ネタ帳ラボ!一期一会

レオナルド・ダ・ヴィンチは「なぜ」で生き通した人

ネタ帳ラボ!一期一会

モナリザ、レオナルドダビンチの代表作であり世界で一番有名な絵画「モナリザ」。

仕事で偶然であった女性、たぶんアラサーさん。

たぶんもう会うこともない通信会社の受付のモナリザ女性、不思議な時間だった。

髪型がモナリザに真似ているからなのか、眉毛が薄いからなのか、ほほえみも2滴、3滴。奇妙な時間だった。わざとにモナリザを意識しているわけではないだろうに・・。

どこかしら、僕の煩悩の愚かささえお見通しのような、そんなすこし冷たそうな背を張った感じが、妙に僕に新鮮にせまってきたのだった。

この女っぷりはなんなんだ。すずやかさはなんなんだ。(笑)

それを観察している俺は何者なのだ?

昨年男のモナリザ「サルバトール・ムンディ」(ダビンチ作)が約510億円で落札された。(Salvator Mundi 世界の救世主の意)落札者はアラブの王子らしい。

”「サルバトール・ムンディ」は、1763年に競売にかけられた後、長い間所在が分からなくなっていた。1958年にロンドンで行われた競売で、米国の収集家が45ポンド(約6600円)で買い取った
が、その時は贋作(がんさく)と考えられていた。2005年に再び売りに出され、新しい所有者が約6年にわたる鑑定を行った結果、本物であることが分かった。”

いつかお目にかかるチャンスはあるのだろうか?それにしても「サバトール・ムンディ」も、謎めいた絵だ。みたい、謎めくことに開眼したい!(^^)

作家の塩野七生さんが、レオナルド・ダ・ヴィンチは「なぜ」で生き通した人だと書いていた。人生に埋め込まれた暗号を解く出発点は、「なぜ」

思うに、ヨーロッパではお昼でも、夕方でもともかく食事時間が長い。人と人の真ん中にワインと頭の回転をよくするチーズがあるからなのだろう(笑)。ともかく、ヨーロッパ人は会話が大好き。海を渡る商人は話題にことかかず、様々な話題を提供し、哲学者は質問から着想を見つけたりする。そういう知的生活が今でもある。

話は再びダビンチ。ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」にはたくさんの「謎が」「なぜ」が埋め込まれているらしい。ダビンチはユダヤ人でユダヤの言葉、ヘブライ語は数字に変換できるので、色や形などにもメッセージがあるという説もあるそうだ。ダビンチは「数学者しか自分の作品は理解出来ない」と、本当かどうか知らないけどいってたそうで、たぶん誰かがこじつけたんだろうと、僕は疑ってしまうけどね。

さてさて、またしても新しい週となった。

サスペンスやミステリードラマには謎がなくてはならない。男女の色恋はウソと誠でできている。

どちらも、はじめは手の内を見せないのが常套手段で、そこが楽しいわけだ。しかし、「謎」は芸術や人生のドラマの舞台だけでお願いしたいもの。

隠ぺい、知らぬ存ぜぬ。嘘つきました。後だしジャンケン。

国会の場では困りますよね。

小説の世界でプロとして飯を食っていける人間と、そうでない人間との違いはなんでしょう?

日常にてんこ盛りの「些細なことを馬鹿にするか、真剣に考えるか」

東野圭吾先生の語録です。

初夏の幕開けですね。ファイト!

徒然なるままに・・

西城秀樹「情熱の嵐」

ネタ帳ラボ!一期一会

僕にとって、アーティストファンのファーストドリップは西城秀樹さんだった。

小学校5年生の時。封筒に色紙をいれて「サインお願いします」、と西城秀樹ファンクラブに送った。待てど暮らせど、色紙は来なかった。それでもかすかな希望はどこかしらあった、信じていた。半年程経ったときだ、なーんと色紙が送られてきた。メモがあって「おくれてごめんね」と書いてあった。これが、秀樹さんなんですよ。

この色紙を部屋に貼りHIDEKIと一体となり、僕はあなたにどれだけ励まされただろう。

僕のメルマガのタイトルは秀樹さんの曲「情熱の嵐」。小学校の時にもらった興奮の音粒を、メルマガに変えて書き綴っていきますね。天国でも青春。歌い続けてください。

当時部屋に張ってあったのは、桜田淳子、山口百恵、ピンクレディ(笑)高校の時は原田真二。どれも苦労して手に入れた(笑)

僕はサイン1枚の一撃が、どれだけ自分を奮い立たせるか実感をもって知っている。その魔法のような感覚がたまらない。明星というアイドル雑誌で、すきな歌手の1ヶ月のスケジュールが載っていた。1ヶ月に1日しかない休みの日などを見つけると何をしているのだろうと、思いを巡らす空想が大好きだった。

僕は今、山下達郎さんのファン。いつか、空港なんかであっても、声をかけることも、握手を求めることもないだろう。

頭をわずかに下げて、会釈などはするかもしれない。すれ違い、10m位歩いてこっそり溜息を吐くかも知れない。ただそれだけだ。色紙も、握手もなくても、地中深い根っこ部分でつながっている、その感覚だけで十分だ。

こういう感覚を、培養しながら生きるのはいくつになっても楽しい。

日曜日、NHK杯の体操を観た。内村選手を追いかけながら、最後の着地を「決めにいって、決める」という演技に手に汗を握った。最後の鉄棒の演技、失敗するような匂いがしない。その空気感に心をからめ捕られた。

気圧されることも、焦りに揺るがされることもなく、膨大な経験を下敷きにして、凝縮したような、老成したような、延長戦を幾度となく戦ってきたような、そのタフガイな演技。凄いものをみせてくれた。ファンになりますよね・・。

のっぺりとした、凡人にも月曜日はやってくる。

「YOUNG MAN」聴くしかないね(笑)

今日はこんなところです。

街道をゆく「島原・天草の諸道」を読みながら

ネタ帳ラボ!一期一会

朝の起き抜けに、ティファールでお湯を沸かす。

いつも通りの手順で、珈琲の豆の挽粉の袋を開き、いつもどうり老犬は袋に犬のようにクンクンと鼻先をつっこみ、その残量なりの匂いを確かめ嗅ぐ。そうやって、いつもどうり定量に15%くらい無駄に豆の挽粉をいれドリップしながら、僕の朝は立ち上がる。

株の取引で「鯛焼きの頭と尻尾はくうな」という格言がある。(意味は高値、底値の手前で潔く売買しろ)

昔、植木等がビッグマネーというドラマでしゃべったセリフだ。(笑)

妙にこの言葉が不思議と説得力があって、自分のひとつの行動基準言語みたいにヒリツイテ離れない。

そうこれは、いろいろ試した挙げ句、珈琲も豆のもつ才能を最大限に引き出すという、くだらん研究の成果だ。あほくさい、だれに話しても事足りないほどの流儀だが、怠け者は小さいことから立ち上がらなければならない、そんな朝があるもんだ。

さて、福田定一という名前をご存じでしょうか。わからないですよね。

司馬遼太郎先生の本名であります。やはり、歴史家、宗教家には相応しい名前がいるな、と思わせますよね。 (笑)

先週カクレキリシタンの話題をメルマガで書きました。もう少し調べたいなと思って、司馬遼太郎先生の街道をゆく「島原・天草の諸道」をよんでいると、歴史の面白さが頭上から脳天唐竹割りの飛んでくるわけ。(笑)

”幕府はキリシタンとわかっても、大量殺害は隠れ行わず、「宗門心得違いの者」とあえて呼んで処理したため、隠れキリシタンは250年存続している”と、先週のメルマガで書きました。

実はそれは、司馬先生が歴史を辿り、「島原・天草の諸道」に書き残した推測。すべてのネタ元はこの本でした。

その大量虐殺がなかった根拠たるのが、隠れキリシタンを調べた庄屋の上田家に起因しているようで、なんとその上田家は大坂夏の陣で散った真田の落ち武者だったという。それを歴史に残った本を手がかりに紐解いて、司馬遼太郎先生の有無をいわせぬ筆圧が僕の胸に迫り来る・・。

司馬先生は上田という姓は、故郷信州の上田を思っての事であろう。そして上田一族にとって天草は世を忍には都合のいい場所であったろうと歴史の記録をたぐり、隠れキリシタンの歴史をささえた、アナザストーリーを見事に紡ぐわけ。

この隠れキリシタンを穏便に、そして彼等の心中をおもんぱかって、知恵で一人の死者も出さなかった真田魂。その気魄がなかったらどうなっていただろう、あまりに怖ろしい・・・。そして歴史はたまらなく面白い。

歴史の綾・・そう感じずにはいられない。

日曜日、街道を行くを読み終えて、ジュンク堂に立ち寄り「司馬遼太郎と宗教」という本が必然的に遭遇する、これまた面白いんだ。

なにがって?たとえば「街道を行く」で全国を廻った司馬先生は、ゆかりのある旅館などには泊まらず、シティホテルに常に泊まったということ(笑)

意外と合理的なんだ・・・

今日はこんなところです。

長崎と天草「潜伏キリシタン」世界遺産へ

ネタ帳ラボ!一期一会

長崎と天草「潜伏キリシタン」世界遺産へというニュース

宣教師達の背後にいた、弾薬、武器、大砲だの物資を供給するポルトガル・スペイン等の脅威を排除するため、秀吉は1587年バテレン追放令を出す。

当時、キリシタン大名によって無理矢理改宗され住民の9割がキリスト教だった長崎で、1596年秀吉の命によりキリスト教の指導者が26人が処刑された。そして、宣教師も国外追放。

信者は大部分は改宗を余儀なくされた。しかしカクレキリシタンと呼ばれる信者は、表に仏教をみせ、裏でキリスト教という二面性の中を生きる。もちろん、あの絵踏も何食わぬ顔で踏んでいたのだろう、そうでなければ脈々とつらなる200年以上の歴史の辻褄はあいそうにない。

1615年大坂夏の陣の22年後、天草・島原で領主のキリシタン迫害、そして弾圧がおこった。キリシタンは16歳の天草四郎を神の使いとして将にたて反乱を起こした。その数、約3万人。対する領主松平信綱は12万。

かくしてキリシタンは原城に籠城。幕府側はこの地で敗れるた場合の反動、全国への飛び火を怖れていた。

その戦いは心理戦。幕府が城に向かう穴を掘れば、四郎側も穴を掘り相手の穴に糞尿を投げ込んだ。幕府が間者を送れば、キリスト語がわからずうまく行かない。幕府の懐柔策も悉く失敗。いよいよ局面は切迫し、強攻策で四郎は討ち取られ、籠城した者は殆どが殺害された。

この戦いに四郎は負けはしたが、この生き様がカクレキリシタンに受け継がれていったともいえる。

そう、幕末近くまで200年の時を超えても彼等の信仰は存続した。当時幕府はキリシタンとわかっても、大量殺害はおこなわなかった。いや、反発を怖れて何もできなかったのだ。幕府は彼等を「宗門心得違いの者」とあえて呼んで政務を行った。いかにも、官僚の発想だが、以外に面白い(笑)。根絶やしということは、不可能なのだ。煩悩など消そうとすればするほど、アメーバーのように増殖するではないか。

さてさて、家光は1639年から鎖国政策をとる。平和な時代が幕末まで続いたのは、島原の乱が世を変えたともいえまいか。

長崎県生月島では、今もカクレキリシタンは存在し、オラショという日本語訳の教えを唱えている。キリスト信仰が変容し、納戸のようなところで、違う形で神となり、先祖代々生活の中に溶け込んでいったそうだ。

”エッセイストの宮田珠己氏は、長崎純心大客員教授(宗教学)の宮崎賢太郎氏の著書『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』を評して、「納戸のような奥まった場所で秘密裏に祀るうち、キリシタンという意識は薄れ、これは人に知られては効き目がなくなる神様であるという認識に変わっていった”

ふむふむとこの記事にうなづく。そしてここまで書いて一息をつく。

「隠れて事を為そうとすること」、大事すぎ、すぎ。

よく面接試験などで「夢はなんですか」と訊かれる。

訊かれるとむかつく。(^^)/~~~

僕はあまのじゃくなので、本当の事をいわない。ひねくれているのかも知れない。だが、夢なんて殆どかなわないのだから、そう、その途上でだいたいは星になるのだから、そんなことを言う必然性を感じない。

それに、そんなことを人間の互いの真ん中に置いたら、どこかけがされているような気がするタチだ。隠していた方が格調が高いではないか。

たとえば女性は大切なものは、クローゼットのどこかに隠すだろう。大切なものは、きちんとした箱にでもいれるだろう。そして、こっそりとたまにみて、ニヤニヤするのだ。

FACEBOOKでそれをチラっと見せるくらいはいいけど、行き過ぎるとバランス感覚を失ってしまう。秘密の特訓、秘密の読書の時間、褒められたくもない、知られたくない。

男も夜もんもんとして自家発電したり忙しい。バレないように。(;゚ロ゚)人は秘密や謎でできている。だから面白い。

二人だけの秘密なんていうのもいい、社内恋愛など、二人でアイコンタクトをして、勝手に楽しんでほしい。(笑)

「知られては効き目がなくなる」

そういうモノが人生をギュッと濃縮してくれると思うんですけど、どう

でしょう。

今日はこんなところです。

ネタ元
英雄たちの選択
Newspics 等

おふくろの親戚一族は遠縁で結婚してきた

ネタ帳ラボ!一期一会

週末土曜日に久し振りに、街に出ておふくろと二人でカウンターで食事をした。

予約時間までひとときを、結婚式帰りほろ酔い若者が昔話に花が咲かせ、騒がしい人いきれ街中で大街道ベンチに二人座り、おふくろ青春時代話に耳を傾けた。僕は、たまにこうして街中でおふくろ昔話を聞くが趣味。

おふくろ郷は、東温市牛渕。祖先は庄屋をしていたそうだ。一族は婚姻に関しては、今と一風変わっていた。親戚端と端で結婚し、一族結束と、財産と、血を守ってきたよ、とおふくろは笑いながら語る。

一族勤め先は、教育関係がほとんど。いわゆる、”はとこ”同士あたりで、一族世話好きな叔母さんが、先生と呼ばれる職業結婚相手を見つけてくる。考えように関しては、一種異様なことだ。そういえば僕が、高校時に学級副担になった先生は母親”はとこ”だった。

親戚一同が羊たち群れように、おっとりとしていて、棘がないが不思議。血というは神秘に溢れていると思うだけど、どうだろう。たとえば僕叔父さん奥さんは、ご主人さんが怒ったを一度も観たことがないらしい。そしてそ息子もおとなしいが博士肌。ともかく昆虫、は虫類が好き。小学校ときには家外に彼専用大型冷蔵庫があり、蛇や幼虫などを保存し、見たことないような異様な世界感が立ち上がっていた。それを許した彼母親もたいしたもで、今は進化して愛媛県総合科学博物で変態1号研究員をしている。

おふくろは高校時代から、叔父さんが経営する大街道「西洋軒」というレストラン2Fで、夏休みなどは泊まり込みで子守をしながらアルバイトをした。叔父さんは、青島でおもちゃ屋を経営した後、終戦を経て松山にもどり、アイスクリーム屋で一財産をつくり、当時ではハイカラなレストラン「西洋軒」を松山に出した。

だれにでも人生を横切る出会いという縁糸。進駐軍コックさんと出会いが線に変わり、ライスグラタンや、カルボナーラーなど、小粋なメニューが松山女性に火をつけてこ店は大ヒットした。ちょうどコカコーラという一つ異端が登場し、カタカナメニューに憧れていた時期でもあった。シャリアピン・ステーキなんて、名前だけで売れていたらしい。(笑)

昭和35年当時(母21歳)、大街道「西洋軒」はレストランでありながら、夜12時を越えて営業。キャバレーがはねて、お客さんが食事にきたり、釣りはいらないという気っ風いい客もゴロゴロ。そして、今話題大街道ドーミンイン松山ところにあったラジウム温泉に深夜行っていたらしい。

そんな、一族やさしいムード中、「西洋軒」に一人男があらわれる。「高校時代に横河原線電車に乗っていたんだけど、覚えてますか」とインデアンみたいな野生人が親父だった。親父は毎日同じ客車に乗っていたそうだけど、まったく知らなかった(中略)しばし時が流れ、おふくろは親戚ではじめて、羊群れから飛び出して結婚した。

そうね、食事時にお茶がないといらいらしていたわよね、いらちな性格で、ある日台所さんに、「お茶」と書いてたよ、よく怒られたもよ、そう言って親父昔話をしながら笑い飛ばす。でもね、毎日毎日明けても暮れても「お茶」、「お茶」と言ってたくせに、私にお茶を入れてくれたは人生で一回もないよ(笑)。それって親父にいった?と訊くと、おふくろは「それは言わないよ」と気たかく答えた。

ひとしきり時間が流れ食事へ、二人真ん中には昔話ばかりがあって、それがただただ楽しくて、美味しい食事をしたでした。

「こ一瞬が、永遠であり。こ永遠は、一瞬」

そんなことを、頭上になんども吹き出しをつくりながら・・・。

今日はこんなところです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 >