ネタ帳ラボ!一期一会

やすらぎの郷」を見てみた

ネタ帳ラボ!一期一会

朝の起き抜けに、Bread & Butter

Monday Morning を聴いて、80年代の浜辺を思い浮かべる

冷蔵庫から、らくれん牛乳を取り出し、

コップに注ぎ、氷をひとつ足してグイッとのむ

波の音が聞こえるようなところに住んだら

ひりつくような毎日も和らぐもんだろうか?

日曜日に、松山城下のロープウェイ街をあるいていると

甲高い声をあげる台湾からの団体と、すれちがう

みんな、着ている物とか、メガネとか似ている

全員親戚かもしれないぞと、くだらないことを考える

「やすらぎの郷」の録画をみた、日曜の午後

主演は、石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ、八千草薫、野際陽子など

往年のスター達。その老後を、豪華な桃源郷のような施設で過ごす

一人より、羊の群れで過ごした方が居心地は快適だろう

団体旅行の群れと、そんなに変わらない気もするけど

ある意味、長く生きすぎるために

そこにある葛藤のわだかまりが、見え隠れする

テレビの画面に出てくる女性スター達は、私こそが八十近くになっても

輝いているのよと、競争しているような化粧だ。

自分自身が美しいと思っていると、終末は悩み地獄に違いない(汗)

まあ、それも悪くないと生きるのも面白い

人間死ぬと、人の記憶から忘れ去られていく

そうでないと、残っている人はやりきれない

どうせ自分も自分が忘れてしまうんだろうな

「やすらぎの郷」 話題になっているみたいだけど

なんか・・自分がああなるなと思うと

ぞっとしてつらいよね

その中で、石坂浩二さんの役割だけは気になります。

さて、Bリーグ決勝見応えがありました。

優勝した栃木の日本人初のNBAプレイヤー、MRバスケット田臥勇太。

スポーツ新聞を読んでいるとバッシュを履くのに15分かけるという。

そういう、こだわりが大好きです。

恩田陸「蜜蜂と遠雷」を読んだ

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

直木賞と本屋大賞と同時に受賞するとは何事だと、心は、はばかりながら

恩田陸「蜜蜂と遠雷」を読みあさる。

「なんだこりゃ、ラファエロみたいな女、恩田陸」

レオナルドダビンチ → ラファエロ →ミケランジェロと引き継がれた

三大巨匠のルネサンス

バチカン市国にいけば、バチカン美術館を鑑賞しないでかえるのは

ミラノに行って、ダヴィンチの最後の晩餐をみないでかえるのにひとしい

バチカン美術館 第3室「署名の間」は、ラファエロの間

ラファエロの最高傑作といわれる「アテネの学堂」

https://goo.gl/orqicf

50人以上の古代ギリシャの賢人が集まり、議論しあう様子が表現されている。

真実のありかを、中央のプラトンは天(イデアの世界、概念の世界)を指さし、

アリストテレスは火鉢に手をあてるように、大地(現実の世界・自然科学)に

手のひらを向けている。

アレクサンドロス大王や地球儀を持ったプトレマイオス、人物の立ち位置、ポーズ

人物の距離感など、この絵の前でギリシャ人は1時間は語れるでしょう。

日本にこういう絵はないんですよね・・・語り部が足りなかったのかな??

面白いのは、ギリシャの喫茶店にいくと、大の男が喫茶店で

それはそれは何時間も頭のボルトが三本くらい抜けたほど陽気に

昼間から喋っているのだけど、ギリシャの奥深さをしれば、

その日常は至極自然のことなのだと思う。

語り部の数が違うんですよ、それが文化なんだ・・・。

恩田陸「蜜蜂と遠雷」

タイトルをみたときは、音楽コンクールの物語とは思えなかった。

主人公は養蜂家の息子で、ピアノの天才という設定。

養蜂家という仕事の解説はなかったけど、なるほど花から花へと授粉することの例

えのように、見知らぬ人と見知らぬ人を音楽という「ギフト」でつないでいく。

ラファエロには愛人がいた、ローマのパン屋の娘マルガリータという。

なんか・・・野に咲く綺麗なお花のようだ。好きになりそうだ・・早すぎる(笑)

ラファエロは枢機卿の娘と婚約。結婚直前で花嫁は死亡。

枢機卿から他の娘と結婚を許されないという不条理に置かれた。

そんなときにマルガリータがあらわれる。

彼女を描いた『ララ・フォルナリーナ』完成を待たずにラファエロは死んだ。

この絵は弟子たちによって完成。

完成時の絵の中のマルガリータの左手の薬指には、

あったはずの指輪が消されていた。

それは許されぬ愛が故の修正だった。後年、絵の修復のため、エックス線写真を

撮ったところ、左手の薬指部分に指輪の痕跡が写った。

参照
https://note.mu/toshimitsu_k/n/n5498b1afc5c9

「アテネの学堂」という絵の中には、若きマルガリータとラファエロが

ある程度の距離を持ちながら描かれている。

生きている間には決して縮めることができなかった距離。

2時間も待って入ったバチカン美術館で、その時間を忘れさせてあまりある

ローマ在中のMS井上さんのガイディングに聞き惚れ、感動がとまらなかった

あの10月のインディアンサマーの一日を思い出していた。

僕は、一日でラファエロが好きになった。

恩田陸「蜜蜂と遠雷」

音楽を文字で聴かせた一作。

ラファエロが一枚の絵に込めた思いと、等質のものがここにある。

ぜひ、ラファエロと音楽好きの方にオススメです。

2つとも好きな人はおらんでしょうね(笑)

バロック音楽の根底には、絶対王政とカトリック教会の威信を高めるためだった

そのことを深掘りしてみたいけど、お前のメルマガは長くて読みにくい

と言われるので(笑)次の機会に

今日は、こんなところです。

『飲み放題1,500円について』

ネタ帳ラボ!一期一会

日曜日、母日。母と実家近くローズガーデンへバイキング朝食。

国道56線飲食店生存競争を生き残っている数少ない店だ。

健康派から、カレー、唐揚げ、グラタンなどがっつり派まで虜にする。

こういう店は、なにか持っているにちがいない。

ヨーロッパに日本から団体を連れて行くときは、到着が夜になる。

金縛りシートに12時間以上監禁され、空港からホテルへついた頃には満身創痍。

顔が15%むくんだ人もいれば、縛っていた、くいこんだ縄感覚が残る人もいる。

そこで、旅行企画段階では、最初はホテルグレードは低くてイイ(ねるだけ)
ブッフェあるホテルを選ぶを自分旅行企画決まり事にしていた。

ビール一杯飲んで寝たい人、腹が空いた人、少しだけ腹を満たしたい人

それぞれが、じぶん加減で食べられるというは、案外便利なだ。

ローズガーデンバイキングは850円。市井財布がま口限界朝食価格。

 

最近増えたごはん屋。料金は約500円で、メインひと皿と、副菜2小皿、ごはん、味噌汁。

テーブルをくっつければ、10人掛けでも簡単にできて3世代空間ができる。

駐車場スペースがでかく、旅行団体客バスが止まっているも見かける。

昼も、夜もバイキングなで食材に無駄がないように、設計されている。

人件費も抑えられ、レジも混まない。粗利70%はありそう。

おふくろが食べた量から考えたら、損している。

よくよく見渡すと、若者がすくなく、得しているは10%もいないだろう。

損得を考えず、好きなモノだけ食べるという感覚が好きな人もいれば

やはり元を取らなくてはならないという煩悩に悩まされる人がいる

最近は、僕もバイキングで元をとるという発想をすこしかえてきている

そんなこと、本当だどーでも良いことだけど。(笑)

それはこんなことを連想しているからだ。

男と女で元をとるという発想がある。大概男は損を損をする。

仕事では、損して元をとるという、摩訶不思議な言葉がある。

バイキングで、あえて食べないと、相手が気にしてコミュニケーションはひろがる。

食べない変態な自分を好きになる。

恋愛で損しても、怒らなくなる。(無理かそんな

いいだ、元をとるという発想をすて、欲を制御する道場だとおもうしかないだ。(笑)

さて、週末本屋大賞、直木賞「蜜蜂と遠雷」を完読しました。

久しぶりに音楽がそこにあって、楽しかった。

また、来週レポしますね。

今日は、こんなところです。

松山の老舗『バー露口』

ネタ帳ラボ!一期一会

おはようございます。クレストデジタルズ渡部です。

バー露口ある東西通りは、昭和懐かしさが、ところどころに佇んでる大好きな通りだ。

タイムトラベルように何十年ぶりに、先輩につられバー露口真夜中ドアをあけた。

僕にはバー露口は昭和海を渡ってきた船ように見えた。

昭和33、船長夫婦は伊予国に碇をおろしたという。
(昭和33年僕は生まれていない。創業58年)

ご主人は白いシャツと蝶ネクタイでキリッとした立ち姿で向かえてくれた。奥様は白いおしゃれなワイシャツと愛嬌たっぷりメガネ姿に、口元赤いルージュは100%マドンナような気概が感じられた。

席に座るやいなや「ハイボールおねがいします」、と先輩は腰をかけると同時に頼んだ。

絶妙タイミングと音量が心地よい。僕は、最初一杯常連客流儀をそこで知った。

バードア呼び鈴がなるたびに、SNS口コミにつられ全国から旅人はやってくる。「松山メッカ巡礼か?」、と思うほど勢いで、県外から訪問者はおしかけてくる。(最近は1泊朝食スタイルで、夜は街にくりだすらしい)

店は素知らぬふりで、見物するにまかせているようであったが、満員となり、長いバーカウンター後ろスペースでまとうとすると。「ごめんね、満員だから、また来てね。店内では待てない」と、奥さんが見事に露払いをして、店内温度と美を守っている。

昭和野郎僕たちは、音楽、靖国参拝、教育勅語、韓国、そしてバックなか数億現金にそれはないだろうと、唾をとばし激論して夜はながれた(笑)男と女であれば、真夜中ドアをあけると「恋と愛とは違うモノよ」なんて会話をするモノ・・・。

こうして威丈高にけぞりながら、めりになり話したくなるは、時洗礼をうけたこお店なかに、会話素粒子が、わだかまりながら壁に吸着しているからだろうか。僕は店を見渡しながら、そんなかたまりがほうぼうに残っているを感じていた。

たまに漏れ聞こえる、バーテン夫婦とお客さん会話がイキだった。

自堕落なアラフォー女どうでもいいような会話に、まともらしさを。そして店中で黙りこくっている男には少し薬とジョーク軽口も売る。

松山夜に「夫婦は一対反射鏡」か・・・夫婦二馬力には勝てないね・・(^^)

バー露口は、旅人を迎えてくれる母船ような場所だった。

どうか1年でも長く、続けていただきたい。

歴史は夜つくられる。子供も夜つくられる。(笑)

僕たちは意識が停電をおこしながらも、たった一夜に、語り尽くせぬことを語りあっていた。これでいいだと・・・。

『大阪フェスティバルホール山下達郎コンサート』

ネタ帳ラボ!一期一会

週末大阪フェスティバルホールで、山下達郎コンサートを観てまいりました。

達郎さんが64歳。

Ride on timeを歌い終わり、お決まりの雄叫びで、舞台奥深くまで下がる。ナマ声で山下達郎は歌を通じて、生の「気」を放つ。

オフマイク

自声

お決まりのファンサービス!お互い頑張ろうぜという、兄貴のメッセージ。それは、毎回コンサートを観に来てくれる観客への、定点のようなものであり、一定なるモノを感じさせてくれる。

このひと夜かぎりの達郎さんの与えてくれる音楽は、ちっぽけな俺みたいな民くれにも、そばで寄り添ってくれる。

そう思えるのは、達郎サウンドは心地よさが半端なく、歌にメッセージをこめるというより、音楽に向かう一人の男の生き様を、このワンステージにすべてぶつけてくれる、言い換えれば「人を喜ばすことに、すべてをかけている」、師匠と一対一の芸事のような瞬間がそこにある。目の前の人、一人の心に届かないものが、大衆を魅了させることはできない。それが山下達郎の気迫で、ビンビンとそのことが伝わってくる。

ドーム公演はやらない、パイプイスにお客さんをを座らせたくないからだ。お客さんに自分の音楽が届く距離を知っているからだ。勿論テレビにも出たことがない、だからYOU TUBEで達郎さんの映像はない、LIVEという場できいてほしいからだ。

アンコールのすべてが終わり、暗天となり、達郎さんがある30代の人がTwitterでつぶやいた言葉のことをとりあげた。

山下達郎のコンサートは、いままで観たコンサートの中で一番年齢層の高いライブだった、というような内容だったらしい。

達郎さんは「彼だって、30年たてばおんなじなんです。ですが30年後に彼のきいているアイドルのバンドがですよ、30年後にこういう音をだせているか・・・甚だ疑問です」と、達郎フアンが達郎フアンであることの誇りを代弁してくれた。

そして、くれぐれもお体をお大事に、一緒にカツコよく年とっていきましょう!と締めくくった。

僕のまわりの尊敬できる人は、目の前のひとにどうやって楽しんでもらえるかを考えている。この世ならざるモノを、プレゼントしようと心がけている。そこにあるのは居心地のよさだったりする。ストレスを癒やしたり、悩みを癒やしたり、それが少しでも和らぐことに心血を注ぎ命を削っている。それしか考えてないといってもいい。

民くれは、達郎さんのようなステージに立つことはない。だけど、目の前の人一人を楽しませることはできる。

大阪フェスティバルホールは最高の音がする、最高の夜をありがとう達郎さん。

今週も頑張りましょう!

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >