ネタ帳ラボ!一期一会

麒麟がくる最終回|本能寺の変1582年明智光秀はイチゴパンツを履いていた。

ネタ帳ラボ!一期一会

麒麟がくる最終回。

 本能寺の変 1582年 明智光秀はイチゴパンツを履いていた。と、高校生の時に覚えた。もし、そのパンツを光秀がたたむのなら、非常に丁寧にたたみそうだ(笑)
 先日テレビを見ていたら、明智家が新居浜に落ち延びていたという。その姓は明星。そういや母方の遠い親戚がJR松山駅の近くで、たしか明星軒というお店をやっていて、子供の頃ちょくちょく家族で行っていたのを思い出した。

 光秀と信長の物語の真実はミステリー、正体がわからず、その背景にはロマン的な想像の翼が生まれる。

 一方、今の世の中コロナ禍では森元総理の件など、一面だけ切り取り、悪者にして暴くようで情けない。変な正体が一人歩きし拡散する。最近そういう報道が多すぎる。コロナ禍の報道もそうだ。お互いを見張っているような居心地の悪さがある。

 そういうのを自分がやられたらどういう気持ちになるんだろう、家族もいるし、友達もいるし、愛する人たちに囲まれているかもしれないのに。どんどん風船が膨らみ、居場所がなくなり破裂寸前まで行ってしまいそうだ。

 そんなことが、明智光秀に重なってしまった最終回だった。最後光秀が生きているかもと描いたドラマの終焉に、何かしら助けられた気分になった。ありがとうございました。

話題の音声SNS「Clubhouse」というアプリが世の中に登場した。

ネタ帳ラボ!一期一会

親戚から、伊予柑来たる!僕は子供の頃から、みかんを食べ過ぎて手が黄色になるほど柑橘類が好きだ(^o^)

 いやはや、どの角度からみても、どのように触りまくっても、概ね外れがありそうにない。みずみずしい気配が漂う。

 溜息をつき、しばし眺めやった挙げ句。

 皮をむしりむしりする、手に伊予柑のしずくがつくと、それをうなじに塗りパフュームローションにする。たまに顔に果敢にも塗ってみたりする。皮は風呂にいれて湯船で名残を惜しむように絞る。放埒な男に、小さな探究心を助長してくれる。

 えもいえぬくらい、うまい!

 話題の音声SNS「Clubhouse」というアプリが世の中に登場した。ZOOMのような音の遅延がなく、複数人数で同時会話も普通に会話しているのと変わらない。コロナ禍で友達限定で雑談に使うのもいい。人間同時に10人くらいの会話くらいは認識できるようで(5,6人くらいが適正か)、ZOOMより堅苦しくなく、会話がポンポコりんと弾む、ビジネスにも向いている。
ZOOMは縦会話、CLUBHOUSEは縦、横会話のマルチプル。

 招待制という希少価値を出しながら、会話は録音できず残らない。いろいろなテーマのトークルームにはいり発言するには多少なりの勇気と、慣れが必要。縄跳びに入るタイミングがわかりにくいのとよく似ているが、一度こつをつかむと、参加できて楽しい。無論、聞いているだけでも。

 ビジネスシーンでもいろんな展開があるなとアイデアがわいてくる。書いたものではでは人間性まではなかなか伝えられない。だって愛嬌とか人間性とか会話でしか、なななか、わからないもんね。会話には音楽みたいな音色がある。CLUBHOUSEどうなるか?耳を刺激する、SNSの登場

バターが挑発的な態度で挨拶してくる。結構執念深い香り、半径1m位にいる生物が生け捕りになっていく。

ネタ帳ラボ!一期一会

バターが挑発的な態度で挨拶してくる。結構執念深い香り、半径1m位にいる生物が生け捕りになっていく。一人20個までは、かえるらしい。控えめに、おふくろはよしよしと、塩パンを10個ひょいとトレイにのっける。店をでて、ふたり車に乗るやいなや「食べよ、食べよ」と即パクつく。
トロンボーンのようになった僕の口元、芳醇な味と塩パリッとしたアクセント。勢いが、通過感が、何気ない1日を1mm持ち上げてくれる。
やがてどこからかルパン三世のあのイントロがフェードインしてくる。(笑)2個目突入へ^_^

恐るべき、塩パン(笑)

 

なまめかし男心を成立させていたアイドルのポスター達

ネタ帳ラボ!一期一会

ここ数年、ブックオフの100円コーナーで買った本が本棚に散乱している。タイトルだけ見て買った本から始まり、好きな作家の本もある。ただ無駄に、ただ有り余っている。

不思議なのは委細を放つ不謹慎な本がないことで、まるで絶滅危惧種のようにお目にかかることはない。

高校生の頃の僕のなまめかし男心を成立させていたアイドルのポスター達。壁に画鋲で止めていたPLAY BOYのアメリカのイカス女の切り抜き達。

不埒な心の破片は、壁一面にはられたセクシーで艶めかしい女性の切り抜きとに等質に投影されたいた気がする。

そんな画鋲の金色の輝きは、ひときわ異彩を放ち、煩悩は壁一面に自由を手にして、勝ち誇ったように散りばめられていた。ベットに寝っ転がると天井に張られた、500円で買えた卒業のポスターが十七歳の僕を挑発してきた。

不謹慎なヌード写真などは、ビートルズの切り抜きをひょいとカレンダーのようにめくり上げると見えるようにしてた。母親はそんなぼんくらな息子の、深夜の創意工夫作業をどこか笑い飛ばしながら、部屋の掃除をしてくれていただろう。いや、頻繁に変わる写真の模様替えを楽しみにしていたかもしれない、たまにこっそりめくっていただろう、そんな気がする。(笑)今はiphone買えばエロ本など買う必要がない、世界は歪んでいる。

多感な青春の若者の奥底をくすぐるモノは、大人達に与えられた学生服を着ていた青春一本道の僕には、必要だった。どこか押しつけられた力を、押し返すような、生きる力のようなものだった。欲望のちいさな発露みたいなものが、ノーマルを打ち破る小さなトライが、自然に湧き出てきた。そのささやかな抵抗こそが、割り切れない気持ちを支えていた。

僕の通っていた高校は新設校で、頭髪検査があって男子は髪の毛が耳にかかってもダメ、前髪が眉毛にかかってもダメ。そんな規制に立ち向かう力は、むしろ乙女達が先陣をきっていた。薄ら化粧をしてきたり、スカートの長い丈を詰めてくる女子高生の女の戦いは、どこかしら僕を奮い立たせていたように思う。

大人達が僕達をつまらせば、つまるほど、抵抗と反発が頻繁に繰り返された。世の中がつまらないというのは、自分をつめてくれる大人がいなくなったせいだろう。コンビニで108円出してお菓子を買えば、幸せを買える

 
時代になって、ネットなどのなかにもそういうモノはあって。結局、薬局、郵便局。いや東京特許許可局。残りの人生いかに自分をつまらせるかが大事なのかもしれない。

高校の時に、松山の銀映という映画館は500円で映画三本立てだった。そして映画のポスター収集が大好きだった。部屋の天井は映画のポスターで埋め尽くされていた。

僕は「卒業」を友達と何度も見た。

Simon & Garfunkelの音楽に美しいハーモニー

サウンド・オブ・サイレンス
ミセス・ロビンソン
スカボロ・フェア
ミセス・ロビンソン

が入った卒業サウンドトラック盤。

すばらしい、ジャケット

ドアの前に立つダスティ・ホフマン。
その視線の先にある、語りかけるような生足

うーん、いまでもうなります。

今日はこんなところです。

つづく日々の道の先を塞ぐ(ふさぐ)影にアイデアを

ネタ帳ラボ!一期一会

東北大震災から、夏はクーラーをつけないで扇風機で寝ていた。

本当ですよ。

悪魔と誓いような呪縛中に、どこかしら僕としては小さな小さなプライドがあった。

しかし、連夜首をねっとり締め付けられる熱帯夜に、ついには押しつぶされ、なりませぬと思いながら、ついにそ禁を破ってしまった。あーあ、我慢ダムがひとたび決壊すると、毎夜タイマ-をかけて冷房心地よさに、まるでセックス快楽を知ってしまった青春日々ように、だらだらと、ただただ快楽に流されてしまう、そんなていたらくな夜な夜な。

「無理をしないでクーラーをつけて睡りましょう」という、テレビ甘美な呼びかけせいだ。と、うそぶきながら(笑)それでも肩力を抜いて行こうなどと、自分に号令をかけている。

こうなると、自分人生輪郭までもぼやけてしまう、悪い癖がまとわりついてくる。

人生は甘い誘惑連続だ。コンビニに行けば、白くまアイスがあると、見ただけで試食した気分が立ちあがり、かき氷なかに潜む、人生を粉々にする、練乳とろけ具合が頭中をかけめぐる。あかん、あかん、といいながら、ちょっとカップをさわると、イチゴがパイナップルがフルーティなトルネードな涼風をおくってきて、それがハートにつきささり、ネジようにひとまわり、ひとまわり深度をましてゆく。(笑)

そして、「半分、青い。」メロディが流れる

おはよう 世
夢を連れて 繰り返した湯気には 生活メロディ
歌声も線路 風話し声も
全てはモノラルメロディ
涙こぼれる音は咲いた花がはじく雨音
悲しみに青空を
つづく日々先を塞ぐ(ふさぐ)影にアイデアを
音で歌を歌おう
全て越えて響け
つづく日々を奏でる人へ
全て越えて届け

「つづく日々先を塞ぐ(ふさぐ)影にアイデアを」

そこがたまらない。

あまりにも暑い夏、ジョンソン・エンド・ジョンソンベビーパウダーを念入りに、わきと首筋に、パタパタと塗りつけて、そとに出ると5分でねっとりしてくることは折り込み済みであったとしても、効果があるとか、ないとかわかるわけないが、それは日本で僕だけかもしれないけど、こ歌がなにかやってみろと、背中を押すだ。

レガシー。先人が残したシステムや仕組み。

汗っかき、赤ちゃんには、ベビーパウダー。そこに着想を見いだし、だれにも見せられないこ所作を、丹念に積み重ね、そう毎日欠かさずやりながら、一人笑いをしながら、夏日朝を過ごすでした。

僕はそ作業を「レガシーパタパタ」と呼んでいる。

誰だ笑っているは、は・は・はそれでいいだ。

今日誰かが、白クマアイス前で立ち止まりますように(笑)

今日はこんなところです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 >