラスにコメントした。” ・・・中略・・・ ” 反原発活動を続ける坂本は、今作が長崎の原爆投下後の物語であることから「核のない世界を望んでいるぼくとしては、やるしかありません。このような大作が、復帰第1弾の仕事なのですから、ぼくは本当に幸せ者です」とコメント。吉永も「舞い上がっています」と喜んでいる。”

 

 
 すごく優しい音楽が聴けそうです。

 

 
 今日も灼熱の夏ですね。

 

 

 山下達郎さんの「夏の陽」を毎朝ヘビーローテションしています。「燃える夏の陽、窓の彼方で・・」

 

 
 さて、息子と2人で昼はランチを食べる約束があります。 柔道をやっていまして、この夏休みは福岡、高知と遠征、週末はインターハイで奈良です。高2なので来年が勝負です。

 

 
 今日はこの鈴虫の話で講釈をたれようと思っています(笑)

 

 
 通じるでしょうか?失敗するかもしれません。(笑)

 

 

FNS27時間テレビ2015、やっぱり面白いのは「明石家さんま 中居正広 27時間TV 今夜も眠れない」

ネタ帳ラボ!一期一会

週末は27時間テレビ観られましたか?

 

 
やっぱり面白いのは「明石家さんま 中居正広 27時間TV 今夜も眠れない」

 

 
恒例の「ラブメイト10」の好きな女性ランキングはなんでこんなにおもしろいのか(笑)セクシー女優との熱愛報道から話が展開され、さんまさんは語る。

 

 
「ハニートラップは絶対に破れない」絶対無理(笑)間違いなく名言です。「悟空もルフィも破れない技。何かの実を食べなあかん」(笑)このトークだけで、残り数時間のすべての空気を掴みきってしまったのを思い出します。

 

 
今年は「恋は漁師」と力説 中居くんは、看板に当たったトビウオを捕まえてきた。矢部は1本釣り。さんまさんは「オレは1本釣りなんだけど、いつも竿を2本持っている。」(笑)

 

 

このコーナー番組が面白いのは中居くんが本当に楽しそうなところ。何より、27時間で煮え切らない進行に、苛立ちを隠せない中居くんが、さんまさんと絡みながら「トーク勉強なるな・・やっぱこの人には勝てない、勝てなくてもい」的なリスペクトを醸しながら、温泉に入っているような空気感がなんとも言えない。

 

 
フジテレビが視聴率が下がっているという、その中で秋川雅史「THE TAKECHANマン~タケちゃんマンの歌~」がよかったですね。ちょっとしたミスマッチングから始まる展開から、意外性に抜ける・・・。芸術レボリューション。

 

 
歌(芸事)は1対多で見せながら、歌が届くときは1対1だというのが面白い。TEDプレゼンテーションでテレビ界への提言というのがあったけど、他人事に聞こえるのはなぜだろうか?喋るときに世の中に向かって喋るからではないだろうか。僕はこう考えているんだけど、あなたはどう思いますか?を面白く!来年はお願いします。

 

 
今年の27時間は進行で落とし所がよくわからない展開が・・多すぎ。若い現場のディレクターが育ってなんだろうな・・。そんなことを感じさせられました。

 

 
そして、最後にマクドナルドの話題をかぶせます。

 

 
日本マクドナルドは、「オープンキッチン」店舗を導入とのニュース。どのように調理が行われているかを見てもらい、店とお客様とのつながりを深め、安心して食べてもらいたいとの試みらしい。

 

 
「人間不信」が疫病のように蔓延したのか・・・。もう、自分の正義を証明するためには、自分を丸裸で晒すのが一番わかりやすい、ということか?コンプライアンスという悩ましいウィルスが世の中の自由の翼を奪って、面白いものがつくれなくなっている。

 

 
人間の脳は、理性と制度をつくるようでございます。自惚れも、絶叫も、孤独も通りすぎてもなかなか救済されない。そして僕のパターンは、自己嫌悪に潰される。

 

 
そこからどう逸脱し、異端のDNAを覚醒さすのか?

 

 
他人には通じない、官能の回路をいかにつくれるか?

 

 
一人だけの熱狂はつづきます。

 

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 >