ネタ帳ラボ!一期一会

禍福は糾える縄の如し

ネタ帳ラボ!一期一会 旅ラボ!世界を旅する

それは1986年ニューヨークの冬。

 

NEWYORK & NEWYORKという新しいツアーが誕生。記念すべき第1回目の添乗員としてアサインされ、15名ばかりをつれて、自身初のNYCに向かう。

 
UAの機内でフロム・ザ・コクピットというチャンネルに合わせると、機長の交信が聞こえる。無線にのっかる、機長の交信の声はなんともいえない。会話ごとにドアが閉まる。そのほんのわずかなブレークがたまらない。子供の頃やりましたよね。電話ごっこ(笑)・・楽しいんです。途中で音が聞こえなくなっなった時、繋がりにくい時、自然現象であったり、自然の摂理があり、まさに交信はロマンポルノのようだ。(笑)

 

当時はバブルの景気でアパートの価格が上昇し不動産ブーム。SOHOという場所には時代の波に革新的な場所が点点としていた。「ライムライト」という教会を改装したディスコや、地下鉄の駅をクラブにした「トンネル」なども訪れ、ダスティンホフマンがアルバイトしたコーヒーショップや、マドンナが決断したリバーサイドのレストランで食事をとった。考えられないくらい治安の悪い、落書きされたションベンくさい地下鉄にも乗車できるプログラムが用意されていた。

 
時差で眠れない夜。用心のため、ホテル前のイエローキャブで、一番いかつい運転手を探して、ハーレムのバーに行ってくれと頼んだ。何か興奮したかったのだ。

 
第一次世界大戦の時に、ドイツはイギリスの周りを潜水艦で囲むという作戦にでて、アメリカはそれが発端となり参戦した。黒人部隊も投入され、帰還した彼らはNYCハーレムに移り住んだ。元々は白人の街だったが、大戦中NYCの労働力が不足し、各地から黒人が流れ込んだそうだ。そこで、一杯だけ飲んだジントニックの味も覚えてないが、あの黒人ばかりの薄気味悪さと、それでも陽気に語りかけてくる笑顔は今も忘れられない。

 

そのNYCのツアーのガイドは中国人のMRコウさんといった70歳くらいのひとだった。マンハッタンのバーで2人でドライマティーニを飲んで、ベイブルースとジャックデンプシー(はじめの一歩のデンプシーロール)の話を聞かされて、ラブソディインブルーの出足のクラリネットのすごさを聴いたような気分になった。

 
あれから30年もたっちゃった。

 
週末、関西大学で旅行業務総合管理者の試験を受験

 
ちょっと準備不足で、海外だけ点数が足りなかったようだ。

 
約款76、旅行業78、国内78、海外54
※60点以上で合格

 
まあ、今年の結果で国内まで合格していれば、来年は海外だけ受ければいいので最低限度の所までは目標は達成した2ヶ月の勉強期間でありました。

 

もちろん結果は悔しいのだけど、ラグビーJAPANを深夜見ていると、そんなことはどうでもいい、次に繋がっていることが大事なことだと納得されられる。同点ゴールは狙わない、逆転トライを狙わないと革命は起きないんだとも・・・。

 
人生ホップ、ステップ、バックで半返し縫いで、一歩前進

 
ヨーロッパ華やかな頃のパリジェンヌは肘の所までカモシカの手袋をしていた。片手の手袋には32個のボタンが有り、64回の想像を絶するような(笑)手続きを踏み、宝石・アクセサリーを一つ一つ外し、帽子の留ピン レースの花のペチコートを探検し山に登る・・・その山の深遠なる旅の世界が、殿方を狂わせた。それが人生の面白さかもしれない(笑)

 
『禍福は糾える縄の如し』

 
何事も甘くないよね。久々に試験なるものを経験し思ったことがありまする。判定の白黒を突きつけられること、ラグビーの試合のように結果がはっきりしていた方が、物事は次の着火剤に確実になる。

 
さあ、それでも立ち止まれない

 
いよいよ、四国88カ所巡礼を初めてまわってみる、最初は車ですが(汗)

 
四国八十八ヶ所霊場開創1200年ですしね

 

男気!黒田博樹投手

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

 
 オフコースの「秋の気配」が似合う秋深まる日曜。

 

 

 弟がメガネを買付けに行ったベルギーで買ってきたPierre Marcoliniのチョコレートに体が紅葉(高揚)していきます。それはとても控えめな味。「コンビニでお弁当を買ったことがない」という吹石一恵さんのような控えめには、ポテンシャルの内服を予感させます。このチョコはチョコでないような魅力と「はじめて」を生み出している。お控えなすった甘さのところを、カカオというシンプルが見事に守備。それはユニクロのブラトップCMの吹石さんの胸元の、美しさまでをも連想させ、口元が溶けていく。とびっきりの想像力が僕を襲う。僕はプラトップになりたい。(笑)・・あーどうも、月曜日はクラッシュから恥まる。『こんなことは今までなかった』とBGMまでがユニゾンでハモっている朝もいいもんだ。

 

 
今日は先週は選手の山本昌投手つながりで、黒田博樹投手

 

 
 日曜日クライマックス・シリーズ(CS)をかけた広島 vs 阪神との大一番。その男気黒田博樹が登場した。8回1/3まで0封で勝利。これで最終戦となる7日の中日戦(マツダ)に勝てば、3位が確定(CS進出)というお膳立てが整った。お膳立てというよりはゼロでこのゲームをもぎ取ったことは、ピアノの調律が終わったような空気感さえも感じてしまうのはなぜか・・・?

 

 
 日本のプロ野球でツーシームというカミソリ魔球を黒田選手は投げます。野球のボールには縫い目があるのですが、打者から見ると野球のボールが一回転すると、縫い目が2回見えることになります。(縫い目の関係で)、4シームというのは縫い目が4回見えます。2シーだと、ツルツルした面の出現率が高いため、その軌道が読めないところが、魔球の由縁です。

 

 
 基本的にはシュート。左打者は内角に来ると食い込んできて、体に当りそうになるのだけど、そこから外角に向かいストライクになる。ボールかなと思うと、ホームベース上に戻ってきてドアを開けるので、フロントドアと呼ばれてます。昨日もツーシームが炸裂して、凡打に討ち取っていました。凡打こそ、投手の真骨頂。打たれた後のリカバリー力こそが「求道心」。力で押さえるのではなく、不良品を出さないような工場の力強さがなんともいえません。

 

 
 黒田博樹投手にとって、広島という大地は、地べたに足がつくんだと思うんですよね。誰にでも故郷の大地は、歩いているときにそんな感覚がありますよね。「カープ復帰の決断は球団の熱意もありましたが、最後にはファンの人達でした。年齢的な部分を考えても残りの野球人生は長くない・・・」と、入団の会見で語っていましたが、ベテランの残り火を、いかに滾らして、なにを突きつけてきて、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、しっかり見届けたいと思います。(パリーグはホークス、セリーグは広島ファンですから)

 

 
 先週末は、ラグビー日本も素晴らしいゲーム。

 

 
 「人間は恋と革命のために生きているのだ。」 太宰治

 

 
 今週も頑張りましょう!!

 

 
 今日はこんなところです。

 

 

山本昌引退発表。「まだ終わってない」師匠の言葉

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

 
ラグビーワールドカップ 今世紀最大のジャイアントキリング!南アフリカ戦のダイジェストをもう10回は観たでしょうか(笑)ともかく飽きが来ない・・・

 

 

さて、今日はちょっとくどいかもしれません。(笑)
土曜日の朝、YAHOO!ニュース

 

 

球界最年長の山本昌 今季限りでの引退発表「とってもすっきりしています」
「ファンのみなさんのご声援がなければ一歩たりとも進めなかった32年間でした。感謝、という言葉しか、思いつきません。こんな幸せな野球人生は、生まれ変わっても二度と送れないでしょう」という中日ドラゴンズ山本昌選手引退の記事で、ちょっと研究してみたくなりネットサーフィンへ流れる。
いろいろ読んでいるうちに、「出会いのドラマ」の熱に浮かされていく自分がいた。

 

 

========
山本昌(やまもと・まさ)略歴
プロ野球選手(投手)。左投左打。身長186cm。中日ドラゴンズに所属。1965年8月11日生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。日大藤沢高校卒業。1983年 ドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。タイトル:最多勝:3回 (1993年、1994年、1997年)。最優秀防御率:1回 (1993年)。最多奪三振:1回 (1997年)。表彰:沢村賞:1回(1994年)。最優秀投手:2回 (1994年、1997年)
========

 

 
プロ野球最年長の中日・山本昌投手(50)が野球を始めたのは、小学3年。日大藤沢高校時代に甲子園出場経験はなく 県大会準々決勝敗退。まつたくの無名の選手をスカウトしたのは高木時夫(中日ドラゴンズ時代は木俣捕手の控え)。ドラフト5位、背番号は34。当時のエース、小松辰雄から引き継いだ。しかし入団4年目まで鳴かず飛ばず。中日は業務提携していたロサンゼルス・ドジャース傘下のマイナーリーグ(1A)へ。いわゆるメジャーの4軍あたりに肩たたきのように左遷された。

 

 

出会いのドラマ:「まだ終わってない」アイク生原(昭宏)さん」
「アイク、彼はダメだよ。サイドスローにフォームを変えるか、トラックの運転手になったほうがいいよ…」とメジャーのコーチは山本選手評を語る。

 

 

「そうそ…。ヒドイよねぇ。けど昌はね、何か一つ武器を覚えれば大きくはばたける可能性を感じたんだよ」
ドジャース傘下のマイナーチームの用具係からたたき上げでドジャースの職員となり、日本のプロ球団から送られてくる野球留学生の面倒を見ていたアイク生原 さん

 

 

「基本を大切にしろ」、と毎日言われ、試合のあとは徹夜で一球一球を徹夜で二人で振り返ったこともあった。上から投げろ、前で離せ、初球はストライク低めに投げろ。繰り返してやることで、変化が生まれていく。

 

 
生原に連れられてロサンゼルス・ドジャースのフェルナンド・バレンズエラのピッチング練習を見に行った。シンカーをおしえてもらったが、「レベルが違って、わからない」、そんなときにメキシコ人外野が外野でやっていた、工場のキャッチボールに参加。面白半分で投げていたそのシンカーを教えてもらって投げると、なんと!!!、「めちゃ使える」よく曲がるので早速夕方の試合で試すと、花が咲くように自分が開花した。以後それを使うと1Aのオールスターゲームまで呼ばれるようになり、メジャーから打診まであった。
そのビデオをみた嗅覚の鋭い闘将星野監督。草木に隠れられてしまって見つけることが出来なくなった獲物の残臭を検知し、山本選手を日本へ呼び戻す。戦力外の男が、突如秘密兵器に抜擢された。その後シーズン途中の加入ながら、5勝負けなしという成績を収める。

 

 
山本昌選手のストレートは130キロ前半だが、ボールの回転数が1秒間に52回転。(松坂大輔が41回転、藤川球児が45回転 )
猛烈なバックスピンのかかったストレートは上向きに変化を加え、他の投手とは違った軌道を描く。しかも187cmという体格は、普通の選手より30cm位は前で投げていることになる。

 

 
YOU TUBEで山本昌投手のスーパースローをみたのですが、投球フォームから八の字を大きく描きながら、途中で一度ためて可能な限りリリースポイントを遅らせて投げ込んでいるように見える。打者からすれば150キロを投げそうなフォームで、130キロのストレートが来るべきタイミングに来ないで、遅れてやってくるわけだ。当時の中日には150キロを超える剛速球を持つ投手、郭源治、今中慎二、野口茂樹、川上憲伸がいたのも大きかったでしょうね。
クビ寸前、敗戦処理の選手に、野球への愛情と情熱の楔を打ち込み、再生させて行った。アイク生原さんは、野球に対する接し方には特に厳しかった。

 

 
二人でブルペンで何千球も投げ込み、内蔵と内蔵をこすれあわすように、この傑出した魔球を完成させた。
地獄であった師匠は、なんと慈悲にあふれていたのでしょう。師匠は弟子を正しくしつけ、マインドを教え、技術を教え、再生させる。時にドジャースのいるときは身元保証人であり、一人前になってもその役は変わらない。
アイク生原さんは出会いから、数年後になくなったけれども、山本選手はいつも写真に手をあわせ、登板の日はその部屋の明かりをつけていたそうです。

 

 
ある試合で無死満塁となり、もうだめだとあきらめそうになったときに
アイクさんは「まだ終わってない」と昌に声をかけた。
その言葉を何度唱えただろう。

 

 
愛だけが奇跡を起こす。
 

 
そんな物語をネットで拾いながら、人生の出会いのドラマに熱くなった週末でし
た。
 

 

秋の気配、車にポピー。なぜ?

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます、クレストデジタルズ渡部です。
朝夕が過ごしやすくなってきたのですが、秋音が聞こえて来ない。
「これじゃ、だめだ」

 

こうなりゃやけくそで(笑)秋の気配を買いに行こうと思い立ち、「車にポピー金木犀グリーンボトル」が脳天唐竹割りで飛んでくる。覚えているかな友達よ(^O^)。
あの魔法の瓶を・・・。

 

学生時代の相棒、セリカリフトバックには「金木犀グリーンボトル」がコンソールに鎮座していた。あのエンジン音、オモステハンドルの加重、シフトチェンジの感覚まで、こいつがすべてもってくる。(笑)

 

実家の庭に9月になると、前宣伝もなく、金木犀君はやってきた。
「俺の香りは、好きか嫌いか」を突きつけるような、君の様に、君の甘さを煮詰めたようなフレグランスに、トイレを思い出させる君に、今日は助けられた。もうすぐ生木で死ぬほど嗅いで堪能するからよ・・。
今メルマガ書きながら、セリカリフトバックで、18の頃、擦り切れるほど聞いた浜田省吾「HOME BAND」を君と聴いている。フジツボが化石になったようなしつこい付着物が溶けているのを感じるんだ。秋の気配がピン暈けしてたんだけど、もう完全に秋にロックオンしたよ、ありがとう。

週末は今度は旅行の海外旅行の免許をお勉強。
チュニジアのカルタゴの「ハンニバル」将軍に興味津々丸になった。

 

ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンズ)ではございません、あしからず。
チュニジアから、アフリカを進み、イベリア半島を渡り、スペインを征服し。アルプスをこえてローマ帝国に一戦を望んだ男。戦像を36頭、歩兵 90,000人というスケールは圧巻すぎる。どうやって、統率したのか?
江戸時代、法華津峠(635m)を越えて、宇和島に行くだけでも大変だろうにアルプスを越えるというのは、想像を絶する。

 

アルプス越えといえば「ゼンメリング鉄道」(150年前)
高架橋はローマの水道をモデルにし、2万の人員(千人の犠牲者)と6年の歳月でアルプスの山際をくりぬいて鉄路を切り開いた。
「カルタゴ」と「ゼンメリング鉄道」を人生のエンディングノートの行き先に追加。

うーーーん。
秋の気配が確実に出てきたぞ。

 

まあ、調子こかないように頑張りましょう。

金木犀の花言葉は「謙虚」ですから。(笑)

 

鳴門金時物語な僕の日曜日

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

 

日曜の早朝、夏の音を失ったような静けさがたなびく朝6時。松山市駅前の高島屋のロータリーで娘の友達2人を連れて、大阪へ車を走らす。

 

「September rain rain 9月の雨は冷たくて・・・」

 

淡路島SAまで約3時間。いつものお決まりの流儀で「鳴門金時コーヒーセット」400円を頼んだ。この本場鳴門のお金時様は、皮が薄いのがうまさの秘訣なのか、この薄皮の紅無双が、唾液の潤滑を促すのかレンジでほのかに温められた、1コ190円に顎が落ちる。(笑)

 

娘たち3名は、松山南校砥部分校(芸術系)の同級生。彼女たちの目的地は海遊館隣にある場所で開催される「NARUTO展」(笑)かなり、引っ張ったナルトつながりではあるけど、女子旅三重奏の思い出に元添乗員のエスコートはいかがだっただろうか?
彼女たちを送り届けた後、本来の目的を果たす為、千里にある関西大学へ向かう。1000名は優に超える人が、ごった返していた。試験会場は、残りわずかな時間を捨てがたいように、最後の時間をあらがっている若者たち。

 

青春もどきおじさんは、孫悟空の元気玉を放つがごとく愛着をこめて運気をため、座禅の瞑想にはいる。(笑)
どうせ、最後は鉛筆を転がすようになるんだから、一線の境を運だけで飛び越えてやる(笑)

 

現在53歳、人生の最後の直線(だいぶ先ですが)で仲間たちと世界を旅してみようと考えたのが、初夏の7月6日だった。偶然にも、その日が国内旅行業務取扱管理者試験の受付の終了日だった。(笑)隣のキラムラで写真カプセルにはしり、受験票を書いて、15時すぎてネットから費用を振り込み、その日の消印で送る。
その偶然の赤い糸をたぐり寄せたのは、その日が受付締め切り日だったことにすぎない。遊び心的スタート。

 

自己採点で旅行業法は88点、約款は80点、IT創業時に明日のパンを食べるために2足のわらじを履いて学習塾をやっていた。名を「暗記塾」という(笑)。瞬間記憶法というものを、自分で開発していたので(笑)記憶ものは得意なのだ。
そして最後の国内旅行実務(すべて60点以上とれば合格)は範囲が広すぎて、鉛筆をころがす。

 

例えばこんな具合、
同じ都道府県でないものはどれか
(ア)オシンコシンの滝 ー 羊蹄山 ー 那智滝
(イ)戦場ヶ原 ー 吾妻渓谷 ー 鬼押出し
(ウ)帝釈峡 ー 耕三寺 ー 厳島神社
(エ)志賀島 ー 太宰府天満宮 ー門司港レトロ地区

答えは (イ)

 

同じ都道府県であるものはどれか
(ア)熱川温泉 ー 伊東温泉 ー 寸又峡温泉
(イ)石和温泉 ー 下部温泉 ー 別所温泉
(ウ)宇奈月温泉 ー 田代温泉 ー  映伐浩?
(エ)男鹿温泉 ー 玉川温泉 ー 天童温泉

答えは (ア)

 

石川県の郷土料理は?
(ア)のっぺい汁
(イ)朴葉味噌
(ウ)じぶ煮
(エ)ます寿司

答えは (ウ)

 

前半25問 × 2点 で小生はカンが爆発し40点獲得/50点

まさに、これを「運をたぐり寄せる」という。(笑)

 

ところが後半のJRの運賃とか、バスの運賃計算とか・・・勉強してないセクションばかりが出題され、おまけに時間がなくなる(笑)

 

なんと自己採点で20点獲得/50点 トータル60点!

 

合格ライン60点すれすれ!!!!!(ケアレス塗り間違いがないことを祈る)

 

10月は旅行業法、約款、国内旅行実務にさらに海外旅行実務が加わる、旅行業務取扱管理者の試験にチャレンジ。たとえ落ちていても、この旅行業務取扱管理者の試験に合格できれば、すべての旅行を取り扱えるので、復活できる。
人生の計画という中で、仕事を勤め上げた友達と世界をエスコトーしてまわるというのが夢の1ページになった。

 

雨が上がった、神戸の元町で中華を食べて、女性三人Perfumeは帰りのお土産を品定めするが見つからない。そして、再び淡路SAに立ち寄り、元添乗員目利きの「鳴門金時」1080円をみんなが選ぶとき、

 

「してやったり」とほくそ笑む、日曜の夜でありました。(^O^)

 

あー朝から、背筋がアントニオ猪木の卍固めをくらったようだが、なぜかこころはMorning Gloryな朝であります。

 

今週も、笑顔100%な男でがんばります。

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 >