ネタ帳ラボ!一期一会

人間は恋と革命のために生れて来たのだ

ネタ帳ラボ!一期一会

「男はつらいよ」を48作まで結願しました。

太宰治が斜陽の中で「私は確信したい。人間は恋と革命のために生れて来たのだ」と虚空に言葉を放った。革命とはなんだ?政権が変わることだろうか、例えば自分がビジネスで成功して、地域を社会を笑顔に変えていくことだろうか?高度成長時代にがむしゃらだった大人達が、自然のシステムを壊してまで、ギラギラして勝負して、結句残してしまった若者へのツケに責任を持って生きていく事だろうか?勿論それはエキサイティングで正しいと思う。ただ、なにかしら自分の達の都合が優先されているせいか、世の中に弾みがないのはなぜなのだろうか?

そろそろ花粉症の季節がやってくる、森林の輪廻まで根こそぎ伐採しはげ山にしてスギを山一面に植えて、山の自然を破壊し俺達は花粉症に悩まされている。政治家は高度成長時代を心血を注ぎ、競争に勝ってきた長老が居座り、若い者へのバトンの引継ぎ方を見失っている。音楽業界でも、大御所健在でまだまだ若い奴らには負けないと気を放ち、若者の満ちたりない気持ちまで歌にして、上手すぎる。(^^;)この世の中には、自分勝手で家族的な愛が満ちたりてない気がする。

革命とはなんだ?革命という言葉が頑丈すぎて、高い壁となり息苦しい世の中で、若者は90%くらいはアクセルを踏まないで安全に生きている。マスコミのニュースは事件の一部だけを切り取り面白おかしく報道し、若者はスマホでそれを信じている宗教に近い。湾岸戦争なんて最後の評決の時に、クエートの赤ちゃんがイラン人によって保育器から投げ出されているのをみたという少女がニュースに出て、その少女の発言をブッシュ大統領が引用し80%が反対だった戦争の判決は最後に覆った。僅差で湾岸戦争がはじまった。後に、その少女は在米クウェート大使館の娘で、 クウェートにも行ったことがないし、すべてが嘘だったとわかった。世の中の真実の在処を、簡単に報道からは判断できない時代の到来を感じた。

「男はつらいよ」をみながら、寅さんが毎回美人にすぐに恋をしながら、恋をする人間はなぜこんなに無様なんだろうと考えた。誰にだってそんな恋の記憶があるだろう。甥っ子の満男が「叔父さんを笑うことは、自分自身を笑うことなんだから」とつぶやくシーンをみながら、「無様さを晒すことは、青春で、年をとっても忘れてはならない」、と思った。千々に乱れる人生で、のっぴきならないことばかりがおこる。無様な孤独の旅人は「困った時はお互いですからね」を真剣に生きている。時にもうどうにでもなれと捨て鉢のようになるのをみながら、僕は48作に自分を重ねていた。思うんですよね、結婚していても恋をする。不倫をしろというのじゃなくてね。司馬遼太郎先生の作品には、男と女の描写が少ないけど、主人公に恋しているんですよね・・・女より、男より興奮できるモノを見つけること・・うーん大事やね。

映画のラストシーンで、寅さんがとやらにおくっているハガキは哀愁が漂い、人となりが立ち上がる。江戸時代の読み書き教育というのは、日本をことばの文化に生涯染めにしたのかも知れない。直筆、手書きというぬくもり、なつかしい顔が浮かんでくる。正月の年賀状ひとつが人と人を結んでいる、哀愁はそこに横たわっている。日本人は律儀な人が好きで、そこが愛らしい。

革命は手紙やハガキからおきるのでは、と仮説を立ててみる。あの織田信長でさえ、こまめに手紙をかいていたという。誰かとつながるのに、LINEやメールで足りない、直接あうのも頻度は神の領域かも知れない。文字でつながるというのは、奇妙でもありながら、律儀さは紙からプンと立ち上がる。手紙には生きていく脈音があって、吐息まで聞こえそうだ。

実家に世界中を旅していたときに、僕がエジプトやヨーロッパ、NYCから送ったはががコルク板にはってある。おふくろがピンで楽しくはっていたのだろう。それが家族というのだろうね。

21歳の僕が沖縄を28日間旅したときのハガキ「私は今、竹富島にいます、ともかく暑くて長い旅です。学生の時にできるLastの旅ということでEnjoyしています。こちらの方は1ヶ月も雨がふってないということで断水になっています。体調も万全で健康です。ただ刺身が毎日でるので、これには頭をかかえています。みんな元気で8月12日7:30に松山に帰ります。海がでっかい!心がからっぽになってしまいそうだ。S58年7月29日PM2:35 By Masayasu」

48作を観て、寅さんと酒でも交わすことが、こんな会話だろうか

私より馬鹿がおりますか。

だがちょいとだけ、いい男ぶらせてくれよ

ハガキ1枚送ると、人生の彩りはどうなるんでござんしょうね

人間はね、理屈なんかじゃ動かねえんだよ

お前、まだ若いじゃないか、燃えるような恋をしろ、大声出してのたうち回るような、恥ずかしくて死んじゃいたいような、恋をするんだよ。

いいかい恋なんてそんな生易しいもんじゃないんだぞ若いときっていうのはな、胸の中に炎が燃えている、そこへ恋という一文字を放り込むんだ、パァーッと燃え上がるぞ!

どこにいたって、愛がありゃあ、天国なんじゃないの?そういうもんだよ。青年、行け!

そして青年、女に振られた時は、じっと耐えて、一言も口を利かず、黙って背中を見せて去るのが、男というものじゃないか

寂しさなんてのはなぁ、歩いているうちに風が吹き飛ばしてくれらぁ

もし何かあったら柴又のとらやに訪ねてきな、悪いようにはしないから

 今日は、こんなところです。

錦織圭のアルゼンチン・オープン決勝観戦記

ネタ帳ラボ!一期一会

月曜日の丑の刻の朝2時から、錦織圭のアルゼンチン・オープン決勝をみる、みなければ自分の何かがおさまらないような気分だった。世界のトップランカーが出てないATPツアーで、世界でもてはやされてないマイナーなこのゲームで、何をしようと試みるのか?なぞと、洒落てみながらパソコンのLIVEを準決、決勝と獣も寝静まる時間に、珈琲を頼りに孤独で画面をにらんでいた。

結句、錦織選手はアクセルを踏むことなく、世間からみたら俗にいう覇気のないゲームだった。相手に打ちやすいボールを返していたようなゲーム。ドロップショットもネットプレーも少ない、いつもと違う彼のプレーをみながら、どこかに枷をはめているような気分は、謎めいていた。突っ込めないのか、突っ込まないのか?なにかの間合いを計る、実験データーでもとっていたのだろうか。負けた。

地球の裏のアルゼンチンからの、LIVE中継は、派手さがないのがイイ。観客の浮かれた笑顔を必要に追いかけることもない、きちんと選手を追いかけていて、集中できる。いい女のカットインもない、地味系のセニョリーターをとらえる。アルゼンチンにたいして、そんなちっぽけな所作から、容易く好きな気持ちが芽生えるのが不思議だ。

YOU TUBEでLIVE放送をやってたのだけど、書き込みの95%は日本人で、アルゼンチンの方の書き込みは5%あったかどうかだろう。

日本人というのは、外の世界ではどんだけ不自由なんでしょうね、その反動というか、ネットという内なる世界でひとたび自由になれば、恐ろしいほど、手のつけられないほど、跳ねてしまうようだ。ネットの世界では、節操のないほど自分を吐き出している。

人間の脳力が一定だとすれば、内なる世界や、妄想といった世界で、そのエナジーを発揮しないと、生活が成り立たないのかも知れない。だから、漫画や、アニメ、エロビデオまで、この分野にかけては世界一といえる。ノイズが聞こえない世界、いいかえれば純粋枠では、若者は実力を発揮するようで、まるでネットの中に神がいて、宗教的ではないかとさえ思ってしまう。(^^;)ますます、加速していくことはまちがいない。

コメントを読みながら、観察眼に関しては鋭いモノも存在している。一見無防備に見えて、内実はキレキレなコメントも多い。人間関係に不器用でも、社会規範に照らし合わせたら今ひとつでも、感性は一人歩きして育っているのだ。「本音と建て前」みたいな、仕分けが上手なのよね。

チョウチョの完全変態のように、芋虫であったものが、さなぎになり。さなぎの間細胞をリセットして、まったく姿形をかえてチョウチョとなり、別人28号となり飛び立つ事もあるだろう。そうさせる、ドラマチックウィルスとの出会いは自分の中には存在しない、外からやってくる。

人生は出会いだけが、人間を変えていくんでしょうね。

しんしんと夜の夜気も少しやさしくなり、春への息吹を漂わせている。梅の花のような仄かな香りとでもいうのだろうか

夜の気怠い眠気を通り越し、なんで俺は徹夜していだろうと思う。昼間にあがないきれない眠気がやっているのはわかっているくせに・・。

クレーコートの闘い、錦織圭を追いかけるのはこのシーズンが好きだ。

 今日は、こんなところです。

「男はつらいよ49作」を第一作から見てます

ネタ帳ラボ!一期一会

時の狭間に置き忘れたような物を、回想するかのようにNetflixで「男はつらいよ49作」を第一話から見ています。現在37作目「男はつらいよ 幸福の青い鳥」、マドンナは志穂美悦子さんです。ラーメン屋で長渕剛さんが登場した時にびっくり、映画で知り合って結婚したのかと、記憶の糸をたどりましたが、さっぱり事実はやってきません。(笑)

  

1作目を見たら、止まらなくなったんですよね。

  

寅さんはトランクひとつの旅人、「風の吹くまま、気の向くままに」日本を北から南まで。

  

どうだい、今はiphoneもってればナビと観光サイトを見ながら、ぐるなびの星★★★の数をたよりに食事をして旅をして、スマホで写真の思い出をとる。それはそれで楽しいかも知れないよね、でも、それで満たされないものがあるということには気がついていない。

  

寅さんは映画の中で、人差し指をなめて風の吹く方向を感じ、風の吹くままに、流されるように旅をつづける。あるがままなんだよね、画面の昭和の原風景がなんとも、ノスタルジックな風景を指でなぞりたくなる。

  

今の旅はどうだろう、なにか自分が調べた物の「答えあわせ」をする旅だ。iphoneに答えを探して納得しているのだ。迷わないんだよね、そこが悲しみの果てではないか。ちゃんとお金も持っているしね。

  

民くれの毎日でさえ、「答えあわせ」のような人生では、疾走感やロックンロールをわすれてしまう。

  

学生のときに沖縄を船旅して、沖縄から神戸まで船に乗ったらポケットを探ったら、残り金が100円しかなかった。カップヌードルだけを食べた二泊三日、腹が背中につきそうな空腹は忘れられない。その旅で、両親に三枚ほどハガキを書いた、いまも実家のコルクボードに画鋲でおされ生き生きと輝いている。たまに、あの二十歳の多感な青春野郎の自分に、僕は勇気をもらうことがある。

  

喧嘩ばかりしながら、仲がいいというのは本当の家族だと思うね。「困った時はお互い様」という感じが、いっそう羨ましい。

  

夏目漱石が「愛嬌というのはね、自分より強いものを倒す柔らかい武器だよ」とかいてたけど、愛嬌があるのは、この世では子供しかいそうにない、それにスマホもたすから、中学生くらいで愛嬌を忘れ去られている。

  

寅さんが毎度使う「釣りはいらないよ、とっといてくれ」がいいね、気っ風がいい、東男の羽振り。そういえば、親父も気分がいいときは、いつも釣りをとらない男だった。

  

寅さんの啖呵売が、寅さんの生きる力で漲っている。男が惚れ惚れとする。精神と、肉体の活性化がたまらない。あの瞬間、寅さんはファッション雑誌から切り取られたような美人との、ほのかな恋を終え、ちょっとばかしの未練と、惨めな自分を上書き保存する。そして、再び祭りの縁日で自分をとりもどし。元気ですよと、とらやにハガキを送る。

  

その連なる物語が、大人達に自由をとりもどせと叫んでいる。

  

日本人というのは模倣が得意だ、そこから突き詰めて、組み合わせをかえて没頭し、パクリから発明をしていく。鉄砲なんて、分解してつくらせたら、あっという間につくってしまう。堺で分業で大量生産で世界の半分くらいの鉄砲をつくってしまった。

  

捨て鉢のような寅さんの孤独、旅人としての孤独、自由とひきかえの孤独、巣食いされた孤独。孤独のムーディで危険な薫りを好きになろうではありませんか。

  

たまには味方のいない孤独な闘いに出ようではありませんか。最後は所詮、孤独のうちに死んでゆくのだから。

  

愛嬌を寅さんのように、持ちながらね。(^o^)

  

「受け身こそ最強の主体性」

ネタ帳ラボ!一期一会

スマホで天気予報を見る。今日雨が降ることをしる、想定通り雨が降る。なんか、つまらない・・。
カーナビで、見知らぬ街を簡単に目的地へたどり着ける。迷わないなんか、心に弾みがない・・。
  
カーナビ使わなきゃ観れていた景色って、結構大事だと思っているくせに。気象衛星ひとつで、台風を予測できるのは確かに恩恵が大きい。洗濯物が雨でびしょびしょになることも少ない。イベントでは助かる。天気予報を見なければ、人生はスリリングになる?(笑)どうだろう。
  
僕は、大体出るときに雨が降ってなければ、傘は持っていかない人生だった。天気予報は、ほとんどみなかった。(笑)なんとかなった。
  
23歳の時にロンドンで雨が降り出した時にバスガイドさんが「ロンドンの紳士は傘をささない」のよ、見て下さいと車窓からみていると本当に傘をさしている通行人がいなかった。
  
ロンドンのリージェントストーリーで「なんで傘をささない?」のかと尋ねてみた。その紳士は「どうして傘をさすんだい、かっこわるいだろ」と答えた。
  
その映画のワンシーンのような光景を、忠実に生きてきた。(笑)
  
旅は、妙な性を僕に与えてくれた。
  
さて最近、荘子を読んでます。 受け身こそ最強の主体性が面白かった。この受身というのは「私が決めれないから、あなたがきめて」というのではない。自分におこる不測の出来事や、人間関係、避けて通れない問題などを受けとめることが、最強の主体性だという。
  
計画や目標が大事に思われ過ぎているが、予想外のことが起こらなければ充実感が無いし自分の人格が広がらない。あらかじめ情報を調べたりして、予断(予め判断してしまうこと)するより、先のことを予測せず、未来のことが分からない状態で、毎日遊々と生きる。
  
運命だと受け容れて、今に没頭して楽しむように生きた方が賢明・・・なるほど
  
御意。
  
それでは何に頼ればいいのか? 「気」だと荘子は言う。うーんわかる。右折すると何かが起こるのでは? というような胸騒ぎ・予感。「不測に立ちて無有(むう)に遊ぶ」(応帝王篇)状況に任せ切れることの強さ・・・。
  
司馬遼太郎先生が、いつも荘子の本を持参していたという記事を読んで荘子を読みすすめてます。
  
椿祭りも終わりましたね。立春ですね・・・軽やかに受身でまいりましょう。
  

大切なことは、日常にある

ネタ帳ラボ!一期一会

 1月も月末ですね、週末は実家のレースのカーテンが破れたと言うことで、小生はおふくろと「お値段以上ニトリ」へ、3,500円ほどで両開きのレースカーテンをGET、製造から販売まで一気通貫の威力ですね。5分で入れ替え完了、気持ちも刷新されます。

 不思議な事がありました、五年ほど前に買った居間のテレビが調子が悪く、おふくろが困っていたときに、夢で親父が出てきて、取説、取説と話しかけてきたそうです。取説を探してみると、表紙になじみのデオデオの係の人の電話があり早速修理を頼みました。どうやら、製品不良(液晶パネル無償修理期間3月末)だったのですが、取り替え用のパネルがないため、43型でサイズが大きくなり新品のテレビになりました。「まだ、どこかでつながっているんやね」と大阪王将で餃子を食べながら、楽しそうに語る母。ほっこりしますね。さすがSONYです。

 デオデオが第一家電で松山に進出してから35年位になりますが、親父は同じ店で他の店に浮気することなく、電化製品は買っていました。何の変哲もないことですが、これが男のイキなのだと思います。昔気質ではありますが正しい事だと思ってます。

 頭が楽だったんだと思います。いろんなところで選んで値段を安く買うこともできたでしょうが、そういうことを考えるのをやめるという事は、無駄な時間、エネルギーの消費と考えて行動したかというと、そうではなく無意識、むしろあたりまえの自分の行動。意気地なんでしょうね。

 親父が足が悪くなって、よく重信の愛大病院まで送っていったんですが。かならず2,000円くれるんですよね。「いいから」といっても・・・、なんかしてもらったら寸志を出すのがあたりまえ、それがキレイなんだと言ってました。

 親父は自分のそういう行動を無意識に愛していたんだと思います。

 そして、長年そういう行動を自分を丁寧に扱っていたんだと思います。

 テレビの取扱説明書には、購入日、担当者、連絡先、値段がメモされてました。

 
 大切なことは、日常にあるんだね。

 今日は、こんなところです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >