ネタ帳ラボ!一期一会

カクテルっていう本は狂っているが本物だ

ネタ帳ラボ!一期一会

夜明け前4時半、朝焼けの、ピンクオレンジの色がなんともいえない。

高校生のほっぺたに貼り付けたくなるほどだ。

昼間の熱気のせいで、熱中症気味の毎日だ

夜クーラーをつけて眠ってないせいかもしれない

それにしても、九州の里山の光景が、あまりにも痛々しい

あそこまで根こそぎ持って行くのかい、自然とは・・

SONYがレコードの生産をはじめたという。

何年か前に、プロジェクトは始まっていたんだろう。

しどけなく音楽が好きな人達は

余白的な部分で、こういうことをやり始める

僕たちは知っている、針を落としたとき

ほんの1秒シャリといいながら

一瞬おとずれる森の静寂を

あの一秒の幸福感を・・・

日曜日のサンデーソングブックで達郎さんが

『COME ALONG 3』 8月2日発売と告知する。

33年ぶり

小林克也さんのDJも健在とのこと

勿論ジャケットは鈴木英人の最強コンビ!!

達郎さんと大滝さんが、ラジオでよく言ってたけど

「古びない音楽、時代を映さない音楽が自分にとっての目標」

番やむを得ず、音楽はデジタルに向かったけど

先祖返りもOK、OK!

もう一回ウオークマンにもどる覚悟ぐらいあるぜ

若いときの伴侶は、友達と、本と、音楽

共通点としては、夜に力が漲っていることか・・

俺達の青春を肯定してくれる唯一無二の一物

こうやって、山下達郎というミュージシャンに惚れて

いや己惚(うぬぼ)れて、俺は幻想を楽しんでいる訳で
それは、生きるための幻想で、それが好きなのであります。

きのうある会合が終わりバーへ

オーガズムというカクテルを久しぶりに頼む

夏の真夜中の読書で「カクテル」をよんでいる。作者ヘイウッド・グールド

名著でありながら、絶版本だ、作者は不埒で、下品で、男らしい・・本物だ

映画「カクテル」、トムクルーズが主演した原作。ともかく分厚い

DVD映画カクテルを借りてきた。

バーのシーンで、客が頼んだカクテルの名前をメモしてた。

いま、これをバーで頼むのが、夏の俺の楽しみだ。

つくれないバーテンが多い・・・知らないのだ。

モヒートなんてないよ・・(笑)

ウオッカ、ローズ
ハーベイ・ウォルバンガー
ベルベット・ハンマー
モルソン
キューバ・リブレ
オーガスム
エンジェル・ティップ
ピンク・スクワレル
ピンク・レディ
ディンガソン
ダーティ・マザー
セックス・オン・ザ・ビーチ
ピーチ・シュナップス
ベルベットハンマー

この作者はラリっている、が本物だ!
世界のバーテンダーが読んでる本だろう・・・。

メモるだけでも大変だ・・・

===

”どうでもいいような話に割って入り
堕落な女にはちょっとまともらしさを、
黙り告った客には僅かばかりの軽口を売る”

”ビールは朝食だ”

”世の中がどんなに進もうと
酒の飲めない男は男じゃない”

”つきつめれば
一文無しとセックスしたい奴なんていない”

”ただよいたいなら、ストレートを”

”コニャックほど、男の野心を根こそぎにしてしまうものはない”

”もう幻を追うのはあきらめてしまったのか
君は掛け値なしのハスラーが、街の水を飲んだアーティストだぜ”

”黒板に百回かけ、柄じゃないことはやりません”

”それでもこの仕事はやめられなかった。夕方の早い時間の酒場には、なにかがある。
たとえば、窓をぬけて差し込んでくる光の矢が酒壜を射抜く。
角氷を二、三個ロックグラスに落とし、それを掲げてみる。
するとどうだ、グラスはプリズムになるで はないか。
マティーニの縁どりは水銀のようにゆらめく。
マンハッタンは幼年時代の恋人の髪のように、たそがれのなかで鳶色にゆれる。
ニュージャージーのむこうに太陽がおおいそぎで沈むと、
カクテルは夕方よりもきりりと冷え、さっきより早足で脳髄にとどく。
娘たちはきれいになる。
今夜、もしかすると生涯の恋人に出会えるかもしれない。
そんな期待の気配を、彼女たちは身にまとうのだ。
くちびるがまんなかで分かれ、身をのりだして人の話に耳をかたむけ、
いつもより大きな声で長く笑うようになる。
男たちはめいっぱい優雅にふるまおうとする。
「プリーズ」と「サンキュー」と「エクスキューズ・ミー」とが店にあふれる。
こうしたカクテル・アワーに喧嘩を見かけることはめったにない。
客を力ずくで店から追い出さなければならない事態も、まずないといってよい。
もめごとが生じるのはもっとあと、闇の色が濃くなってからのことだ。
なにもかもが有刺鉄線のようにささくれだち、娘たちの髪は乱れ、
男たちはふさぎこみ……そう、 希望がすべて死に絶えてしまってからのことだ。”

==

”夏の一杯はレッドアイだ”

今日はこんなところです。

エレファントカシマシ30周年ツアーへ

ネタ帳ラボ!一期一会

土曜日に、エレファントカシマシ30周年ライブへ、はじめての、エレカシ。

高校の同級生にほだされるように、30周年ツアーTシャツXLサイズ購入!

Tシャツに身をおさめると、プンと自分の頭の回路が別回路へ接続した。

「コンサートの内容はBLOGとかで発信しないように」

とアナウンスがあったので、内容の話は、よそう。

ボーカルは宮本浩次

その歌声は、全部持って行かれるような魅力がある。

不思議なのだ。

女性の微妙な誘い方に精通してないような感じというか、

男でも、女でも。

デカパイでも、ペチャパイでも。

リカちゃん人形のような女でも、バービー人形のような女でも。

風采の上がらない男でも、冴えない女でも。

意識を一度停電させられて、美しいものとは、こういうモノだと迫ってくる。

彼の目は、朝焼けのようの充血していて、夕焼けのように茜色だ

彼は自分の背景に、なにか闇を必要としているんだろうか

そういう、もの悲しさの風穴から、美しいシンフォニーを奏でてくる。

たまに、沈黙が垂れ込めるような、しゃべり

元々が木石のような堅物なんだろうか

仕事でお金を稼いでも、満たされないもの、精算できてないものがある。

そんな、避けがたいことを受け容れてくれるのは、やさしさだけ

そんな民くれの恰好の隠れ場所が、エレファントカシマシではないだろうか。

彼の歌の挑発は、美しさへの挑発だ

ものぐさな毎日のなかで、つつがなくやっている毎日のなかで

彼等の歌は、どこかに謙虚がある

普通の奴らの歌は、そんな歌をきいていると

あるところで限界を感じ、飽きてしまう・・・

それがないのだ・・

だから30年たって、松山市民会館を満員にできるんだろうね

3時間30曲、立ち通し、疲れた・・・・

熱帯夜、扇風機、風は強

東北大震災から、寝るときはクーラーをつけてない

なにか意味があるのかは、わからない

蒸し暑い夜、それでも夢見心地でねる・・・

無理だった(笑)1時間事に目覚める

それでいいのだ

今日はこんなところです。

つれづれなるままに、靴を磨いて

ネタ帳ラボ!一期一会

ネットで銀座大賀靴工房というところで靴磨きセットを買った。

段ボールを開けると、化粧箱がしっかりしていてすばらしい。

4,000円くらいのモノだったけど、10,000円の商品を買った時でも

化粧箱には、これほどのざわめきはない。

箱のクオリティは、店のクオリティ

上箱の四辺はまるみを帯びていて、気品がある

角の部分とかも、丁寧に紙が組み合わさっている

世に送り出す製品というのは、素晴らし化粧箱とセットで

文化をつくるといっても過言ではない。

そういう世界観のあるお店は、もてる。

こういう箱は、捨てられないし

なにか、そばに置いておきたくなる。

そんなことを、書いたところで

朝一、スタバに珈琲を買いにゆく

いつものドライブスルー、一番乗り

月曜日の朝7:00オープンする、朝淹れの一番珈琲には

パワーがあると信じている、信者くらいの誇りは持っている

俺は、まだどこか青春野郎の搾り汁くらいあるのだ

外のスピーカーに、雲の糸が一本

筒状のスピーカーの上には、数週間分の砂ほこり

右上がりできた心の折れ線グラフが

ポキッと折れる

なりませぬ、なりませぬ

一応、注意しといた

こんなことで朝一がはじまってほしくないモノだ

さて、LINEのメニューにニュースと言う項目ができてから

たまに、そこでニュースをかいつまんで読む、

多分もうLINEユーザーは7000万人くらいになっているから

朝日新聞の発行部数と変わらない (笑)

ちなみに愛媛新聞の発行部数は約25万部

きゃりーぱみゅぱみゅさんのフォロワー数は、4,866,783人

ひとつのメディアだ

radikoで夏井いつき 夏井いつきの一句一遊| RNB 南海放送を

聞いていると、全国から投句が送られてくる

タイムフリーは録音で後から聞くことが可能、

エリアフリー(オプション)で、世界中どこからでも聞ける

なにか、つまらない世の中になったなーと

古ぼけた奴がいたら

皿が峰あたりにいる、キツツキに

ココココココと頭をつついてもらうしかない

枠組みが変わったのだ

カラーテレビが出てきたときに、白黒テレビがよかったと

間抜けなことを言っているのと等質だ

さて、今日は靴を磨いておいたので気分がいい

今日は、亡くなった親父の誕生日だ「おめでとう」

いつも靴を三分くらい磨き、車を五分くらいから拭きする

それが、毎日のスタートでしたね。

靴ひとつで、気分がいいもんだ!

今日は、こんなところです。

「羊」について

ネタ帳ラボ!一期一会

ヨーロッパに行くと、禿げ山が多い、中国はもっと多い

羊だ!・・・・・

羊は草を食べる食欲旺盛で根っこまで喰いきる

「なにひとつ残すまい」

と覚悟でも決めているか、

執念深いか?

群れるが好きなで、

一つところ長期滞在がお好きなか?

根絶やしにされた土地は、

生きる素地を失う、森終焉

鉄がつくられるようになると、

火力が必要となり

中国や朝鮮などでは

都近く山は伐採され

禿げ山となり、環境破壊へ

羊というは、乳はとれるし、

皮は手袋革製品になり、紙となり、聖書やコーランにも使われた

羊毛は衣服となり

モンゴルでは、糞をエネルギーにした

万能な家畜だ

群れはたくさん雌と、ほんわずか

だから雄同士が争うこともない

ボス不在

群れは、血統がきちんとしている(家畜場合)

子羊は去勢され、臭味をぬかれ

ラム肉として、早々と人間食卓にならぶ

群れは、主体性がなく、

後を歩く

最初一匹が崖から飛び降りると、

それに続いた事件があった

どうやら、近視でもあるらしい

一人になると、ストレスがたまり

クリニックに相談しなければならない

迷える子羊は、方向音痴

そこで、人間は牧羊犬を飼い

家畜を肉食獣から守る番犬ような仕事させる

一匹で五〇〇頭くらい誘導できるらしい

メルマガを読んで、本日ジンギスカンを食べれるだろうか(..;)

生後一歳足らず雄が、精肉されることを前提とされている

美味しいように、品種改良されている

ヨーロッパ王室公式晩餐会メインディッシュ殆どはラム

三ツ星レストランでもラム

羊肉はど宗教でもOKらしい

それにしても、ジンギスカンと名付けた方才能にはあっぱれですね

まとまらなくてすみません

こういう日もあります。

今日は、こんなところです。

本物のじゃこ天をつくれるのは、宇和島、長崎

ネタ帳ラボ!一期一会

愛媛の名物のじゃこ天を、今日はご紹介し、高らかに自慢するのである。(^o^)

今、本物のじゃこ天をつくれるのは、宇和島、長崎の2県くらいとなった。

「本物のじゃこ天って、どういうことなの」

「本物ちゅうのは、地魚100%雑魚(じゃこ)でできてるということなんよ」

日本ですり身で有名なのは「かまぼこ」。

原料は、ほとんどが冷凍すり身。アラスカや太平洋などの漁場で魚が捕られ

多くは船のなかで「SURIMI」という世界共通語のすり身になりかわる。

SURIMIの先頭はカニカマで、肩で風切って食卓にさざ波を与えている。

日本でも、冷凍状態で日本の工場や、かまぼこ屋さんに届く。

日本人は”すりみ”が得意なようで、国産のすり身は20%もございません。

宇和島のじゃこ天が、なんで日本一かというと

Made in Uwajima.Japan! Ikkitsukan!!

宇和島の漁師さんがとってきた、ホタルジャコ科のハランボを中心とした魚を

じゃこてんの業者さんはトロ箱で仕入れことができる!!

小魚が、原料になるほどとれるところは、今日本にない長崎をあとおいては・・・

小田原から箱根あたりの、かまぼこも、海外からの冷凍すり身がまぜ合わさってる

一言言わせてもらおう、かまぼこには、海の匂いがしないのだよ。

じゃこ天は、海の香りがするのだ、差は決定的な物がある。

この違いの、わからない人がもしいるのなら、

とべ動物園のカバに餌をやって、30分くらい語るがいい。

【じゃこ天ができるまで】

頭を落とし → 洗い(うろこ、内臓、水溶性タンパク質)を落として

熟成(企業秘密ゾーン、ねかせる)→らい漬(石臼で擂りあげる、すり身)

板付(2秒半で木型にいれる手作業) → 揚げ →除熱 → 完成

その日のうちに出荷!

小魚の骨まですりつぶされて、栄養満点

【なぜ、小魚が捕れるのか?】

宇和海には豊後水道という、海流の通りがある。

太平洋のあがってきた親潮の温かい海流と、瀬戸内海の冷たい水が1日出入りし

キスしてプランクトンが大量発生する。

これを鰯の大群がたべにきて、小魚たちがあつまる。

その鰯を鯛やイカの食いしん坊軍団が食べにきて

そしてつられて噂をきいて、鯖やぶりの大型魚がやってくるのだ。

※佐田岬の南側には稚魚の巣があり、三崎もにちりめんしらすは有名だ。
ついでにいえば、伊予灘沖にはフグの漁場があって、このフグが下関に揚がる
下関や、山口などでとれるのでない、愛媛の漁場でとれるのだよ。

豊予海峡の佐多岬の先は、「速吸(はやすい)の瀬戸」と呼ばれる。

あまり、知られてないのは、マスコミの記者が勉強が足りないからだ。

瀬戸内海、関門海峡の北川からの流れと、豊後水道に入り込む太平洋の

暖流の合流地点。潮の流れが速い(時速10kmくらい)

この 瀬戸内沿岸の潮流は興味深い、潮流が北南北南と変わる
https://goo.gl/pBRTct

また、豊予海峡のあたりの水深は60m~100m位なのだけど、その両脇は

「海釜(かいふ)」と呼ばれる、すり鉢状に深く落ちくぼんだところがあり

水深は200mから深いところでは400mを超える。ここに水が沈んでいき、

そしてあがってくる、同時に南の太平洋からの低層の海洋深層水が湧昇流

によって上昇する。海洋深層水には植物プランクトンに取り込まれた栄養塩

が含まれ漁場ができる。。

そんな永遠の恵に支えられているのだ。

さてーーー

愛媛のじゃこ天にはストーリーがある。長崎にはない。

宇和島の殿様といえば、伊達家出身というのは有名な話し

では、仙台で名物と言えば「なに」・・・「笹かまぼこ」正解

そう、伊達家の殿様が笹かまぼこの職人を連れてきたんですよ。(^o^)

・・・と地元で伺ったのだが。どうも笹かまぼこと、じゃこ天が

似ているという点が薄い気もしないではない。(笑)

じゃこ天には、いろいろストーリーがありますね。

だから日本一なのだ。

イイニュース!

愛媛県松山市の木造ヨットの船大工、

池川富雄さん(65)と和江さん(65)夫妻が5日、

自作のヨットで5年がかりとなる世界一周に出発する

http://ikegawa-yacht.com/

たった一度の人生、こんなに高く飛ぶひとが

愛媛にいる。

冒険家とは、ただならぬモノをみたいのだろうか・・

同郷! 俺達もファイトあるのみ!

今日は、こんなところです。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >