ネタ帳ラボ!一期一会

愛媛新聞の見出し「ファン 大きな肩すかし」白鵬優勝

ネタ帳ラボ!一期一会

国技大相撲、千秋楽で白鵬優勝

愛媛新聞の見出し「ファン 大きな肩すかし」満員館内 拍手ほぼなく

僕が相撲を見たのは人生で1回しかない。2008年1月場所。朝青龍がケガをおして出場し、勝利を重ね、好成績で千秋楽を向かえていた。 「白鵬 vs 朝青龍 千秋楽相星決戦」、モンゴルの日本滞在の富裕層で湧いていた。チケット待ちで数百人の列ができ、会場も当然満員御礼で、会場は高ぶっていた。

親友はいつも娯楽を招待で手配してくれた。彼と一緒に行くといつもドラマがおきる。西武の試合を見に行けば、秋山選手のバク転を見ることができたり、山下達郎さんのコンサートを大阪で最前列で観て、達郎さんに会話で僕がいじられたり(笑)人生の中でも・・・不思議なことがおきる。今日もそんな予感がすると2人で話していた。

枡席で見るのは狭そうでつらいなーと思っていたら、用意されていた4人掛けのなんとテーブルという特等席。お茶屋さんのご案内が付いて、お弁当やおみあげも4人分用意されていた。それを2人で見るのだから、取組表をみながら大名気分の観戦となる。

冷え切った焼鳥の串2008は、それでも味わいが深くうまい。滾るような熱気でビールが喉にグッとくる。千秋楽の大一番を見に来た観客は潮合いを同じくし、千秋楽終盤へ向かっている。「相撲あなどるなかれ」そんなきもちが渦々とし、ボルテージは高鳴る。男は女以外にも、興奮することを久しぶりに感じる。

千秋楽には三役そろい踏みがある。土俵が丁寧に清められ。背中におなじみの「なとり」と書いた前行司が、東西を呼び出し、おなじみの「東方三役そろい踏み・・・」とアナウンスが間髪入れずはいる。思いのほか勢いのある四股に魅了される。

残り三番、バスケットでいえば残り時間をオールコートマンツーマン。サッカーでいえばディフェンダーがバックラインを魂で押し上げる時間帯、濃厚が織りなすゾーンへ突入する。

懸賞の目つぶしのような派手さの行列が延々とつづき、それを数えている人が何人もいる、それが日本人だ。

観客は前傾姿勢をとり、「この一戦何か起こりそう」な兆候を、鼻息荒く感じているようだ。

千秋楽結びの一番。とき満ちる。蹲踞で一息入れて、立ち会いでスパークした。力漲る、力と力のぶつかり合い。グッグッと腰を下ろし、意地と意地がぶつかり合う。闘いが一呼吸おかれると、歓声はたちあがる。血沸き立ち、長老も青年のように意気軒昂する。一秒一秒に熱を放つ闘い!そして白鵬は、人気抜群の朝青龍を打ち破った。

「すごいものをみてしまった、ありがとう」

と、友達と握手していた。今回も二人だけの時間にミラクルは降りてきた。

館内に乱舞する座布団は、「堪能を籠めた」大衆のご褒美のように思えた。

大衆はこの世ならざるをみて、千秋楽を確かに実感できた。

僕たちは、その余熱の勢いのまま「六本木に」繰りだした。

横綱、次は頼みます。

「やっぱり結婚式は苦手だ」

ネタ帳ラボ!一期一会

おかしな話かもしれません。ボクは、結婚式に参加するのは苦手だ。いや、嫌いなのだ。
  
なぜか?というと、馴れあいという空気が蔓延し、予定調和がはびこっているから。新郎や新婦が勤務する会社の上司には的確に招待状をだす、内輪受けのイベント。披露宴では上司は飾り言葉スピーチで祝福をならべ、地位が高い有力者をセレモニーの格付けをあげるように配置させ、その挨拶の、妙に手慣れたたとえ話など聴くと、今は窒息しそうになってきた。(笑)
  
セレモニー的な挨拶は、登場人物が変われど、それぞれが言葉を操っているようで、自分の言葉に酔い、論を重ねていくほど、偽善の香と、論理矛盾が膨らむ。本人は気づいてない(笑)結句、この人は新郎新婦とそんなに深い関係じゃないな・・などという疑念が湧く。(汗)仲人などがいて、二人を紹介すると、日本作り話さながらの経歴詐称が確信犯の手で、美談にすりかえらる。それをまっとうに信じているのは、奇妙な光景で、妖怪の城にでもいる気分だ。
  
これは、自分がいろいろなセレモニーに出てきた経験の多さのせいかもしれない。オーバフロー現象。忘年会、新年会、クリスマス会、〇〇会の講演の後の飲み会、もうお腹が満腹だ。日本という社会で、人間関係をうまくやる、手っ取り早い方法は、偽善以外にはありえない、と思う。それが情けない。プロジェクトの打ち上げみたいなのをやろうよ。それも、一瞬遅からず、早からずの絶妙のタイミングで・・。そんな酒は大歓迎だ。
  
もう教育から腐っている。幼稚園ではランドセルを待ち焦がれている幼児にこんな歌をうたわせる。「一年生になったら、一年生になったら、友達100人できるかな」。できるわけないやろ(笑)社会は嫉妬で作り上げられ、人はそれで苦しみ、大好きな人に少しでも裏切られたら、攻撃に転じるのはよくある話。妬む、妬む・・・それは、それは、泉が湧き出るほどに(笑)
  
さて、さて、さて、そんな私が昨日は”いとこ”の結婚式に参加。(爆)
 
案内状がきてびっくり、高浜観光港であるという。新ターミナルができた時に、ちょくちょく、ここから大分まで関西汽船を利用した私は・・・こんなとこで結婚式があったら願い下げだ、と思っていたが・・現実は突如やってくる。(笑)なにせ、通常の結婚式場に行くのに比べても、往復1時間は余分にかかるロケーション、くらくらする。
  
結婚式当日、雲一つない天色の青い空がひろがる。天色(あまいろ)というのは、日本色の伝統色の呼び名で、そんな呼び名は化石のようではあるが、どうだろうスカイブルーなどという、ちんけな呼び名より、伝統と格式があるんでは。高島屋の前で、新郎のバスに乗車。親戚一同と久しぶりに御対面する、たまにあう親戚というのは好きだ・・・なにせ共に歩んだ歴史がある。色でいえば青碧(せきへき)だろうか、苔が緑に向かう前、青みがのこるような、感じ。だが本来なら、その場を支配し、長年仕切っていた親父がいるのだが、今はベットの上なのが残念だ。
  
チャペルでの結婚式はウエディングプランナーが、牧師の言葉までコントロールしたくらいに短く構成され、式場はバイキングで堅苦しくない。仲人もなく、セレモニーは短く、堅苦しいあいさつもなく、生バンドよろしく、結婚式終了間際には、ビデオでその風景が流されるという・・今様の結婚式で、よく練られていた。
  
いとこの2回目の結婚式なので、乾いた空気感があり、それを十分に察知している共にアラフォーのカップルの余裕のなせる折り合い感がよかった。奥様も綺麗なかたで安心した。ぜひ、北条政子のように、尻に敷いておいてほしいと願うばかりだ。
  
式場の側面は、ガラス張りであった。そとのウッドデッキで久々にみた瀬戸内海の凪をみながら、親戚の外国航路をのっていた船長のおじさんの息子が「こんな凪、めったにないですよ」、と右斜め45度から声をかけた。彼は今、親父の跡を、おうように豊後水道にスクリューの軌跡を描いている。20歳の頃、親戚の集まりであったから、もう時は15年以上流れていた。二人で、サンセットをみつめながら会話していると親父の話になった。「君の夢はなんだ・・」そう親父に問い詰められたらしい。それは、鮮明な記憶であるようだった。そんな彼に、今まで疎遠になっていたけど、いろいろおつきあいしてほしいですと、真顔で頼まれた。
  
You are welcome! 新しい絆ができた。
  
結婚式が終わり、東京の仲むつまじいおじさん夫婦と、弟と4人でJALホテルで、ワインを飲んだ。昔話に話が咲くと思いきや、旅行話から日本の歴史の話しになった。飛鳥時代からはじまり、天智天皇から天武天皇の話、平安時代から、鎌倉仏教まで、こんなに話せる夫婦と久しぶりの歴史談義だった。行基知っています?というと・・バンバン答えが返ってくるという具合で、傍らの弟は呆気にとられ、兄貴の歴史バカを初めて覗いたようだった。(笑)奥様とは「親鸞」を最後まで読みましょうねと約束。(お互い激動編をよんだところ)おじちゃんとは、さらなる日本の歴史話を次回はしようと、男約束をした。
 
あーメルマガを書きながら、まだ二日酔い気分だ。
 
久しぶりの結婚式だった。でも・・・やっぱり結婚式は苦手だ。(笑)
 

歴史トークの方が楽しかった。
 

「人は見た目が9割」

ネタ帳ラボ!一期一会

某紳士服のメーカーの講師の先生の講話。「人は見た目が9割」ですというオープニングトークは強烈にインコースをえぐり込んだ。だいたい50も過ぎると、毎日鏡を見るのもおっくうで、オレなどは全身が映り込んだ鏡をみたら、頭の中にあのイタリアのナポリ民謡”ナンタルチーア、ナンタルチーア”がいつも流れてくる。(笑)
 
 
朝顔を洗うときに、洗面台を見てもメガネをかけずに近視でぼけているのがちょうどいい。「劣等感は人を育てる」などと、昨日読んだ五木寛之さんのフレーズが頭をよぎるが、なぐさめ程度に湿る程度・・・。
 
 
「人は見た目が9割」、誰でも幼少時代に、だいたいがクラスの悪ガキにとんでもないあだ名をつけられる。テレビ番組が影響していた。妖怪人間ベムというアニメで場人物のベム、ベラ、ベロとか、映画の影響でゾンビとか、プロレスの影響でブッチャーとか。受け取る方は「化け物」といわれているのだから・・残酷の極みの心境になる。特に名付けられ女子は、立ち上がれないほど追い込まれ、心ない言葉に、行き場のない怒りを積もらせていく。オレも王選手がすきでファーストミットを買ってもらって、一本足打法を真似てたので「ワンちゃん」と呼ばれていたことがあったけど、いじめっこ番長がつけたあだ名は「ボロ犬」だった、まあ、呼ぶのはそいつだけど、気分は最悪だった。
 
 
実は「人は見た目が9割」というのは、本のタイトルで、なんと100万部を越えるベストセラーになった。中身は醜男・醜女の変身方法というのでなく、漫画の事ばかり書いている本で、多少は心理学にふれているけれど、それは予定調和、織り込み済みの世界でしかない。果たして、今日メルマガをみていただいている方も、タイトルに巻き込まれた人もいたかな(笑)
 
 
いかに「本のタイトル」が大事だと言うこともいえる話だけど、「人は見た目を気にしている人が9割」はいるのでしょう・・。年をとると、「若く見られたい」に関連する商品は体力の限界をしらず、心に鬱積した美醜の魂は、餌に食らいついてしまう。
 
 
ネットの世界では自分のアバターに、毎日のお食事などを発信させたり、小さな幸せを化粧させてみせることで、ささやかな見栄?を満たしてくれている。これが、悪いことでは決してない。世界のネットの書込みの内70%が日本語であり、日本人(世界の人口の2%)は、もういちいち他人に気にしていては生きられない。
 
 
江戸時代の読み書き教育というのは日本に今、力を与えている。流行はネットからうまれチャンスにあふれている。動画でインディズからヒットが産まれる。現実も、ネット世界も境目がわからないほどの勢いで、面倒がみきれない。(笑)オレたちオスは、やがてネットの世界で輝く、メスに食べられてしまうだろう・・。
 
 
ネットSNS世界というのは、刺激面では、創造を絶するほど(笑)のつまらなさで、日本の象徴のようになってきたけど、日本人というのは一定の規律という足枷をはめられ、期限を決められ、そのプレッシャーの中で才能を発揮する生き物であるようで、バカにできない。とくにメスという生物は才能を散らかす。
 
 
例えれば、それはクイックルワイパーだ。持ち手のところが伸びて、先端が曲がり(笑)、なんという発明であろうか。切って使えるスポンジは洗剤いらずで蛇口をぴかぴかにし、初恋ダイエットスリッパで料理をして、この間100均で買った「固いものを切るハサミ」はクレジットカードなどをバサッと切り刻む。菓子袋をもう一回閉じるハンディシーラーは乾電池2個を入れれば、見事に熱で袋を閉じてくれた。これらの力の源はメスにあり、こじつければ「人は見た目が9割」から来ていると言えないでもない。
 
 
面白いことに、某紳士服のメーカーの講師の先生は「人は見た目が9割」「見た目を気にする一番の職業は詐欺師です」と語った。「なるほど、言い得ている」
 
 
詐欺師というのは、巧妙なストーリーを描く。見かけは善人。社交的で、人当たりもいいし、物腰もしなやか。頭の回転が高速・・あーおれも詐欺師の一味。(笑)あなたも?(笑)
 
 
いや、詐欺師という言葉は毒性が強すぎる。「心理トリックに優れた人」とでもいいかえよう。いい表現かも知れない。(^^;)
 
 
今日もエンディングはうまくまとまらない。
 
 
週末に「親鸞」五木寛之を読んだ。お遍路をまわるこの1年は、いろいろと宗教の本を読んでみようかなと・・・。宗教はうさんくささをはらんでいるのが、興味深い。
 
 
お釈迦様は死んだらどうなるかということについて語っていない。無記というそうだ・・・。
 
 
「今あなたの身体に矢が突き刺さって血が流れているのに、この矢がどこから飛んできて、いかなる理由によって発射なんか、と、論議している暇はない」
 
 

お遍路土佐路、37番札所岩本寺~34番種間寺へ春を詣でながら

ネタ帳ラボ!一期一会

長ーい、長い水平線を窓越しに遠望しながら、四万十市に僕は向かっている。

高知から四万十市に伸びたハイウェイのこの景色は「なんちゅう、でかい!」太平洋を心の中に投げ込んでくれるんだ、イヤフォンで、密かに今井美樹の「Driveに連れてって」をリピートに設定し、16ビートのリズムに、足で「タッッ・タッッ ・タッッ 」3連のバスドラを叩きながら、ご満悦して旅がはじまる。

DRIVEに連れてって 今すぐに 二人だけの 夢見る ランデヴー

ハンドルを握る 横顔を 横でそっと 見てるのが好き

AH… 想い出のあの曲を聴きながら

気分は20代のあの頃なんだけど、現実はお遍路のバスの中は平均年齢70歳以上の46名の乗客。(^^;)しかも、申年閏年逆打という、12年に一度の御利益3倍の年で・・・空き席が一つもない。このギャップのねじ曲がったような空間、隣の助手席もどきには、広島から一人参加のお遍路さんとお尻愛。ちょっと心が萎えそうになる(笑)

それでも僕は、日常の中に仏教を放り込んだ。

今日の一日は、日常が別回路に繋がっているようだ。回路の接点が仏教というこの組み合わせの妙が、必然的に新しいものを、この”ぼんくら頭”に刺激のパルスを送ってくれる。

111

途中、仁淀川のブルーはまだ夜明け前で、あの青春の多感な時期に見たブルーが、夏にこなきゃダメだよと呼んでいる。はっきり申しあげて、夏のギラギラした日差しに溶けるような透明なブルーは、日本の中でも別格だ・・・。ひとはこのブルーを仁淀ブルーと呼ぶ。それに、突き抜ける青空が重なったときが、仁淀ブルーマジックになり、清らかさが幸せに浸らせてくれる。やっぱり、この川は夏が似合う。

DSC_6333
さて、37番札所岩本寺に到着。本堂内陣の格天井画は花鳥風月から人間曼荼羅まで、575枚の絵が天井を彩っている。その美しさに頭を垂れるしかない。参拝がおわると、いきなりの昼食。先達さんが、時期法(漢字があっているかはわかりません)と唱え

DSC_6309

一粒のお米にも万人苦労を思い、

一滴の水にも天地の恩恵を感謝し、

有難くいただきます

 

2016-03-05 11.30.32

と合掌してお昼をいただく。かおり飯であり・・なんともいえないスローボールのチェンジアップみたいなお味なのですが、ダメだ僕には・・・と心がお話ししている。

 

DSC_6407

引き続き36番札所青龍寺へ。明徳義塾高校が近くにある。あの朝青龍の名前はこのお寺に由来するらしい。由縁をお寺の人にきいたら「勝手に名のった」とのことで、なんとも朝青龍らしい(1月場所優勝した琴奨菊も明徳義塾)。 相撲部が鍛錬した170の階段は、一気に登ると、息が暴走モードになるほどだ。段をおりてホッとすると、登りでは感じなかった香りがした。沈丁花の香り・・が初春をもうでているようで、お遍路ならでは非日常を感じた瞬間がそこにあった。

DSC_6474

海沿いのドライブインで休憩になった・・・。海が綺麗なので、荒井由実の「海を見ていた午後」をON AIR。ぼーーと海を見つめる。たわいもない時間がふくらんでいく。海に滲んだ記憶が・・そうさせてくれているように。

DSC_6494

35番札所清滝寺は、バスからタクシーにのりかえて、車はスイッチバックを繰り返しカーブを曲がりながらあがっていく。初春をつげる文旦の木が立ち並ぶ。運転手さんが、「文旦は酸っぱいんで、あのわらの下で文旦を熟成してるんですよ」と教えてくれた。あの皮の面積が50%はありそうな、 グレープフルーツの先祖みたいな果実は、こうして一級品になるようで、道の駅では1個500円くらいする高級品だ。それが途中の坂道で、3個100円で無人販売されていた、お遍路さんへのご接待なんでしょうね、愛があるなー。このお寺は桜の木が見事で、目を閉じると満開の景色が浮かんでくる。

DSC_6593

いよいよ最後は、34番種間寺。底抜け柄杓の安産祈願に目を奪われる、「妊婦が柄杓をもって詣ると、寺では底を抜いて二夜三日の安産祈祷をし、お札を添えてかえす。それを妊婦は床の間に飾り、無事に安産すれば柄杓を寺に納める」そうだ・・。「こんなの誰が考えたんでしょうね」と渡すようにベテランのお遍路さんにいったら、「子安神社とかいっぱいあるよね、高野山には母乳がたくさんでるような安産祈願の絵馬があるよ」と教えてくれた。高野山か・・・このお遍路旅がおわったら・・そこに行く自分をしっかりイメージしている。

DSC_6615

お大師様、ならびにそのDNAを継いだお弟子さんは、こうしたいろんな仕掛けを造りながら、仏教をそばに置いて仏教を近づけたようで、のんびりするのは、背景が平安時代のよき時代だったことに起因するのだろうと思う。そうかんがえると、鎌倉の飢餓に苦しんだ時代の末法思想の鎌倉仏教とはどういうものだったんだろう?

歴史心は不自由な時代の有り様を探求したくなっている。

お遍路。帰り道。

AKBの山本彩さんがギターで奏でていた、かりゆし58の「オワリはじまり」を聴きながら青春のオマージュのように 、バスに揺られチックと眠りこけた。

なんだろう。この旅でまだ仏教という実感が足りない。たぶん最後までそうなんだろう。そんな機会も滅多になさそうなので「空海の景色」を読みおえたあと、数冊空海関連の本を流し読みして、近づいてみている。

そんなこんなあるけど、お遍路旅というのは、少しばかりは、心をやわらかな気持ちにさせてくれるようだ。

今日は、こんなところです。

タモリさんの座右の銘は「適当」

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。
  
ブラタモリの松山編が再放送で日曜日放映されていました。何度見ても、面白いのはタモリさんの才能の由縁ですね。他人のことは関係なく、松山城でもあの天主閣にも興味がなく、予定調和を崩し、地理・地形・歴史好きの人への内輪受けを誘うような自然体の対応が見ていて楽しすぎます。
  
タモリさんを見たのは、大学の頃。あの伝説の四カ国麻雀や玉音放送をLIVEで松山市民会館で見ることができたのです。得意の全く意味がわからないハナモゲラも含めて、抱腹絶倒でインチキ臭さ満載なのだけど、JAZZのような自由が出鱈目に炸裂して、もはや呼吸困難になった夜を思い出しました。
  
BCL時代というのを体験した私にとっては、大阪系のAM放送をエアチェックする際に、あの朝鮮語放送が邪魔で邪魔でしょうがなかった。オールナイトで「あれが面白くてね、勉強がいやになったら押入れで聴いてたんだよ、マネするのがなんか楽しくてね」、などと話すのをききながら・・それを真似するLIVEを聴いて、泣いて笑ってよじれた夜の青春。あの破天荒暴走列車こそ本当の芸でしょうね。
  
タモリ倶楽部の空耳アワーなど、ほとんど意味がないようなものに、ホモサピエンスの初期状態ですり寄っていくわけで、無思想というか、言葉の無用さを、奏でるような番組でしたね。意味は求めないが、面白いとか、おかしいは求めている。(笑)
  
大泉洋さんが「水曜どうでしょう」で一週間でヨーロッパ21カ国を廻る(ビザが不要な国)という企画をやってて、パリからレンタカーで出発するわけだけど、行き当たりばったりで、観光地も立ち寄らず、時に野宿になり、あらかじめの想定など無意味で、なんとか制覇なるだろうと、10馬身くらい思いが先行した企画なのですが、これも無謀の中に、なんか惚れてしまうモノがあるんですよね・・。結局まわれず、2回目北欧をまわるんだけど、ヨーロッパだからやはり2回目もパリから始めなければ(笑)、と、パリからノルウエー まで既訪問国を通りながら、ノルウエーまで行き、「ディレクターさん、何でノルウエーから始まらないの?」と、その無意味さを受け渡す会話がなんとも楽しい。どうせなら北極圏に入らないと意味がないと理不尽を楽しんでいる・・・。なんかそれが人生の縮図と重なるのが楽しんですよね。こんなのを、ローカルでもチャレンジしてほしいものです。(^O^)
  
さてタモリさんの後輩、井上陽水さんの歌は、歌詞に深い意味がございません。
  
ホテルはリバーサイド
川沿いリバーサイド
食事もリバーサイド
Oh リバーサイド
  
面白いのはPUFFYに提供した曲
 
奥田民生(作曲)&井上陽水(作詞) アジアの純真
北京 ベルリン ダブリン リベリア
北京 ベルリン ダブリン リベリア
 
ありえんやろ・・・でも100万枚越の大ヒット
陽水さんと娘さんがカニが好きだったそうです(笑)(^_-)
  
奥田民生(作曲)&井上陽水(作詞) 渚にまつわるエトセトラ
 
マゼラン祭りで
ハッスル音頭で

カニ食べ行こう
はにかんで行こう
あまりにも 絵になりそうな
魅力的なハッピービーチ
  
ありえんやろ・・・でもこれも100万枚越の大ヒット
 
これにあのメロディをのせる、奥田民生さんも奇才であります。
  
陽水さんは、あるときにタモリさんの所に来て「ボクの歌は思想がありすぎた。すべてを断ち切って、思想のない歌を歌います」というようなことを宣言したそうです。それから歌が明るくなったそうだ。と。
  
はたして、これらの事を思うとき
  
人生は意味を求めていては、意味を探していては、苦しくなるのではないか?ということ。突き詰めると、知らないうちに偽善になっていたりし、自己崩壊していく。成功者の秘訣的な本を読んでも、そんな言葉を並べても、位置づけるとつらい・・。適当がいいのだ。そう思わないと、人に嫉妬するかも知れない。
  
タモリさんのハナモゲラ語は、出鱈目だけど、雰囲気や所々のキメてきなワードの符号で、それとなく意味がわかる。そこが芸術的なのだとおもう。ブラタモリのイントロの陽水さんの「女神」、エンディングの「瞬き(まばたき)」などもそうだなと・・番組を見て思った。
  
人生の一番の薬は、笑いなのだな・・・
  
そんなことを思う週末でした。
  
「これでいいのだ」
  
PS
YOU TUBEで昔のタモリ倶楽部やタモリ芸をみながら、これを書いてます。
面白いので、お茶の時間にでも見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=peueBGhbpEI
  
今日は、こんなところです。
  

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >