ネタ帳ラボ!一期一会

「さよなら夏の日」

ネタ帳ラボ!一期一会

夏のささやかな午後。インターネット通販のキラットで夏を凌ぐために大量購入したブツが冷蔵庫に格納されている。オレは急いでドアを開け、S.PELLECRINOの炭酸水という夏のブツのキャップをまわし、14時の時報にあわせて空け、山下達郎サンデーソングブックのラジオに灯をつける。

こんな小市民の、こんな夏を爪立ちさせてくれている、目の前のS.PELLECRINO炭酸水にオレは一礼の夏の敬意をはらう。1本あたりの単価は48円でコストコもかなわないような値段で売ってやがる。キラットという妖怪みたいな店をネットでやっている奴は、どんな奴だ。日曜日で風采の上がらないオレを助けてくれる君は、今日の救世主だ。

最初の一口のジュワアーー!・・ムムム!・なりませぬ!この爽快さ、スネアの音のような弾み!その音の奥深いのは、こいつの出身がイタリアというせいだろう。歴史に連なった陽気な男達の歴史とダンディズム。重ねて、ミラノのフォーシーズンズホテルでオレに100万ドルの微笑み返しをオフショアの風のように送り、脳天逆落としをくらわしていったミラネーゼのアモーレの口角の放物線、なぜかオレの記憶の回路は、そこに繋がっていた。もう、オレは妄想が始まると止らない。そうさせたのは、S.PELLECRINO君、君だ。

ヨーロッパを旅していると、女性のベテランガイドさんと夜食事に行くのが好きだった。(^O^)オレは、2週間滞在したイタリアのフィレンツェで、ドゥオモの近くのトラトーリアで、こんな話をその女性ガイドさんから聴いた。「イタリアというのは、フランスの文化を創ったのよ」というワインが人を近づけるには十分すぎる話題だった。その主人公はカトリーヌ・ド・メディシスという(時は16世紀百花繚乱ルネサンスの都はフィレンツェ)、メディチ家よりフランス王家に嫁いだ女性だ。その時は初めて聞いた名前だった。

当時のフランスは、鳥がまるごとテーブルの皿に盛り付けされ、それをみんなで宮廷で分けて食べていたというお粗末な食文化レベルにあった。そして世界でイタリアだけが洗練されていた時代。そこに、カトリーヌの嫁入りで、フォーク、野菜、ソース、調度品など、フランス食文化の革命がもたらされた。ちなみに、彼女はマカロンの生みの親ともいわれ、お菓子文化の生みの母でもある。そして、晩餐会で食の革命を広げていった切れ者の100%の女なのだ。たった一人の結婚が、その国の文化までもかえてしまう・・・。香水も調香師を連れてきた彼女が発祥なのですよ。マリーアントワネットではないのです・・。

カトリーヌ・ド・メディシスは14歳で結婚したのですが。10年子供が出来ず、牛の糞と雄ジカの角を彼女の「生命の源」に貼り付けたり、騾馬の尿を飲むことまでしたそうで、100%女のパワーに脱帽するばかりだ。それでも苦節10年で子供が出来て、12年で子供を10人残すのです。ただですよ、国王には愛人(ディアヌ・19歳も年上)がいて、生まれた子供はディアヌに育てられ、子供とは別居のまま暮らすこととへ。話すと長くなるので止めますが、そんな夫が亡くなっても、ミケランジェロに銅像を頼んだりして、優しい女、いや強い女なんですよね。ノストラダムスとも交流があったとか・・・まだまだ僕には謎めいた女性です。歴史の扉は、こんな女性の生涯を追いかけてみたく運命から始まるんだと思う、フランスのロワール川流域に広がる渓谷に彼女の破片があるアンボワーズ城、シュノンソー城、訪れてみたい場所なんですよ。

ラジオからは、山下達郎サンデーソングブックで竹内まりやさんとの納涼夫婦放談のお決まりの最後の曲「さよなら夏の日」が流れて来る。夏が過ぎ去って行く、ぶるぶる震えていた、太陽が肩の力を落としながら、新しい季節に向かおうとしている。「お天道様よ、今年の夏はやりきったな」とオレは声をかける(笑)。

2016年の夏は、雨のない夏だった。それはまるで、灼熱の狂った太陽に、サンドペーパーで心が削られていくような気分だった。その摩耗感、ヒリヒリとした疲労感に頭が思考停止になったのが何回かあったほどだ。朦朧とさせられながら、タフネスについて考えさせられた。

そして、来週のサンソンは、竹内まりや「September」が冒頭でオレの人生に変らず流れるだろう。オレは、何年この番組を聴き続けているんだろう、でもたったひとつこういう番組があるから、オレみたいな民くれは、スタバの珈琲とともに救済されてゆくのだ。自分のリズムを保つのは、こういう音楽であったり、季節の食べ物だ。世界を廻って思うのは、日本の果物は世界最高だと、胸を突き上げるほど自信が漲る。産直にいってシャインマスカット一房が1,200円だった、旨いものは、旨いのだ。

SNSのコメント、感想は人間関係を築づく第一歩

ネタ帳ラボ!一期一会

 オリンピックの女性の闘いは、100人組み手のように、百花繚乱を奏で、毎晩寝不足でありました。やっと人間に戻れそうです。

 さて先日夜の宴会で、「自分らしく、ありのままでいい」という言葉を使うX氏に、うーんそれは「気持ち悪い」と苦言を申したら、素直ではないといわれた。

 どうも言葉が先行し、補足が足りてない。「自分らしく」というのはなんでしょうか?妥協の産物ではないのか、「ありのまま」でいいんなら、現状維持ではないのかと、オレは毒づいたのだ。

 「自分らしく、ありのままでいい」というのは、どこかの社長が社員の成長を止めるための呪文にしかオレには聞こえない。大人の優しさというのは、ずるさとセットで成長してきた歴史を教えるべきなんだよ・・・そろそろね。

 「オーガニックの野菜だから旨いね」という。オレにはこのオーガニックの野菜は、育成に失敗しているようで、パンチが足りてない。「脂がのっていて刺身が旨い」と言うけど、養殖で餌の食べ過ぎと、運動不足で脂がついているように思える。あまのじゃくで考えていると、少しは真実に近づける気がして、そうしている節もあるにはある、けどね。(笑)

 人は思い込みというものに、あまりにも左右されているような気がしてならない。シェフのこだわりハンバーグ、熟成カレー、名前が先行しすぎている。そんなことより、1日100食売り切れとでも書いてくれていた方が、わかりやすい。「こくがあって、あっさり」とか、説明が足りなさすぎて、頼りない。「クセがなくて、旨い」とか、あるんですか?(笑)

 何でこんなことを書いているかというと、LINEなどのSNSでコメントや、感想を書くときに、人は言葉が足りてないことに気がついてないんですよね。これからは、コメント、感想は人間関係を築づくときに、最初の第一印象のようなものだから、あと1歩踏み込んでもらいたいんです。

 オリンピックの選手のインタビューも、選手の座右の銘とか。健康管理になんでこだわるのか?何を喰っているのか?とか知りたいんですよね。

 食べ物は体調や育成に大きく影響するはずで、火を使い、時には発酵させ、調理することは大事なはず。チンパンジーなどの類人猿が、火を使い、調理することを覚えたら、遠い将来には、知能が発達し人間になるような気がするんですよね生肉なんて、摂取して半日も噛んでいるんだから、焼いて食べれば10分で終わるのにね・・・アスリートの強さは、食べることの中にある気がしてます。

 さて、お盆はメルマガもお休みをいただきました。再び始動します。よろしくお願いいたします。

 今日は、こんなところです。

同窓会の時期がやってくるForever Friends

ネタ帳ラボ!一期一会

九重親方が亡くなられた。いつだったか、NHKのニュースの番組で、九重親方の指導法が取り上げられていた。「考える相撲」「考えさせる相撲」が真骨頂で、若い力士には取り組みのあとLINEで必ず自分のスタンプもつかい、感想を送るという。その話をききながら、感想は人間関係の最初の一歩なんだなと思ってしまう。そのコツが「考えさせる」確かにそうだな。親方は、弟子の強みを弱みも知りながら黙して、時代にあわせてLINEでヒントを短く投げて、想像の翼を育てたんでしょうね。

ウルフという呼び名がたまらなかった。ご冥福を祈ります。

そして九重親方のことを書きながら、ふと思い出した。幻冬舎の見城社長は五木寛之さんを口説くときに、どんな小さなコラムも、エッセーや対談も必ず読んで、そのすべてに手紙を書いたそうだ。相手の刺激になるような場所へ、身を挺して切り込み、逆に外れれは逆効果になることを危惧しながら、心をすり減らし、手紙を送る。25通目くらいの時に返事が来て、初めてあうことになり、やがては本になった。本気度が違うだけなんですよね。凄いわ(^O^)
LINEやSNSで食べ物や、季節の挨拶や、毎日の出来事も悪いとは言わないけど、あまり自分の事ばかり書くのはどうだろう?食べ物のLINEがきたら、おいしそうだねと感想を書くより、なぜそれを選んだの?という相手の深層心理に、心をぶつけてみるのがボクはすきだ。

仕事をするときは、他者のことに想像の翼を伸ばせるか?共同体の中では、支配欲、嫉妬心、猜疑心などがつねに怨念のように駆け巡り、他者のことを知らないと、うまくいかない。だから食事でもして不安を解消しないとおさまりがつかないときもある。俺に今ないのは狂気なのだ、見城社長の25通の手紙のような狂気。ユーミンのアルバムを全部聴いて、全部に感想を書き、石原慎太郎先生の時は、全冊読んで、対面したときは、太陽の季節は暗唱したという、その狂気、熱狂、まだまだ足りなすぎる。

8月のお盆に、大学の音楽系サークルの4年に一度の同窓会が開催される。その幹事をずっとやっている、ドラム練習をちょぅとばかり秘密特訓してきた。今日からスタジオで一人特訓してみようと思う。4年ぶり、8年ぶり、12年ぶりの人もいる。みんな、なんだかんだしっかり練習してくる、そんな仲間が大好きだ。

竹内まりや Forever Friendsが8月のマイヘビーローテーションどんなに長く ごぶさたをしてても話ひとつかけるだけで 学生に戻れるという、イントロを聞いただけで幸せな気分になれるんだな・・

今日は、こんなところです。

寿司屋で女性の大将がいないのはなぜ?

ネタ帳ラボ!一期一会

朝からあぶらぜみが、遠慮を知らず真夏へ、真夏へと鳴いています。
先日、実家で焼きナスをごちそうになりました。「うん?なんか旨いぞ」ナスの表面にまろやかな薄皮一枚ほどの旨みがあって、はたして、これはどうしてかと尋ねると、「じゃーん!これです」と、ジャムの瓶ほどの大きさの”日清クッキングフラワー薄力小麦粉”を、「この紋所が目に入らぬか」とばかり、母がつきつけた。この薄力粉を使って、ドーナツやお好み焼きなどをつくってくれたものでした。
それがサイズが小さくなって、コンパクトサイズ。胡椒をふりかける感じで使う。天井のキャップは両開きになっていて、2つの開け口があり、もう一方は軽量スプーンをいれて多めに取り出すこともできる、その際にちゃんとすり切りできるようになっていてなかなかの優れもの。
うーん、デザインも、機能性もイケている。こういうモノをいち早くとりいれる女性感覚にもほれぼれする。化粧をしない、男にはこういう感覚が欠落している。
お客さんと、できたちの串揚げが食べれる、串揚げ屋さんに行ったときのことです。店の大将と話をしていると、「お寿司屋さんで女性が握ってくれる店がないのはなぜか」という話題で盛り上がりました。言われてみれば、女性が握る寿司は食べたことがない、知っているお店もないし、かといって・・なんかそれは食べたくないという、先入観まである。女性が握ると、お寿司に人肌のぬくもりを感じてしまいそうな気もするし、カウンターでの会話も全然違ってきそうだし、大将!とか呼べないのもさびしい。

「もったいないが、女性には強くあるんですよ」と、大将がぽつりと言葉を投げる。「女性はすてられないからね、真ん中の良いところはつかうのよ、でも両端はまだ食べれるので捨てない、何かに使えると考えとるんですよ、まあこれも料理仲間が言ってたんですけどね」と、本当は自分のことばなんだろうけど、美味い表現をつかうものだと感心する。余計なこととか考えちゃうんだろうな。繊細だからね。
なるほど、女性は愛情と義理で食事をつくり、工夫するから。こういうプロのお店では味が変わるのかな?と、ひたと考え込んだ。と同時に、なにかしら、はにかんだような都会の少数派が許せる女性の寿司なら食べたいと、妄想を膨らませた。店の名前は「喜怒哀楽」とかね。(笑)
さて、夏は果物と野菜が豊富にございます。たとえば、内子のもも。旨いですよね。ただ完熟度合いと、見立てから旨そうなモノを選ぶのは難しい、もちろん食べるタイミングも。

スーパーに行くと白桃とにらめっこする。おっぱいをもむ感覚で、そろそろ熟しているか、三日後には熟すかくらいは、なんとか見分けられる、私の右手はそのくらいの感覚は持っている。(笑)産毛がちくちくしているモノは、まだまだ。色は、高校生が恥じらったときの赤らんだほっぺの白桃がいい、おしりの割れ目から、デカいケツを感じるかで、どうやら私好みの白桃は決まるのだ。
道の駅や、マルシェができて、自分の目利きでいかに旨いモノを見分けるか?これは、男にとってはかなりの難行だが、楽しい。バナナは斑点がないのを買う。そして斑点が、出だしてまもなくまもなくが旨い。桃はお尻がデカいモノが旨い、小ぶりのものはダメ、冷やすとダメ、食べる前の二時間くらい前に冷蔵庫にいれるのがコツ。メロンは触っても、硬いのでわからない、なかなか弾力が出てこないので、食べ頃も微妙。一応、編み目が均一なのを選ぶ。スイカもたての線が、均等なのを選ぶ。
まあ、こんな私でも、三越に行ったときには、地下の果物売り場に行って、うまそうな果物を眺めるのが、一つの流儀で、実にたのしい。孤独な趣味なのだ。昔は、八百屋さんがそんなこと全部教えてくれたのにね。
さて、イチローの3,000本安打が秒読み。歴史点瞬間と、球場の雰囲気はLIVEでテレビで見たいですよね。うーーん。内野安打のような気はします。(笑)

暑さで、心はツンツンする

ネタ帳ラボ!一期一会

選挙が終わり、この国に革命が起きるのはいつか?なぞと、空想する午後。長老達は昭和の学生運動で、社会を変えられる信じ大挙して行動した。暇でエネルギーがあったのか、踊らされたのか、最初はどうであれ、社会の矛盾への戦いを体験した。
高度成長時代、日本のために汗を流した。日本の復興という躍動感と弾みの高揚は、男達に確固たる自信として深く根をはり、彼らは自信に充ちている。そして80年代の狂った甘美な時代を、むしゃぶった人たちは、価値観を押しつける。いいかえれば支配だ。この世代が死なないかぎり、日本に新しい時代のスタートラインはひかれそうにない。フォークソングやニューミュージックも世代交代は起きない。勝てないのだと思う、そんな体験を論破するなんて。まして、狂った羊は群れをなしているのだから、すべもない。まっこと、頑固で恫喝してきて、やっかいなのだよ・・。
やりたいことは、おっさん達がやってしまって(笑)彼らは、若い世代に期待しているようで、内心は俺がやってやるという気構えがある。気構えはいいけど、高見からみているのが気にくわない。呑みこまれてしまう。だから尾崎豊は、卒業という歌で、「この支配からの卒業」と奏でた。
超昔の話だけど、ラジオで浜田省吾さんがでていて、パーソナリティの昔のフォークの大御所が「若い世代には何もきたいしてない」と語ったことがあったんだ。
すると間髪入れず、省吾さんがキラリと目を輝かせ、突きつけられたナイフに「それはちょっと違う気がする」みたいなかんじで柔らかに、その場の雰囲気を崩さないようにきりこんだ。
「僕らがやってきたきたことが、彼らをそうさせたきたんだ。だから責任をとらないといけないんですよ」たしか、そんなことを言った。
浜田省吾の歌は、抗う世代の若者にそんなメッセージを送っている、彼らを馬鹿にしない、サラリーマン人生も大好きなのだ。
18歳のときにHOME BANDというアルバムを買った。最後の「家路」が大好きだった。

家路

省吾さんは、若者の気持ちを汲みながら、それをエネルギーとして歌をつくっているんだと思う。責任という、ひとつの大きな大きな枷をほどくように
こんな、大御所にはとうてい勝てない。勝てなくていい、永遠なのだから。
夏のゴングが鳴る

煮えたぎった夏の午後はぶるぶるしている

暑さで、心はツンツンする

くるんと夏の吐息を吐き出し

夏の瓜売りになる
おふくろが、冷蔵庫に瓜やきゅりを切って、生姜を薄切りにしてしている。

これが、めちゃうまい。
夏には、生姜ならびに生姜らしきモノが隠し味なようです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >